【赤ちゃんの手づかみ食べ】離乳食中期の赤ちゃんの食事について

離乳食中期になると、自分の手で食事を口に運びたがる赤ちゃんも出てきます。洋服やテーブルが汚れてしまうため、赤ちゃんの手づかみ食べをやめさせたいと思うママもいますよね。

ですが、赤ちゃんの手づかみ食べは成長する段階でとても大切なことになります。多少の汚れは覚悟して、自分で食事をさせてあげましょう。

そこで今回は、赤ちゃんの手づかみ食べについての情報をお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メダカに適した水質と最適なphについて。メダカの飼育環境

これからメダカを飼いたいという場合には、どのような水質の環境が適しているのか、phはどれくらいに保て...

お歳暮といえばカニ!北海道のお歳暮を贈る時期など紹介します!

お歳暮といえばカニ!北海道から送られてくるお歳暮で人気なのはカニではないでしょうか?北海道の...

部活を引退して太るのを防ぐ!受験ストレスや誘惑に負けないコツ

部活を引退したら太るということはよく聞きます。それは部活を引退したのにも関わらず、部活をしているとき...

蜂を退治するコツや家の中に二度と侵入させないトラップとは

蜂を退治するときはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?家の中に侵入してしまったときは?...

化粧を簡単自然に!?やり方次第でナチュラルは作れる!

まるで化粧をしていないようなナチュラルなメイクは、やり方次第で簡単にできちゃいます。では、ま...

サッカー選手のサインは何にもらう?サインのもらい方講座

お目当てのサッカー選手のサインをもらいたい!でもいったい何にもらうといいのだろう…大事にしたいサイン...

食洗機用洗剤がない時の代用品になるものは?使用上の注意点も

食洗機を使いたいのに食洗機用洗剤がない!そんなことありませんか?何か代用品があれば…と思いますが...

絵【デッサン】の影の付け方の基本と鉛筆で立体感を表現するコツ

鉛筆で描くデッサンは、光と影の付け方で絵に奥行きが生まれます。しかし、慣れないうちはなかなか立体感が...

韓国料理が辛い理由からわかる、辛い料理を好む傾向と習慣とは

韓国料理が辛い理由には、古くからの歴史があり、それには日本との関わりが見えてきます。では、ど...

アイシャドウの基本はブラウン?塗り方と上手な色の選び方

アイシャドウと言えば、基本の定番カラーはブラウンではないでしょうか?では、ブラウンアイシャド...

子供が大好き麺類!うどん弁当が冷めてもくっつかない方法を伝授

子供は麺類が大好きですよね。お弁当にも入れて!なんて言われますが、うどんなどの麺類は冷めてしまうと、...

水筒のプラスチック部分の臭いの原因と臭い取りの方法

水筒を毎日使用していると、プラスチック部分の臭いが気になってくることがあります。水筒は直接口に付...

鉄のフライパンのメリット・デメリット!鉄のフライパンの魅力

鉄フライパンを購入しようか悩んでいる人の中には、鉄のフライパンにはどんなメリットがあるのか知りたい人...

ハムスターがかじり木を食べる理由や与え方の注意点について

ハムスターがかじり木を食べるように見えるのは、噛むことで刃を削っているからです。ただ、もしも本当に食...

No Image

洗濯機の柔軟剤を入れるところの仕組みとは?柔軟剤の使い方

洗濯機に柔軟剤を入れるタイミングとは?柔軟剤の仕組みはどのようになっているのでしょうか?なん...

スポンサーリンク

離乳食中期になると手づかみ食べをしたがる赤ちゃんもいる

赤ちゃんが成長していくと、食事をするときに「自分で食べたい!」と思う人も出てきます。

そうすると、ママがスプーンを使って赤ちゃんの口に運ぼうとした時、スプーンを掴んだり器の中に手を入れたりするようになってきます。

赤ちゃんの洋服やテーブルの上が汚れてしまうこと困るかもしれませんが、赤ちゃんの手づかみ食べは成長の段階でとても大切なことです。
重要な役割がある手づかみ食べを、無理にやめさせようとしないでくださいね!

赤ちゃんの手づかみ食べが見られるようになった時の注意点

  • 汚れても問題のない洋服を着せる
  • テーブルに新聞紙を敷いたり、床にシートを敷いて汚れても良いようにする
  • 汚れた手をすぐに拭けるようにおしぼりの用意をする
  • 手づかみで食べても良いものをとりわけておく
  • 手づかみ食べができるメニューを用意する
  • 赤ちゃんが食べたいように食べさせる

赤ちゃんが手づかみ食べをするようになったら、前もって準備をして食べさせると良いです。

手づかみで食べることができる食事を用意して赤ちゃんの気の済むように食べさせてあげましょう。

離乳食中期・手づかみ食べは赤ちゃんの脳の発達にも大切

赤ちゃんが手づかみ食べをすることは、脳の発達に重要な役割を果たしています。

手づかみ食べを始めた頃の赤ちゃんは、食べ物をどんなふうに握ればよいかわからない状態です。

最初は食べ物を全ての指で握りつぶしてしまうこともありますが、徐々に力の加減ができるようになって指先で物をつまめるようになってきます。

こうやって食べることを覚えることで、次第にスプーンやお箸を握って食べるようになり、自分で食事をすることができるようになるのです。

赤ちゃんに手づかみ食べをさせるのは、成長の過程でとても大切なこと。

将来のことを考えても、手づかみ食べをさせてあげることが重要になるのです。

赤ちゃんが食べ物を手づかみしようとしたら「ダメよ!」と言ってしまいがちですが、それは赤ちゃんの意欲を潰してしまうことになります。

可能な範囲で手づかみ食べをさせてあげるようにしましょう。

手づかみが始まる離乳食中期の料理のコツは?

離乳食中期になると、赤ちゃんが食べられる食材も増えてきます。離乳食からも栄養を取ることができるようになりますので、美味しく調理してあげましょう。

離乳食を作るとき、食材を柔らかくしてすりつぶしたり、細かく切る、ほぐしたりするだけではパサパサそて食べづらいこともあります。

そんな時に大活躍してくれるのが「片栗粉」です。

だし汁を作って片栗粉で閉じてあげるだけで、赤ちゃんも食べやすくなります。

片栗粉のとろみで口当たりもなめらかになりますし、食材から出た栄養素をそのまま取り入れることもできます。

離乳食を作る時に是非活用してみましょう。

離乳食づくりは調理に手間がかかってしまうため少々大変ですが、赤ちゃんが喜んで食べてくれればそんな苦労も吹き飛びます。

ただ、赤ちゃんも大人と同じように食欲があるときとそうでないときがありますので、あまり食べない日でも気にせずに見守ってあげましょう。

手づかみ食べにはおやきがおすすめ!【しらすと青のりのおかゆおやき】

おやきを作る時におすすめなのが、おかゆやうどんのような炭水化物になります。また、じゃがいもやさつまいも、かぼちゃのように、マッシュして調理することができる食材もおすすめです。

おやきでたくさんの栄養を採れるように、たくさんの物を入れておやきを作りましょう。

他の野菜などと混ぜ合わせることで、簡単に栄養を取ることができますよ!

離乳食中期にはこんなおやきがおすすめです。

しらすと青のりのおかゆおやきレシピ

材料

  • おかゆ・・・7倍粥~5倍粥 150g
  • しらす・・・10g
  • 青のり・・・小さじ1杯

作り方

  1. しらすに熱湯をかけ、塩抜きをする
  2. ボウルに全ての食材を入れて混ぜ合わせる
  3. クッキングシートの上にスプーンを使って丸く形を整えてのせる
  4. 180度のオーブンで15分程度焼けば完成

しらすは塩分が多いので必ず、熱湯をかけて塩抜きをしましょう。

赤ちゃんの様子を見ながら焼き加減を調整しましょう。

手づかみ食べにはおやきがおすすめ!【かぼちゃとコーンのおやき】

赤ちゃんが大好きなかぼちゃとコーンを使って美味しいおやきを作りましょう。

かぼちゃとコーンのおやきのレシピ

材料

  • かぼちゃ・・・2分の1個
  • コーン ・・・ホールタイプ2分の1缶

作り方

  1. コーン感の水気をよく切り、かぼちゃの皮と種を取って一口大の大きさにカットする
  2. 「1」と一緒に水を鍋の中に入れて柔らかくなるまでしっかりゆでる
  3. 茹で上がったら鍋から取り出し、熱いうちにマッシュして片栗粉を入れて固さの調整をする
  4. 熱したフライパンに、丸く形成した材料を入れる
  5. 中弱火で両面に焼き色がつくまで焼く

サラダ油を使うと焦げにくくなりますが、ひかずに調理できれば使用しないで作りましょう。