化粧を簡単自然に!?やり方次第でナチュラルは作れる!

まるで化粧をしていないようなナチュラルなメイクは、やり方次第で簡単にできちゃいます。

では、まるですっぴんみたいなナチュラルメイクの基本的なやり方とは?

また、ナチュラルな化粧には、下地づくりやスキンケアが大切ですよ!

そこで、ナチュラルな化粧の基本的なやり方や手抜きと違う大切なポイントなどについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

卓球のダブルスのややこしいルールをわかりやすく説明します

卓球の試合を子どもと一緒にテレビで見ている時「ルールがわかればもっとおもしろいのに。」と感じる時はあ...

粗品タオルの使い道で節約もリメイクも簡単に楽しむコツとは

粗品でもらうタオルの使い道に悩む人も多いのではないでしょうか。毎年何かと頂き物でもらう粗品の...

爪の柔らかい人はジェルネイルがおすすめ長持ちさせる方法

爪に柔らかいジェルネイルを塗ってみたいけれど、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?柔ら...

新生児のお風呂はドキドキ!入れ方や必要なものを紹介します

産院で新生児をお風呂に入れてくれるところも多いですね。退院して自宅で入れるとなると、うまく入...

自転車は歩道走行も右側走行も禁止!その理由について解説します

自転車に普段乗っていない人は、ルールが変わったことに気づいていないのではないでしょうか。ルー...

洗濯物の臭い取りはセスキにお任せ!そのやり方を説明します

100均でも販売されている「セスキ(セスキ炭酸ソーダ)」。いろいろな汚れを落とせると話題になっていま...

小学生が剣道の試合で勝つためのコツと親としてできること

子どもが剣道の試合に初めて出るとなると、なんとか勝ってほしいと親なら誰でも思ってしまうでしょう。...

食事のバランスを本格的に考えるなら資格を取りましょう

人間は健康が一番とは言いますが、そのためには食事のバランスを考えることも大切です。食事に関するさ...

2DKに4人家族で暮らす収納ルール!スペースの上手な活用術

4人家族で2DKに住む方も多くいますが、やはり手狭に感じてしまいますよね。子供が大きくなってくるとい...

キャベツを変色で黄色くさせないコツや保存方法と切り方の秘訣とは

キャベツを長く保存しているとだんだん黄色く変色していきますよね。では、キャベツが黄色に変色す...

封筒を再利用するときのマナー・再利用で地球にやさしいエコ活動

ビジネスシーンでは、宛名の書かれていない封筒を再利用する事もあります。この時、相手に失礼にならないよ...

No Image

インコのおやつを手作り!手作りする時のポイントと作り方を解説

インコのおやつを手作りしようと考えている飼い主さんもいるのではないでしょうか。ですが、今まで作ったこ...

ゼラチンを使った手作りゼリーの賞味期限と賞味期限が短い理由

ゼラチンを使った手作りゼリー、作り過ぎてしまった場合に気になるのが賞味期限です。見た目に変化がなけれ...

グッピーの水槽が白く濁りが出る場合の原因と対処法

グッピーを飼っていて水槽の濁りにお困りの方はいませんか?水槽が濁ってしまうと水質が悪くなってしまった...

玉ねぎの収穫時期・梅雨のときの収穫方法!濡れないように収穫を

玉ねぎの収穫時期を迎えたけど、梅雨時期で天気がいい日が少ないということもありますよね。玉ねぎを収穫す...

スポンサーリンク

ナチュラルな化粧の基本的なやり方とは

ナチュラルな化粧をめざしているのであれば、先ず一番大切なことは、肌作りです。化粧を乗せる前の肌が、綺麗なことに越したことはありません。つやのある肌を目指しましょう。光沢の無いマットな肌とつやのある肌では、つやのある肌のほうが、若々しく見えます。つやのある肌とは、てかてかに光った肌ということではありません。

また、ファンデーションは自分の肌の色にあったものを使うとナチュラルに仕上がります。色白のほうが可愛く見えるのではないかと、白すぎるものを選んでしまうと、顔と首のいろに境目ができてしまい不自然になります。必ず自分の肌の色を確認してからファンデーションを選びましょう。

ファンデーションは、つや肌を作るのにはとても重要になります。スポンジタイプのクッションファンデーションがお勧めです。クッションファンデーションとは、スポンジタイプのクッションに、リキッドファンデーションようなベースメイクが染み込んだものです。スポンジにファンデーションを乗せて、肌に叩き込むように乗せていってください。滑らせて伸ばしたりしては、綺麗に仕上がりません。ぽんぽんと叩き込むようにのせていくと、綺麗なつや肌に仕上がります。

BBクリームよりスキンケア効果の高いCCクリームを使った際には、クリームを肌全体に伸ばしてください。仕上げに、その上から少しだけルースパウダーを乗せることで、綺麗な肌に仕上がります。ほんの少し、地肌が透けて見えるため、自然で若々しい印象を与えることができます。決してCCクリームを厚く塗らないように注意してください。

口紅も自然なタイプが良いと思います。色つきリップなどでかまいません。人によっては、血色が良い人が塗りすぎると、ナチュラルな印象を阻害してしまうこともあるので、すこし乗せる程度でよいでしょう。

化粧してる?すっぴんみたいなナチュラルメイクのやり方

化粧しているかしていないかどうか分からないくらいのナチュラルメイクは、憧れですよね。いかにも化粧しているという感じよりも、お泊りや温泉に行くときなどは、すっぴんに近いメイクを好む人も多いでしょう。

すっぴんに近いナチュラルメイクに仕上げるポイントをお伝えします。

先ずは、リキッドタイプのファンデーションを塗りましょう。リキッドはたくさん塗るよりも、いつもの量の半分くらいに抑えましょう。少なめの量のファンデーションを指にとってください。ムラが残らないように、顔の中心から外に向かって広げていくように塗りましょう。

次に、アイブロウペンシルで眉毛の足りない部分だけを足すように書きます。

アイシャドウを軽く塗ると目元がしっかりします。クリームタイプのアイシャドウはなじみが良いのでお勧めです。目元に少し影をつけるようなイメージでアイホールに薄く伸ばしましょう。次に、ビューラーでまつげを根元から3段階に分けてしっかりとカールしてください。

チークは指で頬にのせて、チークを取った指とは別の指でなじませましょう。リップも指でとって、優しくたたくように唇に乗せていくと完成です。

いつもより、すっぴんに近く、清楚で自然な印象に仕上がっているはずです。

やり方の前に、ナチュラルな化粧は下地が肝心!

ナチュラルメイクで一番大切なのは、肌作りです。そのためには、化粧下地をしっかり使用しましょう。

女性の肌の調子は、日々違います。調子の良い日もあれば、悪い日もあるかも知れません。体調による変化も大きいところです。

化粧下地をつかうことで、肌の質を整え、にきび跡や毛穴の凹凸などのトラブルもカバーしてくれます。いつも同じメイクに仕上がるという訳なのです。
ファンデーションとの密着を高めてくれたり、メイクの崩れを防ぐ効果もあります。

では、どのような化粧下地を選んだらよいのでしょうか。
化粧下地にはオイルが含まれているものと、いないものがあります。脂性肌でいつも顔がテカテカしているような人は、オイルが含まれていないさらっとした使用感の化粧下地を選ぶと良いでしょう。乾燥肌の人などは、保湿成分が配合されている化粧下地がお勧めです。

化粧下地にも、塗り方にポイントがあります。
まずは、いつものスキンケアをしっかりと行い、顔を軽くマッサージすると血行がよくなります。

手の甲に化粧下地をパール粒大程度、出します。額、あご、頬、鼻に塗りましょう。鼻筋とあごは、少なめにしてください。反対の手の中指と薬指の第二関節くらいまで化粧下地をつけます。肌に密着させるようにして、中から外へ伸ばすようにすると、均等に塗ることができます。さらに、スポンジなどで押さえながら全体をなじませると良いでしょう。肌に刺激を刺激を与えすぎないよう、力を入れず、なでるように塗るのがポイントです。

ナチュラルメイクは手抜きと違う!

ナチュラルメイクはただの薄い化粧なわけではありません。手抜きとは全く違います。
自然な美しさを引き立ててくれるナチュラルメイクは、抜け感とつやが勝負です。

ベースメイクは、顔の中心だけにつけてみましょう。ファンデーションも顔の中心部分は丁寧に、外側は薄くあまったファンデーションを伸ばすようにしてぼかしていきます。

いかにもメイクしたという感じではなく、自然な抜け間とつやを演出することができます。もし、クマやしみが気になるようなら、部分的にコンシーラーを使うとよいでしょう。

ナチュラルメイクには、スキンケアも大切!

ナチュラルメイクを保つには、肌作りが大切になります。メイク後の肌への気遣いも忘れずにいることで、いつまでもナチュラルメイクができる綺麗な肌を保つことができます。
スキンケアは、メイクをクレンジングでしっかり落としてから行いましょう。
洗顔料はしっかりと泡立てて、顔の表面だけでなく毛穴の汚れを落としましょう。ゴシゴシとこすってはいけません。肌に負担がかかります。ぬるま湯をつかうと良いでしょう。
洗顔後、すぐに化粧水で保湿しましょう。化粧水の水分が蒸発しないように、スキンケアの最後は乳液やクリームでしっかりと肌の水分が出て行かないように、蓋をしてあげると良いでしょう。