ホットプレートを使った美味しい餃子の焼き方と餃子の変わり種

ホームパーティーや仲の良い友達を招いてのパーティーに、餃子パーティーはいかがですか?

みんなでワイワイとホットプレートを囲んで、美味しい餃子を食べながら過ごす時間はとても楽しいものです。

普段、家庭で餃子を焼く場合にはフライパンで作りますが、ホットプレートで作る時には、どのように焼くと美味しく焼けるのでしょうか?

ホットプレートを使った美味しい餃子の焼き方や、パーティーにおすすめのちょっと変わった餃子などご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

100均グッズで手作りインテリアを作ろう。色々なアイディア

100均の小物たちがおしゃれなインテリアになります。そのまま飾っても素敵な商品はたくさんあり...

洗濯は洗剤無しでも大丈夫?洗剤無しで洗うときのコツやポイント

洗濯物を洗剤無しで洗っても大丈夫なのでしょうか?赤ちゃんの服を洗濯するときには、洗剤を使ったほうがい...

習字の下敷きの洗い方は?素材によって違う下敷きのお手入れ方法

習字の下敷きが汚れてしまったら、洗ってキレイにしたいと思いますよね。でも、どんなふうに洗うのが正しい...

おでんのこんにゃくの下ごしらえはおいしく食べるために必要です

冬になると恋しくなるおでん、コンビ二のおでんもおいしいですが、自分で好きな具を入れて作った方がよりお...

管理栄養士の勉強方法【社会人編】働きながらできる効率的なコツ

管理栄養士になるためにはどんな勉強方法がいいのでしょうか?社会人で働きながら管理栄養士を目指すならオ...

文鳥の換羽期にプラスしたい栄養素と飼い主ができるサポート

文鳥が換羽期を迎えると、いつもよりも栄養が必要になります。文鳥の換羽期にはどのような栄養素が必要にな...

鉄の包丁がサビてしまう理由とサビを取る方法を紹介します

鉄の包丁がすぐにサビてしまうのにはこのような理由からです。とくに買ったばかりの鉄の包丁はサビやすいの...

教科書整理に役立つ100均グッツ!その使い方と整理のコツ

子供の教科書の整理をしたいなら、100均グッツを上手く活用した整理方法がおすすめです。すべて10...

シンクのサビの落とし方!しつこいサビを落とす掃除方法

毎日使うシンクですが、使っているうちにサビが出ることもあります。目につくところなので気になり、困って...

高校の卒業式に親は出席する?親の出席と服装・持ち物と注意点

お子さんの高校の卒業式に親が出席するものなのか、出席しようか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。...

夢も希望も何もない人生が辛い時の考え方!自分の可能性を信じて

毎日を生きていく中で、自分には夢も希望も何もないと後ろ向きになってしまうこともあります。周囲...

スーパーの刺身に潜んでいると言われる寄生虫の正体とは

寄生虫による食中毒に注意するようにと話題になっていますが、その寄生虫はスーパー で販売されている刺身...

クレープの生地が余った時のオススメ保存方法とコツ

お菓子作りやオシャレな朝食にもオススメなクレープ。クレープの生地があまってしまった時は、冷蔵...

絵が描けない!スランプの原因とスランプからの脱出方法を解説

イラストを描く専門の学校に通っている人の中には、自分の納得のいく絵を描くことができず、スランプに陥っ...

服は素材や色で季節感がでる!素材からコーデを考えることが重要

服は素材だけで季節感が出るって知っていましたか?素材を無視したファッションはNG!どんなにおしゃ...

スポンサーリンク

ホットプレートを使った餃子の上手な焼き方

まずは、ホットプレートを使って餃子を上手に焼くコツを説明します。

ホットプレートの温度は高温に設定して下さい(200℃~220℃)。

次に油(大さじ約2杯)を入れて、ペーパータオルなどを使ってホットプレート全体によくなじませるようにします。

餃子を並べる時は、くっつかないように1㎝位間隔をあけて下さい。

餃子を焼いてから1分30秒くらい経つと、薄く焼き色がついてきます。そこで餃子が1/3弱位浸るくらいのの熱湯を注いて下さい(およそ120~150㏄くらい)。入れたらすぐにふたを閉めます。

ホットプレートの温度は高温のままで、水気がなくなるまで蒸し焼きにして下さい(だいたい7~8分)。

水気がなくなってくるとパチパチと音がしてきます。その後はふたを取って、お好みの焼き色になるまで焼いて下さい。

冷凍餃子の場合は、熱湯の量を少し多めにして、焼き時間も長めにして下さい。

ホットプレートで「包まない餃子」の焼き方

ホットプレートを使えば「包まない餃子」もおいしく食べることができます。

 

【材料】(50個分)

餃子の皮(50枚入) 1袋
豚ひき肉 約170g
ニラ 1束
大葉(青紫蘇) 20枚
ミョウガ 3本
白菜キムチ 170~200g
ごま油 小さじ1

 

【作り方】

 

①ニラなどの野菜はすべてみじん切りにして下さい。フードプロセッサーを使うこともできますが、ミョウガなどの薬味は包丁で切った方が食感が残っておいしく食べれます。

②ボウルに①と豚ひき肉を入れて混ぜ合わせて下さい。最後にごま油を入れてさらに練るようにします。

③ホットプレートに軽く油を敷いて、25枚の餃子の皮を並べます。敷きつめるようにして並べて下さい。

④その上に均等になるようにタネをのせます。広げながら全体に均等になるように伸ばして下さい。

⑤タネの上から残りの餃子の皮25枚をのせます。サンドイッチのような感じになります。
⑥全部のせたら、お酒と水を混ぜたものを100CC注いで下さい。お酒がなければ水だけでも問題ありません。

⑦フタをして蒸し焼きにします。焦げないように注意して下さい。

⑧水分がなくなって、表面の皮が膨れてきたら完成です。食べる時には好きなサイズに切って下さい。

羽根つき餃子のホットプレートを使った焼き方

自分で作った餃子を羽根つき餃子にしてみましょう。

ホットプレートは高温(約200℃)に設定して、熱してきたら餃子を並べます。油は使わなくても焼けます。焼き目が付くまで焼いて下さい。

その間、300mlの水に小麦粉(ティースプーンで山盛り2~3杯)を入れて混ぜておきます。ダマにならないように、ざるなどでこしながら溶くようにしましょう。

餃子に焼き目がついたら、ホットプレートに流し込むように入れます。その後すぐにふたをして下さい。

そのまま3分放置したら、ふたをとって下さい。まだ羽の水分は飛んていないので、ごま油を軽くかけて、そのまま待ちます。

羽の部分の水分が飛んで、軽く焦げてきたら完成です。

羽は薄めにするのがコツです。厚くなってしまうと、食べる時に口の中で刺さってしまいます。

意外に合う餃子におすすめの変わり種

餃子にはひき肉と決めてしまいがちですが、実は余ったポテトサラダやマッシュドポテトを餃子に使うとおいしく食べることができます。

もし餃子用にマッシュポテトを作る場合は、じゃがいもを5mm角くらいに切って茹でるか
レンジで2分くらい温めましょう。そうすると潰さなくても使えます。

また、オクラも餃子との相性バツグンです。いつもの具の中におくらを刻んで入れてみて下さい。これだけでもいつもと違っておいしく食べれます。

また、アボカドを刻んて入れるのもおすすめです。栄養もたっぷりなので一石二鳥ですね。

さっぱりした味が好みの人はトマトを使ってみましょう。トマトとスライスチーズ、大葉を餃子の皮で巻いて、ホットプレートで転がすようにして焼いてみましょう。これがとても美味しいのです。

食べる時にはケチャップを使ってみて下さい。

パーティーにおすすめ!ホットプレートでチーズフォンデュ

おもてなし用に餃子を使ってチーズフォンデュを作ってみませんか?

 

【材料(6人分)】

ホットプレート用チーズフォンデュの素 2個
ジャガイモ 4個
ニンジン 1本
ズッキーニ 1本
バケット 2/3本
ソーセージ 12〜14本
餃子 約20個

 

【作り方】

 

  1. ジャガイモ、ニンジン、ズッキーニはラップに包んでレンジで加熱して柔らかくしてから食べやすい大きさに切ります。餃子もラップに包んで電子レンジで1分加熱しておきます。
  2. ホットプレート用チーズフォンデュの素の中に入っているチーズソースをホットプレートに入れます。200℃で温めて下さい。
  3. チーズソースが温まったら、温度を150℃に下げます。そしてジャガイモとニンジンとズッキーニ、餃子、カットしたバケット、ソーセージをつけて食べます。

クレイジーソルトがあれば、全体にかけてから食べて下さい。