ウサギのオス同士で仲良くなる方法とは?うさぎの飼い方

ウサギのオス同士が仲良くなる方法はあるのでしょうか?なわばり意識の強いウサギを多頭飼いするときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょう。

これから、オス同士を飼おうとしているのならこのようなことを注意してあげましょう。仲良くなるのはかなり難しくレアなケースなので、無理やり仲良くさせようとするのはウサギにとってストレスになるので止めましょう。

ウサギの飼い方について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

小学校では鉛筆の2Bをいつまで使用?指定される理由と使い心地

小学校の入学準備を始めていると、筆記用具の注意点に「鉛筆は2b、または2b以上」と指定されている場合...

東京タワーとスカイツリー、観光するならどっちがおすすめ

東京観光、東京デートで行きたい場所と言えば東京タワーとスカイツリー!しかし、どちらかひとつを選ぶなら...

プラスチックへの塗装が剥がれる原因とおすすめの下処理

プラスチックに塗装をすると、塗装をした当初は、しっかりとキレイに塗装がされていると感じますが。使用を...

車は回転数を下げれば燃費が良くなる?燃費を上げる運転方法

車の燃費は回転数で違ってくる?車の燃費をよくするには、どのような運転をこころがけたらいいのでしょうか...

自転車を宅配で送りたい!宅配の方法を紹介します!

引っ越しすることが決まったら、荷造りが大変ですね!お気にいりの自転車はどうしよう!?持ってい...

夜にまたお菓子を食べちゃったという罪悪感から逃れる方法

夜になるとついお菓子を食べ過ぎてしまう・・・そんな悩みありませんか?一度食べ始めると止まらなくな...

虫が大量発生!梅雨シーズンに大量発生する理由と発生しやすい虫

梅雨のシーズンになると、虫が大量発生することがありますよね。どうして一気に虫が発生するのかわからない...

家賃の振込手数料を安くする方法を発見!安く済ませるコツ

家賃の振込手数料がもったいないと感じたことありませんか?1回の手数料が数百円でも、塵も積もれば・...

マニキュア後のトップコート!ベストタイミングをご紹介

マニキュアを長持ちさせたり、キレイに見せるためのトップコート!使用している方もたくさんいらっしゃいま...

太ももの裏の筋肉をなくす方法!筋肉太りもスッキリキレイな脚に

太ももの裏についてしまった筋肉をなくす方法が知りたいという人もいますよね。細くてスラット伸びたキレイ...

きゅうりを使った副菜でもう1品!簡単中華風レシピ

食卓にあと一品欲しい時など、きゅうりを使った副菜はいかがですか?おかずにもなりますし、お酒の...

手洗いの時の柔軟剤を入れるタイミングとすすぐ必要性について

大事な衣服を手洗いで洗濯する場合、気になるのは「柔軟剤」を入れるタイミングなどですよね。洗濯...

納豆の薬味は何がいい?納豆にとにかく合うというおすすめの薬味

納豆を毎日欠かさず食べるという方少なくないです。そんな方の中には薬味を変えて納豆を美味しく食べている...

文鳥の鳴き声はオスとメスで違う!メスの鳴き声とそれぞれの性格

文鳥はオスとメスで鳴き声が違うということはご存知でしょうか。文鳥の性別を見分けるポイントが鳴き声だと...

昭和の時代が良かったという人はSNS疲れが影響しているかも

日本史の中でも激動の時代といわれている昭和の時代。昭和の頃を紐解いて見ると、今では考えられないよ...

スポンサーリンク

ウサギのオス同士は仲良くなるのは難しい

ウサギをペットとして家庭で飼う人はだいたい1匹で、繁殖目的であればオスメスの2匹が一般的です。

ウサギは縄張り意識がとても強くオス同士だと喧嘩をしてしまいます。

敵だとみなし同じウザギ同士であっても仲良くはなれません。

しかし、ネットで調べてみると中にはウサギを多頭飼いして仲良くしている動画や画像を目にすることがあり、羨ましくなることもあるでしょう。

ウサギが大好きな人にとっては喧嘩さえしなければ何匹飼っても良いという人もいますよね。

 

縄ばり意識が強いウサギは多頭飼いができないわけではないのですが、特にオス同士は喧嘩をしがちになるので難しいという結論です。

どうしても多頭飼いをしたい場合はオス同士を仲良くさせる必要があります。
仲良くなる方法があるので参考にしてみてくださね。

ウサギのオス同士が仲良くなる方法を考えるよりも個々に育てるほうがおすすめ

オス同士のウサギを飼うという場合は、最初から仲良くなる方法を意識すると疲れてしまいます。
特に去勢していないオスウサギは新しいウサギと仲良くすることは難しく、喧嘩も激しく命に関わることさえもあります。

最初から一緒のゲージで悪戦苦闘しながら飼っていても飼い主さんの負担が大きいだけかもしれません。

なので、新しいウサギを迎え入れる場合にはゲージや遊ばせる時間も全て別々にして個々で育てる方が飼い主さんは断然楽です
目を離してられないということもありません。

大好きなウサギを飼うなら飼い主もウサギもストレスなく生活していきたいですよね。

もし、オス同士のウサギを多頭飼いするなら仲良くなる方法を考えるよりも個々で育てることをオススメします。

ウサギのオス同士が仲良くなる方法飼い始める時期をずらす

ウサギのオス同士が仲良くなる方法として挙げられることがいくつかあります。

ウサギのオス同士が仲良くなる方法

後からくるウサギを子供のうちから飼う

ウサギは縄張り意識が強くても、明らかに自分より弱そうな子供が相手だと威嚇することが少なくなります。
なので、後から来るウサギを子供のうちから迎え入れて上げると喧嘩をする可能性が低くなります。

しかし、元のウサギが気性の荒い性格だと子供であっても威嚇してしまいます。
個体差の違いの喧嘩が余計に命に関わりかねませんので多頭飼いしないことをオススメします。

 

愛情を平等に

新しいウサギを迎えいれることで、新しい環境に慣れさせようと最初はそのウサギばかりに気がいってしまうでしょう。
ウサギは意外にも賢い動物です。
飼い主の愛情が平等ではないこともすぐにわかります。
飼い主の愛情が平等ではないとウサギも嫉妬心などから仲良くなろうとは思いません。
飼い主さんの愛情を平等にすることで、元からいるウサギの心も穏やかに、そして新入りウサギと仲良くなろうかなという気にもさせます。

 

お世話は先にいるウサギから

縄張り意識が強いため、飼い主が自分より先に新入りウサギの方へ行くのは気に入りません。
お世話をする時は必ず元からいるウサギを先にしてください。

ウサギのオス同士が一度ケンカをすると仲良くなる方法はほぼ皆無

喧嘩しやすいオス同士のウサギでも、せっかく飼っているなら仲良くさせたいですよね。

普段は別のゲージで個々に飼っていても遊ぶ時くらい一緒にさせようでみようかなという気になるでしょう。
しかし、それは安易な考えにすぎないことがあります。

なぜなら、オス同士のウサギは一度ケンカをすると仲良くなる方法はほぼ皆無と理解しておきましょう。

ケンカ前は仲良くしてても、たった一度のケンカを機にもう一緒にして飼うことは無理といっても過言ではないのです。

どうせなら仲良くさせたいと仲良くなる方法を四苦八苦しながらトライしようと考えているかもしれませんが、特に弱い方のウサギにとっては苦痛であることも考えてみてください。

仲良くさせたいのは果たしてオス同士のウサギのためなのか、それとも飼い主のあなたのためなのか。

もしかしたら飼い主のエゴにすぎないこともありますので今一度検討してみましょう。

ウサギのオス同士が仲良い時期は一瞬日頃からよくチェックしてあげましょう

ウサギのオス同士が同じゲージで飼っても仲良くしている時期は一瞬です。

ウサギの年齢が1~2ヶ月の間の子供の時期だけです。
成長するにつれ、どんどん縄張り意識も強くなることでケンカをし始めます。

一度ケンカをしてしまうと、それ以上仲良くなることはあまりなく、ケンカも毛をむしる、噛み付くなど命にかかわるほど大ゲンカになることも多いので、ある程度の時期になるとウサギ同士の行動をチェックしておくと良いでしょう。

どちらかが威嚇している様子が少しでも見られたらゲージを別々にして個々で飼ってあげることをオススメします。

ウサギのオス同士が仲良くなる方法はいくつかありますが、それでもウサギのオス同士の多頭飼いは難しいと言われています。

中には大人のオス同士でのウサギを仲良く多頭飼いしている方もいると思いますが、それは稀なケースです。

飼い主の理想が仲良くさせることであっても、飼い主のエゴにすぎないこともあります。
ウサギの気持ちやその個体の性格などを考慮した上で仲良くさせるかどうかを判断してくださいね。