ゼラチンを使った手作りゼリーの賞味期限と賞味期限が短い理由

ゼラチンを使った手作りゼリー、作り過ぎてしまった場合に気になるのが賞味期限です。見た目に変化がなければ、数日経っても美味しく頂けそうに感じますが、手作りゼリーはどのくらいの賞味期限なのでしょうか。
市販ゼリーの賞味期限が長い理由とは?
特に牛乳を使ったゼリーは注意が必要です。
いずれにしても、手作りしたものは「早めに食べる」が基本です!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

川エビのミナミヌマエビの飼育方法!必要な飼育環境と特徴

川エビのミナミヌマエビは単体でも育てられますし、他の魚と一緒に混泳させたいという場合にも人気です。...

大学の新入生ガイダンスの服装は?服装とメイクのポイントを解説

大学の新入生ガイダンスに参加するとき、一体どんな服装で出席すればいいのか分からない人もいるのではない...

トイレのコンセントの位置は失敗しないようにしっかり考えよう!

日本のトイレといえば温水洗浄便座が当たり前のようになってきていますが、使用するためにはコンセントが必...

ピカソの作品の中でも特に有名な絵画の特徴について解説します

世界的に有名なピカソですが、名前は知っていてもどんな作品を描いたのか、また有名な作品にはどんなものが...

一人暮らしが寂しい、実家に帰りたいと感じる人のための対処法

社会人になって初めて実家を離れて一人暮らしを始める人の中には、最初のうちは一人の時間を楽しんでいても...

脂肪と筋肉の重さは違う?違うのは重さでなく体積

脂肪と筋肉では重さが違う?そんな話を耳にしたことはありませんか?しかし、重さに違いがあるわけではあり...

絵の上手い人の脳とは?下手な人との違いや絵が上達する方法

絵の上手い人は下手な人と脳の使い方が違う?上手い人と下手な人にはどのような違いがあるのでしょうか?...

猫のため息は鼻息にも似ている!理由や猫の気持ちについて

猫のため息は鼻息にも似ています。それは猫は鼻呼吸だからです。いつも可愛がっている自分の家の猫がため息...

食器用洗剤を使わない食器の洗い方。洗剤なしでもピカピカに

普段の食器洗いは、食器用洗剤を使って洗っている方がほとんどだと思います。しかし、食器用洗剤は必ずしも...

ウサギのオス同士で仲良くなる方法とは?うさぎの飼い方

ウサギのオス同士が仲良くなる方法はあるのでしょうか?なわばり意識の強いウサギを多頭飼いするときにはど...

水泳選手コースの基準について選ばれるポイントやタイミング

水泳の選手コースになるには基準という目安があります。本人が選手コースに行きたくても、コーチから選手コ...

FFで雪道走行!スタッドレスタイヤの装着をして安全運転を

元々雪がたくさん降る雪国に住んでいる人であれば、雪が降るシーズンになるとタイヤ交換をして降雪や凍結路...

ボールペンのインクの落とし方!服についたボールペンの落とし方

うっかりしてボールペンのインクを服につけてしまうこともあります。ペン先をしまわずにそのまま胸ポケット...

5歳差の兄弟のメリット・デメリットをご紹介

5歳差の兄弟は、年が離れていて兄弟であまり同じ遊びが出来ないんじゃないかぁなんて思いますが、メリット...

拾った栗が虫食いかどうかの簡単な見分け方について解説します

秋と言えば栗拾いに出かけることが楽しみだという人も多いでしょう。しかし、せっかく拾った栗が虫...

スポンサーリンク

ゼラチンを使った手作りゼリーの賞味期限

お子さんがいる家庭ですが、できるだけお子さんのおやつになるものも手作りで済ませたい。ゼリーを手作りしてるなんて、心が和む家庭も沢山あります。

お母さんが子供とゼリーを作っている姿なんて、見ている側も心が和みますよね。

でも、作りすぎてしまうと気になる賞味期限。一旦作ってしまったらどのくらい持つのか、賞味期限についてみていきたいと思います。

手作りゼリーは二日以内に食べることをお勧めします

一般的に手作りしたゼリーは冷蔵庫で保存しますよね?味の質や雑菌のことを考えると、冷蔵庫で保存できるのは二日が限度と思って下さい。それ以上になると、味は勿論のこと、衛生面が気になると思います。

それ以上だと絶対ダメだという訳ではありません。ですが、安全圏としては、二日以内をお勧めします。

また、その賞味期限はゼリーに入っているゼラチンの量で変わることもありません。特にお子さんが食べるとなると、味というより衛生面が気になると思います。大体二日以内には食べるように心がけましょう。

ゼラチンを使ったゼリーでも牛乳を入れたものは賞味期限に注意

子供と手作りでゼリーを作った。ゼリーはゼリーでも、牛乳が入っているものを作ったのだけど、賞味期限はどのくらいなのか気になる。

ゼリーを手作りした時ですが、牛乳などの乳製品が入っていると、余計賞味期限は短くなります。できれば、作ったその日の内に食べるのが、理想になります。

恐らく賞味期限が気になる理由は、割と多めに作ってしまっていることもあると思います。ゼリーの中に特に牛乳などの乳製品を入れる時ですが、他のゼリー以上に注意が必要になり、なるべく早めに食べる、その日の内に食べることを心がけておけば良いと思います。

チーズケーキなど、ケーキを買って来ても賞味期限があり、大抵はその日の内に食べることになりますよね。それと同様、牛乳などの乳製品がゼリーに入っているのであれば、できるだけその日にお子さんと一緒に食べきってしまいましょう。

なぜ手作りのゼラチンゼリーの賞味期限は短いのか

手作りでゼリーを作るとなると、どうして賞味期限がそんなに短いのか、考えた事はありますか?その鍵となる考え方ですが、お店で作られるものは保存料など賞味期限をより伸ばすことができるものが含まれています。ですがこれが手作りともなると、お店が使うような保存料のようなものが含まれていないので、余計賞味期限が短くなります。

また手作りのゼリーの賞味期限が2日以内と割と短いのは、ゼリー自体が雑菌が好みやすいこともあります。雑菌が好みやすい材料がゼリーの中に含まれているので、どうしても衛生面では、安全を保つことが難しくなります。

手作りであったとしても保存料を入れるなどをして工夫をできるのであれば、まだ賞味期限は伸びるかもしれませんが、基本手作りでそこまでしないですよね。また、上記でも説明している通り、ゼリーで菌が増えてしまうことも原因になります。

どうして、手作りのゼラチンは早めに食べないといけないのか、理由は理解できましたか?

市販のゼリーの賞味期限が長い理由

ゼラチンを使用したゼリー。手作りのものと市販のものだと、やはり市販のゼリーの方が賞味期限は長いです。その理由ですがやはりゼリーの中にビタミンCを入れているので、それだけ賞味期限が長いようです。

お店に売っているゼリーの種類によっても、賞味期限も違ってきます。お店でチェックしてみると、その長さに驚きませんか?例えば、コーヒーゼリーだと10日位だし、フルーツゼリーだと、長いもので半年も持ちます。手作りでゼリーをしているお母さんや主婦の方からみたら、「どうしてお店で売っている賞味期限はそんなに長いの?」と疑問に思いますよね。

ゼリーでも中に何が入っているかによっても、違うとは思いますが、基本的にお店に売っているゼリーの賞味期限が長いのは、ビタミンCが入っており、それが、ゼリー内の酸化しないように働きかけてくれているからです。

手作りだと中々そこまで余裕はないと思います。これが、お店のゼリーと手作りのゼリーとの賞味期限の違いの源になります。

手作りゼリーでよく使われる、ゼラチンと寒天の違いと使い方のコツ

家でゼリーを作ろうと思ったら、基本は「ゼラチン」ですよね?でも、少し違った観点でゼリーを作ってみませんか?

寒天でもゼリーは作れてしまいます。なんだかゼラチンでゼリーを作るのに飽きてきたという方は、寒天で作ってみるのも面白いと思います。

基本的には、作り方は同じです。ですが、ゼラチンと寒天では、溶かす時の温度差があり、ゼラチンで80度、寒天で90度と10度以上の差が見られます。

寒天の方が水に溶けにくいのでその分、溶かすとなるとゼラチン以上の熱が必要になります。その点を理解して寒天でデザートを作っていけば、デザート作りも楽になってくるつと思います。

また、固まる時も、ゼラチンは冷蔵庫でしっかりと冷やす必要があるに対して、寒天は常温でもしっかりと固まるという特徴があります。あなたにとって、どちらで作った方が楽ですか?

ゼリーをゼラチンで家で手作りする時と、お店で売っているゼリーの賞味期限、だいぶ違うことに気づくと思います。特に家で手作りしているゼリーですが、なるべく早く食べないと菌が増えてしまいます。上記の記事では、その理由を説明してきました。理解できましたか?お店で売っているものは、ビタミンCなど、賞味期限を伸ばす要素が含まれています。さすが、プロが作っているだけありますね。