バイクの洗車はガソリンスタンドでもできるのかを調査

バイクの汚れが目立つからと洗車を考えても、家に洗車スペースがない場合もあります。車と同様にガソリンスタンドでも洗車ができるのでは?と思ってしまいますが、バイクの洗車をガソリンスタンドでしている人を見かけません。

バイクの洗車はガソリンスタンドでもできるのでしょうか。洗車機を使ってバイクを洗車することもできるのでしょうか。

バイクの洗車はガソリンスタンドでもできるのかを調査しました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

革靴のシワがかっこいい!綺麗な履きジワの付け方と革靴の選び方

革靴にできる履きジワが綺麗につくとかっこいいと思いませんか?なんだか味のある一足になった!そんな風に...

服の素材で暖かいのは?寒さ対策にはコレがおすすめ

服の素材で暖かいものといったらなんでしょうか?冬の着こなしは、どのようなものを組み合わせたらいいのか...

アクリル絵の具の特徴!100均の絵の具を使った使い方アイデア

アクリル絵の具という絵の具にはどのような特徴があるのでしょうか?小学生の頃に使っていた絵の具は水彩絵...

カッターの替刃の替え方は?刃を折るのが怖い人へアドバイス

カッターの替刃、その替え方に困っていませんか?カッターは替刃全体を交換しなくても、切れ味の悪い刃...

ハムスターが鳴き声をギーとあげるはナゼ?鳴き声でわかる感情

ハムスターが鳴き声をギーとあげる時、どんな感情を持っているのでしょうか?ハムスターが低い鳴き...

泡カラーのコツ!髪をムラなく上手に染める方法

泡タイプのヘアカラーは泡状のまま使うことができるため、垂れることなく自分で塗りやすいと人気があります...

服が臭いけど新品のときの理由や気になる臭いを取る方法とは

服の臭いが新品なのに気になってしまうと、せっかく買ったばかりなのに着るのが残念になってしまいますよね...

教科書整理に役立つ100均グッツ!その使い方と整理のコツ

子供の教科書の整理をしたいなら、100均グッツを上手く活用した整理方法がおすすめです。すべて10...

プラバンの作り方!気になる色塗りの方法やポイント

小さい頃にプラバンを使って遊んだ方も多いのではないでしょうか?プラバンを使うと簡単にキーホルダーやチ...

アイロンのかけ方【スチームのコツ】上手な使い方と注意点

アイロンのかけ方はスチームをうまく活用することでより満足のいく仕上がりになります。スチームを使えば素...

爪の柔らかい人はジェルネイルがおすすめ長持ちさせる方法

爪に柔らかいジェルネイルを塗ってみたいけれど、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?柔ら...

クレープの生地が余った時のオススメ保存方法とコツ

お菓子作りやオシャレな朝食にもオススメなクレープ。クレープの生地があまってしまった時は、冷蔵...

メダカの底砂の掃除方法!掃除に便利なアイテムと水槽の掃除手順

メダカの水槽の掃除は欠かせないお世話のひとつです。掃除を怠ると水質の低下に繋がってしまいます。そ...

教習所の実技を初めて受ける不安を和らげる方法や心構えと注意点

教習所の実技を初めて受けるのはとても緊張するものです。本当に車なんて運転できるのだろうかと不安に...

アパートの騒音問題!下の階がうるさい時の解決策と注意点

アパートの騒音問題は多く、下の階からの生活音や話し声、バタバタと子供が走り回る音に悩まされる人はたく...

スポンサーリンク

バイクの洗車はガソリンスタンドでもできるの?

洗車と聞くと1番に浮かぶのはみなさんガソリンスタンドだと思います。車の洗車が出来るならバイクの洗車も出来ると思ってしまいます。しかしガソリンスタンドでバイクの洗車をするには問題があるのです。まず洗車機を使うことが出来ません。洗車機はあくまでも車用になっています。バイクを洗車機で洗うと壊れてしまう場合もあるのです。

そしてガソリンスタンドの店員さんも車を洗うことには慣れている場合が多いですが、バイクを洗うことには慣れていないことが多いので、手洗いしてくれるガソリンスタンドでも洗えない可能性があるのです。

ガソリンスタンドと並んで洗車場として思い浮かぶのがコイン式のセルフ洗車場です。お金を入れると水道が一定時間使えるので、自分で車を洗うことが出来ます。洗車場としてはいいですが、その場所が基本的に車を洗う場所なのでバイクを洗っていると浮いてしまう可能性があります。

ガソリンスタンドの洗車機を使ってバイクを洗車するのは?

ガソリンスタンドで手洗い洗車が出来ない場合、ガソリンスタンドにある洗車機は使えると思う人も多いはずですよね。

洗車機は自動車を想定して作られているので、バイクを洗車機に入れない方がいいです。

バイクは下や後ろからの水に弱いという特性がある

バイクは雨の日を想定して、進行方向の前からの水の耐性には強いですが、下や後ろからの水には弱いですのでそれらの方向からバイクのパーツ内に水が入り不具合がでる可能性もあるのでう。

まず電気系に不具合がでます。そしてその他のパーツに水が入りサビが出るのが早くなります。水圧でバイクが倒れてしまう可能性もあるのです。

洗車機だけでなく、自分で手洗いする場合も同じようなことが言えるのです。車よりもパーツが出ているバイクは細心の注意をしながら洗車をしなければいけません。

バイクの洗車OKなガソリンスタンドなら問題なし

マンションやアパートで暮らしていると洗車する場所がないので困りますよね。バイクはコイン洗車で洗車しても大丈夫のようですが、バケツで水が汲める所がオススメです。もしくはガソリンスタンドでバイク洗車が大丈夫な所です。ガソリンスタンドの場合、給油やタイヤの空気圧のチェックも出来ます。

バイクの洗車が出来る場所はあまり多くはないので、バイクに乗っている人はとても困りますよね。基本的にバイクの洗車場所として利用できるのはコイン洗車です。ほとんどのコイン洗車場は車を洗車するための場所とされていますが、水道の設備がある場所ではバイクを洗車することも出来ます。

車の洗車のように水を上からかけて洗うことはないので、水道の設備があれば自宅の庭や戸建てを所有している知り合いに場所を借りることが出来るとバイクの洗車が出来ます。しかし知り合いに頼むのも気が引けるという人はやはり、コイン洗車に行くようにしましょう。

都心では少ないですが、ガソリンスタンドでお願いすると水道を貸してくれる所もあるので、バイクを洗車する時は大変ですが自分で見つけましょう。

バイクを洗車するタイミングは?

バイクを洗車する場合の判断基準

バイクは毎日洗車する必要はありません。泥や埃などの汚れが目立ってきたら洗車をするようにしましょう。特に雨の中を走行したり、海岸を走行した後は念入りに洗車することをオススメします。酸性雨や塩水でバイクが濡れています。そのままにしておくとサビの原因になるので出来るだけ早めに洗車をするようにしましょう。

洗車をする日は晴れている日よりも曇っている日に洗車しましょう。そして朝や夕方の涼しい時間に洗車するようにしましょう。理由は日差しが強いと洗車中の水分がすぐに蒸発してしまい、シミになってしまうからです。しっかりお手入れしてあげることで長い期間バイクに乗ることが出来ます。

バイクを洗車する手順とチェーンの普段のメンテナンス方法

洗車は汚れを落とすだけでなく、バイクの劣化を防ぐ目的もあります。バイクは全体的に水をかけるのではなく、エンジンよりも下とタイヤの部分の大きな所だけ水をかけます。バイクは水に弱いパーツが多いのです。

洗車をはじめる前にマスキングします。シートやシート下、マスラーやハンドル周りの電飾やエンジンで濡れてはいけない部分です。

ホースを使い、車体を水洗いします。その後バイク用洗剤に浸したスポンジやブラシで擦ります。汚れをしっかり落としたら洗剤を洗い場がします。最後にウエスなどで水分をしっかり拭き取ります。洗い流しをしっかりしていないと洗剤が車体に残りバイクを痛めてしまう原因なります。チェーンクリーナーでチェーンを磨き油をさします。この時タイヤにつかないように新聞紙などでガードするようにしましょう。

普段気になる汚れや埃はササッとタオルやバイク用のシートクリーナで拭くようにしましょう。いつも乗っているバイクは奇麗な方が気持ちがいいですよね。