自転車通勤で会社まで20kmだと何分かかる?自転車別に解説

都会に住んでいると、満員電車での通勤がイヤになりますよね。

そんな時に考えるのが自転車通勤。交通費節約にもなるし、少しは痩せられる?と考える人も多いのではないのでしょうか?

でも会社までの距離が20kmもあるとなると、何分かかるのでしょうか?ママチャリだとやっぱりキツイ?

自転車通勤を考えている人必見!片道20kmの距離を自転車通勤した場合の時間と消費カロリーについて説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

靴の収納は箱のまま?それとも出したほうがいい?靴の収納方法

靴を収納するときは箱のままのほうがいいのでしょうか?箱に入っているほうが積み重ねることができるので収...

窓の防寒対策!自分でできるDIYで窓の冷気をシャットアウト

窓から冷気が入り込んできて、なかなか家の中が温まらない事に頭を抱えている人もいるのではないでしょうか...

カレーに入れたトマト缶の酸味が気になる!酸味を和らげる調味料

ご家庭でカレーを作る時に、トマト缶を使う方も多いと思います。酸味がきいてさわやかなカレーにな...

紫やオレンジと相性が良い色を理解して、コーデに活かしましょう

紫やオレンジのように派手な色の服を着てみたいと思っても、どんな色と合うのか、コーデはどうしたらいいの...

【三角巾の簡単な作り方】大人用だってかわいく作りましょう

子供用の三角巾の作り方はネットでもいろいろ紹介されていますが、大人用となるとなかなか見つけにくいもの...

服の素材で暖かいのは?寒さ対策にはコレがおすすめ

服の素材で暖かいものといったらなんでしょうか?冬の着こなしは、どのようなものを組み合わせたらいいのか...

アパートの騒音トラブル!引っ越し費用は請求できるのか

アパート内のトラブルで一番多い問題が「騒音トラブル」です。 対策を取っても改善しない場合、泣...

衣類の臭いを煮沸で効果的に取るコツと効果や注意したいポイント

気になる衣類の生乾きなどの臭いは煮沸によって効果的に取ることができます。ただし、衣類の臭いを...

カバンの手作り初心者でも作れる基本の簡単トートバッグの作り方

自分の好きな布で手作りカバンを作ってみたいけど、カバンなんて作るのが難しそう…と思っている方も多いと...

住民票の転出届は提出期限が決まっている?その詳細を解説します

引越しが決まると、荷物のことで頭がいっぱいで住民票の転出届の手続きのことが後回しになってしまうという...

100均で揃う小学校低学年向けの簡単工作【夏休みの自由研究】

お子様の夏休みの工作や自由研究。低学年のお子様の場合には、何を作ろうか悩む方も多いと思います。低学年...

プラスチックに塗装!ポイントはスプレー前の下準備にあり

プラスチックに塗装したいと思ったら、そのままスプレー塗料を吹きかけても良いのでしょうか。答え...

犬用のフローリングでも滑らない靴下の作り方アイデア

犬用の靴下は市販のものでもいろいろなものがありますが、自分で作ることもできます。そこで、自分でも簡単...

部活を引退する先輩に渡す色紙デザインを凝ったものにしたい

先輩と後輩が一緒になって毎日部活を楽しく過ごしていても、いつかは先輩が引退してしまう時が来てしまいま...

ケチャップやマヨネーズ、常温可能な場合とそうじゃない場合

ケチャップやマヨネーズが大好き!ほとんど毎日使うという人もいるでしょう。毎日使うので冷蔵庫に入れ...

スポンサーリンク

会社まで20km、自転車で通勤すると何分かかる?ダイエット効果は?

毎日の通勤で、交通機関を使用していると、通勤ラッシュだけでも心身共に疲れてしまうという人も多いかと思います。

そして、交通費がかからないだけではなく、健康やダイエットにもいいし体力もつけられる自転車通勤をする人も増えてきています。

自転車には有酸素運動の効果やリフレッシュ効果もあり人気があります。

しかし、自転車通勤を実際にできるものなのか、効果はどうなのか気になるところだと思います。

家から会社までの通勤する距離が20kmの場合、自転車では何分位かかるのでしょうか。

電車では1時間ほどかかっていました。

地図で距離から計算できるとしても、実際は自転車の種類によっても、信号の多さ、坂道の有無などで全然違ってくるのです。

しかし正しい乗り方をしていれば新陳代謝も上がり、痩せやすくなります。

自転車通勤で片道20kmって誰でもできるの?ロードバイクなら何分で行ける?

20kmの目安

●スポーツバイク(ロードバイク含)・約50分から1時間位

もちろん信号の多さなど、その道の状況によっても変わってきます。

ママチャリと呼ばれているシティサイクルの自転車の場合は、ペダルの回転数や重さなどからして、長距離には向いていなく、毎日やる事は大変で、時間も更に結構かかってしまうと思います。
長距離に適しているロードバイクと、自転車といっても性能が全然違ってきますので、倍位かかってしまうかもしれませんし、疲れ方も全然違ってきます。

ダイエットの相乗効果を狙う事や、痛み軽減などのためにもサドルなどの高さの調整をしっかりしてもらい、正しいフォームで乗る事が大切です。

また、最初の頃は大変だとしても、1週間ほどやってみると慣れてきたりします。

もちろん、夏の暑い日や、雨などの天候をみて、無理をしないでストレスを溜めない事も大切です。

慣れたらロードバイクでの20kmの距離はちょうどいい運動になる位になるかもしれません。

20kmの距離をクロスバイクで自転車通勤するなら何分かかる?

20kmの目安

●クロスバイク・約1時間から1時間20分位

ロードバイクよりは時間がかかりますが、充分と快適に走れます。

ロードバイクは速いですが、細いタイヤでパンクなどがしやすいなどのデメリットもありますし、充分と軽いですし細めのタイヤなので、長距離を自転車で通勤するにあたってクロスバイクから挑戦する人も多いようです。

とはいってもスポーツタイプは車輪の付け外しに工具があればすぐにできるので、シティーサイクルよりもパンクにあまり気にする事はないようです。

また、大体初心者が購入するようなもので、大体6万円位のものが多いようです。

スポーツタイプは消耗品が色々とかかってくる事がありますが、大体年間で2万円位をみておきましょう。

自転車に乗って何分で行けるかは、どこを走るかによっても違います

距離で大体の目安を求めたりしますが、信号がどの位あるか、坂道がどの位あるか、人通りが多いか、また、もちろんその人に合ったスピードがありますし、自転車の性能によって大きく違ってきます。

それを踏まえた大体の目安をご紹介します。

●市街地の目安

 

  • 1kmで3分位
  • 10kmで40分位
  • 15kmで1時間位
  • 30kmで2時間位

 

信号待ちが多くなりますし、人通りのあるところではゆっくりにもなります。

 

●郊外やサイクリングロードの目安

 

  • 1kmで2分位
  • 10kmで30分位
  • 30kmで1時間半位
  • 50kmで3時間以上

 

サイクリングロードや信号がほぼないようなところを想定している場合です。

スピードの出しすぎには注意して安全をしっかりと確認し、注意しましょう。

自転車でどのくらいのカロリーを消費できるの?

自転車は有酸素運動にあたり、20分よりも多くやる事によって効果があらわれます。

20分を超えると新陳代謝がアップし、脂肪が燃焼されやすくなってきます。

速く走って筋肉に負荷をかけてしまえば、無酸素運動になってしまい、ダイエットや健康のためになりません。

時速でいうと、人通りのないところでのロードバイクやクロスバイクなどのスポーツタイプのもので大体15キロか20キロが目安です。

ママチャリなどのシティバイクや折りたたみ自転車だと、そんなにスピードは出しません。

脂肪を燃焼させるためにも、余分な負荷で身体を傷めてしまう事の予防のためにも、安全のためにもスピードの出しすぎに注意します。

消費カロリーは、その人の体重によって違ってきますし、代謝量によって痩せやすさも変わります。

しかし、時速20kmの速さで7kmほどを約20分位を自転車に乗った場合は、時速8kmの速さで2.7kmほどを約20分位走る事と大体同じようなカロリーが消費されると言われています。

時速8kmのジョギングは速めのスピードですので、身体の負荷や疲れからいうと、自転車の方が気軽に出来るといえます。