豚肉を柔らかくする方法で玉ねぎを使うコツや下処理のポイント

豚肉を柔らかくする方法ですりおろした玉ねぎに漬け込むという方法をご存知でしょうか。

玉ねぎで豚肉を柔らかくすることでお肉を美味しく食べることができますが、それにはコツもあるんです。

また、豚肉を柔らかくする方法には玉ねぎ以外にも方法がありますよ。

そこで、豚肉を柔らかくする方法で玉ねぎを使うコツや下処理のポイントなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コンセントカバーで赤ちゃんを危険から守る対策方法をご紹介!

赤ちゃんってどうしてこんなものに興味を示すのだろう?と思う中のひとつにコンセント類がありますよね。...

卵と白菜、もやしがあればこの1品!忙しい主婦におすすめレシピ

もやしは価格も安定していて、主婦の味方ですよね。買い物に行った時には、必ず買い物カゴに入れる...

筋トレとストレッチの違いとは?筋トレ前後に効果的な方法を紹介

筋トレとストレッチにはどんな違いがあるのでしょうか?ストレッチをするのは筋トレをする前?それとも筋ト...

柔軟剤の匂いを消す方法とは?アイデアをご紹介します

柔軟剤の種類も増え、自分好みの匂いがするものを探すことも楽しいですよね。でも、柔軟剤を入れす...

イケメンの彼氏だと不安?不安の理由や対処法

誰もが振り向くようなイケメンの彼氏を持つと、彼女は色々と不安になるようです。ここでは、イケメ...

石にペイントするならどんな絵の具?石の塗り方

石にペイントをするときにはどのような絵の具が向いているのでしょうか?おすすめはアクリル絵の具ですが、...

下っ腹の筋トレ方法・椅子を使ってできるぽっこりお腹の引締め法

ぽっこりでてしまった下っ腹をなんとかしたいと頭を抱えている人もいますよね。でも、忙しくてなかなか運動...

ダブルベッドでの布団の取り合い問題を解決する方法

ダブルベッドで寝ていると、気がつくと布団がどちらかの方に偏っていたり、布団の取り合いになることってあ...

筆箱のチャックが壊れた時の対処法を症状別で詳しく解説します

学校で使っている子供の筆箱のチャックが壊れた時、お気に入りの筆箱でまだまだ使える状態であれば、なんと...

服をハンガーにかけて干すと伸びる。干すときのポイントとは

服をハンガーにかけて乾かすと伸びるのをどうにかしたい!しかし、逆さまにして洗濯バサミでとめても、服と...

友人の出産祝いは商品券がいい?相場や出産祝いの選び方

友人に渡す出産祝いは商品券のほうが喜ばれる?何を贈ろうか迷ってしまう出産祝は、いっそのこと商品券のほ...

自転車にイヤホンをしたまま乗って事故になるケースは急増!

自転車は通学や通勤や日々の生活に欠かせないという人もいるでしょう。その一方で自転車による事故...

通帳をなくした!悪用される可能性は?通帳を無くした時の対処法

いつもしまってあるはずの場所に通帳がない!通帳をなくした!突然こんな状況になったら焦りますよね。特に...

きゅうりを使った副菜でもう1品!簡単中華風レシピ

食卓にあと一品欲しい時など、きゅうりを使った副菜はいかがですか?おかずにもなりますし、お酒の...

絵の上手い人の脳とは?下手な人との違いや絵が上達する方法

絵の上手い人は下手な人と脳の使い方が違う?上手い人と下手な人にはどのような違いがあるのでしょうか?...

スポンサーリンク

豚肉を柔らかくする方法は玉ねぎが一番柔らかくなる?

豚肉を柔らかくする方法ってたくさんありますが、どの方法が一番柔かくなるのでしょうか?

なにかに付けておく方法や、調理の仕方を工夫するなど、肉を柔かくジューシーに仕上げる方法をご紹介します!

ちなみに、

  1. 牛乳に漬ける
  2. りんごのすりおろしに漬ける
  3. 玉ねぎのすりおろしに漬ける
  4. 炭酸水に漬ける
  5. はちみつに漬ける
  6. キウイフルーツに漬ける
  7. 重曹に漬ける

 

などの方法があります。

お肉が固くなってしまうのは、加熱することによってタンパク質が繊維状に固まり縮むからです。

生肉は、柔らかいけど、焼いたら固くなるのはこのためです。

上に挙げた食材は、酵素の力で肉のタンパク質を固くなりにくくさせる作用があります。
漬けておけば漬けておくだけ柔らかくなるというものではないのでご注意ください。

玉ねぎで豚肉を柔らかくする方法でおすすめステーキ

玉ねぎを使った柔らかくて美味しい豚肉のステーキの作り方をご紹介します。

 

まず、玉ねぎ1玉と、にんにく一かけをすりおろします。

ジプロックに入れて柔らかくしたい肉を入れ、半日ほど冷蔵庫に入れ漬けておきます。

玉ねぎすりおろし液をキッチンペーパーで拭き取り、塩コショウをして焼きます。

この一手間で、固くて分厚くてスジっぽい肉も、ジューシーに柔かく焼くことができます!

この、玉ねぎすりおろし液はでお肉を30分程度漬けておいて一緒に焼くと、タレにもなり玉ねぎのすりおろしを無駄にせずに済みます。

ですが、半日や1日漬けておいた玉ねぎのすりおろし液をソースにするのはやめましょう。
味が変化しすぎていて、ソースには向きません。

もし、冷蔵庫に塩麹があるのなら、この玉ねぎのすりおろし液に塩麹を大さじ1杯追加してみましょう。

下味もつき、肉の風味を損なわない下処理ができます。

豚肉を柔らかくする方法は玉ねぎ以外にもある!

豚肉をヨーグルト漬けすることでも、柔らかくすることができます。
雑誌などで取り上げられて話題ですよね。

組み合わせがなんとなく馴染めなかったので、試してみたいと思いつつも試さずにいましたが、ヨーグルトが半端に余った今!ついに実行の時が来ました!

玉ねぎ液に付けて肉を柔らかくする方法よりもヨーグルトに漬ける方法のほうが時短

玉ねぎ液に付けて肉を柔らかくする方法は、半日から1日ほどの時間を要しますが、このヨーグルトに漬ける方法は、1時間から2時間程度と短い時間でお肉を柔らかくすることが可能です!

まず、使うヨーグルトは無糖タイプのものがおすすめです。

厚手の保存袋にヨーグルトを大さじ3~4杯ほどとお肉を入れます。
袋の上からもんで、お肉にヨーグルトを馴染ませます。
この時に、ヨーグルトに味噌を混ぜると、そのままお肉と一緒にソースとして焼くことができます。

また、カレー粉を混ぜると、鶏肉との相性が良さそうですね。

大きなヨーグルトって、うっかりすると余ってしまいます。

デザートやおやつとしてだけではなく、調味料としても活用しちゃいましょう!

玉ねぎで豚肉を柔らかくするときはやりすぎに注意!

玉ねぎのすりおろしに、豚肉を漬けておくと柔らかくなるとご紹介しましたが、漬けすぎるとお肉らしい食感が残らず、豚肉の味も損なってしまう可能性があります。

漬けるのは、半日から1日までにとどめておきましょう。

また、玉ねぎのすりおろし液をソースに使うのもやめたほうがいいかもしれません。
肉の臭みを吸収した玉ねぎのすりおろしはソースには向きません。

お肉を柔かくしたい気持はわかりますが、お肉にも限界があります。

どんなに頑張っても柔らかくならないお肉もあるでしょう。

そんな時は、諦めて『こんなこともあるさ』と小さくつぶやいてみましょう。

肉を柔かくしたいからと言って、長時間玉ねぎのすりおろし液に肉を漬けておいても柔かくはなりません。

むしろ、得体の知れない食材に変化してしまう恐れがあります。
気をつけてくださいね。

豚肉柔らかくするための下処理のポイント

分厚い肉だけが固くなるわけではありません。
生姜焼きなどで使う薄切り豚肉だって、チリチリに縮んで固くなってしまうこともあります。

お肉の下処理をきちんとすると、固く縮んだ焼き上がりにはなりません。
お肉に熱が加えられ、スジと一緒に縮んでしまうと、焼き加減にもムラが出てしまいます。

また、包丁の背などで肉を軽く叩いて、肉の繊維をほぐすこともお肉を柔かく焼き上げる時のコツになります。

少しの気遣いで、料理の仕上がりは変わります。

下味を付けるために塩を塩を振って、長時間肉を放置するのもやめましょう。
生肉に塩を振って長時間置いておくと、水分が抜けて固いお肉になります。

ブロック肉は、フォークで数箇所肉を刺すと繊維がほどけ柔らかい仕上がりになります。

また、肉を焼く30分前に冷蔵庫から取り出しておき、常温に戻してから調理することも肉を柔かく焼き上げる調理のちょっとしたコツになります。