車は回転数を下げれば燃費が良くなる?燃費を上げる運転方法

車の燃費は回転数で違ってくる?車の燃費をよくするには、どのような運転をこころがけたらいいのでしょうか?

回転数にこだわるあまりに高燃費になってしまうこともあるようです。その原因や理由とは?

短距離しか走らないと、燃費は悪くなってしまいがち。たまには、のんびりドライブにでも出かけてみてはどうでしょう。もちろん、安全運転で。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コットンシャツのしわ予防に効果的な洗濯方法と干し方

綿100%のシャツは着心地も良く、どんな方のクローゼットにも入っているアイテムだと思います。...

ピカソの作品の中でも特に有名な絵画の特徴について解説します

世界的に有名なピカソですが、名前は知っていてもどんな作品を描いたのか、また有名な作品にはどんなものが...

1日置いたカレーの表面の白い膜はカビと判明!食べると危険

夜に作ったカレーが残ってしまい、また翌日に食べようと一晩置くことってありますよね。「1日置いたカレー...

靴の収納方法!靴用クローゼットの上手なスペースの使い方

家族が増えると靴も増えてきて、靴用のクローゼットが手狭になってしまいます。不要な靴を処分しても、収納...

FFで雪道走行!スタッドレスタイヤの装着をして安全運転を

元々雪がたくさん降る雪国に住んでいる人であれば、雪が降るシーズンになるとタイヤ交換をして降雪や凍結路...

テレビの位置や高さはシチュエーション別でも最適を選ぶコツ

テレビの位置や高さって新しく購入したときなど、どうすればいいのか悩みますよね。では、テレビを...

No Image

腕が太いけどノースリーブを着たい大人女子のためのカバー術

かわいいノースリーブを見つけたけど、太い二の腕が気になって購入をためらってしまうという経験はありませ...

腹筋のやり方に悩む産後の女性でもできる腹筋運動をご紹介します

産後半年たっても、お腹周りがすっきりしないという女性も多いでしょう。そこで腹筋運動を始めよう...

子供のピアノの練習が始まると怒る親。今すぐ解決しよう

子供の習い事の中でも人気のピアノですが、練習が始まるとつい怒ってしまっていませんか?怒りたく...

ボウリングでスペアを取るコツとは?スコアアップを目指そう

会社の行事や友達同士でボウリングをする機会があると、少しでも良いスコアを出したいと思いますよね。...

絵が描けない!スランプの原因とスランプからの脱出方法を解説

イラストを描く専門の学校に通っている人の中には、自分の納得のいく絵を描くことができず、スランプに陥っ...

子猫の育て方!生後4ヶ月の子猫の注意点!

子猫の育て方を知っていますか?生後4ヶ月の子猫はどのようなことに注意しながら育てていけばいいのでしょ...

指輪8号サイズはほとんど店頭にない?指輪の平均サイズとは

指輪を選ぶ際に重要なのが「サイズ」です。指輪のサイズは人それぞれですが、店頭にはほとんど8号サイズが...

通知表の付け方とは?中学校で1がついた場合はどうなるのか

高校受験に影響が出る中学校の通知表。そもそもその付け方はどんな基準となっているのでしょうか?...

小1で算数を苦手にしない!楽しく学ぶ方法とつまずきのポイント

小1から算数がすでに苦手・・・。子供だけではなく、一緒に悩んでいる親御さんも意外と少なくはありません...

スポンサーリンク

車の燃費は回転数で決まる?燃費を下げない運転とは?

毎日通勤や仕事で車を使う機会が多い人は少しでも燃費を良くしたいと考えますよね。車の燃費をよくするためには、アクセルの踏み方がポイントになります。

燃費を良くしたいと考えているなら、アクセルを無駄に踏まない、十分加速したらアクセルを少しだけ戻す、エンジンが1番力の出る回転数で走るようにすることです。

アクセルを踏み込まなくても車は動きます。無駄に踏み込むとガソリンをたくさん使っていることになります。ガソリンをたくさん使いエンジンは回転数を上げて出力を上げています。アクセルを踏めば踏むほどエンジンの回転数が上がるので燃費が悪くなるのです。ゆっくり加速することで燃費がよくなるので、車の運転をする時は、急発進や急ブレーキ、急加速には十分気をつけるようにしましょう。

車の燃費をよくする回転数とは?

アクセルを踏むと車が加速する代わりにガソリンが消費します。車の燃費を良くするためにはアクセルを踏む込まなければいいと思いがちです。実際市街地では一時停止の多い場所がたくさんあります。そのような場所ではあまり踏み込まずダラダダ走るよりも、短時間で素早く加速して、その後一定速度で走ると燃費がよくなります。

素早く加速すると、ブレーキをかけ始める時の速度が低いことにも気が付きます。このことはブレーキにより失われる力が少ないからです。ゆっくり加速すると、加速し終わるとすぐにブレーキをかけることになります。素早く加速すると、ブレーキをかけるまでに一定の速度で走る余裕も出来るのです。

しかし素早く加速といっても、急加速はいけません。効率よく加速するためにはアクセル1/3程度を踏み込み、エンジンを軽く駆け上がる回転数で加速するようにしましょう。必要以上に加速するとブレーキを踏見込むことになるので、燃費が悪くなってしまうのです。

車の燃費は回転数の影響だけではない!負荷によっても大きな違い

エンジンの回転数が高いから必ずガソリンをたくさん使っているとは限りません。それなりにスピードが出ているとアクセルを踏む力が少なくなるのでガソリンを使う量は減ります。またエンジン回転数が低い、エンジンが温まっていない、上り坂などの負荷がある時は多くガソリンを使います。

エンジンにかかる負荷は、道路や車に乗っている人数によっても異なってきます。下り坂の場合はアクセルを踏まなくても進むことができます。エンジンブレーキを上手に使う事ができます。しかし上り坂の場合はアクセルを踏み込まないと登っていきません。そして車に乗っている人が多ければ多いほど重くなるので、エンジンの負荷が大きくなり燃費が悪くなるのです。

いつも車使わないものを乗せている家庭多くありませんか?アウトドアが好きな人は週末にまた行くので積みっぱなしにしている人も多いですよね。毎回車から降ろすのは面倒ですが荷物の積みっぱなしはやめるようにしましょう。使わない物を下ろすだけでも車の燃費もよくなります。

車の燃費をアップさせるのに効果的なものとは?

車の燃費を良くするために効果がある方法をしっていますか?車の燃費をよくするため効果があるものの1つにタイヤがあります。タイヤは熱を帯びると路面に密着してグリップ力を高めます。いつも発熱して路面に密着していると、車に負担をかけることになるので燃費が悪くなるのです。

しかし通常で走行している時は低発熱し、停止する時やカーブを曲がる時には、十分に発熱して車を支えてくれているのです。他にも燃費の向上や耐ノイズ性、変摩擦防止されているものもあるので節約したい人にはオススメです。しかしタイヤを交換したからと言って走り方が悪いと燃費が悪くなります。

又タイヤサイズを上げるのは知識が必要になりますが、空気圧の調整は誰にでも出来ます。ガソリンスタンドに行くと自分で調整することができますし、もし自分で出来ない人はスタンドの店員さんにお願いすると調整してくれます。空気圧は高ければ高いほど燃費がよくなります。あまり高すぎると破裂してしまう危険性もあるので、純正の空気圧より0,2ほど足すようにしましょう。

車の燃費を上げたいなら安全運転が一番簡単

燃費をよくしたい場合は安全運転を心がけるようにしましょう。

一般道を走ルト機に、車間距離が狭いと、前の車に合わせて加速や減速をすることになりますよね。前の車が何かの拍子に急ブレーキを踏むと追突のリスクもあるので、車1台分の車間距離を取るようにしましょう。十分な車間距離があると一定のスピードで走ることが出来るしアクセルを踏み込む必要がなくなるので燃費もよくなります。

適切な車間距離は出ているスピードのマイナス15と言われています。速度が60Kmの場合は60-15=45なので45メートルの車間距離が必要になります。速度が出ていると車間距離も多く必要になるので覚えておくと便利です。

そして何よりも大切なのは車内の荷物を少なくすることです。車の中に不要な荷物を沢山積んでいるとそれだか多くガソリンを使うことになります。使わない物は車に置いておかないようにしましょう。