【赤ちゃんの手づかみ食べ】離乳食中期の赤ちゃんの食事について

離乳食中期になると、自分の手で食事を口に運びたがる赤ちゃんも出てきます。洋服やテーブルが汚れてしまうため、赤ちゃんの手づかみ食べをやめさせたいと思うママもいますよね。

ですが、赤ちゃんの手づかみ食べは成長する段階でとても大切なことになります。多少の汚れは覚悟して、自分で食事をさせてあげましょう。

そこで今回は、赤ちゃんの手づかみ食べについての情報をお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バレエの先生はみんな厳しい?厳しくするのはあなたの為

バレエの先生は厳しいものなのでしょうか?今日も柔軟で子供が泣いてしまいました…。子供にとっても親...

おでんのこんにゃくの下ごしらえはおいしく食べるために必要です

冬になると恋しくなるおでん、コンビ二のおでんもおいしいですが、自分で好きな具を入れて作った方がよりお...

使わなくなった文房具を寄付!海外支援について

子供が小さい頃に使っていた文房具や、知らず知らずのうちに溜まってしまったボールペンなど、使わなくなっ...

学習机をすっきり収納。100均のアイテムを使った収納術

お子様の学習机の上は物が散らかっていませんか?教科書やノートや細々とした筆記用具など学習机に収納...

100均のアイテムでカバンの中をすっきり整理!便利な収納テク

カバンの中から何かを出そうと思っても、物が多過ぎて探したいものがなかなか見つからない…、そんな経験は...

ゼラチンのゼリーは冷凍しないで冷蔵しましょう、ゼラチンの特徴

ゼラチンのゼリーは冷凍するとどうなるのでしょうか?凍ったまま食べるのであれば、そこまで気にすることは...

素敵な大学生は部屋もおしゃれ?良い部屋の作り方

春から大学生となり、部屋を借りて一人暮らしを始めたという人は数多くいるでしょう。しかし、その中で...

アパートトラブルで多い騒音問題。足音の対策について

アパートに住んでいると、足音に対して苦情を言われたり、逆に足音に悩まされることもありますよね。...

100均材料で子供と一緒に作る簡単可愛い手作りアクセサリー

100均にはアクセサリーの材料になるパーツがいろいろとあります。手軽に材料が揃えられて、しかもリーズ...

強い地震だと家具は飛ぶ!日頃から地震に備えるしか方法はない

地震で家具が飛ぶって信じられますか?でもこれは本当です。地震によって家具が倒れるのは理解できるか...

暖房の設定温度の目安を紹介。20℃でも快適に過ごす方法

暖房の設定温度は消費電力にそのままつながります。エアコンの設定温度を1度下げるだけでも節電になるとい...

シャツのシワが取れない時の対処法!アイロンがけに注意しよう

Yシャツなどシャツをアイロンがけしてもシワが取れないことってありますよね。「スチームアイロン」ならシ...

イランイランのアロマの特徴とブレンドする場合の注意点について

イランイランは甘い香りが印象的で人気ですが、その効果やブレンドする場合はどんなアロマと相性が良いのか...

楽譜が読めない人でもピアノは弾ける、読めるともっと楽しくなる

楽譜がほとんど読めないのにピアノが弾けるって本当!?って思いますよね。実際ピアノを習っている子供...

犬が靴下を履いたら歩き方がぎこちない様子と靴下のメリット

犬に洋服を着用させてお散歩をしている姿は良く見かけますが、犬に靴下を履かせている姿をみたことはあるで...

スポンサーリンク

離乳食中期になると手づかみ食べをしたがる赤ちゃんもいる

赤ちゃんが成長していくと、食事をするときに「自分で食べたい!」と思う人も出てきます。

そうすると、ママがスプーンを使って赤ちゃんの口に運ぼうとした時、スプーンを掴んだり器の中に手を入れたりするようになってきます。

赤ちゃんの洋服やテーブルの上が汚れてしまうこと困るかもしれませんが、赤ちゃんの手づかみ食べは成長の段階でとても大切なことです。
重要な役割がある手づかみ食べを、無理にやめさせようとしないでくださいね!

赤ちゃんの手づかみ食べが見られるようになった時の注意点

  • 汚れても問題のない洋服を着せる
  • テーブルに新聞紙を敷いたり、床にシートを敷いて汚れても良いようにする
  • 汚れた手をすぐに拭けるようにおしぼりの用意をする
  • 手づかみで食べても良いものをとりわけておく
  • 手づかみ食べができるメニューを用意する
  • 赤ちゃんが食べたいように食べさせる

赤ちゃんが手づかみ食べをするようになったら、前もって準備をして食べさせると良いです。

手づかみで食べることができる食事を用意して赤ちゃんの気の済むように食べさせてあげましょう。

離乳食中期・手づかみ食べは赤ちゃんの脳の発達にも大切

赤ちゃんが手づかみ食べをすることは、脳の発達に重要な役割を果たしています。

手づかみ食べを始めた頃の赤ちゃんは、食べ物をどんなふうに握ればよいかわからない状態です。

最初は食べ物を全ての指で握りつぶしてしまうこともありますが、徐々に力の加減ができるようになって指先で物をつまめるようになってきます。

こうやって食べることを覚えることで、次第にスプーンやお箸を握って食べるようになり、自分で食事をすることができるようになるのです。

赤ちゃんに手づかみ食べをさせるのは、成長の過程でとても大切なこと。

将来のことを考えても、手づかみ食べをさせてあげることが重要になるのです。

赤ちゃんが食べ物を手づかみしようとしたら「ダメよ!」と言ってしまいがちですが、それは赤ちゃんの意欲を潰してしまうことになります。

可能な範囲で手づかみ食べをさせてあげるようにしましょう。

手づかみが始まる離乳食中期の料理のコツは?

離乳食中期になると、赤ちゃんが食べられる食材も増えてきます。離乳食からも栄養を取ることができるようになりますので、美味しく調理してあげましょう。

離乳食を作るとき、食材を柔らかくしてすりつぶしたり、細かく切る、ほぐしたりするだけではパサパサそて食べづらいこともあります。

そんな時に大活躍してくれるのが「片栗粉」です。

だし汁を作って片栗粉で閉じてあげるだけで、赤ちゃんも食べやすくなります。

片栗粉のとろみで口当たりもなめらかになりますし、食材から出た栄養素をそのまま取り入れることもできます。

離乳食を作る時に是非活用してみましょう。

離乳食づくりは調理に手間がかかってしまうため少々大変ですが、赤ちゃんが喜んで食べてくれればそんな苦労も吹き飛びます。

ただ、赤ちゃんも大人と同じように食欲があるときとそうでないときがありますので、あまり食べない日でも気にせずに見守ってあげましょう。

手づかみ食べにはおやきがおすすめ!【しらすと青のりのおかゆおやき】

おやきを作る時におすすめなのが、おかゆやうどんのような炭水化物になります。また、じゃがいもやさつまいも、かぼちゃのように、マッシュして調理することができる食材もおすすめです。

おやきでたくさんの栄養を採れるように、たくさんの物を入れておやきを作りましょう。

他の野菜などと混ぜ合わせることで、簡単に栄養を取ることができますよ!

離乳食中期にはこんなおやきがおすすめです。

しらすと青のりのおかゆおやきレシピ

材料

  • おかゆ・・・7倍粥~5倍粥 150g
  • しらす・・・10g
  • 青のり・・・小さじ1杯

作り方

  1. しらすに熱湯をかけ、塩抜きをする
  2. ボウルに全ての食材を入れて混ぜ合わせる
  3. クッキングシートの上にスプーンを使って丸く形を整えてのせる
  4. 180度のオーブンで15分程度焼けば完成

しらすは塩分が多いので必ず、熱湯をかけて塩抜きをしましょう。

赤ちゃんの様子を見ながら焼き加減を調整しましょう。

手づかみ食べにはおやきがおすすめ!【かぼちゃとコーンのおやき】

赤ちゃんが大好きなかぼちゃとコーンを使って美味しいおやきを作りましょう。

かぼちゃとコーンのおやきのレシピ

材料

  • かぼちゃ・・・2分の1個
  • コーン ・・・ホールタイプ2分の1缶

作り方

  1. コーン感の水気をよく切り、かぼちゃの皮と種を取って一口大の大きさにカットする
  2. 「1」と一緒に水を鍋の中に入れて柔らかくなるまでしっかりゆでる
  3. 茹で上がったら鍋から取り出し、熱いうちにマッシュして片栗粉を入れて固さの調整をする
  4. 熱したフライパンに、丸く形成した材料を入れる
  5. 中弱火で両面に焼き色がつくまで焼く

サラダ油を使うと焦げにくくなりますが、ひかずに調理できれば使用しないで作りましょう。