アイシャドウの基本はブラウン?塗り方と上手な色の選び方

アイシャドウと言えば、基本の定番カラーはブラウンではないでしょうか?

では、ブラウンアイシャドウの塗り方とはどうしたらいいのでしょうか?ナチュラルな塗り方とは?

また、アイシャドウは目の形によっても塗り方が違うそうですよ!

そこで、アイシャドウの定番カラーであるブラウンアイシャドウの塗り方と自分に合ったアイシャドウの色の選び方などについてもまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

宅配便の伝票の書き方のマナーとは?会社宛の場合は要注意!

業務上他の会社に宅配便を送る場合、その伝票の書き方がわからないということはありませんか?伝票...

テレビの中継に時間差が生じる理由!ラジオはテレビより早い

テレビの中継を見ていると、放送中の音声に時間差が生じていることもあります。特に、国際中継では、時間差...

ガソリンに引火する条件温度は何度?ガソリンは引火点が低い!

ガソリンスタンドなどで「火気厳禁」という表示を目にしたことがある人もいますよね。ガソリンに引火してし...

UVレジンに使える100均で揃う手軽な材料と可愛いパーツ

UVレジンを使ったアクセサリーをハンドメイドで作る方も多いですが、いろいろと材料を揃えると、ある程度...

インコの保温&保湿には湯たんぽ!使い方や注意点を徹底解説

インコの体温は人間よりも高いため、冬の寒い時期や体調が悪そうな時には保温してあげることが大切になりま...

卵の孵化!スーパーの卵でも孵化するって本当?噂の真相

スーパーの卵が孵化するって話を聞いたことがありますか?子供の頃は鶏卵も温めれば、ひよこになるのでは?...

小学生が剣道の試合で勝つためのコツと親としてできること

子どもが剣道の試合に初めて出るとなると、なんとか勝ってほしいと親なら誰でも思ってしまうでしょう。...

洗濯機が壊れたらコインランドリーを賢く活用のススメとは

洗濯機が壊れたらコインランドリーを活用するのがオススメですよ。新しい洗濯機を購入しても、それ...

醤油ボトルの収納をスッキリさせるコツや容器を統一するポイント

毎日使う醤油などの調味料のボトルってどうしたらスッキリ収納できるのでしょうか?では、醤油のボ...

部屋についた焼肉の臭い対策!臭いを付きにくくする方法と対処法

焼肉が大好きという方は多いと思いますが、お家でするとなると問題は臭いです。焼肉をしている時は良いです...

側転のコツを子供に教えるには?子供も理解しやすい指導方法

側転にはコツがありますが、側転を子供に教える時には子供でも理解しやすいような指導をしなければなりませ...

中学生の子どもが勉強しないことにイライラする本当の理由

中学生になったのに、子供が自主的に勉強しないことにイライラしてしまうママは本当にたくさんいます。...

豚肉を柔らかくする方法で玉ねぎを使うコツや下処理のポイント

豚肉を柔らかくする方法ですりおろした玉ねぎに漬け込むという方法をご存知でしょうか。玉ねぎで豚...

車はガソリンメーターランプが光ってから何キロ走れる?目安とは

車のガソリンメーターのランプが光った、点滅したときには後どのくらい走ることができるのでしょうか?ひと...

ハムスターがかじり木を食べる理由や与え方の注意点について

ハムスターがかじり木を食べるように見えるのは、噛むことで刃を削っているからです。ただ、もしも本当に食...

スポンサーリンク

ナチュラルなアイシャドウの塗り方とは?オススメはピンクブラウン!

アイシャドウを使ってみたいけれど、初心者の場合、実際には自分には何色が似合うのか分からず、購入に迷うところだと思います。お店に行くと様々な色のアイシャドウが売られていますよね。

アイシャドウにまだ慣れていない方でも、ナチュラルに仕上がるお勧めのカラーはピンクブラウンです。
ピンク系はナチュラルというイメージを持っている人多いと思います。しかし、ピンクは単色では、取り入れるのが難しい色です。
よりナチュラルに仕上げたいのであれば、ピンクのなかでもブラウンを含んだピンクブラウンなら取り入れやすく自然に仕上がります。

ピンクブラウンのアイシャドウを使うことで、セクシーで魅力的な目元になります。またピンクブラウンアイシャドーの中でもパールが入ったものを使うことで奥行きを出すことができます。

ピンクブラウンのアイシャドウは、アイホール全体にのせるのがポイントです。シンプルで自然なグラデーションができます。下まぶたにはアイシャドーはつけません。まつげもビューラーなどは使わず、下を向いた状態のままにします。そのことで、より知的でクールな印象を与えることができます。

アイシャドウの基本の塗り方は?基本の定番ブラウン!

ブラウン系のアイシャドウは一つ持っておくと便利です。ナチュラルなグラデーションをまぶたに作ることができます。ビビットな色にいきなり挑戦するのは、初心者にはなかなか難しいものです。しかしブラウン系は肌になじみやすいのでナチュラルに仕上がります。いかにもメイクしました感が少ないうえ、していないときより、目元の印象がはっきりします。

メインのカラーに加え、ハイカラーとミディアムカラーが一緒にセットになっているようなアイシャドウのパレットを持っておくと、使いやすいのでお勧めです。

塗り方としては、アイホール全体にアイブラシを使って、ハイカラーをのせていきます。次に、ハイカラーより少し暗めのミディアムカラーを上から重ね塗りします。一番濃いメインのカラーは目の際に入れます。全体をブラシなどを使って境目をなくすと、ナチュラルで素敵な目元を演出することができますよ。

目の形別!ブラウンアイシャドウの塗り方

目の形は人によって様々です。一重の方もいれば、二重や奥二重の方もいます。そのため、アイシャドウの塗り方も変わってきます。どのように塗ればよいのかをご紹介します。

 

一重の方のアイシャドウの塗り方のコツ

 

まずは、アイホールを明るいカラーで塗ります。アイホールを意識しながら、ベージュなどのハイライトなカラーで塗ってみましょう。その際、アイホールからはみ出さないように気をつけてください。はみ出してしまうと、まぶたが腫れた様に見えてしまいます。上まぶたの目の際に。細く濃いブラウンのアイシャドウをのせていきます。

ミディアムカラーをアイホールの3分の1のところにライン状にのせます、目を開いたときに、少し色が分かるくらいで良いでしょう。下まぶたには、ハイライトカラーを入れます。目尻の3分の1程度のところに、先ほどと同じ濃いブラウンのラインを入れて完成です。目元がはっきりしてクールに仕上がります。

 

奥二重の方の場合

 

ハイライトカラーをアイホール全体にのせます。上のまぶたの目の際に、細くライン状に濃いブラウンのアイシャドウをのせます。目尻の部分は少し太くすると、より立体感がでます。中間のミディアムカラーを、アイホールの2分の1のところにライン状にのせていきます。目を開いたときに、まぶたで隠れないような位置にのせるのがポイントです。少し見える程度でよいでしょう。下まぶたは全体にハイライトを入れます。目尻に濃いブラウンのラインを入れて完成です。

奥二重の方は、アイシャドウを塗っても、目をあけた際には隠れてしまう部分も出てきます。そのため、グラデーション効果を上手に利用して立体的な目元にすることで、印象的な仕上がりになります。

アイシャドウを塗る場所の基本とは?パレットの役割

アイシャドウは皆さんどこに塗っていますか。アイホールであることは、必然的に皆さんが知っていることだと思います。

では、アイホールとはどの部分なのでしょうか。まぶたとは違います。まぶた全体の中でも、鼻と眉がの繋がっている骨と眼球の間の少しへこんだ部分のことを言います。日本人の目には凹凸が少ないため、分かりづらい人もいるかも知れません。まぶたを閉じて、指で触ってみましょう。自分のアイホールの大まかな位置と範囲を確認しておくことが大切です。

印象的な目元を作るには、アイホールだけではなく下のまぶたも重要になってきます。
下のまつげの生え際にあるぷっくりとした膨らみは涙袋といわれ、ここにハイライトのカラーを塗ることで、塗れたようなツヤを出すことができます。女性らしい目元を作ることができるのです。下まぶたの目の際に、アイラインを入れると目元がぐっと引き締まります。

アイシャドウのパレットは、メインカラーとハイライトカラー、ミディアムカラーがセットになっているのが普通です。
メインカラーは一番暗い色です。目の際にラインを入れて目元を印象付けるのが役割です。
ハイライトカラーは、まぶた全体にいれることで、透明感を出してくれます。
ミディアムカラーはハイライトとメインカラーの中間色にあたり、グラデーションを作るのに使われます。

ハイライトカラー→メインカラー→ミディアムカラーの順番で塗りましょう。

自分に似合うアイシャドウの色を見つけよう!

自分に似合う色を見つける方法として、まずは自分の肌の色を理解しましょう。

黄色ががかった肌の人は、温かみのあるイメージがあります。ボールドやベージュ、ブラウン、オレンジなどのアイシャドウが似合います。またグリーンやオリーブのカラーにチャレンジするのも良いでしょう。

青みかがった肌の人は、涼しげでさわやかなイメージを与えるため、ブルーやパープル、ボルドーなどのアイシャドウが似合います。
シルバーなどもチャレンジしやすいでしょう。ブラウンのアイシャドウを使う場合には、ダークなタイプを選ぶと良いでしょう。