犬の鳴き声などの騒音対策。マンションでもできる効果的な方法

ペット可のマンションに住む場合にも、自分の家の犬の鳴き声が周りのお宅の迷惑にならないか心配される方は多いと思います。
ペットの騒音が原因で、ご近所トラブルになってしまうのは一番避けたいところです。
そこで、マンション向け犬の鳴き声や騒音対策についてご紹介します。

賃貸の場合、何かしらの騒音対策をしても原状復帰できるかどうかがネックです。賃貸でもできる騒音対策について考えてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バドミントンの試合での服装のルールや選ぶときのポイント

バドミントンの試合での服装には、大会によって規定があります。できれば、自分好みのウェアを着て試合をし...

絵【デッサン】の影の付け方の基本と鉛筆で立体感を表現するコツ

鉛筆で描くデッサンは、光と影の付け方で絵に奥行きが生まれます。しかし、慣れないうちはなかなか立体感が...

ナチュラルメイクでデカ目を作る方法が盛沢山。様々なテクニック

つけまやカラコン無しでもデカ目は作れますよ。デカ目にすると「メイクが濃い」というイメージがあ...

トマトをレンジに入れたら破裂する場合が。破裂しない方法とは

電子レンジで温めると破裂してしまう食べ物と言って思いつくのは、卵やウインナーでしょうか。お弁...

1日置いたカレーの表面の白い膜はカビと判明!食べると危険

夜に作ったカレーが残ってしまい、また翌日に食べようと一晩置くことってありますよね。「1日置いたカレー...

結婚式で子供に着物はアリ?子どもの服装マナーについて

結婚式で子供に着物を着せたいと思う親もいるかもしれませんね。では、結婚式に子供に着物を着せて...

キッズ向け簡単に作れて可愛らしいヘアゴムの作り方

お子様用のヘアゴムはいろいろと可愛いものがあって、幼稚園や保育園に毎日違うものを付けていきたいと言う...

ネズミ捕りで警察から逃げるとどうなる?後で待っていることとは

オービスがある場所はだいたいわかるからスピードの出しすぎには注意するけど、ネズミ捕りはどこでやってい...

ボウリングでスペアを取るコツとは?スコアアップを目指そう

会社の行事や友達同士でボウリングをする機会があると、少しでも良いスコアを出したいと思いますよね。...

なで肩のリュック対策!ずり落ちを防ぐコツでコーデも楽しめる

なで肩のリュック対策についてお悩みな人も多いでしょう。なで肩だとリュックを背負っているとすぐにずり落...

鉄のやかんの手入れ方法!使い始めと使用後の正しいお手入れ方法

鉄のやかんを購入し、これから長く使って行きたいと考えている人の中には、正しいお手入れの方法を知りたい...

猫を網戸から脱走させないために!要注意なポイントと脱走対策

猫を飼っている方が心配なのは、猫の脱走です。好奇心旺盛な猫は、スキがあらばと脱走の機会を狙っ...

タンスに防虫剤は必要?その効果と正しい使い方を説明します

「タンスには防虫剤!」とよく言われていますが、本当に必要なのか、効果はどうなのか疑問に思うことってあ...

肉じゃがを翌日のお弁当に使おう!ただし夏の場合は要注意!

夕食に作った肉じゃがを翌日のお弁当に入れると、味がさらに染み込んでいておいしいですよね。しか...

バイクの洗車はガソリンスタンドでもできるのかを調査

バイクの汚れが目立つからと洗車を考えても、家に洗車スペースがない場合もあります。車と同様にガソリンス...

スポンサーリンク

犬の鳴き声対策には構造がしっかりしたマンションを

犬など、鳴き声を出すペットをお持ちの方は、とにかくペットの鳴き声が近所迷惑にならないのか、心配だと思います。マンションを選ぶ時も、防音設備がしっかり整っていて、ペット対応のマンションを探すと思います。

「ペット可」の記述があっても、構造にも注意してマンションを選ぶ

引っ越しなどで、これからマンションに移る方。ペットを飼っていても対応可能なマンションを探している最中だと思います。何件か候補が出てきて、どれにするのか、迷っている時に、一つアドバイス。

鉄筋コンクリートで出来ているマンションはペットの騒音があったとしても、周囲に伝わり難いです。家主さんもペットに対して寛容になっているマンションやアパートも増えて来ているとは思います。でも、それだけでは騒音は抑えきれません。ペット可だけではなく、後は、建物が騒音しにくい構造になっている所を選べば、あなたも近所迷惑をそれ程気にしなくても、入居出来ます。

ペット可の物件だけではなく、プラスで鉄筋コンクリートという構造にも注意して引っ越し先を探すべきだと思います。

マンションの隣室への犬の鳴き声が心配な時に吸音パネルを使う方法

ペットには寛容なマンションには入居したけれど、それでも飼っている犬の鳴き声が気になる。だとしたら、あなた自身が取り入れる事が出来る、防音対策があります。

例えばではありますが、ミュージシャンなど、音を出すお仕事の方も使用している、吸音パネルをあなたの部屋に設置して、犬の鳴き声の対策にする事も出来ます。色も、落ち着いた色やハッキリした色など、バライティーに富んでいるので、建物の構造だけではなく、防音アイテムにも目を向けて見るのも犬の鳴き声の対策になります。

吸音パネルは完全に音を無くしてくれる訳ではありません。ですが、音の強さを軽減してくれます。ですので、若干音はするけれど、それ程気にならないレベルに落としてくれます。

あなたの近所の方も、犬の鳴き声はするけれど、気にする程のレベルではない位になり、苦情を出す程では無くなると思います。あなたが留守の時など、犬の鳴き声が気になるのであれば、そういった防音アイテムを利用する事も手です。

マンションでの犬の鳴き声対策に防音カーテン

犬を飼っていると、近所から鳴き声の苦情が気になります。散歩に行かせたり、犬にストレスを感じさせない生活を心がけても、鳴いてしまう時は鳴いてしまいます。

飼っている犬がどうしても鳴いてしまうのなら、仕方ない。後は、どれだけその「騒音」に当たるものを外に漏らさないかが、近所からの苦情を最小限に食い止める解決策になって来ると思います。

防音カーテンを利用して見たらいかがですか?犬が鳴くのは仕方ない。では、その鳴き声を防音カーテンなど防音対策で出来るだけ小さくする事が、飼い主として出来る対策になると思います。

防音カーテンを使用した結果、確かに犬の鳴き声は外に漏れにくくなっている様です。ただ、犬のサイズにも注意が必要になります。大きい犬の鳴き声は、防音カーテンでも食い止め難い様です。その為、あなたが飼っている犬のサイズが大きい物でしたら、他の防音対策の方が効果的になって来ると思います。

小型の犬でしたら、十分な効果を期待出来ます。また、防音カーテンでも、重いものを選びましょう。重い防音カーテンの方が音を外に漏らしにくくするので、あなたの目的に叶っています。

犬の足音にも注意、床の足音対策

マンションの2階以上に住んでいると、下の階から足音の苦情が来る事も実際あります。お子さんが居る方は、お子さんが走ったりする度に、下の階の方から「うるさい」と苦情を貰う事もあります。そして、それが犬の様なペットでも有り得ます。

犬の様なペットを飼っていて、マンションでも2階以上に住んでいると、足音の苦情にも気を配らなくてはいけません。あなたが飼っている犬が走る度に、その足音がうるさい。
でも、防音マットでその問題も解決出来ます。犬の様なペットを飼う時は、足音にも気をつける、防音マットや、もしくは、厚手のマットを敷いて、その上で犬を歩かせる、走らせるなど豆知識が必要になって来ると思います。

防音対策が出来ていれば、それ程、近所からの苦情も気にならなくなって来ると思います。犬の様なペットが出す音をどれだけ対処出来るのか。飼い主としては、効果的な対処方法を知って置くこと、適切なアイテムを購入して置くなどの対応が求められます。

犬が吠える原因を考えてみる

犬は元々鳴く動物ではあります。ですが、鳴くにも原因があって鳴いていると思います。散歩の量が足りない、家の中で落ち着ける場所が無い事も原因で犬が鳴いている事もあります。

もしかしたら、最近あなたも犬と中々コミュニケーションが取れていない、散歩にも行かせていないなど心当たりはありますか?犬も動物なので、動く必要があります。運動不足がストレスになり、鳴いている事もあります。だとすると、防音アイテムを購入すると言うよりは、少し外に出して散歩して上げると、夜ぐっすり寝てくれ、騒音の心配も治まって来ます。

また、人と一緒で、犬に「この場所に居ると心が落ち着く」の様な場所が無いことも犬が頻繁に鳴く原因になります。おもちゃを置いて上げたり、あなたの犬が好きな物を置いて上げて、犬が心地よく休める場所を作ってあげましょう。

犬は元々鳴き声を出します。その鳴き声に対応出来るマンションを選ぶことも騒音対策になります。プラス、防音グッズを利用する事で、近所からの苦情が来にくくなります。鳴き声だけではなく、足音にも注意して下さい。適切な処置をして入れば、近所からの苦情も来ないと思います。