ジムに必要な持ち物【女性版】最初は最低限必要な物でOK

ジム初心者の女性にとってわからないのが、ジムに必要な持ち物です。
最低限どんな持ち物が必要なのか、どんな持ち物があれば便利なのか、何から揃えていいのかがわからないのです。あなたもそうではないでしょうか。

女性がジムに通う時にはどんな持ち物が必要なのでしょうか。

あると便利なグッズから、上級者向けのグッズまで詳しくご紹介します。
形から入ろうとする人もいますが、気合が入り過ぎて持ち物に凝ってしまうと、逆に浮いてしまう可能性もあります。ご注意を!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

蜂を退治するコツや家の中に二度と侵入させないトラップとは

蜂を退治するときはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?家の中に侵入してしまったときは?...

トマトの栽培で必要な仮支柱と本支柱の立て方や支柱選び

家庭菜園のなかでも育てやすく、収穫が楽しみなのがトマトですね。トマトを栽培する時に必要なのが支え...

デニム生地は水通しが必要?水通しの必要性とやり方

洋服やバッグを作るときなどは、水通しをしたほうが良いと聞いたことはありませんか?デニムも水通しをした...

バラの花びらを利用!ドライフラワー・ポプリ・ローズバスの方法

バラの花束をもらって心から感動したという女性は、そのバラをいつまでも楽しみたい、枯らしてしまうだけで...

コミケでコスプレをしたいけど、初心者なので色々知りたい

コミケの醍醐味と言えば、お目当ての同人誌などのアイテムを手に入れることですよね。しかし、それ以外...

テフロン加工のフライパンの焦げを簡単に落とす方法

テフロン加工のフライパンは焦げつきが少なく、お手入れも簡単に済みます。しかし繰り返し使用をし...

ミルクの温度は赤ちゃんにとって何度が適温?ミルクの作り方

赤ちゃんにミルクをあげるときにはどのくらいの温度であればいいのでしょうか?人肌や体温とは言われますが...

1日置いたカレーの表面の白い膜はカビと判明!食べると危険

夜に作ったカレーが残ってしまい、また翌日に食べようと一晩置くことってありますよね。「1日置いたカレー...

勉強のスケジュールを手帳で管理!学習手帳の作り方

思うように勉強がはかどらない、なかなか計画通りに勉強することができないというお悩みを抱えている人もい...

入籍後に結婚式を挙げたカップルの友人代表スピーチのコツ

入籍後に結婚式を挙げるカップルは多いですが、入籍後しばらく経ってから結婚式を挙げるカップルもたくさん...

洗剤と漂白剤は混ぜると危険な理由と正しい取り扱いのコツ

洗剤や漂白剤には混ぜるな危険という記載表示がされているものがあります。それは、どのように危険なのか、...

ハムスターは種類が豊富!中でも特に人気が高いキンクマの魅力

ハムスターはペットとして人気の小動物です。そのハムスターの種類の中でもキンクマハムスターは初心者にも...

麦茶を煮出したやかんを冷やす方法と正しい保存方法

夏の暑い時期に飲みたくなる麦茶。買うよりも手作りした方が節約になるため、やかんで麦茶を煮出して作...

干支の置物を処分することはできる?自分で・神社で処分する方法

毎年その年の干支の置物を飾っているご家庭もありますよね。一年の縁起物として飾っていても、次の...

簿記三級取得は決して無意味じゃない!就職や転職での活かし方

簿記三級は二級に比べるとそれほど難しくないため、比較的取りやすい資格といえます。よく「履歴書に簿...

スポンサーリンク

女性がジムに通う時に必ず必要な持ち物

初めてジムに通う人なら、最初にどんなものを用意すればいいかわからない場合も多いと思います。ジムに入会したときに各自用意するものを説明してはもらえますが、初めてならどんな物を選んだらいいのかも迷いますよね。

ジムで必ず使う必要なもの

ウェアとシューズ

これがなければジムで体を動かすことができません。ウェアは動きやすく速乾性に優れているスポーツウェアを用意しましょう。上はTシャツやタンクトップ、下は丈の長さはお好みですがハーフパンツだと膝の動きが楽になります。
シューズはクッション性のあるスポーツ用のシューズを用意してください。ランニングシューズやフィットネスシューズなどがオススメです。靴下はスポーツ用もありますが、普段はいているものでも大丈夫です。

着替え

ウェアも下着も汗でびしょびしょになります。濡れた衣服をそのまま着ていると体を冷やしてしまいますし、汗の臭いも気になることと思います。下着や靴下の替えを用意してください。家からウェアを着てくる人なら着替えの服も用意しましょう。

タオル類

タオルを用意して、汗をかいたらこまめに拭くようにします。肩にかけておくことができるフェイスタオルやスポーツタオルが便利です。

ジムで体を動かした後にシャワーを浴びる人はバスタオルも用意してください。ジムのシャワー室やお風呂にシャンプーやボディソープ類が用意されているかどうかを確認して、無い場合は自分で用意します。必要な人は洗顔フォームや化粧品も用意してください。

水飲み場があるところも多いですが、ジムによっては各自で用意が必要なところもあります。ジムでは汗を多量にかくので、こまめに水分を補給することが大切です。

生理用品

急に必要になる場合もあると思います。いつ必要になってもいいように用意しておくと安心です。

女性がジムに通う時にこだわりたい持ち物、ウエアやシューズ選びのポイント

オシャレ好きな人ならジムで着るスポーツウェアにもこだわりたいと思いますが、最初のうちはシンプルなものを用意してください。上はTシャツ、下はジャージで十分です。
何度かジムに通っているうちに自分にとって、動きやすいウェアがわかってくると思います。その後で自分のテイストでウェアを選んでみると良いでしょう。

汗をたくさんかきたいからとサウナスーツのような長袖長ズボンのウェアを選んでしまうと、ジムの中では弱に浮いてしまうかもしれません。ボクサーが走り込むときによく見られる服装ですが、ジムでは軽い服装の人が多いです。

パーカータイプのフードがついたものや、余計な装飾があるものも避けてください。マシンでもスタジオでもフードや紐などが邪魔になったり、巻き込まれる恐れがあります。

シューズは軽くてクッション性のあるものがオススメです。マシーンだけの利用ならシューズはそれほど気にしなくても良いですが、ランニングやエアロビクスのようなスタジオメニューを利用する場合は、ランニングシューズやフィットネスシューズを選ぶと良いです。
シューズはサイズが合ったものを選んでください。小さいものはもちろん足痛めてしまいますが、大きすぎてもシューズの中で足が動いてしまいます。

女性がジムに通う時にあると便利な持ち物

ウェアやシューズ、タオルなど必ず必要な物の他に、あった方が便利という物もご紹介します。

小さめのバッグ

ジムの中に持ち込むものを入れるためのバッグです、お弁当用の手提げバッグなどを利用すると良いです。水や汗を拭くためのタオル、ティッシュ、小銭などを入れておけるので、ひとつあると便利です。

汗拭きシート

汗拭き用のタオルがありますが、ウェットタイプの汗拭きシートがあるとさっぱりします。気持ち良く汗を拭き取ることができ、汗に臭いが気になるときにも便利です。

制汗剤

臭いが気になる人はエチケットのために用意しておきましょう。香りつきのものよりも無香タイプの方が制汗剤独特に匂いが残らずにオススメです。

筆記具とメモ

運動は長く続けることが大切です。その日に行った運動メニューを記録しておきます。ランニングをした時間やマシンメニューで行った回数、体重などを記録しておくと、どれくらい成長したかがわかったり次の目標も立てやすくなります。

女性は持ち物が多くなりがち!持ち物が多いとジム通いが面倒になるので注意

ジムに持っていく物は、あったら便利だと思うとどんどん多くなってしまいます。ジムでは着替えたりお風呂を入ったりもするので、場合によってはちょっとした旅行なみの持ち物になる恐れもあります。
毎回、多くの持ち物を用意して、それをジムに持ち運ぶようではジム通いが苦痛になってしまいます。
ジムへの持ち物は最低限にしておきましょう。人によってあったら便利な持ち物は様々ですが、できるだけ少なめにすると用意も片付けも簡単になります。

ジムを長く続けるためには持ち物を減らすことです。本当に必要な物だけを用意して、荷物をできる限り小さくまとめましょう。ジムまで車で通うなら別ですが、会社帰りに寄りたい人なら尚更です。ジムの持ち物は、ジムのロッカーに入るサイズで通勤にも邪魔にならないような小さめのバッグを用意して、その中にコンパクトにまとめておくようにすると気軽にジムに通う気持ちにも繋がります。

ジムに慣れた頃に役立つ持ち物たち

ジムに通っていくうちに、自分にとって必要なものや、あった方が楽しくなったり便利なものがわかってくると思います。
ジムに長く通っている人たちを見て参考にするのも良いでしょう。

ジムでランニングマシーンを使う人なら、音楽プレーヤーがあると便利です。実際、ランニングをしている人の多くがイヤホンをしているのを目にすると思います。音楽を聞きながらの方がランニングも楽しくできるでしょう。
軽量で衝撃にも強い小型の音楽プレーヤーがオススメですが、スマホから音楽を聞きたい人はワイヤレスイヤホンを用意しておくと良いです。音漏れには気をつけてください。

ジムでの水分補給は水で十分ですが、スポーツドリンクも良いです。スポーツドリンクには糖分や塩分が配合されていて、体液に近い浸透圧で水分補給をスムーズにすることができます。
筋肉の回復にはプロテインが効果的です。運動後45分以内に摂取すると良いと言われていますので、上手に取り入れてみてください。

ジムは長く続けることが大切です。そのためにはジムに通うことが負担にならないように持ち物を少なくして準備を簡単にし、より楽しくなるようなアイテムを見つけてください。