スカートのゴムを伸ばす方法と応急処置で乗り切るコツとは

スカートのウエストがきついときは、ゴムを伸ばす方法を試してみてくださいね!

では、スカートのきついゴムを伸ばすには、どんな方法があるのでしょうか?

また、スカートのウエストがきついときは応急処置で乗り切ることもできますよ!

そこで、スカートのゴムを伸ばす方法と応急処置で乗り切るコツなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

出先で取りたい!今あるもので出来る商品タグの取り方

購入したものをすぐに使いたい時、商品タグの取り方に困りませんか?力いっぱい引きちぎる方法もありますが...

知ってる?コンビニのコーヒーについてる蓋の理由や由来

コンビニコーヒーについてくる蓋、飲みやすいと感じる?それとも邪魔だと感じますか?なかには、な...

お年玉は子供のもの?親のもの?お年玉の行方について

お年玉はその家庭の価値観によって、使いみちや管理方法が変わってきますよね。子供あてにいただく...

旦那のゲームにストレス!ゲーム依存から脱出させる方法

家にいればすぐにスマホ片手にゲームばかりする旦那・・・少しは家のことを手伝ってよ!とストレスも溜まり...

ベースとギター、どっちを選ぶ?初心者は特徴を理解しましょう

友達とバンドを組もうとする場合、ほとんどの人がベースとギターどっちにするか迷うのではないでしょうか。...

ネズミ捕りで警察から逃げるとどうなる?後で待っていることとは

オービスがある場所はだいたいわかるからスピードの出しすぎには注意するけど、ネズミ捕りはどこでやってい...

アメリカの会社の休みはどのくらい?日本との違い

アメリカの会社は日本と比べて休みが多い?それとも少ないのでしょうか?イメージとしては日本よりも働く時...

100均の材料で簡単DIY!初心者でも作れるかわいい小物

ネットや雑誌では主婦の方が作った可愛いDIYの作品をよく目にします。そんな可愛いくておしゃれな作品を...

友達の誕生日プレゼントに贈りたい手作りアイテム!中・高生向け

友達の誕生日に贈るプレゼントは、毎年何にしようかと頭を悩ませる人が多いと思います。いつもとちょっと違...

電気のつけっぱなしに効果的な対策方法とは?さっそくトライ!

どんなに注意してもトイレやリビングが電気つけっぱなし、そんなことで毎日イライラするのもイヤですよね。...

自転車にイヤホンをしたまま乗って事故になるケースは急増!

自転車は通学や通勤や日々の生活に欠かせないという人もいるでしょう。その一方で自転車による事故...

No Image

名前にカタカナが多かった昔。人気があった名前とその理由

おばあちゃんやご年配の女性の名前を見ると、カタカナだけの名前が多いと思いませんか?なぜ昔の女性の...

犬の鳴き声などの騒音対策。マンションでもできる効果的な方法

ペット可のマンションに住む場合にも、自分の家の犬の鳴き声が周りのお宅の迷惑にならないか心配される方は...

クラスでぼっちのあるあるネタ!ぼっちの過ごし方と対処法

クラスでぼっちになってしまう人もいますよね。ぼっちになってしまう人にはある共通した特徴があるようです...

トマトをレンジに入れたら破裂する場合が。破裂しない方法とは

電子レンジで温めると破裂してしまう食べ物と言って思いつくのは、卵やウインナーでしょうか。お弁...

スポンサーリンク

スカートのきついゴムを伸ばす方法とは

久しぶりにはいたスカートがきつい!すぐに出かけたいのに!そんなことありますよね。

そんな時、簡単にゴムを伸ばす方法は劣化させることです。

 

スカートのゴムがきついなら、強制的に劣化させて伸ばしてしまいましょう。

ではどうやって劣化させるのかが気になるところですよね。

その方法は熱を利用します。アイロンをゴム部分にかけることで伸ばす事が可能になるんです。

まずはアイロン台にゴム部分を回しかけます。そうして手でゴムを伸ばしながらアイロンをゴム部分にかけていきます。

この時スカートの生地に注意をしてください。アイロンの熱に弱い素材なら必ず当て布を使ってアイロンをかけてくださいね。そして裏からアイロンをかけることも忘れずに!

スチームを使って、ゴム部分に何度かアイロンを当てると、ゴムが劣化してきついゴムが緩くなります。やりすぎには注意をして下さいね!

まずは簡単!スカートのゴムを伸ばす手軽な方法も

スカートのゴムを伸ばすための時間があるのなら、伸ばした状態を維持することでゴムが緩くなります。

ゴムが伸びきるような場所に、しばらくゴムのスカートを履かせておくだけでOKです。

例えば部屋のゴミ箱、食卓テーブルの椅子の背もたれなども、ウエストのゴムを緩めるのに最適です。

ちなみにこの方法、ゴムの太さによって延ばす時間を変える必要があります。

細いゴムなら一日程度でも伸ばす事が出来ますが、太い伸縮性が強いゴムならなかなかゴムが伸びないので、何日間か延ばし続け様子を見てください。

またゴムの太さや伸縮性によって、ゴムを伸ばす場所を変えてみるのも効果的です。

伸びにくいゴムなら、少し大きいゴミ箱などを利用してみてくださいね。この場合もゴムが必要以上に伸びきってしまうと困るので、様子を見ながら行いましょう!

スカートのゴムがきついなら、こんな伸ばす方法もある!

もっとも的確にスカートのゴムを伸ばす方法なら、やはりゴムを取り替えるのが一番です。

ゴム穴が付いているのならそこから今あるゴムを取り外し、適当な長さのゴムに付け替えてください。

また長さよりもゴムの太さが、きついと感じる原因の場合もあります。適度な太さも取り替える時には重要なポイントですね。

ゴム穴がある場合は比較的簡単にゴムを取り替える事が出来ますが、ゴム穴がついていない場合、塞がれている場合はどうしたらよいでしょう。

そんな時はウエスト部分の縫い目、ゴムが入っている部分を少しほどくと、ゴムを出し入れする事が出来ます。

縫い目をほどく場合は、表からわからない用に縫い目をほどき過ぎないように注意をしてください。

ゴムを入れ替えたらなるべく目立たないように、縫い目を元のように縫い直して終了です。

この方法だと自分にピッタリのサイズのゴムを入れる事が出来ますよ。

ウエストがきついときは応急処置で乗り切ることも

ゴムのスカートのウエストの伸ばし方を色々とご紹介して来ましたが、ゴムではない場合の応急処置の仕方もお教えします!

ファスナーが付いていて上がボタンのタイプ、ジーパンなどはボタンを外すだけで随分とウエストが緩くなります。

下がってしまうのでは!?と心配な方は、ベルトで調節をすると安心です。

またボタンではなくホックで引っ掛けるタイプなら、安全ピンを留め具代わりにすることでウエストを調整できます。

この場合は安全ピンが肌に刺さらないように注意をして下さいね!

またこのような場合は、上の服でウエスト部分を隠すことが最大のポイントです。応急処置が見えないような少し長めの服を着てくださいね。

そして最後に、ファスナーの金具は上を向いていると下がってしまいます。必ずあげた後金具は下向きになるように戻しましょう。

またしっかりと、動いても下がらないことを確認してくださいね!下がってしまうと大変ですよ。

最終手段はウエストお直し!注意点とは

ウエストのゴムのお直しの方法、応急処置の方法についてお話してきましたが、しっかりと自分に合ったサイズにしたい!自分では直すのは無理!という方は、やはりプロにお願いをするのが一番です。

お直しは料金が高いイメージがありますが、洋服を買った店だと他でお直しをするよりも低価格できる事が多いです。まずは確認をしてみてください。

またプロに頼んだのだから、購入した時と同じような仕上がりになると期待しがちですが、そうではない場合もあります。

例えば洗濯で色あせが起きてしまっていて、お直しした部分の色が違ったり、ゴムではないウエスト調整をした場合などは、余裕があった分の生地を出してしまうために強度的に問題がある場合もあります。特にズボンの場合だとお尻部分は縫い目が広がりやすい部分です。お直しをするときに補強のあて布などを勧められることも!

心配な時は、お直しをする際にやはりこちらも確認をして下さいね。