スカートのゴムを伸ばす方法と応急処置で乗り切るコツとは

スカートのウエストがきついときは、ゴムを伸ばす方法を試してみてくださいね!

では、スカートのきついゴムを伸ばすには、どんな方法があるのでしょうか?

また、スカートのウエストがきついときは応急処置で乗り切ることもできますよ!

そこで、スカートのゴムを伸ばす方法と応急処置で乗り切るコツなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

玄関のドアノブ交換をしてくれるのは?費用やかかる時間について

玄関のドアノブ交換が必要となったときには、どこに頼んだらいいのでしょうか?玄関は家の防犯に関わる場所...

ペットボトルの再利用は不衛生?再利用の危険性と再利用方法

飲み物を飲み終わって空になったペットボトルを再利用することはできないかと考えている人もいるのではない...

豆腐の消費期限を1日でも過ぎたらアウトです!

豆腐には消費期限や賞味期限の表記があります。賞味期限の場合、1日くらいなら過ぎても問題ないとは思...

卵と白菜、もやしがあればこの1品!忙しい主婦におすすめレシピ

もやしは価格も安定していて、主婦の味方ですよね。買い物に行った時には、必ず買い物カゴに入れる...

小学生のノートのプリントの貼り方とコツについて解説します

小学校の授業でもらうプリント。ノートに挟んたままにしている子供が多いといいます。しかし、プリント...

ポニーテールはこんなに簡単!ロングでもアレンジを加えよう

ロングヘアの人にとって、ポニーテールはよくする髪型の一つになっていることでしょう。でも、いつ...

働くママ悩み!遅刻の言い訳に注意する事。子供が原因の時の方法

子供がいると自分の事が後回しになって支度に時間が掛かり遅刻しそうになったり、時間に余裕をもって行動し...

漂白剤で黄ばみがキレイになる?シーツの黄ばみを落とす方法

シーツの黄ばみ汚れに頭を悩ませている人もいますよね。シーツの黄ばみ汚れは、漂白剤を使えばキレイにする...

洗濯機が壊れたらコインランドリーを賢く活用のススメとは

洗濯機が壊れたらコインランドリーを活用するのがオススメですよ。新しい洗濯機を購入しても、それ...

高校生が勉強しない!進学校での落ちこぼれがやるべき勉強法

高校生で勉強しないでいると進学校では成績が落ちてしまいます。それでも勉強をしないとますます勉強にはつ...

似顔絵の描き方を知りたい。デフォルメのコツは

似顔絵を描く時の描き方は2パターンあります。写真のようにリアルに描くパターンと、コミカルなタッチ...

富士山の山頂の気圧はどのくらい?富士登山の心構えとは

富士山の山頂の気圧は、地上とどのくらいの違いがあるのでしょうか?富士山に登るときには、様々な準備をす...

コンセントカバーで赤ちゃんを危険から守る対策方法をご紹介!

赤ちゃんってどうしてこんなものに興味を示すのだろう?と思う中のひとつにコンセント類がありますよね。...

トマトの栽培で必要な仮支柱と本支柱の立て方や支柱選び

家庭菜園のなかでも育てやすく、収穫が楽しみなのがトマトですね。トマトを栽培する時に必要なのが支え...

コンビニ食材をアレンジして絶品ランチを作ってみませんか

コンビニは日々進化していますよね。サラダだけでも何種類もあるので、毎日のようにランチで食べているとい...

スポンサーリンク

スカートのきついゴムを伸ばす方法とは

久しぶりにはいたスカートがきつい!すぐに出かけたいのに!そんなことありますよね。

そんな時、簡単にゴムを伸ばす方法は劣化させることです。

 

スカートのゴムがきついなら、強制的に劣化させて伸ばしてしまいましょう。

ではどうやって劣化させるのかが気になるところですよね。

その方法は熱を利用します。アイロンをゴム部分にかけることで伸ばす事が可能になるんです。

まずはアイロン台にゴム部分を回しかけます。そうして手でゴムを伸ばしながらアイロンをゴム部分にかけていきます。

この時スカートの生地に注意をしてください。アイロンの熱に弱い素材なら必ず当て布を使ってアイロンをかけてくださいね。そして裏からアイロンをかけることも忘れずに!

スチームを使って、ゴム部分に何度かアイロンを当てると、ゴムが劣化してきついゴムが緩くなります。やりすぎには注意をして下さいね!

まずは簡単!スカートのゴムを伸ばす手軽な方法も

スカートのゴムを伸ばすための時間があるのなら、伸ばした状態を維持することでゴムが緩くなります。

ゴムが伸びきるような場所に、しばらくゴムのスカートを履かせておくだけでOKです。

例えば部屋のゴミ箱、食卓テーブルの椅子の背もたれなども、ウエストのゴムを緩めるのに最適です。

ちなみにこの方法、ゴムの太さによって延ばす時間を変える必要があります。

細いゴムなら一日程度でも伸ばす事が出来ますが、太い伸縮性が強いゴムならなかなかゴムが伸びないので、何日間か延ばし続け様子を見てください。

またゴムの太さや伸縮性によって、ゴムを伸ばす場所を変えてみるのも効果的です。

伸びにくいゴムなら、少し大きいゴミ箱などを利用してみてくださいね。この場合もゴムが必要以上に伸びきってしまうと困るので、様子を見ながら行いましょう!

スカートのゴムがきついなら、こんな伸ばす方法もある!

もっとも的確にスカートのゴムを伸ばす方法なら、やはりゴムを取り替えるのが一番です。

ゴム穴が付いているのならそこから今あるゴムを取り外し、適当な長さのゴムに付け替えてください。

また長さよりもゴムの太さが、きついと感じる原因の場合もあります。適度な太さも取り替える時には重要なポイントですね。

ゴム穴がある場合は比較的簡単にゴムを取り替える事が出来ますが、ゴム穴がついていない場合、塞がれている場合はどうしたらよいでしょう。

そんな時はウエスト部分の縫い目、ゴムが入っている部分を少しほどくと、ゴムを出し入れする事が出来ます。

縫い目をほどく場合は、表からわからない用に縫い目をほどき過ぎないように注意をしてください。

ゴムを入れ替えたらなるべく目立たないように、縫い目を元のように縫い直して終了です。

この方法だと自分にピッタリのサイズのゴムを入れる事が出来ますよ。

ウエストがきついときは応急処置で乗り切ることも

ゴムのスカートのウエストの伸ばし方を色々とご紹介して来ましたが、ゴムではない場合の応急処置の仕方もお教えします!

ファスナーが付いていて上がボタンのタイプ、ジーパンなどはボタンを外すだけで随分とウエストが緩くなります。

下がってしまうのでは!?と心配な方は、ベルトで調節をすると安心です。

またボタンではなくホックで引っ掛けるタイプなら、安全ピンを留め具代わりにすることでウエストを調整できます。

この場合は安全ピンが肌に刺さらないように注意をして下さいね!

またこのような場合は、上の服でウエスト部分を隠すことが最大のポイントです。応急処置が見えないような少し長めの服を着てくださいね。

そして最後に、ファスナーの金具は上を向いていると下がってしまいます。必ずあげた後金具は下向きになるように戻しましょう。

またしっかりと、動いても下がらないことを確認してくださいね!下がってしまうと大変ですよ。

最終手段はウエストお直し!注意点とは

ウエストのゴムのお直しの方法、応急処置の方法についてお話してきましたが、しっかりと自分に合ったサイズにしたい!自分では直すのは無理!という方は、やはりプロにお願いをするのが一番です。

お直しは料金が高いイメージがありますが、洋服を買った店だと他でお直しをするよりも低価格できる事が多いです。まずは確認をしてみてください。

またプロに頼んだのだから、購入した時と同じような仕上がりになると期待しがちですが、そうではない場合もあります。

例えば洗濯で色あせが起きてしまっていて、お直しした部分の色が違ったり、ゴムではないウエスト調整をした場合などは、余裕があった分の生地を出してしまうために強度的に問題がある場合もあります。特にズボンの場合だとお尻部分は縫い目が広がりやすい部分です。お直しをするときに補強のあて布などを勧められることも!

心配な時は、お直しをする際にやはりこちらも確認をして下さいね。