切った髪の毛が刺さるのはなぜかの疑問にお答え!ナルホドな回答

美容室で髪を切った後に、切ったと思われる髪の毛が手や皮膚などに刺さっていたことってありませんか?

髪の毛の細い人にはわからないかもしれませんが、髪の毛が太くて固い人によくあるコトなんです。

髪の毛が刺さるのはなぜ?と不思議に感じると思いますが、原因はちゃんとあるんです。
そのワケを紹介していきます。

また髪の毛が剛毛の人にしかわからない「あるある!」と言いたくなってしまうネタもみてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

富士山の山頂の気圧はどのくらい?富士登山の心構えとは

富士山の山頂の気圧は、地上とどのくらいの違いがあるのでしょうか?富士山に登るときには、様々な準備をす...

お香典の相場、友人の兄弟では?お香典のマナーと注意点

お香典には相場というものがあります。ほとんどの場合はその相場を参考にしてお香典を包むのですが、友人の...

ストレートのボブをアレンジするならこんな髪型

女の子らしくて可愛いストレートのボブは人気のある髪型のひとつですよね。そのままでも充分可愛らしい...

自転車を売りたいときには防犯登録を取り消すべき?その方法とは

自転車を売りたいけれど、買ったときに防犯登録したものはどうなるのでしょうか?自分で防犯登録を...

クリスマスのプレゼント交換におすすめのアイテム【小学生編】

小学校の高学年くらいになると、子供たちだけでクリスマスパーティーをしようという話が出てきます。...

石鹸の香りをルームフレグランスとして楽しむ方法と香り復活テク

お部屋用の芳香剤はいろいろな種類がありますが、少し匂いが強いと感じる方もいると思います。人工的な芳香...

スノーボードウェアの上下同色はアリ?スノボウェアの着こなし術

スノーボードウェアはどのように選べばいいのでしょうか?ボードは初心者でもウェアはかっこよく、可愛く着...

ブリーチ後の黒染めをセルフでしない方が良い理由を解説します

ブリーチしたものの、就活などの理由で黒髪に戻したいと思った時に一番に思いつくのは「セルフでの黒染め」...

ガス代の節約・元栓を閉めても節約にはならない!節約方法を紹介

毎月のガス代の請求が高く、どうにかしてガス代を節約することはできないか、頭を悩ませている人もいるので...

毎日続ける英語の勉強。アプリを利用すれば毎日続けられます

毎日続けなければ、英語は上達しません。筋トレや、ストレッチ、ダイエットと同じですね。習慣化し...

洗濯機の柔軟剤入れの掃除について手順や方法を詳しく紹介

洗濯機の柔軟剤入れの掃除をつい忘れがちな人も多いのではないでしょうか。しかし、そのままにしている...

テストやプリントを収納するコツや子供にもオススメな方法とは

学校から返却されたテストやプリントって増える一方ですが、どのように収納したらいいのでしょうか?...

プラスチックに塗装!ポイントはスプレー前の下準備にあり

プラスチックに塗装したいと思ったら、そのままスプレー塗料を吹きかけても良いのでしょうか。答え...

シンクのスポンジラックは撤去すると掃除がしやすい

シンクのスポンジラックを撤去すると、掃除がしやすくなりラックのヌメヌメから解放されます!とは...

春の飾りを手作り!自分で作る春の飾りでお部屋をコーディネート

春の飾りを手作りして、お部屋の中を飾りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。お誕生日やパーテ...

スポンサーリンク

髪の毛が刺さるのはなぜ?みんなは経験ある?

髪の毛が刺さることありますか?美容室などでカットした後、服に落ちた髪の毛がチクチクと刺さるような感覚がありますが、実際に肌に刺さりこんだことはあるでしょうか。

髪の毛が肌に刺さることはないのでは?と、今まで経験のない方は思うとますが、意外と肌に髪の毛が刺さったという経験のある方は少なくないのです。

 

なぜ髪の毛が刺さってしまうのか?刺さる髪の毛の特徴とは

実は髪の毛が太く元気が良いと、指などに刺さってしまうこともあります。

しかしこのような髪質の方ばかりが、肌に髪の毛が刺さるのではなく、柔らかくて細い髪質の人も刺さることがあるようです。

髪の毛と同時に、肌の柔らかさも関係しているようですね。特に髪の毛を美容室などでカットした後は、気をつけてください。しっかりと髪の毛をはらって、お家に帰ってきたら着替えると髪の毛が刺さりにくくなります。

髪の毛が刺さるのはなぜ?髪の毛量が多い人にありがちな事

髪の毛が刺さるのはなぜ?髪の毛が柔らかくて細い方も、場合によっては髪の毛が刺さることがあるとお話しましたが、経験者の話を聞いてみると、断然髪の毛が多くハリがあり、髪質が元気な人の方が刺さる確率は高くなるようです。

また、そのような方は他にもいろいろと問題があり、使用している髪の毛のバレッタが壊れてしまったり、ゴムが早く伸びてしまうなんて被害も日常的です。

そして髪を美容室でカットする際も注意が必要!ヘアカタログなどを見て気に入った髪型にしたはずなのに、鏡を見るとぜんぜん違う。ということもあります。

確かに髪の毛のクセや、量の多さなどでヘアスタイルはずいぶんと、違いがでてくるものですよね。

逆に日頃、このようなことが当てはまるタイプだと、今までは髪の毛が刺さるようなことがなくても、今後髪の毛が刺さってしまう可能性もあります。

髪の毛が色んな所に刺さるのはなぜか?それは切り方にあった!

髪の毛が刺さるのは、美容室でカットした直後が多いのはなぜでしょうか?それは切り方に謎が隠されているようです。

美容師さんに聞いてみると、髪の毛を伸びている方向と直角に、切り口をまっすぐ横にすると刺さることは少なくなるが、ナナメにカットすると刺さる確率が高くなるとのこと!
髪の毛もこのようにカットをすると、先端が細くなり刺さりやすくなることが考えられます。

特に皮膚の薄い部分だと、髪の毛が刺さりやすくなりますよね。

そして、このようなカットの方法はレザーカットといって、一般的な髪を切るときの手法です。

手の皮膚が薄く、刺さりやすいと思われる方はカットした後数日は、気を使ってスタイリングを行ってくださいね。

日本人の髪の毛の不思議、太くて直毛なワケとは

髪の毛が太くて直毛なのが悩みという方がいますが、これは日本人の多くの方の悩みです。

そしてこのような髪の毛の特徴は日本人だけではなく、東アジアで共通の髪の毛の特徴と言えます。

欧米などの白人はくせっ毛で細い髪の毛の特徴があり、そして黒人は髪は細いがクセは強く、くるくるにカールしてるという特徴があるのです。

そして日本などの東アジアはどうか?というと、白人と比べると1.5倍の太さ、そして直毛です。

これは遺伝子が関係しているので、仕方のないことだとも言えます。

また髪の毛が太ければ円形に、細ければ楕円形になっていく特徴があり、太いと直毛になりやすく、細いとくせ毛になりやすいという特徴もあります。

ちなみに私はバリバリの日本人顔ですが、母親がくせ毛がひどく、遺伝子のせいか私もくせ毛がかなり激しいです。そしてくせ毛の母とくせ毛の父から生まれた我が子の髪の毛はというと、かなりのくせ毛!髪の毛が伸びてくるとくるくると髪の毛がうねってきます。
確かに髪の毛は太くはなく、全員細い方だといえます。

髪の毛が我が子の足の裏に刺さってた!

なんだかチクチクする。小さな子供は遊んで外から帰ってくるとよくそんな話をします。

よくあることなので、どこがチクチクするの?と聞きながらも、気のせいなのでは?と思っていましたが、ある日足の裏を見てみると薄っすらと黒いものが刺さっています。

ピンセットを使って、刺さった方向に逆らわないようにそうっと抜いてみると、それはどう見ても髪の毛!小さな髪の毛が子供の足の裏に刺さっているのです。

しかもひげのようにしっかりとした毛ではありません。それほど太くもない普通の髪の毛です。話には聞いていましたが、本当に髪の毛が皮膚に刺さることがあるのだと、改めて実感をしてしまいました。

子供の皮膚は見ての通り、とっても薄く刺激を受けやすくなっています。そのため、カットをしたばかりの髪の毛は先が尖っているので、子供の肌には刺さりやすい状態になっているのです。

小さなお子さんの髪の毛はご自宅でカットすることも多いと思います。そんなときはしっかりと髪の毛を子供の肌から取り除くこと、また刺さってしまって、取り除けない場合は無理をせずに病院へ行って先生に相談しましょう。

一番安心できますよ。