スカートのウエストを広げたい!自分でできる簡単対処法

久しぶりに履くスカートや、スーツのウエストがきついとお困りの方はいませんか?

特に入学式用のスーツなど、数年に一度しか着ない服などは、いざ着ようと思ったら入らないなんてことも少なくありません。
理想は、元の体型に戻すというのが一番ですが、そうは簡単に行かないのが悲しいところです…。

スカートのウエストを広げたい時に、すぐにできる対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハーバリウムボールペンの作り方!初心者でもできる作り方のコツ

最近話題のハーバリウムですが、作ってみたいと思っている方も多いと思います。中でも、ハーバリウム初...

喧嘩が強くなる方法とは?女でも相手にナメられない雰囲気を作る

喧嘩に強くなる方法を知りたい!女だって強くなりたい!どのような理由かはわかりませんが...

高校生のお弁当おかずオススメやキレイな詰め方と冷凍保存のコツ

高校生はお弁当のどんなおかずが好きなのでしょう?簡単で人気なオススメおかずとはどんなの?例え...

玄関のドアノブ交換をしてくれるのは?費用やかかる時間について

玄関のドアノブ交換が必要となったときには、どこに頼んだらいいのでしょうか?玄関は家の防犯に関わる場所...

鳥が電線に大量にとまる理由と対策は?根本的な解決は困難かも

ものすごい大量の鳥が電線にとまっている光景、一度は目にしたことあるのではないでしょうか。一匹で見...

アメリカの会社の休みはどのくらい?日本との違い

アメリカの会社は日本と比べて休みが多い?それとも少ないのでしょうか?イメージとしては日本よりも働く時...

食洗機と手洗いを併用してしまうのは清潔好きな日本人だから

自宅に食洗機があっても、食洗機だけに頼らず、手洗いと併用しているご家庭も多いのではないでしょうか?...

アイプチで二重が不自然にならないための使い方のコツ

アイプチで二重にした場合、やり方を間違うと不自然に見えてしまいます。アイプチでした二重が不自...

猫を旅行に出かける場合は預ける?留守番させる?ポイントはコレ

愛猫を旅行に出かける場合預けることを考えている人も多くいるはずです。猫などのペットは預けられることは...

爪の柔らかい人はジェルネイルがおすすめ長持ちさせる方法

爪に柔らかいジェルネイルを塗ってみたいけれど、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?柔ら...

鉄の包丁がサビてしまう理由とサビを取る方法を紹介します

鉄の包丁がすぐにサビてしまうのにはこのような理由からです。とくに買ったばかりの鉄の包丁はサビやすいの...

男同士の会話で職場でよく話されている内容や必要なトーク力

男同士の会話について職場ではどんな内容がよく話されているのか気になる女性もいるでしょう。男性...

オリーブの栽培は寒冷地でも可能?栽培できる地域と栽培の方法

オリーブを栽培しようと思っている人や実際に栽培している人の中には、寒冷地でも栽培することが可能なのか...

一人暮らしでペットに犬を飼うのはNG?一人暮らしの犬の飼い方

一人暮らしをしている人の中には、ペットに犬を飼いたいと思っている人もいますよね。でも、自分が仕事に行...

もらって嬉しいと思われるプレゼントの選び方【30代男性編】

仕事でいつもいろいろ指導してくれる優しい上司。誕生日が近いと聞くと、嬉何かプレゼントしたいと考える女...

スポンサーリンク

スカートのウエストをすぐに広げたい!その場でできる対処法

久しぶりに履くスカートがきついと、まずはダイエットをしようと決意される人は多いでしょう。

しかし、すぐにそれを履く必要がある場合は、なんとかそのきついウエストを応急処置しなければなりませんね。

スカートのウエストをすぐに広げる対処法についてご紹介します

まず、ボタンはつけずに履く方法です。

ボタンはつけずに履いてみて、ファスナーがしまるかどうか試してみましょう。

ボタンは無理でもファスナーがある程度締まるなら、それはそれでOKです。

上からベルトをしてしまいましょう。

また、ウエストサイズを伸ばす留め具を使って、サイズを広げるというのも可能ですよ。

あとは、どうしてもそのままそのスカートを履きたいのであれば、コルセットや補正下着を使う方法です。

ほんのもう少しでボタンが留められるというのであれば、補正下着によってウエストを引き締めることで、きついスカートを履くことも可能になるかもしれません。

ただし、窮屈ではありますけどね。

ウエストを簡単に広げたい!スカートのウエスト部分が隠れている場合

ウエスト部分が隠れている時にウエストを簡単に直す方法

安全ピンをフックの代わりにする方法

フックを引っ掛けて安全ピンで裏側から留めてしまえば、フックの位置をずらすことができます。

ただし、1,2センチ程度が限界ですね。

それから、安全ピンをボタンホールやフックの穴に通してつなぐ方法です。

2本くらいつなげれば、多少広くすることはできるでしょう。

しかし、ピンなので動きによっては外れることもあるので、気をつけましょう。

ヘアゴムをボタンホールに通して、ボタンへ引っ掛ける方法

ヘアゴムだと収縮性もあるので、サイズが調整できますよ。

それに、安全ピンよりもより安全なので、オススメです。

ぜひ試してみてくださいね。

もうちょっとだけスカートのウエストを広げたい!仰向けの状態で着る

あともう少しでスカートのウエストを留めることができる…。

そんなとき、早急にウエストが細くならないだろうかと思いませんか?

実は、きついスカートのウエストに身体を合わせる方法があるんです。

そんな夢のような方法をご紹介致します。

それは、仰向けの状態で着るという方法。

まず、スカートを履いたら、閉まるところまでファスナーを閉めましょう。

そして、その状態のまま仰向けで寝てください。

仰向けで寝たら、そのままその状態でファスナーを上げてみましょう。

どうですか?ファスナーが閉まりませんか?

ビックリですよね!

このように、あともう少しでスカートのファスナーが閉まりそう!というときは、仰向けの状態で閉めてみましょう。

魔法のようですよね。

ウエストのゴムの取り換え口がない場合の直し方

子供のスカートやズボンにはよくゴムの取り換え口が付いていますよね。

しかし、大人用にもなるとなかなかゴムの取り換え口は付いていません。

でも、そんなゴムの取り換え口がない場合でも、自分でウエストのゴムを取り替える方法があるんです。

もしも、ゴムの取り換え口がないのであれば、自分で取り換え口を作る必要があります。

ゴムの入っている部分の縫い目の糸を切って、数センチほどきましょう。

もしくは、生地の部分を切ってしまう方法もあります。

取り換え口が出来たら、中のゴムを全部抜き取ります。

そして、新しいゴムを入れて、自分のウエストに合わせて調節しましょう。

ウエスト部分の後ろ半分だけゴムという場合も、取り換え口を作って、新しいゴムを縫い付けましょう。

そうすることで、ウエストのゴムを自分のサイズに合わせて取り替えることができますよ。

ぜひ試してみてくださいね。

はぎれを使ってスカートのウエストを広げる方法

はぎれを使うことで、自分でスカートのウエストを直すこともできますよ。

ウエストを直す場合には、ウエストのベルト部分の長さが足りませんよね。

なので、何かそのスカートに合わせてもおかしくないようなはぎれを付け足してみましょう。

このとき、継ぎ足す場所は、背中の目立たないところにしましょう。

ウエストのベルト部分を切って、足しても目立たないようなはぎれでウエストの付け足しをしてみます。

やってみるまではどうなるかわからないものですが、意外とできちゃうんですよね。

これで、お気に入りでもウエストがきつくて履けなくなっていたスカートだって、履けるようになりますよ。

裏布にタックが入っているなら、それを伸ばすだけでもけっこう広がります。

スカートのウエストがきつくてもなんとか履く方法もいろいろありますよね。

ぜひ参考にしてみてください。