ホットプレートを使った美味しい餃子の焼き方と餃子の変わり種

ホームパーティーや仲の良い友達を招いてのパーティーに、餃子パーティーはいかがですか?

みんなでワイワイとホットプレートを囲んで、美味しい餃子を食べながら過ごす時間はとても楽しいものです。

普段、家庭で餃子を焼く場合にはフライパンで作りますが、ホットプレートで作る時には、どのように焼くと美味しく焼けるのでしょうか?

ホットプレートを使った美味しい餃子の焼き方や、パーティーにおすすめのちょっと変わった餃子などご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

なで肩のリュック対策!ずり落ちを防ぐコツでコーデも楽しめる

なで肩のリュック対策についてお悩みな人も多いでしょう。なで肩だとリュックを背負っているとすぐにずり落...

大学を卒業できない?内定への影響や卒業のためにできること

大学を卒業できないと内定が取り消しになってしまうのか不安なあなた。せっかく厳しい就活を勝ち抜いて...

子供の文房具を収納するコツとアイデア!子供目線で上手に収納

子供の文房具を上手に収納する方法はないかと頭を悩ませているママもいるのではないでしょうか。最...

東京タワーとスカイツリー、観光するならどっちがおすすめ

東京観光、東京デートで行きたい場所と言えば東京タワーとスカイツリー!しかし、どちらかひとつを選ぶなら...

金魚の稚魚の生存率はどのくらい?稚魚の育て方のコツ

金魚が卵を産んで孵化し、やがて小さな稚魚となって元気に泳ぎだしますが、すべてが無事に育つとは限りませ...

強い地震だと家具は飛ぶ!日頃から地震に備えるしか方法はない

地震で家具が飛ぶって信じられますか?でもこれは本当です。地震によって家具が倒れるのは理解できるか...

卵の臭いの消し方を教えて!気になる卵の臭いをスッキリ消す方法

卵の臭いが気になるという人もいますよね。食器についてしまった卵の臭いの消し方が知りたいという人もいる...

スライムの材料のホウ砂とは?スライムの作り方を紹介

スライムの材料に使われるホウ砂はどのように扱えばいいのでしょうか?子どもに人気なスライムですが、安全...

ステンレスのシンクについた傷を目立たなくする方法を教えます

ステンレスのシンクにいつの間にかついてしまった傷。毎日使う場所だから仕方ないとはいえ、できれば傷を消...

フットサルのテクニックを練習して磨こう!一人でも出来る方法

フットサルはサッカと違い、コートが狭くて良いので室内でも出来ます。コートが狭い分、サッカーに...

ピアスが入らない時に上手に入れるコツと注意点・穴の確認方法

ピアスを入れようと思っても、なかなか入らないこともありますよね。無理に入れると痛みを感じる場合もあり...

犬の鳴き声などの騒音対策。マンションでもできる効果的な方法

ペット可のマンションに住む場合にも、自分の家の犬の鳴き声が周りのお宅の迷惑にならないか心配される方は...

小学校では鉛筆の2Bをいつまで使用?指定される理由と使い心地

小学校の入学準備を始めていると、筆記用具の注意点に「鉛筆は2b、または2b以上」と指定されている場合...

貯金額が300万円を目指せ!一人暮らし・低収入でも貯めるには

貯金額目標300万円!一人暮らしでも、低収入でもしっかりと貯金をする方法をお教えいたします!...

【フォークの使い方】サラダを食べる時に美しく見せるためには

サラダを食べる時、お箸で食べるのが一番ラクだと思ってはいるものの、フランス料理のコースの中で出てくる...

スポンサーリンク

ホットプレートを使った餃子の上手な焼き方

まずは、ホットプレートを使って餃子を上手に焼くコツを説明します。

ホットプレートの温度は高温に設定して下さい(200℃~220℃)。

次に油(大さじ約2杯)を入れて、ペーパータオルなどを使ってホットプレート全体によくなじませるようにします。

餃子を並べる時は、くっつかないように1㎝位間隔をあけて下さい。

餃子を焼いてから1分30秒くらい経つと、薄く焼き色がついてきます。そこで餃子が1/3弱位浸るくらいのの熱湯を注いて下さい(およそ120~150㏄くらい)。入れたらすぐにふたを閉めます。

ホットプレートの温度は高温のままで、水気がなくなるまで蒸し焼きにして下さい(だいたい7~8分)。

水気がなくなってくるとパチパチと音がしてきます。その後はふたを取って、お好みの焼き色になるまで焼いて下さい。

冷凍餃子の場合は、熱湯の量を少し多めにして、焼き時間も長めにして下さい。

ホットプレートで「包まない餃子」の焼き方

ホットプレートを使えば「包まない餃子」もおいしく食べることができます。

 

【材料】(50個分)

餃子の皮(50枚入) 1袋
豚ひき肉 約170g
ニラ 1束
大葉(青紫蘇) 20枚
ミョウガ 3本
白菜キムチ 170~200g
ごま油 小さじ1

 

【作り方】

 

①ニラなどの野菜はすべてみじん切りにして下さい。フードプロセッサーを使うこともできますが、ミョウガなどの薬味は包丁で切った方が食感が残っておいしく食べれます。

②ボウルに①と豚ひき肉を入れて混ぜ合わせて下さい。最後にごま油を入れてさらに練るようにします。

③ホットプレートに軽く油を敷いて、25枚の餃子の皮を並べます。敷きつめるようにして並べて下さい。

④その上に均等になるようにタネをのせます。広げながら全体に均等になるように伸ばして下さい。

⑤タネの上から残りの餃子の皮25枚をのせます。サンドイッチのような感じになります。
⑥全部のせたら、お酒と水を混ぜたものを100CC注いで下さい。お酒がなければ水だけでも問題ありません。

⑦フタをして蒸し焼きにします。焦げないように注意して下さい。

⑧水分がなくなって、表面の皮が膨れてきたら完成です。食べる時には好きなサイズに切って下さい。

羽根つき餃子のホットプレートを使った焼き方

自分で作った餃子を羽根つき餃子にしてみましょう。

ホットプレートは高温(約200℃)に設定して、熱してきたら餃子を並べます。油は使わなくても焼けます。焼き目が付くまで焼いて下さい。

その間、300mlの水に小麦粉(ティースプーンで山盛り2~3杯)を入れて混ぜておきます。ダマにならないように、ざるなどでこしながら溶くようにしましょう。

餃子に焼き目がついたら、ホットプレートに流し込むように入れます。その後すぐにふたをして下さい。

そのまま3分放置したら、ふたをとって下さい。まだ羽の水分は飛んていないので、ごま油を軽くかけて、そのまま待ちます。

羽の部分の水分が飛んで、軽く焦げてきたら完成です。

羽は薄めにするのがコツです。厚くなってしまうと、食べる時に口の中で刺さってしまいます。

意外に合う餃子におすすめの変わり種

餃子にはひき肉と決めてしまいがちですが、実は余ったポテトサラダやマッシュドポテトを餃子に使うとおいしく食べることができます。

もし餃子用にマッシュポテトを作る場合は、じゃがいもを5mm角くらいに切って茹でるか
レンジで2分くらい温めましょう。そうすると潰さなくても使えます。

また、オクラも餃子との相性バツグンです。いつもの具の中におくらを刻んで入れてみて下さい。これだけでもいつもと違っておいしく食べれます。

また、アボカドを刻んて入れるのもおすすめです。栄養もたっぷりなので一石二鳥ですね。

さっぱりした味が好みの人はトマトを使ってみましょう。トマトとスライスチーズ、大葉を餃子の皮で巻いて、ホットプレートで転がすようにして焼いてみましょう。これがとても美味しいのです。

食べる時にはケチャップを使ってみて下さい。

パーティーにおすすめ!ホットプレートでチーズフォンデュ

おもてなし用に餃子を使ってチーズフォンデュを作ってみませんか?

 

【材料(6人分)】

ホットプレート用チーズフォンデュの素 2個
ジャガイモ 4個
ニンジン 1本
ズッキーニ 1本
バケット 2/3本
ソーセージ 12〜14本
餃子 約20個

 

【作り方】

 

  1. ジャガイモ、ニンジン、ズッキーニはラップに包んでレンジで加熱して柔らかくしてから食べやすい大きさに切ります。餃子もラップに包んで電子レンジで1分加熱しておきます。
  2. ホットプレート用チーズフォンデュの素の中に入っているチーズソースをホットプレートに入れます。200℃で温めて下さい。
  3. チーズソースが温まったら、温度を150℃に下げます。そしてジャガイモとニンジンとズッキーニ、餃子、カットしたバケット、ソーセージをつけて食べます。

クレイジーソルトがあれば、全体にかけてから食べて下さい。