ゼラチンを使った手作りゼリーの賞味期限と賞味期限が短い理由

ゼラチンを使った手作りゼリー、作り過ぎてしまった場合に気になるのが賞味期限です。見た目に変化がなければ、数日経っても美味しく頂けそうに感じますが、手作りゼリーはどのくらいの賞味期限なのでしょうか。
市販ゼリーの賞味期限が長い理由とは?
特に牛乳を使ったゼリーは注意が必要です。
いずれにしても、手作りしたものは「早めに食べる」が基本です!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

退職を伝えた後、職場に居づらい時の対処法と気持の持方について

退職を伝えた後、職場に居づらい。立つ鳥はあとを濁しません。辞めるのですから、有給休暇を取りき...

猫のシャンプータオルの使い方やメリット・デメリットについて

猫用のシャンプータオルをご存知ですか?シャンプータオルと言うとシャンプーをしたときに使用する、吸水性...

ダンベルを使った背中の鍛え方とより効果を出すためのポイント

胸の筋肉だけではなく、背中の筋肉もある人を見るとかっこいいって思いますよね。でも、自分もそう...

猫用の消臭スプレーを手作りしてみませんか。安全で簡単な方法

猫がいる家で気になるのが、マーキングやトイレの臭いですね。臭いを消そうと消臭スプレーを使うと思い...

ハムスターの砂場用容器の選び方!100均アイテムでも代用可能

ハムスターの砂遊びで必要な砂場の容器ですが、市販されている物を使って失敗してしまうこともあります。...

寝かしつけの方法を伝授!生後3ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけ

寝かしつけの方法を知りたい!新生児の頃は、ミルクや母乳を飲めば寝てくれたのに、生後3ヶ月にも...

アメリカの会社の休みはどのくらい?日本との違い

アメリカの会社は日本と比べて休みが多い?それとも少ないのでしょうか?イメージとしては日本よりも働く時...

洗面所のタオル掛け裏のカビに注意!予防策とカビ除去方法

洗面所の壁にタオル掛けがあるご家庭も多いと思いますが、タオル掛け裏は黒カビが発生しやすいため注意が必...

ウォシュレットの故障?修理が必要?不具合が起きた時の対処法

ウォシュレットが故障したのであれば、すぐに専門業者に連絡をして修理をお願いするべきですが、まずは本当...

ペットボトルの再利用は不衛生?再利用の危険性と再利用方法

飲み物を飲み終わって空になったペットボトルを再利用することはできないかと考えている人もいるのではない...

バドミントンの試合での服装のルールや選ぶときのポイント

バドミントンの試合での服装には、大会によって規定があります。できれば、自分好みのウェアを着て試合をし...

セラミックのフライパンの手入れ方法!長持ちさせる使い方のコツ

セラミックのフライパンの手入れはポイントをおさえればどなたでも簡単です。セラミックのフライパンはフッ...

ファンヒーターに灯油が入れっぱなし!使えるかどうかの基準とは

寒くなってきてファンヒーターを使おうと出してみたら、去年使い切れなかった灯油が入れっぱなしになった、...

グッピーの稚魚の隔離期間の目安と稚魚を元気に育てるコツ

グッピーの稚魚が元気に育つために、稚魚が大きくなるまで隔離することがありますが、その隔離期間に悩むこ...

グラスやコップの収納術!使いやすさを目的にした収納方法

グラスやコップの収納に困っていませんか?気が付くと意外と増えているのがグラスやコップ。普段使うも...

スポンサーリンク

ゼラチンを使った手作りゼリーの賞味期限

お子さんがいる家庭ですが、できるだけお子さんのおやつになるものも手作りで済ませたい。ゼリーを手作りしてるなんて、心が和む家庭も沢山あります。

お母さんが子供とゼリーを作っている姿なんて、見ている側も心が和みますよね。

でも、作りすぎてしまうと気になる賞味期限。一旦作ってしまったらどのくらい持つのか、賞味期限についてみていきたいと思います。

手作りゼリーは二日以内に食べることをお勧めします

一般的に手作りしたゼリーは冷蔵庫で保存しますよね?味の質や雑菌のことを考えると、冷蔵庫で保存できるのは二日が限度と思って下さい。それ以上になると、味は勿論のこと、衛生面が気になると思います。

それ以上だと絶対ダメだという訳ではありません。ですが、安全圏としては、二日以内をお勧めします。

また、その賞味期限はゼリーに入っているゼラチンの量で変わることもありません。特にお子さんが食べるとなると、味というより衛生面が気になると思います。大体二日以内には食べるように心がけましょう。

ゼラチンを使ったゼリーでも牛乳を入れたものは賞味期限に注意

子供と手作りでゼリーを作った。ゼリーはゼリーでも、牛乳が入っているものを作ったのだけど、賞味期限はどのくらいなのか気になる。

ゼリーを手作りした時ですが、牛乳などの乳製品が入っていると、余計賞味期限は短くなります。できれば、作ったその日の内に食べるのが、理想になります。

恐らく賞味期限が気になる理由は、割と多めに作ってしまっていることもあると思います。ゼリーの中に特に牛乳などの乳製品を入れる時ですが、他のゼリー以上に注意が必要になり、なるべく早めに食べる、その日の内に食べることを心がけておけば良いと思います。

チーズケーキなど、ケーキを買って来ても賞味期限があり、大抵はその日の内に食べることになりますよね。それと同様、牛乳などの乳製品がゼリーに入っているのであれば、できるだけその日にお子さんと一緒に食べきってしまいましょう。

なぜ手作りのゼラチンゼリーの賞味期限は短いのか

手作りでゼリーを作るとなると、どうして賞味期限がそんなに短いのか、考えた事はありますか?その鍵となる考え方ですが、お店で作られるものは保存料など賞味期限をより伸ばすことができるものが含まれています。ですがこれが手作りともなると、お店が使うような保存料のようなものが含まれていないので、余計賞味期限が短くなります。

また手作りのゼリーの賞味期限が2日以内と割と短いのは、ゼリー自体が雑菌が好みやすいこともあります。雑菌が好みやすい材料がゼリーの中に含まれているので、どうしても衛生面では、安全を保つことが難しくなります。

手作りであったとしても保存料を入れるなどをして工夫をできるのであれば、まだ賞味期限は伸びるかもしれませんが、基本手作りでそこまでしないですよね。また、上記でも説明している通り、ゼリーで菌が増えてしまうことも原因になります。

どうして、手作りのゼラチンは早めに食べないといけないのか、理由は理解できましたか?

市販のゼリーの賞味期限が長い理由

ゼラチンを使用したゼリー。手作りのものと市販のものだと、やはり市販のゼリーの方が賞味期限は長いです。その理由ですがやはりゼリーの中にビタミンCを入れているので、それだけ賞味期限が長いようです。

お店に売っているゼリーの種類によっても、賞味期限も違ってきます。お店でチェックしてみると、その長さに驚きませんか?例えば、コーヒーゼリーだと10日位だし、フルーツゼリーだと、長いもので半年も持ちます。手作りでゼリーをしているお母さんや主婦の方からみたら、「どうしてお店で売っている賞味期限はそんなに長いの?」と疑問に思いますよね。

ゼリーでも中に何が入っているかによっても、違うとは思いますが、基本的にお店に売っているゼリーの賞味期限が長いのは、ビタミンCが入っており、それが、ゼリー内の酸化しないように働きかけてくれているからです。

手作りだと中々そこまで余裕はないと思います。これが、お店のゼリーと手作りのゼリーとの賞味期限の違いの源になります。

手作りゼリーでよく使われる、ゼラチンと寒天の違いと使い方のコツ

家でゼリーを作ろうと思ったら、基本は「ゼラチン」ですよね?でも、少し違った観点でゼリーを作ってみませんか?

寒天でもゼリーは作れてしまいます。なんだかゼラチンでゼリーを作るのに飽きてきたという方は、寒天で作ってみるのも面白いと思います。

基本的には、作り方は同じです。ですが、ゼラチンと寒天では、溶かす時の温度差があり、ゼラチンで80度、寒天で90度と10度以上の差が見られます。

寒天の方が水に溶けにくいのでその分、溶かすとなるとゼラチン以上の熱が必要になります。その点を理解して寒天でデザートを作っていけば、デザート作りも楽になってくるつと思います。

また、固まる時も、ゼラチンは冷蔵庫でしっかりと冷やす必要があるに対して、寒天は常温でもしっかりと固まるという特徴があります。あなたにとって、どちらで作った方が楽ですか?

ゼリーをゼラチンで家で手作りする時と、お店で売っているゼリーの賞味期限、だいぶ違うことに気づくと思います。特に家で手作りしているゼリーですが、なるべく早く食べないと菌が増えてしまいます。上記の記事では、その理由を説明してきました。理解できましたか?お店で売っているものは、ビタミンCなど、賞味期限を伸ばす要素が含まれています。さすが、プロが作っているだけありますね。