日本の宅配ピザが高いと言われるのはなぜ?その理由を徹底調査

宅配ピザはいつでも好きな時に頼めるし、何より出来たてが届くので美味しいですよね。
でも、気になるのはその値段。お店で食べるよりもなぜあんなに高いのでしょうか?宅配ピザの本場アメリカと比べてもかなり違うのでしょうか?

日本の宅配ピザの値段が高いと言われる理由とアメリカの宅配ピザとの比較について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

クッキーは賞味期限切れ後2ヶ月たっても食べれるかどうかを調査

賞味期限切れのお菓子でも多少過ぎたくらいなら食べても問題ない、と考えていませんか?特にクッキ...

ガラスの曇り止めに効く裏技!お風呂場の曇りもこれでさようなら

お風呂場のガラスは曇りやすいですが、身近なもので曇り止めができる裏技があるって知っていますか?特...

退職を伝えた後、職場に居づらい時の対処法と気持の持方について

退職を伝えた後、職場に居づらい。立つ鳥はあとを濁しません。辞めるのですから、有給休暇を取りき...

1日置いたカレーの表面の白い膜はカビと判明!食べると危険

夜に作ったカレーが残ってしまい、また翌日に食べようと一晩置くことってありますよね。「1日置いたカレー...

納豆の薬味は何がいい?納豆にとにかく合うというおすすめの薬味

納豆を毎日欠かさず食べるという方少なくないです。そんな方の中には薬味を変えて納豆を美味しく食べている...

子供が泣くとイライラ!その理由とうまく乗り切る対処法

可愛くて仕方のない自分の子供。だけどそんな子供が泣いてぐずると、イライラしてしまうお母さんはたくさん...

鏡と写真で全然違うのはなぜ?顔の印象の摩訶不思議

鏡と写真で印象が全然違うと思ったことありませんか?なぜそこまで鏡と写真で印象が全然違うのはな...

テレビの位置や高さはシチュエーション別でも最適を選ぶコツ

テレビの位置や高さって新しく購入したときなど、どうすればいいのか悩みますよね。では、テレビを...

醤油ボトルの収納をスッキリさせるコツや容器を統一するポイント

毎日使う醤油などの調味料のボトルってどうしたらスッキリ収納できるのでしょうか?では、醤油のボ...

グラタンを冷凍保存してお弁当のおかずに!レシピを紹介!

グラタンを冷凍保存してお弁当のおかずにできるの?そんな、まだお弁当にグラタンを入れた事がないあな...

ステンレスのシンクについた傷を目立たなくする方法を教えます

ステンレスのシンクにいつの間にかついてしまった傷。毎日使う場所だから仕方ないとはいえ、できれば傷を消...

クッキー生地を寝かせるのはなぜ?その理由や正しい方法について

自宅で手作りクッキーを作るのはとても楽しいです。そのレシピを見てみるとクッキーの種類にもよりますが、...

マニキュアのトップコートが乾く時間を短縮させるコツと注意点

マニキュアはトップコートの乾く時間を待てば完成します。しかし、セルフネイルをしていると完全に乾く前に...

自転車を宅配で送りたい!宅配の方法を紹介します!

引っ越しすることが決まったら、荷造りが大変ですね!お気にいりの自転車はどうしよう!?持ってい...

換気扇からの異音の対処法!トイレの換気扇で考えられる原因

トイレに設置してある換気扇からいつもと違う異音がしてきたら、どうしたらよいのでしょうか。音がうる...

スポンサーリンク

宅配ピザの値段はなぜ高いの?その一番の理由は●●費

気軽に利用できる宅配ピザですが、お値段は高めだと感じている人は多いのではないでしょうか。

私も常日頃から宅配ピザは高いと感じるため、なにか特別なときにしか頼めずにいる一人です。

では本当に宅配ピザが高いのか、他のピザと比べてみましょう。

宅配ピザ以外にもピザを食べる方法はあります。値段の安さを売りにしたファミレスのピザは約500円、イタリアンレストランなら約1000円~2000円といったところでしょうか。また、スーパーで売っているようなチルドや冷凍のピザは約300円くらいです。

このように見ると、宅配ピザには割高感を感じてしまいますよね。

では宅配ピザは何故高いのでしょう?

その答えは人件費にあります。アルバイト1人あたりの時給が1000円であるとして、利益を出すためにはこの人件費を売り上げの2割前後に抑えなければなりません。そのため、スタッフが1時間に2~3枚のピザを届ける計算で利益を出そうとすると、1枚あたりのピザの価格を3000円前後に設定する必要があるのです。

日本の宅配ピザの値段は世界一高いと言われるのはなぜ?

先ほどもお話ししましたが、日本の宅配ピザは1枚で2000円~3000円ほどかかります。

ですが海外を見てみると、高くても2000円半ば程度で、1000円を切るようなところもたくさんあります。

日本の宅配ピザが高い理由は先ほども人件費のためだと書きましたが、どうして日本のデリバリーピザはこの高い値段を維持し続けているのかをみてみましょう。

具体的には、宅配にかかるコストが大きいということが関係しています。

宅配ピザは、注文が入ったら作ってその家まで届けなければいけません。
ですからあまり値段を安くしてしまうと、注文が殺到してしまい迅速に配達することができなくなってしまうリスクがあるのです。

そのため、あまり注文が入りすぎず、入らなさすぎずの金額に設定する必要があるのです。

考えてみると、持ち帰りだと半額のサービスなど宅配にかかるコストが増えない範囲での注文は安くなることが多いですよね。

それだけ宅配にはコストがかかるのです。

なぜ宅配ピザの代金が高いのか…その理由は品質にもある?

宅配ピザがなぜ高いのかは、人件費や宅配にかかるコストの他にも、純粋に商品のクオリティが高いことが挙げられます。

熱々のピザはもちろんおいしいのですが、冷めたピザでも決しておいしくないわけではありません。

冷めてもおいしいものを作る努力を企業側がしているのです。

つまり、ピザ会社は日本人の嗜好をよく研究し、私たちの味覚に合う商品開発に努めています。

そのおいしさがあるため、多少お値段が高いとわかっていても、頼んでしまうのでしょう。

また、一度注文したお客に再度注文してもらうため、次回利用する際の割引クーポン券や追加サイドメニューの無料クーポン券をつけることでお得感を演出し、客単価が上がる努力をしているのです。

宅配ピザが余ってしまった場合のおすすめ保存方法は?

宅配ピザを注文しすぎて余ってしまうこともありますよね。
ピザは冷凍でも冷蔵でも保存が可能です。

ぜひ下の保存方法を試してください。

ピザを冷蔵保存する場合

カットされたピザを1枚ずつラップに包み、チャックつきの小袋に入れて保存します。なるべく空気に触れさせないのがポイントです。保存期間は1~2日が目安です。
食べるときはラップを外し、霧吹きなどで水分を与えてから、オーブントースターで温めましょう。

ピザを冷凍保存する場合

冷蔵保存の場合と同様にして冷凍庫で保管します。食べるときは電子レンジで解凍してから、ラップを外してオーブントースターで温めましょう。

冷凍保存したときの賞味期限は2週間程度が目安です。

できればアツアツで食べたいピザです。保存は可能ですし、トースターで焼けばサクッとおいしく食べられます。
ただしいずれの場合も、なるべく早めに食べきってくださいね。

日本のピザとアメリカのピザを比較してみました

日本で販売されているピザの平均的なサイズと直径は、Sサイズ約20cm、Mサイズ約25cm、 Lサイズ約31cmです。

ではアメリカで販売されているピザの平均的なサイズと直径を紹介します。

Sサイズは8インチ(約20cm)、Mサイズ約10インチ(約25cm)、Rサイズ約12インチ(約30cm)、Lサイズ約14インチ(約36cm)、XLサイズ約16インチ~17インチ(約41~43cm)。

アメリカでのサイズは5種類あります。

そして、アメリカのピザは値段が安さも特徴です。

もちろんお店いよりますが、アメリカでは同じサイズでも値段は日本の1/3~1/2くらいです。

アメリカ人にとってピザは主食の一つです。

人口も日本よりずっと多く、主食としての消費量が大きくなるので、価格競争が激しいため、安くピザを楽しめます。

でも、安さの一番の理由は繰り返し書いてきましたが人件費の安さにあります。