コットンシャツのしわ予防に効果的な洗濯方法と干し方

綿100%のシャツは着心地も良く、どんな方のクローゼットにも入っているアイテムだと思います。

しかし、このコットン100%のシャツやズボンは、しわになりやすいというというのも特徴ですよね。

コットン製品がしわになりやすい原因や、しわになりにくい洗濯方法や干し方、アイロンを使わずにしわを伸ばす裏技などご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

うさぎが抱っこを嫌がる原因とは?神経質なうさぎの習性を知る

うさぎが抱っこを嫌がる最大の理由は『捕まる』と感じるからです。飼い主さんとうさちゃんの信頼関...

アイロンスチームの穴から出てきた白い粉の正体と掃除方法

アイロンを使用していると、スチームの穴から白い粉が。せっかく綺麗にお洗濯をしたのに、白い粉が衣類に付...

子供が大好き麺類!うどん弁当が冷めてもくっつかない方法を伝授

子供は麺類が大好きですよね。お弁当にも入れて!なんて言われますが、うどんなどの麺類は冷めてしまうと、...

No Image

舞茸の天ぷらをべちゃべちゃにしないでカラっと揚げる方法

舞茸の天ぷらはべちゃべちゃになりやすいですよね。どうしてお店の舞茸の天ぷらは時間がたってもカラっとし...

力士の体の筋肉と脂肪の関係。2つの体型の特徴と力士の稽古

力士の方は皆さん大きい、体格がいいというイメージが定番ですがその体についているのは脂肪と思いがちでは...

大学を卒業できない?内定への影響や卒業のためにできること

大学を卒業できないと内定が取り消しになってしまうのか不安なあなた。せっかく厳しい就活を勝ち抜いて...

デイサービスの体操が楽しいと感じてもらう為に出来ること

デイサービスでは体を動かして体操をしますが、楽しい時間にしたいものですね。体操には、自立に向...

アイロンのかけ方【スチームのコツ】上手な使い方と注意点

アイロンのかけ方はスチームをうまく活用することでより満足のいく仕上がりになります。スチームを使えば素...

マニキュア後のトップコート!ベストタイミングをご紹介

マニキュアを長持ちさせたり、キレイに見せるためのトップコート!使用している方もたくさんいらっしゃいま...

ピカソの作品の中でも特に有名な絵画の特徴について解説します

世界的に有名なピカソですが、名前は知っていてもどんな作品を描いたのか、また有名な作品にはどんなものが...

サウナとお風呂ではどちらの順番が先?おすすめの組み合わせ

サウナが大好きという方も多いと思いますが、サウナとお風呂ではどちらの順番が先なのか気になったことあり...

ハムスターのトイレは100均で活用できるがポイントがあります

ハムスターのトイレを100均で選ぶこともできますが、どんな物でもいいわけではありません。ハムスタ...

ペンのインクが出ない!インクが残っているのに出ない原因と対策

まだインクが残っているはずなのに、使おうと思ったらペンのインクが出ない。こんな経験をした事がある人も...

使わなくなった文房具を寄付!海外支援について

子供が小さい頃に使っていた文房具や、知らず知らずのうちに溜まってしまったボールペンなど、使わなくなっ...

カレーのじゃがいも投入のタイミングと煮崩れさせない方法

カレーのじゃがいも。出来上がった時、どこにいったのかわからないくらいに煮崩れしてしまう。じゃ...

スポンサーリンク

コットンのシャツがしわになる原因は?

コットンは生地が丈夫なのがよいのですがしわになり易いと思いませんか?
コットンは繊維の中が空洞になる構造をしているのでとても水を吸収しやすく、そうなると繊維分子が離れやすくなるのです。

この繊維分子が離れたまま乾いてしまう事でしわになってしまうのです。

また繊維に余分な力が加わる事で糸の配列がずれてしまい生地がしわになったり形が変形してしまったりします。

ですがこの性質を理解していればコットン素材のものも上手に取り扱う事が出来るのではないでしょうか。

しわが付いた時には、霧吹きとドライアイロンでしわをなくす事が出来ます。スチームアイロンでも良いのでは?と考えるかも知れませんがスチームの場合は水が細かく一瞬で蒸発してしまうためにあまり効果が得られないので、しっかりとしわを取りたいのであれば、あえて霧吹きで水分を吹きかける方法をお勧めします。

しわになりやすいコットンのシャツの洗濯方法

洗濯ネットでしわ予防

ワイシャツなどをそのまま洗濯機に入れてしまうと、他の衣類とごちゃごちゃに絡まってしまいますので、その分生地も傷みやすく劣化も早まります。

ワイシャツを大事に長持ちさせたいのであれば、洗濯ネットに入れて洗うようにしましょう。

洗濯ネットにも種類がありますが、あまり網目が細かすぎるものよりも適度な網目のネットのほうが汚れは落ちやすいです。

また柔軟剤でしわを防ぐ効果が高いものを使うのも良いです。
洗濯が終わったらそのままにしておかずにすぐに干すようにしましょう。

またしわを防ぐためにはあまり脱水をし過ぎないのも一つのポイントです。脱水をしっかりする事で早く乾くという効果は得られるのですが水分が少なすぎてしわになり易いという欠点があります。

水分の重みである程度しわ伸びますのでもし設定できるのであればワイシャツの脱水は30秒程度が好ましいと思います。

シワになりやすいコットンのシャツやズボンは干し方にも一工夫

脱水時間を短めにしたワイシャツを干す時、ハンガーにかけて両手でパンパン叩いてしわを伸ばすようにしましょう。

襟や袖口もしっかりと生地に張りを持たせ、干す時点でしわを伸ばしておく事でアイロンがけもとても楽になると思います。

またズボンをピンチハンガーで乾かすときは裏返しにしてウエストの部分を筒状にし風が抜けるようにします。
以前何も考えずに洗濯し、そのまま干したズボンポケットにカビが生えてしまった事がありました。干した場所も風通しの悪い場所だったのがいけなかったのですがちゃんとした干し方をしないとこのような事になってしまうのだと実感しました。

物干し竿を使う時もズボンは裏返しにします。そして片方の足に物干し竿を通し左右のズボンの裾を洗濯ばさみで留め固定しておくと良いでしょう。

またタオルを干すときはそのまま干すよりもタオルの端を持ってバサバサと振る事で乾いたときにふんわりと仕上げる事が出来るという効果がありますので、ぜひ実践してみて下さい。

アイロンを使わずにしわを伸ばす裏技

夏なら扇風機を使って乾かすのもお勧めです。
着ようと思ったシャツにしわが付いていたら、そのシャツをハンガーに掛け霧吹きの水でシャツを湿らせましょう。

乾かす時は、シャツの中を風が通り抜けるよう扇風機の位置を決めます。位置が決まったらシャツの裾をクリップなどで固定し強風で乾かしていきましょう。

扇風機は冷風ですが温風を使うドライヤーを使ってしわを取る事も出来ます。
シャツをハンガーに掛けたらしわが気になる所に霧吹きを使って生地を湿らせて行きます。湿ったら生地を伸ばすようにしてドライヤーの熱風を当てていきます。

この時にドライヤーが近すぎると危険なのでシャツからは4~5センチほどの距離を保てるように維持するようにして下さい。

乾くまで手で持ちながら待たなければいけないのが手間ですが、しわを取る事は出来ると思います。

コットンシャツの基本的なアイロンのかけ方

アイロンを掛ける時には必ず生地に合った適温がありますのでそちらを守るようにしましょう。
コットンの場合は「高温」を使ってアイロンがけを行う事になります。

そしてそのコットンのしわを取るには必ず水分が必要になりますので、スチームアイロンではなく霧吹きに水を準備して下さい。

全体が湿るように霧吹きをしたらドライアイロンでしわを伸ばしていきます。
この時に生地のしわをしっかりと伸ばして繊維に沿ってまっすぐ、そしてゆっくりとアイロンを掛けるようにすると綺麗に仕上がると思います。

また力はあまり強くしないように注意して下さい。その理由はコットンは力強くこすってしますと生地に光沢が出てしまいおかしな雰囲気になってしまうからです。

そうなるのが心配な場合は当て布をすると安心です。
基本の手順をしっかりと頭に入れて綺麗なアイロンがけに挑戦してみましょう。