ウサギのオス同士で仲良くなる方法とは?うさぎの飼い方

ウサギのオス同士が仲良くなる方法はあるのでしょうか?なわばり意識の強いウサギを多頭飼いするときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょう。

これから、オス同士を飼おうとしているのならこのようなことを注意してあげましょう。仲良くなるのはかなり難しくレアなケースなので、無理やり仲良くさせようとするのはウサギにとってストレスになるので止めましょう。

ウサギの飼い方について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ミシンのコツとは?カーブを縫う時のポイントを紹介します

ミシンでカーブを縫うときにはどんなコツが必要なのでしょうか?カーブを縫うときにはいつも慌てて、突っ張...

栗の賞味期限は意外と短い!茹でた栗は冷凍保存しよう!

栗ってついたくさん買ってしまって、一気に茹でたものの食べ切れなくて余ってしまうこともありますよね。...

アルカリ電池とマンガン電池の違いと使い分け・使用上の注意点

電池を購入しようと思った時、アルカリ電池とマンガン電池のどちらを購入すればいいのか悩んだ経験がある人...

ハムスターは飼い始め1週間が勝負!ハムちゃんの気持ちをご紹介

ハムスターを飼い始めた瞬間から1週間は、絶対にそっとしておきましょう。せっかくハムちゃんを迎...

ホットプレートで焼肉をした時の油対策!油を気にせず焼き肉を

ホットプレートを使用して自宅で焼肉をする人もいるのではないでしょうか。この時に気になるのが「油」です...

車の割り込みトラブルが急増中!罰則や巻き込まれない運転とは

最近ニュースでよくみかけるのが、車を運転中の割り込みやあおり運転によるトラブルです。運転手同...

猫を網戸から脱走させないために!要注意なポイントと脱走対策

猫を飼っている方が心配なのは、猫の脱走です。好奇心旺盛な猫は、スキがあらばと脱走の機会を狙っ...

猫の鼻水は赤ちゃん用吸引器で吸い取り可能!ただし無理は禁物

猫が鼻水を垂らしている時、どうにか吸引して楽にさせてあげたいと思うものです。そんな時便利でおすす...

バラの花びらを長く楽しみたい!茶色く枯らさずに花を生ける方法

バラの切り花を部屋に飾り、美しい花びらを楽しみたいと考えている人の中には、なるべく花を長持ちさせたい...

会社の椅子にはダニがいる可能性が。駆除する方法とやり方

太ももの後ろの辺りがかゆい、よくみると噛まれたような小さな跡がある場合、それはダニの仕業かもしれませ...

高校生が勉強しない!進学校での落ちこぼれがやるべき勉強法

高校生で勉強しないでいると進学校では成績が落ちてしまいます。それでも勉強をしないとますます勉強にはつ...

部活を引退して太るのを防ぐ!受験ストレスや誘惑に負けないコツ

部活を引退したら太るということはよく聞きます。それは部活を引退したのにも関わらず、部活をしているとき...

腕を細くしたい!二の腕痩せにおすすめの筋トレを実践してみよう

二の腕についてしまった脂肪、どうにかしてすっきり痩せたいと思っている女性はたくさんいるのではないでし...

小学生が剣道の試合で勝つためのコツと親としてできること

子どもが剣道の試合に初めて出るとなると、なんとか勝ってほしいと親なら誰でも思ってしまうでしょう。...

スライムの材料でホウ砂なしの場合は?必要な材料と作り方

スライム作りに必要な材料の一つにホウ砂がありますが、ホウ砂なしでもスライムを作ることができるって知っ...

スポンサーリンク

ウサギのオス同士は仲良くなるのは難しい

ウサギをペットとして家庭で飼う人はだいたい1匹で、繁殖目的であればオスメスの2匹が一般的です。

ウサギは縄張り意識がとても強くオス同士だと喧嘩をしてしまいます。

敵だとみなし同じウザギ同士であっても仲良くはなれません。

しかし、ネットで調べてみると中にはウサギを多頭飼いして仲良くしている動画や画像を目にすることがあり、羨ましくなることもあるでしょう。

ウサギが大好きな人にとっては喧嘩さえしなければ何匹飼っても良いという人もいますよね。

 

縄ばり意識が強いウサギは多頭飼いができないわけではないのですが、特にオス同士は喧嘩をしがちになるので難しいという結論です。

どうしても多頭飼いをしたい場合はオス同士を仲良くさせる必要があります。
仲良くなる方法があるので参考にしてみてくださね。

ウサギのオス同士が仲良くなる方法を考えるよりも個々に育てるほうがおすすめ

オス同士のウサギを飼うという場合は、最初から仲良くなる方法を意識すると疲れてしまいます。
特に去勢していないオスウサギは新しいウサギと仲良くすることは難しく、喧嘩も激しく命に関わることさえもあります。

最初から一緒のゲージで悪戦苦闘しながら飼っていても飼い主さんの負担が大きいだけかもしれません。

なので、新しいウサギを迎え入れる場合にはゲージや遊ばせる時間も全て別々にして個々で育てる方が飼い主さんは断然楽です
目を離してられないということもありません。

大好きなウサギを飼うなら飼い主もウサギもストレスなく生活していきたいですよね。

もし、オス同士のウサギを多頭飼いするなら仲良くなる方法を考えるよりも個々で育てることをオススメします。

ウサギのオス同士が仲良くなる方法飼い始める時期をずらす

ウサギのオス同士が仲良くなる方法として挙げられることがいくつかあります。

ウサギのオス同士が仲良くなる方法

後からくるウサギを子供のうちから飼う

ウサギは縄張り意識が強くても、明らかに自分より弱そうな子供が相手だと威嚇することが少なくなります。
なので、後から来るウサギを子供のうちから迎え入れて上げると喧嘩をする可能性が低くなります。

しかし、元のウサギが気性の荒い性格だと子供であっても威嚇してしまいます。
個体差の違いの喧嘩が余計に命に関わりかねませんので多頭飼いしないことをオススメします。

 

愛情を平等に

新しいウサギを迎えいれることで、新しい環境に慣れさせようと最初はそのウサギばかりに気がいってしまうでしょう。
ウサギは意外にも賢い動物です。
飼い主の愛情が平等ではないこともすぐにわかります。
飼い主の愛情が平等ではないとウサギも嫉妬心などから仲良くなろうとは思いません。
飼い主さんの愛情を平等にすることで、元からいるウサギの心も穏やかに、そして新入りウサギと仲良くなろうかなという気にもさせます。

 

お世話は先にいるウサギから

縄張り意識が強いため、飼い主が自分より先に新入りウサギの方へ行くのは気に入りません。
お世話をする時は必ず元からいるウサギを先にしてください。

ウサギのオス同士が一度ケンカをすると仲良くなる方法はほぼ皆無

喧嘩しやすいオス同士のウサギでも、せっかく飼っているなら仲良くさせたいですよね。

普段は別のゲージで個々に飼っていても遊ぶ時くらい一緒にさせようでみようかなという気になるでしょう。
しかし、それは安易な考えにすぎないことがあります。

なぜなら、オス同士のウサギは一度ケンカをすると仲良くなる方法はほぼ皆無と理解しておきましょう。

ケンカ前は仲良くしてても、たった一度のケンカを機にもう一緒にして飼うことは無理といっても過言ではないのです。

どうせなら仲良くさせたいと仲良くなる方法を四苦八苦しながらトライしようと考えているかもしれませんが、特に弱い方のウサギにとっては苦痛であることも考えてみてください。

仲良くさせたいのは果たしてオス同士のウサギのためなのか、それとも飼い主のあなたのためなのか。

もしかしたら飼い主のエゴにすぎないこともありますので今一度検討してみましょう。

ウサギのオス同士が仲良い時期は一瞬日頃からよくチェックしてあげましょう

ウサギのオス同士が同じゲージで飼っても仲良くしている時期は一瞬です。

ウサギの年齢が1~2ヶ月の間の子供の時期だけです。
成長するにつれ、どんどん縄張り意識も強くなることでケンカをし始めます。

一度ケンカをしてしまうと、それ以上仲良くなることはあまりなく、ケンカも毛をむしる、噛み付くなど命にかかわるほど大ゲンカになることも多いので、ある程度の時期になるとウサギ同士の行動をチェックしておくと良いでしょう。

どちらかが威嚇している様子が少しでも見られたらゲージを別々にして個々で飼ってあげることをオススメします。

ウサギのオス同士が仲良くなる方法はいくつかありますが、それでもウサギのオス同士の多頭飼いは難しいと言われています。

中には大人のオス同士でのウサギを仲良く多頭飼いしている方もいると思いますが、それは稀なケースです。

飼い主の理想が仲良くさせることであっても、飼い主のエゴにすぎないこともあります。
ウサギの気持ちやその個体の性格などを考慮した上で仲良くさせるかどうかを判断してくださいね。