スカートのゴムを伸ばす方法と応急処置で乗り切るコツとは

スカートのウエストがきついときは、ゴムを伸ばす方法を試してみてくださいね!

では、スカートのきついゴムを伸ばすには、どんな方法があるのでしょうか?

また、スカートのウエストがきついときは応急処置で乗り切ることもできますよ!

そこで、スカートのゴムを伸ばす方法と応急処置で乗り切るコツなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ペンケースの中身を必要最低限の物にすると成績アップに繋がる

あなたが愛用しているペンケースの中身を今すぐ見てみましょう。ゴチャついていませんか?頭がいい学生...

ちくわぶがおでんに入っていない関西おでん・地域別おでんの特徴

「ちくわぶ」というおでんの具材はご存知ですか?ちくわぶは関西のおでんには入っておらず、関東のおでんに...

3人家族の場合、気になるマンションの間取りについて!

3人家族でマンションに住むならどんな間取りや部屋数があればいいのでしょう?部屋の大きさや子供...

小学校では鉛筆の2Bをいつまで使用?指定される理由と使い心地

小学校の入学準備を始めていると、筆記用具の注意点に「鉛筆は2b、または2b以上」と指定されている場合...

文鳥の換羽は秋に始まる場合もあり!文鳥の換羽期について

文鳥の換羽は季節が関係すると言われますが、最近は一般的な季節以外にも換羽が始まる文鳥は少なくありませ...

グラスやコップの収納術!使いやすさを目的にした収納方法

グラスやコップの収納に困っていませんか?気が付くと意外と増えているのがグラスやコップ。普段使うも...

子供の記憶はいつから残る?赤ちゃんの記憶がない理由

子供の記憶はいつから覚えることができるのでしょうか?また、いつまでは忘れてしまうのでしょう。...

シンクのサビの落とし方!しつこいサビを落とす掃除方法

毎日使うシンクですが、使っているうちにサビが出ることもあります。目につくところなので気になり、困って...

フェルトに刺繍するときにはどうしたらいい?下書き方法を紹介

フェルトに刺繍をする場合はどのように下書きをしたらいいのでしょうか?コットンなどと違って下書きをする...

毎日続ける英語の勉強。アプリを利用すれば毎日続けられます

毎日続けなければ、英語は上達しません。筋トレや、ストレッチ、ダイエットと同じですね。習慣化し...

鉄の包丁がサビてしまう理由とサビを取る方法を紹介します

鉄の包丁がすぐにサビてしまうのにはこのような理由からです。とくに買ったばかりの鉄の包丁はサビやすいの...

ストッキングの掃除に活用してピカピカ快適な住まいに

ストッキングって伝線したり穴が開いたりすると使えないと思っていませんか?しかし、そんな破れた...

見た目がそっくり?ブリ、カンパチ、ヒラマサの見分け方とは

ブリとカンパチ、ヒラマサを見比べたことありますか?どれも違う魚なのに、その見た目はそっくりなんです。...

うさぎのケージを手作り!気をつけたいコツや作り方のアイデア

うさぎのケージを手作りしたいという人も多いでしょう。ケージが手作りできれば、家の雰囲気に合わせて自分...

ハムスターがかじり木を食べる理由や与え方の注意点について

ハムスターがかじり木を食べるように見えるのは、噛むことで刃を削っているからです。ただ、もしも本当に食...

スポンサーリンク

スカートのきついゴムを伸ばす方法とは

久しぶりにはいたスカートがきつい!すぐに出かけたいのに!そんなことありますよね。

そんな時、簡単にゴムを伸ばす方法は劣化させることです。

 

スカートのゴムがきついなら、強制的に劣化させて伸ばしてしまいましょう。

ではどうやって劣化させるのかが気になるところですよね。

その方法は熱を利用します。アイロンをゴム部分にかけることで伸ばす事が可能になるんです。

まずはアイロン台にゴム部分を回しかけます。そうして手でゴムを伸ばしながらアイロンをゴム部分にかけていきます。

この時スカートの生地に注意をしてください。アイロンの熱に弱い素材なら必ず当て布を使ってアイロンをかけてくださいね。そして裏からアイロンをかけることも忘れずに!

スチームを使って、ゴム部分に何度かアイロンを当てると、ゴムが劣化してきついゴムが緩くなります。やりすぎには注意をして下さいね!

まずは簡単!スカートのゴムを伸ばす手軽な方法も

スカートのゴムを伸ばすための時間があるのなら、伸ばした状態を維持することでゴムが緩くなります。

ゴムが伸びきるような場所に、しばらくゴムのスカートを履かせておくだけでOKです。

例えば部屋のゴミ箱、食卓テーブルの椅子の背もたれなども、ウエストのゴムを緩めるのに最適です。

ちなみにこの方法、ゴムの太さによって延ばす時間を変える必要があります。

細いゴムなら一日程度でも伸ばす事が出来ますが、太い伸縮性が強いゴムならなかなかゴムが伸びないので、何日間か延ばし続け様子を見てください。

またゴムの太さや伸縮性によって、ゴムを伸ばす場所を変えてみるのも効果的です。

伸びにくいゴムなら、少し大きいゴミ箱などを利用してみてくださいね。この場合もゴムが必要以上に伸びきってしまうと困るので、様子を見ながら行いましょう!

スカートのゴムがきついなら、こんな伸ばす方法もある!

もっとも的確にスカートのゴムを伸ばす方法なら、やはりゴムを取り替えるのが一番です。

ゴム穴が付いているのならそこから今あるゴムを取り外し、適当な長さのゴムに付け替えてください。

また長さよりもゴムの太さが、きついと感じる原因の場合もあります。適度な太さも取り替える時には重要なポイントですね。

ゴム穴がある場合は比較的簡単にゴムを取り替える事が出来ますが、ゴム穴がついていない場合、塞がれている場合はどうしたらよいでしょう。

そんな時はウエスト部分の縫い目、ゴムが入っている部分を少しほどくと、ゴムを出し入れする事が出来ます。

縫い目をほどく場合は、表からわからない用に縫い目をほどき過ぎないように注意をしてください。

ゴムを入れ替えたらなるべく目立たないように、縫い目を元のように縫い直して終了です。

この方法だと自分にピッタリのサイズのゴムを入れる事が出来ますよ。

ウエストがきついときは応急処置で乗り切ることも

ゴムのスカートのウエストの伸ばし方を色々とご紹介して来ましたが、ゴムではない場合の応急処置の仕方もお教えします!

ファスナーが付いていて上がボタンのタイプ、ジーパンなどはボタンを外すだけで随分とウエストが緩くなります。

下がってしまうのでは!?と心配な方は、ベルトで調節をすると安心です。

またボタンではなくホックで引っ掛けるタイプなら、安全ピンを留め具代わりにすることでウエストを調整できます。

この場合は安全ピンが肌に刺さらないように注意をして下さいね!

またこのような場合は、上の服でウエスト部分を隠すことが最大のポイントです。応急処置が見えないような少し長めの服を着てくださいね。

そして最後に、ファスナーの金具は上を向いていると下がってしまいます。必ずあげた後金具は下向きになるように戻しましょう。

またしっかりと、動いても下がらないことを確認してくださいね!下がってしまうと大変ですよ。

最終手段はウエストお直し!注意点とは

ウエストのゴムのお直しの方法、応急処置の方法についてお話してきましたが、しっかりと自分に合ったサイズにしたい!自分では直すのは無理!という方は、やはりプロにお願いをするのが一番です。

お直しは料金が高いイメージがありますが、洋服を買った店だと他でお直しをするよりも低価格できる事が多いです。まずは確認をしてみてください。

またプロに頼んだのだから、購入した時と同じような仕上がりになると期待しがちですが、そうではない場合もあります。

例えば洗濯で色あせが起きてしまっていて、お直しした部分の色が違ったり、ゴムではないウエスト調整をした場合などは、余裕があった分の生地を出してしまうために強度的に問題がある場合もあります。特にズボンの場合だとお尻部分は縫い目が広がりやすい部分です。お直しをするときに補強のあて布などを勧められることも!

心配な時は、お直しをする際にやはりこちらも確認をして下さいね。