グッピーは繁殖で増えすぎることも!その対処法を教えます!

見ているだけで癒されるグッピーですが、実際に飼育してみると繁殖で増えすぎて困る、なんてケースもあるようです。

もしグッピーが増えすぎてしまった場合は、ペットショップで引き取ってもらえるのでしょうか?それとも川に逃がしてあげるべきなのでしょうか?

なぜグッピーは繁殖で増えすぎてしまうのか?その理由と対処法について詳しく教えます!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

卵と白菜、もやしがあればこの1品!忙しい主婦におすすめレシピ

もやしは価格も安定していて、主婦の味方ですよね。買い物に行った時には、必ず買い物カゴに入れる...

お香典の相場、友人の兄弟では?お香典のマナーと注意点

お香典には相場というものがあります。ほとんどの場合はその相場を参考にしてお香典を包むのですが、友人の...

メダカの底砂の掃除方法!掃除に便利なアイテムと水槽の掃除手順

メダカの水槽の掃除は欠かせないお世話のひとつです。掃除を怠ると水質の低下に繋がってしまいます。そ...

教育実習後のプレゼントにメダルを作るコツや渡すときの注意点

教育実習最終日に子供たちに何かプレゼントをしたいなら、折り紙で作ったメダルがオススメです。で...

楽譜が読めない人でもピアノは弾ける、読めるともっと楽しくなる

楽譜がほとんど読めないのにピアノが弾けるって本当!?って思いますよね。実際ピアノを習っている子供...

猫の種類によって性格は違う。様々な猫種とその特徴と飼い方

猫が飼いたいと思った時にペットショップに行ってよくみてみたら、色々な種類がいます。大人しい猫や、...

納豆の薬味は何がいい?納豆にとにかく合うというおすすめの薬味

納豆を毎日欠かさず食べるという方少なくないです。そんな方の中には薬味を変えて納豆を美味しく食べている...

スカートのウエストを広げたい!自分でできる簡単対処法

久しぶりに履くスカートや、スーツのウエストがきついとお困りの方はいませんか?特に入学式用のス...

No Image

ズッキーニの栽培方法!受粉の方法と栽培する時の注意点を解説

家庭菜園でズッキーニを栽培している時、虫がいない時はどうやって受粉をさせたらいいか困りますよね。ズッ...

水槽の外部フィルターの正しい掃除方法と頻度を理解しましょう

初めて熱帯魚を飼った人は、水槽のフィルターの掃除はいつすればいいのかと悩むのではないでしょうか。...

本の湿気による歪みを改善するコツと長持ちさせるための注意点

本の湿気による歪みは元に戻すことができるのでしょうか?本は紙でできているので、気がつくと湿気によって...

2DKに4人家族で暮らす収納ルール!スペースの上手な活用術

4人家族で2DKに住む方も多くいますが、やはり手狭に感じてしまいますよね。子供が大きくなってくるとい...

夏コミの服装!初めて参加する女性が知っておきたい夏コミの服装

初めて夏コミに行く女性の中には、一体どんな服装で行けば良いのかわからない人もいるのではないでしょうか...

PTAで仕事を休む。「仕事をしているからできません」はNG!

子供の学校のことでパパやママの頭を悩ませることの一つが「PTA」ですよね。PTAの活動は平日のことも...

バレエの先生はみんな厳しい?厳しくするのはあなたの為

バレエの先生は厳しいものなのでしょうか?今日も柔軟で子供が泣いてしまいました…。子供にとっても親...

スポンサーリンク

なぜグッピーは繁殖で増えすぎてしまうことがあるの?

グッピーが繁殖しやすい理由

グッピーは卵胎生の熱帯魚で、卵を産まず、メスのお腹の中で稚魚が生まれます。この出産方法は、産んだ卵が食べられないなどのメリットがあります。

水槽内の環境が整っていて、餌もしっかり与えられる水槽では、簡単に繁殖してしまいます。もう1つはグッピーの稚魚が大きことです。他の熱帯魚の稚魚に比べると大きさが大きく、粒の小さい餌なら食べられることです。

グッピーの繁殖期は?

グッピーに繁殖期はほとんどありません。冬であってもヒーターが作動しているので水温を保つと繁殖できます。いつでも繁殖期なのです。

グッピーの繁殖の兆候

グッピーにも繁殖時の兆候がいくつかあります。メスはお腹が大きくなります。お腹が大きくなると同時に黒ずんでくるので、そこもチェックしましょう。

グッピーの繁殖で増えすぎてしまった場合の対処法とは?

最も人気な方法としては、生まれてきた稚魚たちがやがて成魚になって再び繁殖してしまうのを防ぐために、生まれた稚魚を親戚や友達にあげてしまう方法があります。グッピーは誰にでも簡単に飼育できます。

  • グッピーは川や湖などへ放流はしてはいけません!
    どうしても貰い手が見つからない時は、ペットショップやアクアリウム専門店で引き取ってもらう方法もあります。多くのお店では無償で引き取ってもらえるので、自分では対処出来なくなった場合は相談してみましょう。行っては行けない方法は、川や池、湖に放流してしまうことです。自然の生態系に悪影響を及ぼすだけでなく、命を捨ててしまうという点などからやっては行けない行為。

自宅で数を調整したいという場合は、グッピーのオスとメスを隔離して飼育したり、生まれた稚魚が隠れられる水草やアクセサリー類などを撤去してしまう方法もあります。他の個体に食べられてしまいやすくなり可愛そうに感じますが、より強い個体だけが生き残るので自然界にも存在する生き物のあるべき姿です。

グッピーが繁殖して増えすぎないためには、水槽を2つ用意しよう!

グッピーは卵胎生魚という分類の魚で、卵を産むのではなくお腹の中で孵化した稚魚を産みます。この方法は生まれた卵が食べられない、カビが生えないなどの稚魚に生存率を上げます。グッピーは繁殖力が強く月に1度は出産します。有無稚魚の数は生熟した個体は100匹を上回ります。

天敵のいない水槽で繁殖することでグッピーは次から次へと増えます。気がつくと驚く数になっていることも。はじめのうちは生存率を上げるために産卵箱を使っていましたが、次第に放っておいても自然に増え始めます。

数が増えて困る場合は、オスとメスのグッピーの水槽を分けましょう。そうすると出産もしなくなるので増えすぎの心配がなくなります。水槽を2つも設置出来ないという人は水槽を2分割出来る仕切りを使い、オスとメスを隔離します。そうすると繁殖を防ぐことができますよ。増えすぎてしまう前に隔離しましょう。

グッピーは増えすぎるから初心者には向かない?

グッピーを飼育したことのある人ならわかると思いますが、グッピーは増えすぎます。最初は増えるのが楽しみで仕方がない。生まれてきた稚魚も最初は綺麗で色々ないろのグッピーが生まれます。

しかし慣れて来た頃にあれ?又増えている?という感じでどんどん増えます。いつの間には水槽はグッピーでいっぱいになってしまうこともあります。

グッピーはどんどん増えるのに、水槽の大きさは変わらないので水が汚くなるのが早い!餌も今までと同じ量では足りなくなります。

水換えに追われる日が来ます。水槽の中の苔やろ過装置の掃除などのメンテナンスです。長く飼育すると出来るだけ手間をかけたくないので、勝手に増えるとイヤになります。はじめのうちは綺麗だったグッピーも交配が進むうちに色がどんどん汚くなります。

グッピーの繁殖は計画的にしないとあっという間に増えすぎますので注意しましょう。繁殖させないためにはオスとメスの水槽を分けるよ増えることを防ぐことが出来ます。早めに対処しないと大変なことになります。手遅れになる前にグッピーを分けて飼育してみませんか。

増えすぎて困ったからといって川や田んぼなどに放流することだけは絶対にやめましょう。

グッピーの歴史について理解してみませんか?

グッピーは南米北部に生息していた魚で1850年頃に発見されました。「グッピー」とは、この時の発見者のイギリスの植物学者、レクメア・グッピー氏の名前をからつけられました。

日本では1930年頃からグッピーが売られ始め、一般的になったのは戦後になります。東京オリンピックは開かれた高度経済成長期の1960年代~1970年代、バブル景気の1990年代に大きなグッピーブームがありました。その時に飼い始めた人が多くいます。

景気の波が引いてからはブームは収まりましたが、グッピーの人気が定着し今も多くの愛好家がいます。

輸入された外国産のグッピーや、日本国内で繁殖、飼育された国産のグッピーもいます。美しさを追う愛好家の手によって作り出されたもので、品評会なども開かれています。