鏡のウロコ取りにアルミホイルが効果的ってホント?噂の真相とは

鏡のウロコ取りにはアルミホイルが効果的!?

人生の3大悩みはなんでしょう?
お金・対人関係、そしてお風呂場の鏡のウロコではないのでしょうか?

一口に『お風呂場の鏡のウロコ』と言っても、蓄積された年数や、家族構成、水道水の成分も違うでしょう。

洗剤や道具にお金を掛けたり、業者に依頼するとキレイになるかもしれません。

ですが、自分の汚れは自分でキレイにするのが人として大事なこと。

巷で噂の『お風呂の鏡はアルミホイルでキレイになる?』についてご紹介いたします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

グルーガン【100均】の基本の使い方と上手に使うコツ

グルーガンは100均でも取り扱いがあり、ハンドメイドなどで使ってみたいと思っている方も多いと思います...

犬の鳴き声などの騒音対策。マンションでもできる効果的な方法

ペット可のマンションに住む場合にも、自分の家の犬の鳴き声が周りのお宅の迷惑にならないか心配される方は...

商品の交換にレシートが必要な理由と交換できる条件について

購入した商品の交換や返品をしたい場合、レシートが必要だと言われることがほとんどでしょう。しか...

アパートでの洗濯機の音は何時までなら許されるのか徹底検証!

賃貸物件に住んでいると、他の住人の洗濯機の音が気になる時がありますよね。マンションよりもアパ...

おでんのこんにゃくの下ごしらえはおいしく食べるために必要です

冬になると恋しくなるおでん、コンビ二のおでんもおいしいですが、自分で好きな具を入れて作った方がよりお...

指を綺麗に見せてくれるネイルとは?あなたに合うのはこのネイル

ネイルをして指を綺麗に見せたいのに、なぜか爪だけ浮いてしまっているような?爪が小さい、指が短いなど意...

雑誌の付録がコスメポーチだった!これは買うしかない

一昔前は雑誌の付録といえば、子供向けの紙細工が出来るものが当たり前でしたが、今では付録にカバンやリッ...

住民票を移動した後の住民税の疑問!二重払いにはなるのか

引越しをして住民票を移動した後、住民税がどこから請求されるのか知っていますか?知らないと「二重払いさ...

料理のセンスを磨くためにできることやセンスが光る盛り付けのコツ

料理のセンスを磨くには、いろんな料理を作ってみたり、いろんなお店に足を運んでみることも大切ですよね。...

鉄の包丁がサビてしまう理由とサビを取る方法を紹介します

鉄の包丁がすぐにサビてしまうのにはこのような理由からです。とくに買ったばかりの鉄の包丁はサビやすいの...

エアコンの暖房が効かない原因と対処法!温かい部屋にする方法

部屋の温度が低くて部屋を温めたいのに、エアコンの暖房が効かないことに頭を悩ませている人もいるのではな...

昭和の時代が良かったという人はSNS疲れが影響しているかも

日本史の中でも激動の時代といわれている昭和の時代。昭和の頃を紐解いて見ると、今では考えられないよ...

まな板を削り直ししたい時の方法は?日頃のメンテナンスも重要

木のまな板をずっと使い続けていると、カビが生えたり黒ずんでしまうことがあります。素材が木なので、削り...

飼い猫が危険だらけの外の世界へ脱走!その理由や防止策について

室内で飼育している飼い猫が注意していても窓や玄関を開けた瞬間に脱走してしまい探し回ったという経験はあ...

男同士の会話で職場でよく話されている内容や必要なトーク力

男同士の会話について職場ではどんな内容がよく話されているのか気になる女性もいるでしょう。男性...

スポンサーリンク

鏡に付く白いヤツの正体って?水垢の成分であるウロコ取りにはアルミホイル?

お風呂場の鏡は気を抜くとすぐに白く水垢がついてしまいます。さらに放って置くと今度はウロコ状の頑固な汚れに!このウロコ取りにはアルミホイルが良いと言われていますが本当なのでしょうか。

まずは鏡にどうしてウロコ状の水垢がついてしまうのか?

鏡に水垢がつく原因

水垢はその名の通り水道水によってつく汚れです。水道水にはマグネシウムやカルシウムが成分として含まれていますので。水分が蒸発したときに、その成分だけが残ってしまい水垢となるのです。その他にもお風呂場では石鹸が飛び散ったりと、石鹸カスも一緒に付着していることもお忘れなく。

アルミホイルが水垢の掃除に役立つ?

アルミホイルを水につけると金属イオンが発生して、それでアルカリ性の汚れを落とすことが出来ます。

水垢はアルカリ性の汚れですので、アルミホイルを使うことは有効なのです。もちろん力を入れてこすると傷がついてしまいますので、注意をしてくださいね。

鏡のウロコ取りに必要なのは、クエン酸とアルミホイル

鏡に付く水垢や石鹸カスはアルカリ性の汚れ

アルカリ性の汚れは酸性の洗剤で中和することが出来ます。そこで最近酸性の自然素材の洗剤として、耳にするのがクエン酸!このクエン酸の酸性が鏡のウロコ取りにも力を発揮します。

さらにアルミホイルを使用すれば、金属イオンが発生することもあり、さらに水垢を落としやすくしてくれるのです。

しかし注意点があることも忘れてはいけません。酸性のクエン酸は金属を傷めてしまったり、変色させる作用があるので、鏡を止めている金具などには注意をする必要があります。

またクエン酸を使用しても、なかなか鏡のウロコ取りが進まない場合は、クエン酸パックを行って汚れを落としやすく浮かせましょう。

クエン酸とアルミホイルで鏡を綺麗にする方法

クエン酸をお湯で溶かしクエン酸水を作ります。スプレー容器にクエン酸水を入れてください。

次にクエン酸水をキッチンペーパーにたっぷりと浸して、鏡に貼り付けましょう。しかし、このままだとクエン酸が乾いてしまいますので、上からラップで覆ってクエン酸パックの完成です。

数時間放置した後は、アルミホイルで優しくこすり洗いをして水できれいに流します。

このときにクエン酸が金属部分に残らないように、しっかりと水で洗い流すことも重要なポイントです。

鏡のウロコ取り。軽いウロコならアルミホイルでキレイになるかも?

鏡の汚れもたまり続けると落ちにくくなる

しかし定期的に掃除を行うことによって、面倒なウロコ取りもアルミホイルだけでキレイにすることも可能です。

また金属イオンが発生する点に注目すると、排水口のぬめりにもアルミホイルは効果を発揮しますよ。

お風呂場の鏡のウロコ取りに使用した後は、小さく丸めて次は排水口のゴミ受けの中に入れておくと細菌の発生を防いでくれて、ぬめり防止となります。

またウロコ取りに重曹も効果を発揮すると書かれていますが、水垢はアルカリ性の汚れで重曹もアルカリ性!中和することがないので、根本的には水垢を落とすことが出来ないのですが、お風呂場には私達の体から出る皮脂汚れも付着していますので、酸性の皮脂汚れを一緒に鏡に付着している場合は、クエン酸と重曹を混ぜて使用することによって、多様な汚れに効く万能な洗剤となります。このようなことから、重曹も水垢の汚れ落としに有効だと言われているのだと、想像が付きますよね。

鏡のウロコ取りにアルミホイルだけでは効果がなかったら業務用洗剤を試してみる?

家では落としきれなかった汚れも、プロに頼むとキレイに汚れが落ちます。これはプロが使用している専用の機械によるところも大きいですが、汚れごとに使用している洗剤も大きなポイントです。掃除のプロはどの汚れに、どの洗剤が適しているのを知り尽くしています。そこに専用の掃除用具も使用するのですから、キレイに落とすことが出来るのもうなずけますよね。

少し前ならプロが使用している洗剤を手に入れることは難しかったのですが、今はそのような洗剤をホームセンターなどで手に入れることが可能です。

また欲しい商品が店頭にない場合には、ネットで探すことが出来るので便利です。

アルミホイルやクエン酸、重曹などを使用しても、どうしても落ちない汚れがあるときは、こんなプロの業務用洗剤に頼ってみましょう。

もちろん使用する際には裏面に書かれている注意書きをよく読んでから、使用してください。いろいろと使用できないものもあるので、確認をすることが大切です。

鏡のウロコ取りをしたあと、キレイを保つためにするべきこととは?

水垢はどんなにキレイに落としても、また水を使用することでどんどん付着していきます。

せっかくウロコ取りをしてキレイにしたのに、すぐに元通りになってしまうなんて悲しいですね。

しかし予防をすれば、毎日ウロコなしのキレイな鏡を使用するは可能だということを覚えておいてください。

その方法とは、とにかく水を残さないこと!予防はこれに限ります。

お風呂からあがるときは必ず、鏡の水分を拭き取る。拭き取りが面倒なら水切りワイアパーを使って、鏡の表面の水分を取り除きましょう。

そして、必ず換気扇などを使用して、お風呂場の換気を行うことです。

この一手間を行うだけで、きれいなウロコなし鏡をいつも使用することが出来ますよ。

もしまたウロコがついてきたときは、早い段階でウロコ取りを行いましょう。汚れは取れやすい早い時期に!これ、基本です。