スカートのウエストを広げたい!自分でできる簡単対処法

久しぶりに履くスカートや、スーツのウエストがきついとお困りの方はいませんか?

特に入学式用のスーツなど、数年に一度しか着ない服などは、いざ着ようと思ったら入らないなんてことも少なくありません。
理想は、元の体型に戻すというのが一番ですが、そうは簡単に行かないのが悲しいところです…。

スカートのウエストを広げたい時に、すぐにできる対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬の鳴き声で判断!高い声で鳴く時の犬の気持ちを解説

犬の鳴き声には種類があり、高い声で鳴くことがあります。高い声といっても、キュンキュン、キャンキャ...

フェルトで手作りしたお守りで彼を応援!作り方のポイント

受験を控えた彼には、神社で購入するお守りではなく、フェルトで手作りしたお守りをプレゼントしてはいかが...

可愛い動物園で見た珍しい生き物!ペットとして飼育可能な動物

犬や猫などのペットは多くの方が飼っていますが、中には可愛いけど珍しい動物を飼っている方もいます。動物...

うさぎが抱っこを嫌がる原因とは?神経質なうさぎの習性を知る

うさぎが抱っこを嫌がる最大の理由は『捕まる』と感じるからです。飼い主さんとうさちゃんの信頼関...

迷惑電話の撃退方法!かかってきた迷惑電話はこの方法で撃退!

迷惑電話がかかってくると本当に気分が悪くなりますよね。忙しいときや外出の前など、時間に余裕がない時に...

夏はリップが溶ける?その温度と溶けたリップの復活方法を解説

夏の暑い時期だと、化粧ポーチやポケットに入れておいたリップが溶けることもありますよね。そこで...

シンクのスポンジラックは撤去すると掃除がしやすい

シンクのスポンジラックを撤去すると、掃除がしやすくなりラックのヌメヌメから解放されます!とは...

服の名前シールの剥がし方を解説!家にある物で簡単に剥がす方法

服に付けている名前シールを綺麗に剥がして、お下がりとしてもう一度活用したいと考えているママもいるので...

ペンのインクが出ない!インクが残っているのに出ない原因と対策

まだインクが残っているはずなのに、使おうと思ったらペンのインクが出ない。こんな経験をした事がある人も...

エアコンの暖房が効かない原因と対処法!温かい部屋にする方法

部屋の温度が低くて部屋を温めたいのに、エアコンの暖房が効かないことに頭を悩ませている人もいるのではな...

ウサギがペレットを食べなくなる原因や対処方法について

ウサギが急にペレットを食べなくなってしまった…!?具合が悪いのでしょうか?見るからに衰弱しているよう...

100均アイテムで工作作り!おしゃれで簡単工作の作り方を紹介

100均にあるアイテムを使えば、手軽におしゃれで簡単な工作作りを楽しむことができます。自分で使うアイ...

子供のピアノの練習が始まると怒る親。今すぐ解決しよう

子供の習い事の中でも人気のピアノですが、練習が始まるとつい怒ってしまっていませんか?怒りたく...

野うさぎの赤ちゃんの育て方は?保護した時は動物病院へ委ねよう

飼いうさぎではなく、野うさぎの赤ちゃんの育て方はどうすればいいの?という悩み。野うさぎは日本の至...

うずらの飼育は屋外でも可能?飼育方法や注意点について

うずらの飼育を考えている方、鶏の様に屋外での飼育は可能かどうか?飼育する際には気になるポイントですよ...

スポンサーリンク

スカートのウエストをすぐに広げたい!その場でできる対処法

久しぶりに履くスカートがきついと、まずはダイエットをしようと決意される人は多いでしょう。

しかし、すぐにそれを履く必要がある場合は、なんとかそのきついウエストを応急処置しなければなりませんね。

スカートのウエストをすぐに広げる対処法についてご紹介します

まず、ボタンはつけずに履く方法です。

ボタンはつけずに履いてみて、ファスナーがしまるかどうか試してみましょう。

ボタンは無理でもファスナーがある程度締まるなら、それはそれでOKです。

上からベルトをしてしまいましょう。

また、ウエストサイズを伸ばす留め具を使って、サイズを広げるというのも可能ですよ。

あとは、どうしてもそのままそのスカートを履きたいのであれば、コルセットや補正下着を使う方法です。

ほんのもう少しでボタンが留められるというのであれば、補正下着によってウエストを引き締めることで、きついスカートを履くことも可能になるかもしれません。

ただし、窮屈ではありますけどね。

ウエストを簡単に広げたい!スカートのウエスト部分が隠れている場合

ウエスト部分が隠れている時にウエストを簡単に直す方法

安全ピンをフックの代わりにする方法

フックを引っ掛けて安全ピンで裏側から留めてしまえば、フックの位置をずらすことができます。

ただし、1,2センチ程度が限界ですね。

それから、安全ピンをボタンホールやフックの穴に通してつなぐ方法です。

2本くらいつなげれば、多少広くすることはできるでしょう。

しかし、ピンなので動きによっては外れることもあるので、気をつけましょう。

ヘアゴムをボタンホールに通して、ボタンへ引っ掛ける方法

ヘアゴムだと収縮性もあるので、サイズが調整できますよ。

それに、安全ピンよりもより安全なので、オススメです。

ぜひ試してみてくださいね。

もうちょっとだけスカートのウエストを広げたい!仰向けの状態で着る

あともう少しでスカートのウエストを留めることができる…。

そんなとき、早急にウエストが細くならないだろうかと思いませんか?

実は、きついスカートのウエストに身体を合わせる方法があるんです。

そんな夢のような方法をご紹介致します。

それは、仰向けの状態で着るという方法。

まず、スカートを履いたら、閉まるところまでファスナーを閉めましょう。

そして、その状態のまま仰向けで寝てください。

仰向けで寝たら、そのままその状態でファスナーを上げてみましょう。

どうですか?ファスナーが閉まりませんか?

ビックリですよね!

このように、あともう少しでスカートのファスナーが閉まりそう!というときは、仰向けの状態で閉めてみましょう。

魔法のようですよね。

ウエストのゴムの取り換え口がない場合の直し方

子供のスカートやズボンにはよくゴムの取り換え口が付いていますよね。

しかし、大人用にもなるとなかなかゴムの取り換え口は付いていません。

でも、そんなゴムの取り換え口がない場合でも、自分でウエストのゴムを取り替える方法があるんです。

もしも、ゴムの取り換え口がないのであれば、自分で取り換え口を作る必要があります。

ゴムの入っている部分の縫い目の糸を切って、数センチほどきましょう。

もしくは、生地の部分を切ってしまう方法もあります。

取り換え口が出来たら、中のゴムを全部抜き取ります。

そして、新しいゴムを入れて、自分のウエストに合わせて調節しましょう。

ウエスト部分の後ろ半分だけゴムという場合も、取り換え口を作って、新しいゴムを縫い付けましょう。

そうすることで、ウエストのゴムを自分のサイズに合わせて取り替えることができますよ。

ぜひ試してみてくださいね。

はぎれを使ってスカートのウエストを広げる方法

はぎれを使うことで、自分でスカートのウエストを直すこともできますよ。

ウエストを直す場合には、ウエストのベルト部分の長さが足りませんよね。

なので、何かそのスカートに合わせてもおかしくないようなはぎれを付け足してみましょう。

このとき、継ぎ足す場所は、背中の目立たないところにしましょう。

ウエストのベルト部分を切って、足しても目立たないようなはぎれでウエストの付け足しをしてみます。

やってみるまではどうなるかわからないものですが、意外とできちゃうんですよね。

これで、お気に入りでもウエストがきつくて履けなくなっていたスカートだって、履けるようになりますよ。

裏布にタックが入っているなら、それを伸ばすだけでもけっこう広がります。

スカートのウエストがきつくてもなんとか履く方法もいろいろありますよね。

ぜひ参考にしてみてください。