ピアスが入らない時に上手に入れるコツと注意点・穴の確認方法

ピアスを入れようと思っても、なかなか入らないこともありますよね。無理に入れると痛みを感じる場合もありますし、上手に入れるコツを知りたいという人もいることでしょう。

ピアスがなかなか入らないときはどんなことが原因として考えられるのでしょうか。ピアスを入れるときのコツは?

そこで今回は、ピアスが入らない時に上手に入れるコツと注意点、入らない原因についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

クッキー生地を寝かせるのはなぜ?その理由や正しい方法について

自宅で手作りクッキーを作るのはとても楽しいです。そのレシピを見てみるとクッキーの種類にもよりますが、...

テトラの外部フィルターの掃除手順と掃除が必要なタイミング

テトラはキラキラとした体がキレイで人気の魚です。水槽に外部フィルターを設置している場合には、定期的な...

声が裏返るのは歌のせいではない?克服のための歌い方を教えます

カラオケで歌を歌っている時に裏返る声…。これってなんとかならないものかと思いますよね。なぜ声...

指輪8号サイズはほとんど店頭にない?指輪の平均サイズとは

指輪を選ぶ際に重要なのが「サイズ」です。指輪のサイズは人それぞれですが、店頭にはほとんど8号サイズが...

猫が縄張り争いで負けるとどうなるか。猫のケンカのルール

近所に野良猫はいますか?野良猫同士のケンカをみたことはありませんか?猫には縄張りがあって、その縄...

アイプチで二重が不自然にならないための使い方のコツ

アイプチで二重にした場合、やり方を間違うと不自然に見えてしまいます。アイプチでした二重が不自...

ウサギがペレットを食べなくなる原因や対処方法について

ウサギが急にペレットを食べなくなってしまった…!?具合が悪いのでしょうか?見るからに衰弱しているよう...

高校生のお弁当おかずオススメやキレイな詰め方と冷凍保存のコツ

高校生はお弁当のどんなおかずが好きなのでしょう?簡単で人気なオススメおかずとはどんなの?例え...

学校を辞めたい時の親の説得方法!今後の人生設計を明確にしよう

人間関係が上手くいかない、勉強についていけない、他に目標が見つかったなどの理由で学校をやめたいと思う...

サングラスは安い物でも効果があるかどうか。ポイントはカット率

日差しが気になる季節は、サングラスをかける機会も増えますね。サングラスには色々なタイプがあり...

コミケでコスプレするときの参加方法とは?気をつけるポイント

コミケにコスプレで初めて参加するときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?当日の流れ...

中学生の勉強机のレイアウトのポイントと置いてはいけないモノ

小学生時代とは違い中学生になると勉強の内容も濃くなり、今までの勉強の仕方や勉強机のままというワケには...

野良猫の餌やりは迷惑行為?餌やりが迷惑行為になる実際の理由

野良猫に餌やりをしている人を見かけた事がある人もいますよね。野良猫への餌やりを迷惑だと感じている人も...

子供が大好き麺類!うどん弁当が冷めてもくっつかない方法を伝授

子供は麺類が大好きですよね。お弁当にも入れて!なんて言われますが、うどんなどの麺類は冷めてしまうと、...

ハムスターのヒーターで火事に注意!使い方と冬の環境づくり

ハムスターのためのヒーターで火事が起きては大変です。ハムスターは寒さに弱い動物なので、冬になると寒さ...

スポンサーリンク

ピアスがなかなか入らない!コツの前に原因をチェック

ピアスがなかなか穴に入らない時、まずはなぜ入らないのか原因を考えましょう。

ピアスが穴に入らない時、単純に穴が塞がってしまっている場合があります。
ピアスを開けてから穴が完成していない時期にピアスを外してしまうと、人間の治癒力は素晴らしいものですぐに皮膚を再生しようとして塞がってしまうのです。

塞がってしまっている場合はそれ以上どうすることもできませんので、無理に入れようとせずにもう一度穴を開け直すことをオススメします。

また、塞がってはいないけど穴が狭くなってしまっていることも考えられます。
久しぶりにピアスを付ける場合や、ファーストピアスからセカンドピアスに付け替える時などもすぐに穴が収縮してしまい入りにくくなってしまっているのです。

さらに、結構多くあるのが穴が曲がっているため出口とは違う方向に力をいれてしまっているという原因もあります。
耳の裏は自分では確認できないので、入り口と出口が曲がっていたら穴に入れることが難しくなってしまうのです。

ピアスが入らない時に上手に入れるコツ

ピアスを穴に入れる時、なかなか入らないからと言って無理矢理入れようとするのはやめてください。
力に任せて入れようとすると出血してしまったり傷になってしまったりしてしまう恐れがあります。

ピアスを上手に入れるコツですが、まずは耳たぶの裏の穴部分に指を置いて支えましょう。
こうすることで耳たぶが安定して穴の位置がわかりやすくなりますよ。

穴を安定させたとしても自分の手が安定していなければピアスは入りにくいままです。
両肘をテーブルの上で安定させて鏡をしっかりと見ながら穴の位置を確認し、真っ直ぐ刺しましょう。

そして数ミリ程度穴に入ったら、後は力を入れずに慎重に入れていきます。
耳たぶの裏側を指で抑えつつヘッドを軽く叩きながら穴に入れます。

焦らずに少しずつ出口を探すのがポイントですよ!

久しぶりのピアスが入らない時に通すコツとやってはいけないこと

久しぶりにピアスを入れる時なかなか入らないことがありますが、そんな時に上手に通すコツと絶対にやってはいけないことをご紹介します。

まず絶対にやってはいけないことは、痛みがあるのに無理にピアスを通そうとすることです。
無理にピアスを通そうとしてしまうと傷になり、化膿して腫れて病院へ行かなくてはいけなくなる場合があります。
ファーストピアスをつけてから1ヶ月~2ヶ月が経過していればピアスを外してから1日や2日で穴が塞がってしまうことはありません。

軽く塞がってしまったか、できものなどで穴が圧迫されて通りにくくなっているだけという可能性が高いです。

久しぶりにピアスを通す時は、まず耳たぶを揉んだりして腫れやできものが無いかを確認してから、人差し指で裏側の穴を確認しましょう。
鏡を見ながら人差し指で耳たぶの裏側を軽く押し、出口の場所を感じ取って真っ直ぐピアスを入れます。
痛みが無い場合はそのまま貫通させて良いですが、もし痛みがある場合は他の人にやってもらうか医者にみてもらうと良いですよ。

ピアスが入らない!穴はどのくらいで塞がるの?

ピアスがどうしても入らない!というときは、ピアスホールが塞がってしまっていることがあります。
ピアスホールが塞がってしまう原因は長い間ピアスを入れなかったことがほとんどです。
ピアスホールは傷と同じ状態なので、ピアスを入れなければ自然に塞がろうとしてしまいます。

ピアスはどのくらい入れていなかったら塞がってしまうのでしょうか?
ピアスを長い時間入れている状態にしていたなら、外していた期間が長くてもすぐに塞がってしまうということはありません。
なので、どのくらいで塞がってしまうのかという平均は一概には言えないのです。

学校や仕事場でピアスをつけることが許されない場合、ピアスを外した状態で過ごす方がいるかと思います。
ピアスを長い間外していると塞がってしまいますが、そんな時に透明ピアスが活躍するのです。

透明ピアスは普通のピアスと違って目立ちにくいため、周りの人に見つかりにくいです。
しかし、透明ピアスは1度使ったら再使用せずに取り替えてください。
不衛生はピアスホールが塞がってしまうのを早めてしまいます。
いつでも清潔を保ってピアスホールが塞がってしまわないように注意しましょう。

ピアスの穴の確認方法とふさがった穴を再度開けるときの注意点

ピアスを付け替える時に耳たぶの裏側の出口を見つけられなくなってしまうことがありますが、その場合は一度人差し指で穴の位置を確認してピアスの向きに注意して裏側からピアスを入れてみましょう。

裏からピアスが入る場合は塞がっていないので、もう一度表から入れます。
内側に皮膚ができていれば痛くはありません。

絶対にやめてほしいのが、血や膿が出ているのに無理矢理ピアスを入れることです。
血や膿が出ている状態で無理矢理入れ、菌が入ってしまった場合はすぐにピアスを開けることが難しくなってしまうのです。

ピアスが塞がってしまったという方は、もう一度同じ位置にピアスを開けたいと思う事があるかと思います。
しかし、一度ピアスを開けた場所の内側に皮膚ができているとしこりになっていることがあり、この場所に無理に開けてしまうと強い痛いを感じたり腫れたり、ピアスホールがなかなか安定しないなどのリスクがあります。

一度開けて塞がってしまった場所とは違う場所に開けることが望ましいですが、どうしても同じ場所に開けたいという方は病院を受診しましょう。