化粧を簡単自然に!?やり方次第でナチュラルは作れる!

まるで化粧をしていないようなナチュラルなメイクは、やり方次第で簡単にできちゃいます。

では、まるですっぴんみたいなナチュラルメイクの基本的なやり方とは?

また、ナチュラルな化粧には、下地づくりやスキンケアが大切ですよ!

そこで、ナチュラルな化粧の基本的なやり方や手抜きと違う大切なポイントなどについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ピアノの和音は指先の力加減、音のバランスが重要なポイント

子供が弾くピアノの和音について「指先の力を加えてしっかり弾きなさい」と言っている方も多いのではないで...

うずらの飼育は屋外でも可能?飼育方法や注意点について

うずらの飼育を考えている方、鶏の様に屋外での飼育は可能かどうか?飼育する際には気になるポイントですよ...

車の割り込みトラブルが急増中!罰則や巻き込まれない運転とは

最近ニュースでよくみかけるのが、車を運転中の割り込みやあおり運転によるトラブルです。運転手同...

ミニチュアピンシャーは抜け毛がすごい?犬の抜け毛について

ミニチュアピンシャーは抜け毛がすごい?犬の抜け毛は犬種によっても大きく違いあります。その鍵を...

猫を網戸から脱走させないために!要注意なポイントと脱走対策

猫を飼っている方が心配なのは、猫の脱走です。好奇心旺盛な猫は、スキがあらばと脱走の機会を狙っ...

簿記3級の合格ライン、難易度や取得するメリットについて

簿記3級をこれから取得しようかと考えている方もいるのではないでしょうか。でも独学で取得可能なのか...

フットサルのテクニックを練習して磨こう!一人でも出来る方法

フットサルはサッカと違い、コートが狭くて良いので室内でも出来ます。コートが狭い分、サッカーに...

夜にまたお菓子を食べちゃったという罪悪感から逃れる方法

夜になるとついお菓子を食べ過ぎてしまう・・・そんな悩みありませんか?一度食べ始めると止まらなくな...

ステンレスに付いた茶渋の落とし方。用途別の洗剤選びと手順

お子さんの通園や通学、職場へのマイボトル持参などでステンレスの水筒にお茶を入れて持ち運ぶ機会は多いで...

No Image

腕が太いけどノースリーブを着たい大人女子のためのカバー術

かわいいノースリーブを見つけたけど、太い二の腕が気になって購入をためらってしまうという経験はありませ...

子供のピアノの練習が始まると怒る親。今すぐ解決しよう

子供の習い事の中でも人気のピアノですが、練習が始まるとつい怒ってしまっていませんか?怒りたく...

FF車での雪道の走り方のポイントを徹底解説します!

北海道などのように雪が降る地域に住んでいる人であれば雪道の運転も慣れているでしょうが、そうじゃない人...

可愛いスマホケースの手帳型が簡単に手作りできる方法

スマホケースは手帳型を使っていますか?落としてもスマホが壊れにくく、また持った時に手の馴染みも良いの...

グッピーは繁殖で増えすぎることも!その対処法を教えます!

見ているだけで癒されるグッピーですが、実際に飼育してみると繁殖で増えすぎて困る、なんてケースもあるよ...

食事のバランスを本格的に考えるなら資格を取りましょう

人間は健康が一番とは言いますが、そのためには食事のバランスを考えることも大切です。食事に関するさ...

スポンサーリンク

ナチュラルな化粧の基本的なやり方とは

ナチュラルな化粧をめざしているのであれば、先ず一番大切なことは、肌作りです。化粧を乗せる前の肌が、綺麗なことに越したことはありません。つやのある肌を目指しましょう。光沢の無いマットな肌とつやのある肌では、つやのある肌のほうが、若々しく見えます。つやのある肌とは、てかてかに光った肌ということではありません。

また、ファンデーションは自分の肌の色にあったものを使うとナチュラルに仕上がります。色白のほうが可愛く見えるのではないかと、白すぎるものを選んでしまうと、顔と首のいろに境目ができてしまい不自然になります。必ず自分の肌の色を確認してからファンデーションを選びましょう。

ファンデーションは、つや肌を作るのにはとても重要になります。スポンジタイプのクッションファンデーションがお勧めです。クッションファンデーションとは、スポンジタイプのクッションに、リキッドファンデーションようなベースメイクが染み込んだものです。スポンジにファンデーションを乗せて、肌に叩き込むように乗せていってください。滑らせて伸ばしたりしては、綺麗に仕上がりません。ぽんぽんと叩き込むようにのせていくと、綺麗なつや肌に仕上がります。

BBクリームよりスキンケア効果の高いCCクリームを使った際には、クリームを肌全体に伸ばしてください。仕上げに、その上から少しだけルースパウダーを乗せることで、綺麗な肌に仕上がります。ほんの少し、地肌が透けて見えるため、自然で若々しい印象を与えることができます。決してCCクリームを厚く塗らないように注意してください。

口紅も自然なタイプが良いと思います。色つきリップなどでかまいません。人によっては、血色が良い人が塗りすぎると、ナチュラルな印象を阻害してしまうこともあるので、すこし乗せる程度でよいでしょう。

化粧してる?すっぴんみたいなナチュラルメイクのやり方

化粧しているかしていないかどうか分からないくらいのナチュラルメイクは、憧れですよね。いかにも化粧しているという感じよりも、お泊りや温泉に行くときなどは、すっぴんに近いメイクを好む人も多いでしょう。

すっぴんに近いナチュラルメイクに仕上げるポイントをお伝えします。

先ずは、リキッドタイプのファンデーションを塗りましょう。リキッドはたくさん塗るよりも、いつもの量の半分くらいに抑えましょう。少なめの量のファンデーションを指にとってください。ムラが残らないように、顔の中心から外に向かって広げていくように塗りましょう。

次に、アイブロウペンシルで眉毛の足りない部分だけを足すように書きます。

アイシャドウを軽く塗ると目元がしっかりします。クリームタイプのアイシャドウはなじみが良いのでお勧めです。目元に少し影をつけるようなイメージでアイホールに薄く伸ばしましょう。次に、ビューラーでまつげを根元から3段階に分けてしっかりとカールしてください。

チークは指で頬にのせて、チークを取った指とは別の指でなじませましょう。リップも指でとって、優しくたたくように唇に乗せていくと完成です。

いつもより、すっぴんに近く、清楚で自然な印象に仕上がっているはずです。

やり方の前に、ナチュラルな化粧は下地が肝心!

ナチュラルメイクで一番大切なのは、肌作りです。そのためには、化粧下地をしっかり使用しましょう。

女性の肌の調子は、日々違います。調子の良い日もあれば、悪い日もあるかも知れません。体調による変化も大きいところです。

化粧下地をつかうことで、肌の質を整え、にきび跡や毛穴の凹凸などのトラブルもカバーしてくれます。いつも同じメイクに仕上がるという訳なのです。
ファンデーションとの密着を高めてくれたり、メイクの崩れを防ぐ効果もあります。

では、どのような化粧下地を選んだらよいのでしょうか。
化粧下地にはオイルが含まれているものと、いないものがあります。脂性肌でいつも顔がテカテカしているような人は、オイルが含まれていないさらっとした使用感の化粧下地を選ぶと良いでしょう。乾燥肌の人などは、保湿成分が配合されている化粧下地がお勧めです。

化粧下地にも、塗り方にポイントがあります。
まずは、いつものスキンケアをしっかりと行い、顔を軽くマッサージすると血行がよくなります。

手の甲に化粧下地をパール粒大程度、出します。額、あご、頬、鼻に塗りましょう。鼻筋とあごは、少なめにしてください。反対の手の中指と薬指の第二関節くらいまで化粧下地をつけます。肌に密着させるようにして、中から外へ伸ばすようにすると、均等に塗ることができます。さらに、スポンジなどで押さえながら全体をなじませると良いでしょう。肌に刺激を刺激を与えすぎないよう、力を入れず、なでるように塗るのがポイントです。

ナチュラルメイクは手抜きと違う!

ナチュラルメイクはただの薄い化粧なわけではありません。手抜きとは全く違います。
自然な美しさを引き立ててくれるナチュラルメイクは、抜け感とつやが勝負です。

ベースメイクは、顔の中心だけにつけてみましょう。ファンデーションも顔の中心部分は丁寧に、外側は薄くあまったファンデーションを伸ばすようにしてぼかしていきます。

いかにもメイクしたという感じではなく、自然な抜け間とつやを演出することができます。もし、クマやしみが気になるようなら、部分的にコンシーラーを使うとよいでしょう。

ナチュラルメイクには、スキンケアも大切!

ナチュラルメイクを保つには、肌作りが大切になります。メイク後の肌への気遣いも忘れずにいることで、いつまでもナチュラルメイクができる綺麗な肌を保つことができます。
スキンケアは、メイクをクレンジングでしっかり落としてから行いましょう。
洗顔料はしっかりと泡立てて、顔の表面だけでなく毛穴の汚れを落としましょう。ゴシゴシとこすってはいけません。肌に負担がかかります。ぬるま湯をつかうと良いでしょう。
洗顔後、すぐに化粧水で保湿しましょう。化粧水の水分が蒸発しないように、スキンケアの最後は乳液やクリームでしっかりと肌の水分が出て行かないように、蓋をしてあげると良いでしょう。