バイクの洗車はガソリンスタンドでもできるのかを調査

バイクの汚れが目立つからと洗車を考えても、家に洗車スペースがない場合もあります。車と同様にガソリンスタンドでも洗車ができるのでは?と思ってしまいますが、バイクの洗車をガソリンスタンドでしている人を見かけません。

バイクの洗車はガソリンスタンドでもできるのでしょうか。洗車機を使ってバイクを洗車することもできるのでしょうか。

バイクの洗車はガソリンスタンドでもできるのかを調査しました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハーバリウムボールペンの作り方!初心者でもできる作り方のコツ

最近話題のハーバリウムですが、作ってみたいと思っている方も多いと思います。中でも、ハーバリウム初...

プラバンの作り方!電子レンジでも作れる場合があります

プラバンを作る場合、多くの方が使用しているのがトースターです。しかし電子レンジはあるけど、トースター...

ハムスターが鳴き声をギーとあげるはナゼ?鳴き声でわかる感情

ハムスターが鳴き声をギーとあげる時、どんな感情を持っているのでしょうか?ハムスターが低い鳴き...

うさぎが抱っこを嫌がる原因とは?神経質なうさぎの習性を知る

うさぎが抱っこを嫌がる最大の理由は『捕まる』と感じるからです。飼い主さんとうさちゃんの信頼関...

オイル交換の目安の期間を過ぎた時に車に起こるトラブルとは

車のエンジンオイル交換は目安となる距離や時期が設定されていますが、うっかりその期間が過ぎてしまうと車...

子供の文房具を収納するコツとアイデア!子供目線で上手に収納

子供の文房具を上手に収納する方法はないかと頭を悩ませているママもいるのではないでしょうか。最...

自転車の空気入れ方のコツ【ママチャリ】でも適正な空気圧を

自転車の空気入れ方って簡単なようでよくわかっていない人も多いのではないでしょうか?「ママチャ...

通知表の付け方とは?中学校で1がついた場合はどうなるのか

高校受験に影響が出る中学校の通知表。そもそもその付け方はどんな基準となっているのでしょうか?...

化粧を簡単自然に!?やり方次第でナチュラルは作れる!

まるで化粧をしていないようなナチュラルなメイクは、やり方次第で簡単にできちゃいます。では、ま...

洗濯物の臭い取りはセスキにお任せ!そのやり方を説明します

100均でも販売されている「セスキ(セスキ炭酸ソーダ)」。いろいろな汚れを落とせると話題になっていま...

黒のコートに付くほこりやゴミの取り方とほこりを予防する方法

黒いコートは、どうしても、ゴミやほこりが目立ってしまいがちです。せっかくの新しいコートも、ほこり...

大学の卒業式のスーツ選び!男子学生に人気のスーツのタイプ

大学の卒業式で男子学生が着ていくのは、多くの方がスーツです。しかし、スーツを着慣れていないと...

婿養子のメリット・デメリットと『婿入り』と『婿養子』の違い

婿養子にはメリットとデメリットがあります。『婿入り』と『婿養子』は違います。昔話などで聞...

No Image

ズッキーニの栽培方法!受粉の方法と栽培する時の注意点を解説

家庭菜園でズッキーニを栽培している時、虫がいない時はどうやって受粉をさせたらいいか困りますよね。ズッ...

バーベキューのご飯を鍋でも美味しく焚くには浸す時間がカギ

バーベキューの時にご飯を焚く場合は、鍋で焚くこともあると思いますが、鍋でご飯を焚くのは難しいと思って...

スポンサーリンク

バイクの洗車はガソリンスタンドでもできるの?

洗車と聞くと1番に浮かぶのはみなさんガソリンスタンドだと思います。車の洗車が出来るならバイクの洗車も出来ると思ってしまいます。しかしガソリンスタンドでバイクの洗車をするには問題があるのです。まず洗車機を使うことが出来ません。洗車機はあくまでも車用になっています。バイクを洗車機で洗うと壊れてしまう場合もあるのです。

そしてガソリンスタンドの店員さんも車を洗うことには慣れている場合が多いですが、バイクを洗うことには慣れていないことが多いので、手洗いしてくれるガソリンスタンドでも洗えない可能性があるのです。

ガソリンスタンドと並んで洗車場として思い浮かぶのがコイン式のセルフ洗車場です。お金を入れると水道が一定時間使えるので、自分で車を洗うことが出来ます。洗車場としてはいいですが、その場所が基本的に車を洗う場所なのでバイクを洗っていると浮いてしまう可能性があります。

ガソリンスタンドの洗車機を使ってバイクを洗車するのは?

ガソリンスタンドで手洗い洗車が出来ない場合、ガソリンスタンドにある洗車機は使えると思う人も多いはずですよね。

洗車機は自動車を想定して作られているので、バイクを洗車機に入れない方がいいです。

バイクは下や後ろからの水に弱いという特性がある

バイクは雨の日を想定して、進行方向の前からの水の耐性には強いですが、下や後ろからの水には弱いですのでそれらの方向からバイクのパーツ内に水が入り不具合がでる可能性もあるのでう。

まず電気系に不具合がでます。そしてその他のパーツに水が入りサビが出るのが早くなります。水圧でバイクが倒れてしまう可能性もあるのです。

洗車機だけでなく、自分で手洗いする場合も同じようなことが言えるのです。車よりもパーツが出ているバイクは細心の注意をしながら洗車をしなければいけません。

バイクの洗車OKなガソリンスタンドなら問題なし

マンションやアパートで暮らしていると洗車する場所がないので困りますよね。バイクはコイン洗車で洗車しても大丈夫のようですが、バケツで水が汲める所がオススメです。もしくはガソリンスタンドでバイク洗車が大丈夫な所です。ガソリンスタンドの場合、給油やタイヤの空気圧のチェックも出来ます。

バイクの洗車が出来る場所はあまり多くはないので、バイクに乗っている人はとても困りますよね。基本的にバイクの洗車場所として利用できるのはコイン洗車です。ほとんどのコイン洗車場は車を洗車するための場所とされていますが、水道の設備がある場所ではバイクを洗車することも出来ます。

車の洗車のように水を上からかけて洗うことはないので、水道の設備があれば自宅の庭や戸建てを所有している知り合いに場所を借りることが出来るとバイクの洗車が出来ます。しかし知り合いに頼むのも気が引けるという人はやはり、コイン洗車に行くようにしましょう。

都心では少ないですが、ガソリンスタンドでお願いすると水道を貸してくれる所もあるので、バイクを洗車する時は大変ですが自分で見つけましょう。

バイクを洗車するタイミングは?

バイクを洗車する場合の判断基準

バイクは毎日洗車する必要はありません。泥や埃などの汚れが目立ってきたら洗車をするようにしましょう。特に雨の中を走行したり、海岸を走行した後は念入りに洗車することをオススメします。酸性雨や塩水でバイクが濡れています。そのままにしておくとサビの原因になるので出来るだけ早めに洗車をするようにしましょう。

洗車をする日は晴れている日よりも曇っている日に洗車しましょう。そして朝や夕方の涼しい時間に洗車するようにしましょう。理由は日差しが強いと洗車中の水分がすぐに蒸発してしまい、シミになってしまうからです。しっかりお手入れしてあげることで長い期間バイクに乗ることが出来ます。

バイクを洗車する手順とチェーンの普段のメンテナンス方法

洗車は汚れを落とすだけでなく、バイクの劣化を防ぐ目的もあります。バイクは全体的に水をかけるのではなく、エンジンよりも下とタイヤの部分の大きな所だけ水をかけます。バイクは水に弱いパーツが多いのです。

洗車をはじめる前にマスキングします。シートやシート下、マスラーやハンドル周りの電飾やエンジンで濡れてはいけない部分です。

ホースを使い、車体を水洗いします。その後バイク用洗剤に浸したスポンジやブラシで擦ります。汚れをしっかり落としたら洗剤を洗い場がします。最後にウエスなどで水分をしっかり拭き取ります。洗い流しをしっかりしていないと洗剤が車体に残りバイクを痛めてしまう原因なります。チェーンクリーナーでチェーンを磨き油をさします。この時タイヤにつかないように新聞紙などでガードするようにしましょう。

普段気になる汚れや埃はササッとタオルやバイク用のシートクリーナで拭くようにしましょう。いつも乗っているバイクは奇麗な方が気持ちがいいですよね。