ゼラチンを使った手作りゼリーの賞味期限と賞味期限が短い理由

ゼラチンを使った手作りゼリー、作り過ぎてしまった場合に気になるのが賞味期限です。見た目に変化がなければ、数日経っても美味しく頂けそうに感じますが、手作りゼリーはどのくらいの賞味期限なのでしょうか。
市販ゼリーの賞味期限が長い理由とは?
特に牛乳を使ったゼリーは注意が必要です。
いずれにしても、手作りしたものは「早めに食べる」が基本です!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スカートの生地は何メートル必要?計算の方法を紹介します

スカートを作るときには生地を何メートル用意したらいいのでしょうか?お裁縫があまり得意ではないという人...

生地を水通しする方法!水通しが必要な素材と水通しが必要な理由

生地を水通しする方法について知りたいという人もいますよね!手芸などに使う生地は、素材によっては水通し...

餃子はポン酢派?醤油派?美味しい餃子のタレレシピを紹介

餃子を食べるときに使うのはポン酢?それともお醤油?気分で変えるのもいいですが、どちらもきちんと量って...

ゴミ箱のおしゃれな収納アイデア~手軽なDIYと簡単カバー方法

お部屋をおしゃれなインテリアにしても、気になるのが生活感丸出しのゴミ箱です。お客様の目のつか...

使わなくなった文房具を寄付!海外支援について

子供が小さい頃に使っていた文房具や、知らず知らずのうちに溜まってしまったボールペンなど、使わなくなっ...

腹筋運動を日常動作で。簡単な姿勢で眠っている筋肉を呼び覚ます

腹筋を鍛えるための知識があれば、キツイ『上体起こし』以外の運動でスッキリしたお腹周りを手に入れること...

100均のアイテムでカバンの中をすっきり整理!便利な収納テク

カバンの中から何かを出そうと思っても、物が多過ぎて探したいものがなかなか見つからない…、そんな経験は...

バレエの先生はみんな厳しい?厳しくするのはあなたの為

バレエの先生は厳しいものなのでしょうか?今日も柔軟で子供が泣いてしまいました…。子供にとっても親...

昭和の時代が良かったという人はSNS疲れが影響しているかも

日本史の中でも激動の時代といわれている昭和の時代。昭和の頃を紐解いて見ると、今では考えられないよ...

友達の誕生日プレゼントに贈りたい手作りアイテム!中・高生向け

友達の誕生日に贈るプレゼントは、毎年何にしようかと頭を悩ませる人が多いと思います。いつもとちょっと違...

教科書整理に役立つ100均グッツ!その使い方と整理のコツ

子供の教科書の整理をしたいなら、100均グッツを上手く活用した整理方法がおすすめです。すべて10...

ダンスのキレを出すためのコツと、体の動かし方やポイントとは

キレのあるダンスを踊る人を見るとカッコイイと思いますよね。ダンスをやっていたら、キレのあるダ...

腕を細くしたい!二の腕痩せにおすすめの筋トレを実践してみよう

二の腕についてしまった脂肪、どうにかしてすっきり痩せたいと思っている女性はたくさんいるのではないでし...

クッキーは賞味期限切れ後2ヶ月たっても食べれるかどうかを調査

賞味期限切れのお菓子でも多少過ぎたくらいなら食べても問題ない、と考えていませんか?特にクッキ...

スライムの材料のホウ砂とは?スライムの作り方を紹介

スライムの材料に使われるホウ砂はどのように扱えばいいのでしょうか?子どもに人気なスライムですが、安全...

スポンサーリンク

ゼラチンを使った手作りゼリーの賞味期限

お子さんがいる家庭ですが、できるだけお子さんのおやつになるものも手作りで済ませたい。ゼリーを手作りしてるなんて、心が和む家庭も沢山あります。

お母さんが子供とゼリーを作っている姿なんて、見ている側も心が和みますよね。

でも、作りすぎてしまうと気になる賞味期限。一旦作ってしまったらどのくらい持つのか、賞味期限についてみていきたいと思います。

手作りゼリーは二日以内に食べることをお勧めします

一般的に手作りしたゼリーは冷蔵庫で保存しますよね?味の質や雑菌のことを考えると、冷蔵庫で保存できるのは二日が限度と思って下さい。それ以上になると、味は勿論のこと、衛生面が気になると思います。

それ以上だと絶対ダメだという訳ではありません。ですが、安全圏としては、二日以内をお勧めします。

また、その賞味期限はゼリーに入っているゼラチンの量で変わることもありません。特にお子さんが食べるとなると、味というより衛生面が気になると思います。大体二日以内には食べるように心がけましょう。

ゼラチンを使ったゼリーでも牛乳を入れたものは賞味期限に注意

子供と手作りでゼリーを作った。ゼリーはゼリーでも、牛乳が入っているものを作ったのだけど、賞味期限はどのくらいなのか気になる。

ゼリーを手作りした時ですが、牛乳などの乳製品が入っていると、余計賞味期限は短くなります。できれば、作ったその日の内に食べるのが、理想になります。

恐らく賞味期限が気になる理由は、割と多めに作ってしまっていることもあると思います。ゼリーの中に特に牛乳などの乳製品を入れる時ですが、他のゼリー以上に注意が必要になり、なるべく早めに食べる、その日の内に食べることを心がけておけば良いと思います。

チーズケーキなど、ケーキを買って来ても賞味期限があり、大抵はその日の内に食べることになりますよね。それと同様、牛乳などの乳製品がゼリーに入っているのであれば、できるだけその日にお子さんと一緒に食べきってしまいましょう。

なぜ手作りのゼラチンゼリーの賞味期限は短いのか

手作りでゼリーを作るとなると、どうして賞味期限がそんなに短いのか、考えた事はありますか?その鍵となる考え方ですが、お店で作られるものは保存料など賞味期限をより伸ばすことができるものが含まれています。ですがこれが手作りともなると、お店が使うような保存料のようなものが含まれていないので、余計賞味期限が短くなります。

また手作りのゼリーの賞味期限が2日以内と割と短いのは、ゼリー自体が雑菌が好みやすいこともあります。雑菌が好みやすい材料がゼリーの中に含まれているので、どうしても衛生面では、安全を保つことが難しくなります。

手作りであったとしても保存料を入れるなどをして工夫をできるのであれば、まだ賞味期限は伸びるかもしれませんが、基本手作りでそこまでしないですよね。また、上記でも説明している通り、ゼリーで菌が増えてしまうことも原因になります。

どうして、手作りのゼラチンは早めに食べないといけないのか、理由は理解できましたか?

市販のゼリーの賞味期限が長い理由

ゼラチンを使用したゼリー。手作りのものと市販のものだと、やはり市販のゼリーの方が賞味期限は長いです。その理由ですがやはりゼリーの中にビタミンCを入れているので、それだけ賞味期限が長いようです。

お店に売っているゼリーの種類によっても、賞味期限も違ってきます。お店でチェックしてみると、その長さに驚きませんか?例えば、コーヒーゼリーだと10日位だし、フルーツゼリーだと、長いもので半年も持ちます。手作りでゼリーをしているお母さんや主婦の方からみたら、「どうしてお店で売っている賞味期限はそんなに長いの?」と疑問に思いますよね。

ゼリーでも中に何が入っているかによっても、違うとは思いますが、基本的にお店に売っているゼリーの賞味期限が長いのは、ビタミンCが入っており、それが、ゼリー内の酸化しないように働きかけてくれているからです。

手作りだと中々そこまで余裕はないと思います。これが、お店のゼリーと手作りのゼリーとの賞味期限の違いの源になります。

手作りゼリーでよく使われる、ゼラチンと寒天の違いと使い方のコツ

家でゼリーを作ろうと思ったら、基本は「ゼラチン」ですよね?でも、少し違った観点でゼリーを作ってみませんか?

寒天でもゼリーは作れてしまいます。なんだかゼラチンでゼリーを作るのに飽きてきたという方は、寒天で作ってみるのも面白いと思います。

基本的には、作り方は同じです。ですが、ゼラチンと寒天では、溶かす時の温度差があり、ゼラチンで80度、寒天で90度と10度以上の差が見られます。

寒天の方が水に溶けにくいのでその分、溶かすとなるとゼラチン以上の熱が必要になります。その点を理解して寒天でデザートを作っていけば、デザート作りも楽になってくるつと思います。

また、固まる時も、ゼラチンは冷蔵庫でしっかりと冷やす必要があるに対して、寒天は常温でもしっかりと固まるという特徴があります。あなたにとって、どちらで作った方が楽ですか?

ゼリーをゼラチンで家で手作りする時と、お店で売っているゼリーの賞味期限、だいぶ違うことに気づくと思います。特に家で手作りしているゼリーですが、なるべく早く食べないと菌が増えてしまいます。上記の記事では、その理由を説明してきました。理解できましたか?お店で売っているものは、ビタミンCなど、賞味期限を伸ばす要素が含まれています。さすが、プロが作っているだけありますね。