車のシートにジュースをこぼした時の対処法!まずは応急処置を

車のシートにうっかりジュースをこぼしてしまうことってありますよね。そんな時、汚れてしまったシートをキレイにする方法はないのでしょうか。

車のシートの汚れを自分でキレイにする方法はある?こぼしてしまったらまず何をすればいいの?

そこで今回は、車のシートにジュースをこぼして汚してしまった時の対処法についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ペンケースの中身を必要最低限の物にすると成績アップに繋がる

あなたが愛用しているペンケースの中身を今すぐ見てみましょう。ゴチャついていませんか?頭がいい学生...

コミケでコスプレをしたいけど、初心者なので色々知りたい

コミケの醍醐味と言えば、お目当ての同人誌などのアイテムを手に入れることですよね。しかし、それ以外...

部屋の湿度は何%が理想?乾燥対策や湿気対策をご紹介

部屋を理想的な湿度に保つにはどんな工夫をしたらいいのでしょうか?そもそも、湿度は何パーセント...

オービスは昼間だと気づかないこともある?その光り方に注意

車を運転している人にとって厄介な「オービス」。事前に表示されているとはいえ、ついスピードを出してしま...

石鹸の香りをルームフレグランスとして楽しむ方法と香り復活テク

お部屋用の芳香剤はいろいろな種類がありますが、少し匂いが強いと感じる方もいると思います。人工的な芳香...

生クリームを使った後冷蔵庫に入れ忘れたら捨てるしかないのか

生クリームを使ったあと、うっかりして冷蔵庫に入れ忘れた経験ありませんか?すっかり常温に戻って...

手洗いの時の柔軟剤を入れるタイミングとすすぐ必要性について

大事な衣服を手洗いで洗濯する場合、気になるのは「柔軟剤」を入れるタイミングなどですよね。洗濯...

猫のシャンプータオルの使い方やメリット・デメリットについて

猫用のシャンプータオルをご存知ですか?シャンプータオルと言うとシャンプーをしたときに使用する、吸水性...

鉄の包丁がサビてしまう理由とサビを取る方法を紹介します

鉄の包丁がすぐにサビてしまうのにはこのような理由からです。とくに買ったばかりの鉄の包丁はサビやすいの...

ハンドメイドのパーツの仕入れは安いところがベストとは限らない

ハンドメイドのパーツの仕入れはどこでしたらいいのか迷ってしまいますよね。一番、気になることと言えば安...

うさぎが抱っこを嫌がる原因とは?神経質なうさぎの習性を知る

うさぎが抱っこを嫌がる最大の理由は『捕まる』と感じるからです。飼い主さんとうさちゃんの信頼関...

ブレーキを踏むとなるキーキー音の原因と対策について

ブレーキを踏むとキーキー音が気になる時ありますよね。ブレーキから音がしていると思うと安全性は大丈夫?...

ハムスターの暑さ対策!氷や保冷剤を使った温度の下げ方

ハムスターは他のペットほど手が掛からず、一人暮らしでも飼いやすいペットです。しかし、ハムスタ...

家で写真をプリントするのは、気軽だけど意外に高い

デジカメのようなデータ方式ではなく、フィルムを使った写真撮影が当たり前だった時は、お店に行って現像し...

まな板を削り直ししたい時の方法は?日頃のメンテナンスも重要

木のまな板をずっと使い続けていると、カビが生えたり黒ずんでしまうことがあります。素材が木なので、削り...

スポンサーリンク

車のシートにジュースをこぼしてしまったらすぐに応急処置を

車で出かけるとシートにジュースなどの飲み物をこぼしてしまうことはありますよね。大人だけでなく、小さな子供がいる家庭ではよくあることだと思います。

もしも車のシートにジュースをこぼしてしまった場合に大切なことは応急処置です。

汚れがついてしまった直後すぐに対処すると、シートへの汚れの浸透を最小限に防ぐことができます。シートにジュースなどをこぼしてしまった場合、タオルやテイッシュを使い素早くニュースを拭き取ることが大切です。

拭き取った後、水で濡らし固く絞ったタオルを使い汚れを拭き取りましょう。力を入れてゴシゴシこすると余計に汚れが広がってしまう可能性もあるのでトントンと優しく叩くようにしましょう。レーザー使用の場合も同じような方法で対処するといいですが、水分が染み込みにくいので、応急処置だけで済む場合が多いです。

車のシートにジュースをこぼした!汚した時の対処法

車のシートにジュースをこぼした場合慌てずに対処しましょう。一番大切なのは汚れを出来るだけ取り除くことです。雑巾やタオルを使いこぼしてしまったジュースを出来るだけ吸い取ります。この時、乾いたタオルよりも濡らし固く絞ったタオルのほうがいいです。こぼしてしまった部分を叩くようにしっかりと吸い取りましょう。

次に水で薄めた洗剤を雑巾やタオルにつけて汚れを拭き取ります。外側から内側に拭くようにすると汚れている部分が広がりません。もしシミが出来てしまったとしても最小限で済みます。水で濡らし絞ったタオルで洗剤液を拭き取ります。取り終わったら乾いたタオルで水分を吸い取ります。最初から洗剤を使うとシミの部分が広がってしまう可能性もあるので手順は必ず守りましょう。

車のシートに時間がたったジュースなどのシミが!落とす方法は?

車に乗る機会の多い人は車のシートにいつ汚れがついたのか、わからないシミありますよね。飲み物をこぼしてしまった場合はすぐに気が付きますが、お菓子などはなかなか気が付きにくいです。いつの間にかシミになっていることもあります。子供がいる家庭では多くありませんか?車の洗車に行くとシートの汚れに気がつくこと・・・。時間が経過するとなかなか落ちにくくなるのです。

このような場合市販の漂白剤を使用してみましょう。どの家庭にあるもので出来ます。「酸素系漂白剤」です。みなさんの家庭にもありますよね?色柄落ちしないタイプです。

使い方は衣類の洗濯をする時に使う方法と同じです。シミに適量につけてしばらく時間を置き、蒸しタオルなどを使い拭き取ります。ほとんどのシミはこの方法で落とすことが出来ます。私は霧吹きを使いシミにかけます。しばらく放置してから蒸しタオルを使いシートを拭いています。

小さな子供がいる家庭では飲み物やお菓子をこぼしてしまうことが多いと思うので是非この方法を試してみてくだい。

本革の車のシートにジュースをこぼした時は・・・

車の本革シートの汚れをキレイにする方法はあるのでしょうか。

車のシートが本革の場合、ジュースをこぼしてすぐに汚れを拭き取ることが大切です。

本革素材のものは汚れを吸収することがありません。ですので乾いたタオルやテイッシュでこぼしてしまった飲み物をすぐに拭き取るようにしましょう。

自分でシミ抜きをする場合の方法を紹介します。スポンジに中性洗剤をつけます。スポンジを使いシートを優しく拭く。乾いたタオルで拭き取る。出来るだけ水はあまり使わずたっぷりの泡で行うようにしましょう。万が一シミが出来てしまった場合、自分でしみ抜きをしようとはせず、プロにお願いしましょう。革はとてもデリケートな素材なので気をつけましょう。

車についた嫌な臭いの原因は?

車のドアを開けた瞬間モワっと嫌な臭いすることありますよね。車の中で飲んだり食べたりすることの多い人なら誰でもこのような嫌な臭いを経験したことがあると思います。その原因は何か知っていますか?

一番多いのが、食べ物の臭いです。自宅でたこ焼きパーティや焼き肉をする機会が多い家庭だと、食べ終わったリビングが焼き肉やたこ焼き臭いということが多いと思います。密閉された車の中も同じです。車の中で食べ物を食べることでその臭いがこもります。そして食べこぼしに気が付かないと悪臭の原因になります。車の中で食べ物を食べる時はこぼしにくい物にしたり、袋などの上で食べるなど心がけることで食べこぼしを防ぐことが出来ます。子供が小さい場合はママが食べさせてあげるなどの工夫をすることで、こぼすことが少なくなります。

他にもタバコの煙があります。タバコ臭の原因はタバコに含まれているアンモニアやタールなどの成分がありニコチンや窒素化合物なども悪臭の原因の1つになるのです。出来るだけ車内ではタバコを吸うのは控えていただきたいですが、喫煙者には難しい問題です。

そのような臭いが天井やフロアマット、シートなどに染み込んでしまうと嫌な臭いの原因になるのです。