バレエの発表会で素敵な花束を渡したいなら

習い事の中には今まで学んだことを発表して披露する機会のあるものがいくつかありますよね。
その中でもバレエの発表会は華やかで花束を渡すのにふさわしいですよね。
しかし、花束と簡単に言っても、どんな花を入れれば良いのか、予算や大きさはどのくらいにすれば良いのか、特に初めての人だとわからないことだらけだと思います。
自分の子供や友達などがバレエの発表会に出る際におすすめの花束に関するいくつかの情報についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

氷をキレイな透明に!家庭の冷凍庫でできる透明な氷の作り方

家の冷凍庫で透明の氷を作りたいと思っても、どうしても白っぽくなってしまって売っているようなキレイに透...

朝のトースト2枚は多いか少ないかみんなの意見と太らない食べ方

朝パン派の人は、トーストは何枚食べますか?1枚だとすぐにお腹が空くし、2枚だと多いような気が...

声が裏返るのは歌のせいではない?克服のための歌い方を教えます

カラオケで歌を歌っている時に裏返る声…。これってなんとかならないものかと思いますよね。なぜ声...

サービスエリアで車中泊を夏の時期にする場合のポイントと注意点

夏休みに女友達と遠出する際に、宿泊費を浮かせようとサービスエリアでの車中泊を考えることもあるでしょう...

うずらの飼育は屋外でも可能?飼育方法や注意点について

うずらの飼育を考えている方、鶏の様に屋外での飼育は可能かどうか?飼育する際には気になるポイントですよ...

シャツのシワが取れない時の対処法!アイロンがけに注意しよう

Yシャツなどシャツをアイロンがけしてもシワが取れないことってありますよね。「スチームアイロン」ならシ...

No Image

岩塩を入れて使うソルトミルの使い方と特徴!岩塩で生活に彩りを

日常の生活に岩塩を取り入れたいと思っている人もいるのではないでしょうか。岩塩はそのまま使うこ...

見た目がそっくり?ブリ、カンパチ、ヒラマサの見分け方とは

ブリとカンパチ、ヒラマサを見比べたことありますか?どれも違う魚なのに、その見た目はそっくりなんです。...

お年玉は子供のもの?親のもの?お年玉の行方について

お年玉はその家庭の価値観によって、使いみちや管理方法が変わってきますよね。子供あてにいただく...

辛子明太子を冷凍保存から解凍するコツや方法とは

辛子明太子を特売でたくさん購入したときなんかは、冷凍保存するのがオススメです。では、冷凍保存...

車が雪道でスリップしないための運転方法と対処法について解説!

車で雪道を運転することになったら、一番心配なことは「スリップ」ですよね。スリップしないために...

スライムの材料でホウ砂なしの場合は?必要な材料と作り方

スライム作りに必要な材料の一つにホウ砂がありますが、ホウ砂なしでもスライムを作ることができるって知っ...

うさぎの牧草入れを手作りで♪100均商品を使って悩みを解消

うさぎの牧草入れを手作りしてみませんか?うさぎによって性格や体格が違いますので、牧草をばらまいて...

3人家族の場合、気になるマンションの間取りについて!

3人家族でマンションに住むならどんな間取りや部屋数があればいいのでしょう?部屋の大きさや子供...

凍結道路時のタイヤはノーマルではなくスタッドレスが鉄則!

凍結した道路はとても滑りやすく危険です。ノーマルタイヤではなくスタッドレスタイヤの方が安心ですが...

スポンサーリンク

バレエの発表会で花束を渡すなら、こんな花がおすすめです

お子さんがバレエを習い始めて、初の晴れ舞台。これからバレエの発表会です。発表会の終わり際に我が子の為に花束を渡したい。バレエとなると可憐なイメージがあります。それ程自己主張が強いダンスでもありません。

バレエの発表会でお子さんに渡す花束

お花も淡い色で可愛らしさをイメージしたお花を中心にして花束にする事をお勧めします。

カーネーションにしても、薄い色、また花束にしたら、「これは可愛い」と思えるお花を選びます。他のお花にしても同様で、ハッキリとした色を選ぶというよりは、可憐な色、おしとやかさを強調できる様な花束にするのが、バレエ様の花束になります。

男の子のバレエの発表会

花の色を紫や青を意識すると男性らしさが出ます。あまり可愛らしい色を選ぶと不釣り合いだと思います。

値段にすると、2000円未満で十分だと思います。相手はお子さんですし、それ程値段が張る花束は用意する必要がありせん。あなたのお子さんらしさが伝わる可憐な花束を予算2000円くらいで作ってあげましょう。お子さんも喜びます。

バレエの発表会で渡す花束の平均的な相場は

これからバレエの発表会で最後の場面で花束を渡す方、渡す相手の年齢によって、花束の相場は変わるので注意して下さい。

同じバレエの発表会であっても、花束を渡す相手が子供であれば、予算も2000円くらいになります。ですが、花束を渡す相手が例えば、高校生、バレエの先生となると、予算も変わります。

花束を渡す相手の年齢

上がれば上がるほど、花束の予算も上がります。高校生など、10代の半ばになると、3000円くらい、そして先生レベルになると、5000円以上の予算が必要です。

小さい子に渡すとなると、小さな花束でも大丈夫ですが、相手が先生になると、大きな花束を準備して下さい。値段も張りますが、大きさも子供の花束に比べて存在感がより溢れる花束になります。

周りの方とも話し合って、自分のお子さんの分、先生の分は割り勘にして最後に渡すというのもありかと思います。最後に集合写真を撮る時に先生の花束は目立つ様に工夫すると良い発表会になります。

バレエの発表会で花束を渡しても良いタイミングは

家族や知り合いの方がバレエの発表会に出るからきちんとした花束を用意している最中だけど、問題は、その花束を渡すタイミング。間違ったタイミングで花束を渡して、「マナーがなっていない」と周囲から冷たい目で見られたくないです。

あなたも手が空いていて、相手の方も花束を受け取るのに時間の余裕がある時間帯は、バレエで休憩時間があるのなら、休憩所で渡す、それでも大勢いてタイミングが合わないのであれば、

発表会が終わった後の会場で渡すのが、適切なタイミング

会場が大きくて発表会を見に来る方の人数が多い場合は、花束を持参する方も多いかもしれません。そうすると、受付で渡すのが最適な方法になります。

上記の情報は一般的な情報なので、バレエの発表会に出る方にどうやって渡すのが適切なのか、聞いて見るべきです。それぞれの会場で対処法が違う場合もあります。周囲の方に確認して、周りはどのようにして花束を渡すのかも確認しましょう。

発表会でお花を送りたいなら、花束以外にはこんなものも

知り合いの方が割と大きなバレエの発表会に出場します。折角だから友達と一緒に日頃からの努力の実の結果として、花束に何かプラスした物を送りたいと思っています。

ただ単純の花束というよりは、少し可愛げのある風船を付ける(例:ハート)のも少し目を惹くお花になります。もしくは、バレエはバレエでも数多くの方が出演するのであれば、色がハッキリした花も交えてテレビで「こんな方からお花を頂いています」と紹介される様な、スタンド風のお花をお友達と一緒に買って渡すのも、少し本格的なお花になり、喜ばれます。

ただ、あまり派手なお花は出演する方の身内でさえ送りません。あまり「派手さ」を強調してお花を選ばない方が無難かなと思います。少しお花の存在感は抑え気味にして、上記でも紹介している様に、風船の様な何かちょっとした心がけがわかる花束の方が喜ばれると思います。

あまり派手さは強調しない様にしましょう。

バレエの発表会の時に渡せるものは他にもこんなものがあります

バレエの発表会に出場者に渡せるプレセントは花束だけに絞られません。他にも「こんな物を受け取ったら嬉しいな」と思うプレゼントは多くあります。

フィギャースケートでも時々似たような風景をテレビで見かけますが、動物の人形を渡されても受け取る側は嬉しい様です。特に、お子さんがバレエの発表会に出る場合は、花束より、動物のぬいぐるみの方が喜ばれるかもしれません。

知り合いのお子さんがバレエの発表会に出る機会があるのなら、保護者の方に「ぬいぐるみは好き?」とお子さんの好みを聞いてみましょう。花束でも勿論喜ばれますが、相手が幼稚園や小学生のお子さんなら、ぬいぐるみの方がより喜ばれるかもしれません。

保護者の方にも確認してみましょう。

バレエの発表会に出る際、花束はどんな物が適切になるのか、上記の記事で説明しました。あなたの参考にはなりましたか?相手の年齢で、花束の予算を決めて下さい。お子さんであれば、花束に限らず、ぬいぐるみをプレゼントする方法もあります。相手が大人であっても、あまり目立つ花束をプレゼントするのは避けましょう。