机のDIY方法!カラーボックスを使って簡単に作る子供の机

机を自分で作るのは、DIY初心者にとっては、かなり難易度の高い作業です。1から全てを作るとなると、かなりハードルが高いですよね。
しかし、市販のカラーボックスを使えば、簡単にDIYすることができます。

そこで、カラーボックスを使った簡単な机の作り方をご紹介します。

カラーボックスならあまり予算を掛けずに作れて、不要になった場合にも撤去しやすいというメリットもあります。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

缶詰のフルーツは冷凍するとこんなに美味しい!果物簡単スイーツ

缶詰の果物は一年中食べられて、価格も安定していますよね。缶詰の果物はお弁当に入れるという方が...

トリミングのやり方!トイプードルをカットする手順やポイント

トリミングのやり方を知って、自宅でトイプードルをカットしたい!という方も多いのでは?トイプードル...

家賃の振込手数料を安くする方法を発見!安く済ませるコツ

家賃の振込手数料がもったいないと感じたことありませんか?1回の手数料が数百円でも、塵も積もれば・...

洗濯物の臭いが気になる時は熱湯を使って雑菌を追い払おう!

洗剤を使ってきちんと洗ったはずなのに、洗濯物の臭いが気になることってありますよね。汚れが落ち...

出先で取りたい!今あるもので出来る商品タグの取り方

購入したものをすぐに使いたい時、商品タグの取り方に困りませんか?力いっぱい引きちぎる方法もありますが...

セラミックのフライパンの手入れ方法!長持ちさせる使い方のコツ

セラミックのフライパンの手入れはポイントをおさえればどなたでも簡単です。セラミックのフライパンはフッ...

トイレのコンセントの位置は失敗しないようにしっかり考えよう!

日本のトイレといえば温水洗浄便座が当たり前のようになってきていますが、使用するためにはコンセントが必...

ちくわぶがおでんに入っていない関西おでん・地域別おでんの特徴

「ちくわぶ」というおでんの具材はご存知ですか?ちくわぶは関西のおでんには入っておらず、関東のおでんに...

餃子はポン酢派?醤油派?美味しい餃子のタレレシピを紹介

餃子を食べるときに使うのはポン酢?それともお醤油?気分で変えるのもいいですが、どちらもきちんと量って...

キャベツを変色で黄色くさせないコツや保存方法と切り方の秘訣とは

キャベツを長く保存しているとだんだん黄色く変色していきますよね。では、キャベツが黄色に変色す...

No Image

相撲チケットが取れないことも!チケットを確実に入手する方法

相撲チケットが取れないってことあるの?と甘くみていると、希望日が既に売り切れでチケットが取れなかった...

食洗機と手洗いを併用してしまうのは清潔好きな日本人だから

自宅に食洗機があっても、食洗機だけに頼らず、手洗いと併用しているご家庭も多いのではないでしょうか?...

3人家族の場合、気になるマンションの間取りについて!

3人家族でマンションに住むならどんな間取りや部屋数があればいいのでしょう?部屋の大きさや子供...

No Image

岩塩を入れて使うソルトミルの使い方と特徴!岩塩で生活に彩りを

日常の生活に岩塩を取り入れたいと思っている人もいるのではないでしょうか。岩塩はそのまま使うこ...

日本の国技であるスポーツとは?まず国技の定義について考えよう

日本の国技ってどのスポーツなんだろう?って考えることってありますよね。相撲?それとも柔道?空...

スポンサーリンク

カラーボックスを机に簡単DIY

子供がお絵かきするようになった時や新しい趣味を見つけた時などには、きちんとした机までは必要ありませんが、専用の机が欲しいと思いますよね。

そのような時におすすめなのが、カラーボックスを使ったDIYの机です。
机を作るというと大変な作業のように思うかもしれませんが、カラーボックスを使えばとても簡単に作ることが出来ます。

子供用のお絵描き机なら、カラーボックスを横に倒して使うのがおすすめ

横倒しにしたカラーボックスの上に板を取り付けるだけで、完成します。

ポイントは、上の板は横幅はカラーボックスのサイズピッタリでOKですが、手前に10cm程度はみ出るようにすることです。
スペース的に問題なければ、もう少し出しても良いでしょう。
天板の角は丸く加工して、釘やネジなどで固定するれば、お絵描机の完成です。

カラーボックスの幅は、子供が座ってお絵描きするのにちょうど良い高さなのでおすすめですよ。

天板やカラーボックスをペイントすれば、リビングなどに置いても違和感の無い机にすることが出来ます。
ウォールシールやデコパージュなども、手軽なDIY素材なのでおすすめですよ。

子供の学習机をカラーボックスで簡単にDIY

子供が小学校に入ると、必要になるのが学習机ですね。
小学校に上がる時には、立派な学習机を購入して子供部屋に設置する事が多いです。
しかし、実際に勉強をする時には親が見てあげないといけないことも多く、結局ダイニングテーブルを使っているということも多いのではありませんか?
ダイニングテーブルは食事の時に使うテーブルなので、文房具や教材などを置きっぱなしに出来ないので、意外と使い勝手が悪いものです。

そのような時にも、カラーボックスを使って机をDIYするのがおすすめです。
学習机にする時には、椅子に座って勉強できるように高さが欲しいですよね。
そこで、カラーボックスは立てて使います。

2段のカラーボックス2つと天板となる板を使ったDIY

カラーボックス2つを組み立て、「脚」として使います。
天板は乗せるだけでも問題ありませんが、心配な方は釘やネジなどで固定してくださいね。

カラーボックスを組み立てる労力は必要になりますが、それ以外は乗せるだけという手軽さです。

詳しい材料の選び方や注意点は、次でご紹介します。

簡単DIY学習机の材料の選び方の注意点

カラーボックスを使って学習机を作る時に、重要になるのが高さです。

ダイニングテーブルの高さは一般的に床から70cmくらいです。
一般的な3段のカラーボックスの高さは88cmですから、少し高すぎるので注意してくださいね。

床上70cmを目安に、お子様の体型も考慮しながらカラーボックスを選んでくださいね。
A4サイズが入るタイプのカラーボックス2段なら高さ70cmに近いはずです。
小さなお子様用であれば、一般的なカラーボックスの2段タイプでも良いかもしれません。
こちらは高さが約60cm位のタイプが多いです。

机の天板に使う板は、多少厚みのあるものがおすすめ

あまりに薄いと板がたわむこともありますから、特に机の幅を広く作る時には厚みに注意しましょう。

天板の切り出しは自分で行うのは大変ですよね。
ホームセンターなどではカットしてくれるサービスもありますから利用すると良いでしょう。
天板のサイズは「縦:カラーボックスの幅×横:作りたい机の横幅」です。
天板の切り口はヤスリをかけると、より上質な仕上がりになります。

天板を釘やネジで固定しない場合には、すべりどめシートをカラーボックスの上に敷いてから天板を置くのがおすすめです。

使いやすくカスタマイズする方法

机を簡単にカラーボックスでDIYする時に、心配なのは使い勝手ですよね。
その点も心配はいりません。

カラーボックスはいろいろなカスタマイズが出来るのも、メリットの一つです。
メーカーによって多少異なりますが、追加の棚板やワイヤーやプラスチックなどの引き出しを取り付けることが出来ます。
また、扉や目隠し布なども売られていますから、来客の目につく場所でも設置が可能です。

カラーボックスはたくさんカスタマイズ品が揃っているだけがメリットではありません。
木製なので、ネジなどが使える点もメリットです。
ランドセルなどをかけられるようにフックを取り付けたり、タオル掛けのようなものを設置してS字フックで細々したものをかけられるようにするのも良いでしょう。

ペイントしたり、コルクシートなどを貼ったりと、オシャレにカスタマイズすることも可能です。

簡単DIYの机は用途に合わせてアレンジ自由

カラーボックスを使う方法なら、机を簡単にDIYできますし、用途に合わせてアレンジすることが可能です。

今回はお絵描き机や学習机としてご紹介させて頂きましたが、このカラーボックスを使った机は様々な場所で活躍してくれます。

例えば、洗濯を取り込む部屋ならアイロン台として設置して、洗濯干しに必要なハンガーなどとアイロンをまとめて収納すると便利です。

また、大きな鏡をおけばドレッサーとしても使えます。
カラーボックスには収納できるスペースがあるのがメリットですよね。
化粧品など高さのあるものから、メイク道具やアクセサリー類まで収納が可能です。

対面キッチンの向かいに設置すればカウンターとして使えますから、ちょっとした休憩に便利です。
収納スペースには雑誌なども収納できますから、リビングがスッキリしますよね。

天板を乗せた上に更にカラーボックスを重ねれば、本など収納するのに便利なスペースを確保できます。
子供が大きくなった時や、大人用のデスクとしても十分に活躍してくれますよ。

DIYが素晴らしい点は、発想次第でいくらでもアレンジ出来る点です。
自分のライフスタイルに合った机を作りたい時には、ぜひカラーボックスを使って簡単DIYを楽しんでくださいね。