バイクの洗車はガソリンスタンドでもできるのかを調査

バイクの汚れが目立つからと洗車を考えても、家に洗車スペースがない場合もあります。車と同様にガソリンスタンドでも洗車ができるのでは?と思ってしまいますが、バイクの洗車をガソリンスタンドでしている人を見かけません。

バイクの洗車はガソリンスタンドでもできるのでしょうか。洗車機を使ってバイクを洗車することもできるのでしょうか。

バイクの洗車はガソリンスタンドでもできるのかを調査しました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

傘の固定グッズ!100均にある様々なタイプの傘立てをご紹介

傘の固定グッズを探している方!100均にも様々な傘の固定グッズがありますよ。また本来は杖や掃...

合皮は劣化すると剥がれる!理由や寿命と気をつけたい保管方法

合皮は劣化により剥がれることがあります。お気に入りの合皮のバッグが剥がれてきていたら、それがそのバッ...

男装メイクのやり方とコツ!ナチュラルイケメンに変身しましょう

男装メイクのやり方はコツを掴めばどなたでも簡単にできます。コスプレに興味がある人ならやってみたいと思...

1歳半の子供が食事の時に座らない!原因としつけの方法について

子供が大きくなって自分で歩けるようになるのが1歳半頃ですよね。歩けるようになった子供は、食事のときに...

ブックカバーはビニールで作り方は簡単!防水できて保管もキレイ

ブックカバーはビニールのものも作り方は簡単です。ビニールを使えば雨など濡れたときでも防水できて安心に...

魚料理を子供に食べてもらいたい!食べやすくする方法

子供が魚料理を苦手とするのはナゼでしょうか?魚はお肉と比べると食べにくいものもありますよね。...

No Image

ボールペンのインクが分離してしまう原因と対処法

いざボールペンを使おうと思ったのにインクが出ないことありますよね。インクはたくさん入っているはずなの...

洗濯物の臭いが気になる時は熱湯を使って雑菌を追い払おう!

洗剤を使ってきちんと洗ったはずなのに、洗濯物の臭いが気になることってありますよね。汚れが落ち...

ガス代の節約・元栓を閉めても節約にはならない!節約方法を紹介

毎月のガス代の請求が高く、どうにかしてガス代を節約することはできないか、頭を悩ませている人もいるので...

タッパーをレンジで加熱するときはふたを外して加熱しよう

タッパーをお弁当箱代わりにしている人もいるのではないでしょうか。お弁当を食べるときに、レンジでタッパ...

机のDIY方法!カラーボックスを使って簡単に作る子供の机

机を自分で作るのは、DIY初心者にとっては、かなり難易度の高い作業です。1から全てを作るとなると、か...

筋トレをしたら太った!その後痩せるにはキチンと食事をとる事

筋トレをしているのに太った!?その後痩せるにはどうしたらいいのでしょうか?女性の場合は、筋ト...

猫が網戸を開ける!大切な猫が逃げる前にしっかり対策をしよう

猫が自分で網戸を開けてしまうことに、頭を悩ませている飼い主さんもいますよね。暑い時は窓を開けてい...

トイレの便器についたがんこな尿石を簡単に落とす方法を教えます

トイレの便器についた尿石ってなかなか落ちないもの。それが長い間放置しておいたものだとなおさらですよね...

ポニーテールはこんなに簡単!ロングでもアレンジを加えよう

ロングヘアの人にとって、ポニーテールはよくする髪型の一つになっていることでしょう。でも、いつ...

スポンサーリンク

バイクの洗車はガソリンスタンドでもできるの?

洗車と聞くと1番に浮かぶのはみなさんガソリンスタンドだと思います。車の洗車が出来るならバイクの洗車も出来ると思ってしまいます。しかしガソリンスタンドでバイクの洗車をするには問題があるのです。まず洗車機を使うことが出来ません。洗車機はあくまでも車用になっています。バイクを洗車機で洗うと壊れてしまう場合もあるのです。

そしてガソリンスタンドの店員さんも車を洗うことには慣れている場合が多いですが、バイクを洗うことには慣れていないことが多いので、手洗いしてくれるガソリンスタンドでも洗えない可能性があるのです。

ガソリンスタンドと並んで洗車場として思い浮かぶのがコイン式のセルフ洗車場です。お金を入れると水道が一定時間使えるので、自分で車を洗うことが出来ます。洗車場としてはいいですが、その場所が基本的に車を洗う場所なのでバイクを洗っていると浮いてしまう可能性があります。

ガソリンスタンドの洗車機を使ってバイクを洗車するのは?

ガソリンスタンドで手洗い洗車が出来ない場合、ガソリンスタンドにある洗車機は使えると思う人も多いはずですよね。

洗車機は自動車を想定して作られているので、バイクを洗車機に入れない方がいいです。

バイクは下や後ろからの水に弱いという特性がある

バイクは雨の日を想定して、進行方向の前からの水の耐性には強いですが、下や後ろからの水には弱いですのでそれらの方向からバイクのパーツ内に水が入り不具合がでる可能性もあるのでう。

まず電気系に不具合がでます。そしてその他のパーツに水が入りサビが出るのが早くなります。水圧でバイクが倒れてしまう可能性もあるのです。

洗車機だけでなく、自分で手洗いする場合も同じようなことが言えるのです。車よりもパーツが出ているバイクは細心の注意をしながら洗車をしなければいけません。

バイクの洗車OKなガソリンスタンドなら問題なし

マンションやアパートで暮らしていると洗車する場所がないので困りますよね。バイクはコイン洗車で洗車しても大丈夫のようですが、バケツで水が汲める所がオススメです。もしくはガソリンスタンドでバイク洗車が大丈夫な所です。ガソリンスタンドの場合、給油やタイヤの空気圧のチェックも出来ます。

バイクの洗車が出来る場所はあまり多くはないので、バイクに乗っている人はとても困りますよね。基本的にバイクの洗車場所として利用できるのはコイン洗車です。ほとんどのコイン洗車場は車を洗車するための場所とされていますが、水道の設備がある場所ではバイクを洗車することも出来ます。

車の洗車のように水を上からかけて洗うことはないので、水道の設備があれば自宅の庭や戸建てを所有している知り合いに場所を借りることが出来るとバイクの洗車が出来ます。しかし知り合いに頼むのも気が引けるという人はやはり、コイン洗車に行くようにしましょう。

都心では少ないですが、ガソリンスタンドでお願いすると水道を貸してくれる所もあるので、バイクを洗車する時は大変ですが自分で見つけましょう。

バイクを洗車するタイミングは?

バイクを洗車する場合の判断基準

バイクは毎日洗車する必要はありません。泥や埃などの汚れが目立ってきたら洗車をするようにしましょう。特に雨の中を走行したり、海岸を走行した後は念入りに洗車することをオススメします。酸性雨や塩水でバイクが濡れています。そのままにしておくとサビの原因になるので出来るだけ早めに洗車をするようにしましょう。

洗車をする日は晴れている日よりも曇っている日に洗車しましょう。そして朝や夕方の涼しい時間に洗車するようにしましょう。理由は日差しが強いと洗車中の水分がすぐに蒸発してしまい、シミになってしまうからです。しっかりお手入れしてあげることで長い期間バイクに乗ることが出来ます。

バイクを洗車する手順とチェーンの普段のメンテナンス方法

洗車は汚れを落とすだけでなく、バイクの劣化を防ぐ目的もあります。バイクは全体的に水をかけるのではなく、エンジンよりも下とタイヤの部分の大きな所だけ水をかけます。バイクは水に弱いパーツが多いのです。

洗車をはじめる前にマスキングします。シートやシート下、マスラーやハンドル周りの電飾やエンジンで濡れてはいけない部分です。

ホースを使い、車体を水洗いします。その後バイク用洗剤に浸したスポンジやブラシで擦ります。汚れをしっかり落としたら洗剤を洗い場がします。最後にウエスなどで水分をしっかり拭き取ります。洗い流しをしっかりしていないと洗剤が車体に残りバイクを痛めてしまう原因なります。チェーンクリーナーでチェーンを磨き油をさします。この時タイヤにつかないように新聞紙などでガードするようにしましょう。

普段気になる汚れや埃はササッとタオルやバイク用のシートクリーナで拭くようにしましょう。いつも乗っているバイクは奇麗な方が気持ちがいいですよね。