アパートトラブルで多い騒音問題。足音の対策について

アパートに住んでいると、足音に対して苦情を言われたり、逆に足音に悩まされることもありますよね。

ここでは、アパートの足音対策についてまとめてみました。

苦情が来たときの対策や苦情を言われる前にやっておきたい対策、逆にアパートの上の階の足音がうるさくて困っているときの対策を紹介しているので、足音に悩んでいる人は必見です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ガス代の節約・元栓を閉めても節約にはならない!節約方法を紹介

毎月のガス代の請求が高く、どうにかしてガス代を節約することはできないか、頭を悩ませている人もいるので...

名前キーホルダーの作り方。自分で作るオリジナルキーホルダー

幼稚園や保育園の入園に伴い、名前キーホルダーを準備したいと考える方も多いと思います。そこで、自分でも...

身長171cmの標準体重は何kg?男性は見た目の体型にも注意

年齢を重ねていくと体重が気になる男性も増えていくでしょう。日本人の男性の平均身長は約171cmと言わ...

会社の椅子にはダニがいる可能性が。駆除する方法とやり方

太ももの後ろの辺りがかゆい、よくみると噛まれたような小さな跡がある場合、それはダニの仕業かもしれませ...

窓の目隠シールは100均でも購入可能!貼り方や剥がし方のコツ

窓の目隠シールを、外からの視線対策として使用している方も少なくはないのでは?少し値が張るイメージの目...

チューリップの球根を植える時期は?キレイな花を咲かせる方法

チューリップは、一度花を咲かせた後も上手に球根を保管する事で、翌年もまた花を咲かせることが出来ます。...

タッパーをレンジで加熱するときはふたを外して加熱しよう

タッパーをお弁当箱代わりにしている人もいるのではないでしょうか。お弁当を食べるときに、レンジでタッパ...

太ももの裏側についたお肉を落としたい!痩せ方をご紹介

膝下はそうでもないのに、太ももの裏側のお肉がなかなか落ちない・・・。太ももの裏側にについてしまったお...

高校生が勉強しない!進学校での落ちこぼれがやるべき勉強法

高校生で勉強しないでいると進学校では成績が落ちてしまいます。それでも勉強をしないとますます勉強にはつ...

スカートのウエストを広げたい!自分でできる簡単対処法

久しぶりに履くスカートや、スーツのウエストがきついとお困りの方はいませんか?特に入学式用のス...

勉強のスケジュールを手帳で管理!学習手帳の作り方

思うように勉強がはかどらない、なかなか計画通りに勉強することができないというお悩みを抱えている人もい...

うさぎをブラッシングしていたらハゲがあった!

ペットのうさぎをいつものようにブラッシングしていたらハゲを見つけることがあるかも知れません。「ブ...

スカートのゴムを伸ばす方法と応急処置で乗り切るコツとは

スカートのウエストがきついときは、ゴムを伸ばす方法を試してみてくださいね!では、スカートのき...

マニキュアのトップコートが乾く時間を短縮させるコツと注意点

マニキュアはトップコートの乾く時間を待てば完成します。しかし、セルフネイルをしていると完全に乾く前に...

アメリカの会社の休みはどのくらい?日本との違い

アメリカの会社は日本と比べて休みが多い?それとも少ないのでしょうか?イメージとしては日本よりも働く時...

スポンサーリンク

アパートの足音に苦情が来たときの対策

アパートの子供の騒音対策について
主人と1際になった息子とアパートの2階に住んでいます。先日下の住人から足音がうるさいと管理会社と通してクレームを受けました。私も夫も足音を立てずに歩くタイプなので、きっと息子の足音だと思いますが、まだハイハイです。みなさんはどのように対策していますか?

  • アパートに住んでいます。リビングには防音カーペットを敷いています。
  • ダイニングにも、ラグの下に滑り止めと防音シートを敷いています。

小さな子供がいるので足音が気になります。防音カーペットや防音シートを敷いて様子を見ましょう。今カーペットを敷いている場合は、その下に防音のシートを敷いてみてはいかがですか?

買い替える場合は防音タイプのカーペットをオススメします。以前安いものを勝手失敗しました。長期間使うものなのでしっかりしたものを買いましょう。

アパート大家です
人間関係がこじれたら引っ越すしかないです。仲良しのご近所さんなら「仕方がない」で我慢してくれます。でもトラブルがおきてしまうと小さな音もでイライラとするのが人間です。「1歳だから仕方がない」という言い訳は仲良しのご近所さんだけに通る言い訳です。

あなた達がいつから住んでいるかわかりませんが、引っ越しの挨拶はしましたか?子供が生まれたから迷惑をかけるかもしれないと菓子折りをもって挨拶にいきましたか?親としてやるべきことがあったと思います。

苦情を言われる前にやっておきたいアパートの足音対策

アパートでの対策方法についてご紹介します

実際に下の階の人と関わりがほとんどなかったり、どんな人が住んでいるかもわかない家庭も多いはずです。小さな子供がいる家庭で絶対にやるべきポイントを紹介します。苦情を言われる前にやっておくことをオススメします。

下の階の住人に挨拶をする

アパートの騒音トラブルがマンションよりも少ないのは、住戸数が少ないことが理由です。人間は知らない人が出す音はとても不愉快に感じ我慢ができません。しかし知っいてる人の場合は不愉快さが減り我慢の許容範囲も広くなるのです。いかに下の階に住んでいる人と仲間意識を共有することが出来るかがとても大切。こちらが笑顔であいさつをすると嫌な感じになる人はいません。引っ越した時、子供が生まれた時、歩き始める時期などに簡単でいいのであいさつをしておくとトラブルは少なくなります。

他にも玄関先やアパートの前に会う度に「いつもうるさくしてすみません」と気をつけていることをアピールすることも大事。下の階の人からすると気をつかっている音と気を使っていない音では音量が同じでも不愉快さが違ってきます。

クッション性のいいマットを敷く

アパートではどうしても音が響きやすいので、挨拶に行っただけでは不十分。あいさつはある意味「当たり前」なので、当然それなりの対策をしましょう。

プラスアルファを考える

床にジョイント式のマットを敷いても、それだけで足音が完全になくなるわけではありません。アパートで足音をなくすことはとても難しいことです。敷かないよりは効果が相当大きいジョイントマットなどがおすすめ。

アパートで子供の足音がうるさいと苦情が入ったときの対策

苦情がきたら菓子折りを持って家族で謝りに行きましょう。ただ謝るだけではなく「どんな音がうるさいですか?」「何時ごろが特に気になりますか?」と相手の不満を聞いてあげましょう。今後改善していく気持ちをアピールすることが大事です。

  • アフターフォローも大切
    防音対策をするだけでなく機会を伺ってもう一度相手を話すことも大切。「〇〇対策をしましたが、まだ音は気になりますか?」と聞き苦情に対して行動をしたこと、気にかけていることを伝えましょう。
  • 引っ越しを検討
    子供の足音対策といっても、家の中でじっとさせるのはかわいそうです。音に敏感なご近所さんがいて、頻繁に苦情や嫌がらせをされる場合は、早めに引っ越しを考えるようにしましょう。

アパートの上の階の足音がうるさくて困っているときの対策法

賃貸やアパートの上の階の足音、生活音がうるさい場合の対策

生活音や日常生活の大きい音はイラっとします。本人は全然気がついていなかったりします。賃貸で音の問題はとても嫌な音です。

私は6回引っ越しをしました。音には色々悩まされました。引っ越しても悩む問題です。気になる音は、足音と扉の締め方。足音に我慢が出来なくなり、対策を取ることに。足音に耐えられなくなると段々イライラが溜まります。ドンドンイライラしますし、音が低いのでテレビや音楽の音で消すことができません。

アパートで苦情を言う場合も方法が大切

直接行って怒鳴り込むという方法はとても危険です。逆恨みされる可能性もありますし、何をされるかわからない世の中です。そこで管理会社にお願いしましょう。

管理会社に電話するとあっさり対処してくれました。特定されないように、全体に封書ろ送り注意喚起として翌日には対応してくれました。

しかし足音は消えることはありせんでした。

子供の足音への苦情。実例をご紹介

実際にあった苦情情報
集合住宅に住むママにとって、子供の足音の悩みは深刻です。ドタバタ走る音。注意してもなかなか静かにしてくれない。いつクレームがくるとヒヤヒヤしていまいますよね。

  • 実際に足音がうるさいと感じている人の中には
    気になって夜も眠れずノイローゼになりそう
  • 毎日イライラする
  • 直接文句を言いたいが、我慢をしている

という意見もも少なくありません。

しかし苦情を言われた側も辛い思いをするまた騒音問題は、騒音を受ける側ばかりが辛いわけではありません。クレームを言われた側も精神的ダメージが大きいようです。

下の階に住む人も、かなりのストレスを感じていますが、苦情を言われてしまった立場の方も、同じようにストレスを感じ悩んでいる人が多いのです。

  • 対策をしつくしている。どうしたら良いのか分からない
  • 迷惑をかけていないか、常に心配
  • 普通の生活すらできない
  • また苦情を言われてしまうのではないか?不安で仕方ない
    などと悩みすぎてしまうケースもあります。