NO IMAGE

岩塩を入れて使うソルトミルの使い方と特徴!岩塩で生活に彩りを

日常の生活に岩塩を取り入れたいと思っている人もいるのではないでしょうか。

岩塩はそのまま使うことができないため、ソルトミルを使用して岩塩を砕いて使うことになります。

でも、ソルトミルの使い方がわからないと、上手に使用することができないものです。

ここでは、ソルトミルの使い方についてお伝えします。どのような使い方をすれば良いのかを知って、日常生活に岩塩を取り入れましょう。

また、ペッパーミルと兼用するは可能かどうかについてもご紹介しますので、こちらも是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

プラスチックに塗装!ポイントはスプレー前の下準備にあり

プラスチックに塗装したいと思ったら、そのままスプレー塗料を吹きかけても良いのでしょうか。答え...

部屋の片付け方!どこからはじめていいか分からない人の片付け方

部屋の片付けをしなくてはと思っていても、どこから掃除を始めたらいいのか、部屋の片付け方が分からない人...

食器って洗った後に拭く?拭かない?食器洗いアレコレについて

食器って洗った後に拭く?それとも拭かないで自然乾燥させる?生乾きのフキンは雑菌が繁殖しや...

金魚の稚魚の生存率はどのくらい?稚魚の育て方のコツ

金魚が卵を産んで孵化し、やがて小さな稚魚となって元気に泳ぎだしますが、すべてが無事に育つとは限りませ...

指の臭いが取れない場合は、レモンや重曹や家にある物が活躍!

料理をした後の指が臭い・・・いつまで経ってもニオイが取れないということがありますね。魚を調理...

毎日続ける英語の勉強。アプリを利用すれば毎日続けられます

毎日続けなければ、英語は上達しません。筋トレや、ストレッチ、ダイエットと同じですね。習慣化し...

マニキュア後のトップコート!ベストタイミングをご紹介

マニキュアを長持ちさせたり、キレイに見せるためのトップコート!使用している方もたくさんいらっしゃいま...

お香典の相場、友人の兄弟では?お香典のマナーと注意点

お香典には相場というものがあります。ほとんどの場合はその相場を参考にしてお香典を包むのですが、友人の...

習字の下敷きの洗い方は?素材によって違う下敷きのお手入れ方法

習字の下敷きが汚れてしまったら、洗ってキレイにしたいと思いますよね。でも、どんなふうに洗うのが正しい...

ステンレスのシンクについた傷を目立たなくする方法を教えます

ステンレスのシンクにいつの間にかついてしまった傷。毎日使う場所だから仕方ないとはいえ、できれば傷を消...

No Image

腕が太いけどノースリーブを着たい大人女子のためのカバー術

かわいいノースリーブを見つけたけど、太い二の腕が気になって購入をためらってしまうという経験はありませ...

麦茶を煮出したやかんを冷やす方法と正しい保存方法

夏の暑い時期に飲みたくなる麦茶。買うよりも手作りした方が節約になるため、やかんで麦茶を煮出して作...

グラタンを冷凍保存してお弁当のおかずに!レシピを紹介!

グラタンを冷凍保存してお弁当のおかずにできるの?そんな、まだお弁当にグラタンを入れた事がないあな...

玉ねぎの収穫時期・梅雨のときの収穫方法!濡れないように収穫を

玉ねぎの収穫時期を迎えたけど、梅雨時期で天気がいい日が少ないということもありますよね。玉ねぎを収穫す...

お歳暮といえばカニ!北海道のお歳暮を贈る時期など紹介します!

お歳暮といえばカニ!北海道から送られてくるお歳暮で人気なのはカニではないでしょうか?北海道の...

スポンサーリンク

岩塩をペッパーミルに入れてた使い方はOK?兼用はしないほうがいい

料理上手な人やプロの料理人のキッチンには、ソルトミルやペッパーミルがあるというイメージがあるのは私だけでしょうか。

市販品の塩やコショウではなく、岩塩やブラックペッパーをミルで挽いて使う姿というのは、とてつもなく格好良く見えませんか?

私は、テレビで見た料理家のミルを使いこなす姿に憧れて、ペッパーミルとソルトミルを揃えたクチです(笑)

ペッパーミルとソルトミルは特徴がそれぞれ違う

実際にペッパーミルやソルトミルを使ってみると、見た目の格好良さだけじゃなく、岩塩やブラックペッパーの引き立ての味や香りが立つので、料理が一層美味しくもなるというメリットもあります。

ミルの難点としては決して安い物ではないということ

ペッパーミルだけでも、物によってはそこそこの値段がするので、ペッパーミルをひとつだけ買ってソルトも入れて使いたいなと考えている人もいるかもしれません。

でも残念ながら、ペッパーミルはペッパー専用、ソルトミルはソルト専用として作られているので、中の構造や使われている刃などもそれぞれの特徴に応じた物となっています。
それぞれのミルは、ペッパーやソルトを入れるための道具なので、兼用で使うことはおすすめ出来ません。

岩塩を入れるソルトミルと胡椒を入れるミルの使い方は同じ?ミルの特徴が違う

ペッパーミルとソルトミルは、同じブランドの物で揃えると、一見区別が付かないほどほぼ同じ形をしていることもほとんどです。

中身が見えないタイプのミルなら、なおさら区別が付きにくく、上の「S」や「P」などの表示で区別が出来る物も多いですよね。

同じ形なら、塩胡椒一体になった調味料のように、ペッパーとソルトを一緒に入れて使えるのでは?と考えてしまうところですが、兼用で使うのはミル自体を傷めてしまうことになります。

この原因として大きいのは、”ミルの刃”です。

ペッパーミルとソルトミルの”刃”が違う理由

固い粒を細かく砕くため、ミルの刃も相応の物でなくてはなりません。

しかし、これらの刃はペッパーミルとソルトミルで使われている材質に違いがあります。

ペッパーミルでは鉄が使われているのに対し、ソルトミルでは鉄ではなく、ステンレスやセラミックが使われている

この違いには、塩の性質が関係しています

塩は鉄と触れることで、化学反応が起こり、錆びつかせてしまうことがあるのです。

刃がさびるということは、ミルの機能が使えなくなるということです。

そのため、ペッパーミルに岩塩を入れることはNGなのです。

岩塩で生活に彩りを!ソルトミルがあれば料理も私生活も充実

岩塩とは

「岩塩」と聞くと、どのようなイメージがあるでしょうか。

お店に行くと、ピンク色や白色の結晶状の塩が売られていますよね。岩塩は、海水が蒸発して化石状に残った塩分のことです。

私達がよく使っている海塩(食塩)は、海水に熱を加えて蒸発させることで作られています。

岩塩の味の特徴

塩=しょっぱい、辛いという印象の味ですが、岩塩は、長い時間をかけて海水が自然に蒸発して残った塩分なので、海塩よりも味わいがマイルドで柔らかいという特徴があります。

料理では、海塩より岩塩を使うことで、素材本来の旨味を引き出し、美味しくできる物が多くあります。

代表的な料理が、ステーキ

ステーキに岩塩を使うことで、肉の柔らかさを保ったまま肉本来の旨味を引き出すことが出来るのです。

また、トマトとモッツァレラチーズのサラダなどにミルで挽いた岩塩をかけると、トマトの甘みが増し、シンプルな味には程よいポイントにもなります。

岩塩が使い切れなくて余った時

お風呂にそのまま岩塩を入れてソルトバスにすることで、発汗作用でスッキリするだけでなく、肌もツルツルにするになる効果も。

岩塩を生活にほんの少し取り入れるだけで、気分に余裕が生まれ、生活がより楽しくなるかもしれません。

岩塩はソルトミルに入れて使おう!ソルトミルの使い方~持ち方について

料理の仕上げに、手慣れたようにソルトミルをゴリゴリする姿は、様になっていると格好良いものです。

ソルトミルの正しい持ち方というのは特にありませんので、自分がやりやすい形で持つのがベストです。

ミルは利き手を回す部分に添えて

利き手が右利きなら、左手で回すよりも右手で回す方がやりやすいでしょう

ミルの形によって、上側に回す部分が付いている物と、下側に付いている物がありますので、それぞれの形によって回す部分に利き手がくるように持つと良いでしょう。

ポイントは、タオルを絞るような感じでミルを持つことです。

こうすることで、回す部分にも自然に力が入り、様になった挽き方が出来ます。

ミルの使い方・上部にネジがついている場合の締め方と緩め方

ミルは、日本語に訳すと”粉砕器”という意味もあります。

ミルのネジはキツすぎない状態で使うことがおすすめ

手の力でミルの刃を動かすことで、粒を粉状に挽くことが出来る道具です。

ミルの上部にネジが付いている物は、使っているうちに挽き具合が緩んできた場合や、料理によって粒の大きさを変えたい時などにネジを調整することによって好みの挽き具合に出来るようになっています。

ネジを締めることによって、より細かくなり、ネジを緩めることによって粗挽きにすることが出来ます

ただ、あまりキツくネジを締めすぎてしまうと、回す時に力が必要になったり、岩塩がミルの中身に詰まりやすくなるということもあるので、多少緩めた状態を基本として使うようにすることがおすすめです。