3人家族の場合、気になるマンションの間取りについて!

3人家族でマンションに住むならどんな間取りや部屋数があればいいのでしょう?

部屋の大きさや子供の年齢によっても違ってきますね。

3人家族にちょうどいいのは2DK?子供が小さいなら1DKでも大丈夫?

住まい選びのコツや選ぶ際のポイントについて紹介します。

また住みやすいのはどんな部屋タイプ?子供がいる場合の引越についても調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしが寂しい、実家に帰りたいと感じる人のための対処法

社会人になって初めて実家を離れて一人暮らしを始める人の中には、最初のうちは一人の時間を楽しんでいても...

100均グッズを使った手作りプレゼントのアイデアをご紹介します

仲の良いママ友にさりげなく手作りプレゼントを贈りたいと思っても、何を作ればいいのかわからない人の方が...

圧縮袋は掃除機の使い方に注意!正しい使い方とメリット

圧縮袋は掃除機での吸引が必要な使い方のものと、掃除機不要でも使えるものがあります。圧縮袋を使...

日本の国技であるスポーツとは?まず国技の定義について考えよう

日本の国技ってどのスポーツなんだろう?って考えることってありますよね。相撲?それとも柔道?空...

風呂のドアのパッキン交換を自分でする方法と劣化させないコツ

風呂のドアのパッキン交換は、自分ですることができますよ。風呂のドアの劣化が気になったら、早め...

セラミックのフライパンは正しく使えば危険ではありません

「セラミックのフライパンは焦げないからいいよ。」と友達から聞いても、本当に焦げ付くことはないのか、危...

窓のシールの剥がし方色々。家庭にあるもので剥がす方法と手順

お子様がいる家庭なら、家の壁や窓ガラスや冷蔵庫など色々なところにシールがはられているということはあり...

革靴を長持ちさせる防水スプレーの使い方を紹介

どんな素敵な靴でも、きちんと手入れをしないと、時間が経つごとに残念な見た目になってしまいます。特...

初七日のお供えにお団子を準備する理由と簡単お団子レシピ

初七日のお供えでお団子を準備する家庭もあれば、果物やお菓子だけお供えする家庭もああります。宗...

編み物初心者向け!かぎ針の基本と作りやすい簡単小物

編み物にはかぎ針編みと棒針編みがありますよね。ちょっとした隙間時間にハンドメイドをしたいという方には...

住民票を移動した後の住民税の疑問!二重払いにはなるのか

引越しをして住民票を移動した後、住民税がどこから請求されるのか知っていますか?知らないと「二重払いさ...

犬用のフローリングでも滑らない靴下の作り方アイデア

犬用の靴下は市販のものでもいろいろなものがありますが、自分で作ることもできます。そこで、自分でも簡単...

手芸のレクに簡単に作れる作品!高齢者向けおすすめ作品

高齢者向けのレクリエーションで手芸を楽しむこともあります。そんな時におすすめの簡単に完成する手芸をご...

100均のアイテムでカバンの中をすっきり整理!便利な収納テク

カバンの中から何かを出そうと思っても、物が多過ぎて探したいものがなかなか見つからない…、そんな経験は...

ピアスを開ける場所で可愛い位置は?開ける位置別・特徴と印象

ピアスを開けて可愛いオシャレを楽しみたいと思っている人もいますよね!どの場所にピアスを開けるとオシャ...

スポンサーリンク

3人家族の場合のマンションの間取りは?2DKの場合

三人家族で暮らすのにちょうどよいマンションの間取りは2DKでしょう。
2DKとはダイニングキッチンに加えて、2部屋ある間取りです。

ダイニングキチンのほかに2部屋あるという状況で、有効な使い方はどのようなものでしょうか。

まず、和室は子どもの遊び部屋兼三人の寝室にしましょう。
和室の畳は子どもが動き回っても怪我をしづらいです。
そして和室の押入れは収納も大きいので、布団もしまいやすいのです。

もう一つの部屋は夫婦の荷物置き場や、子どもに触って欲しくないものを入れておきましょう。
夫婦別で寝る際はこの部屋に一人寝るのもいいでしょう。

子どもが大きくなり、小学生高学年くらいになると少し狭く感じてきますので引越しをお勧めします。
子どもも自分の部屋が欲しくなりますし、検討してみましょう。

3人家族でマンションに! 間取りはどうする?

子どもは大きくなってくると、自分の部屋が欲しくなることでしょう。
受験などを控えている場合は、自分の個室で集中して勉強したいと思うようになるはずです。

2LDKの場合、ダイニングキッチンのほかに部屋が二つあります。
その片方の狭い部屋を子ども部屋にし、もう片方を夫婦の寝室にするとしましょう。

子ども部屋にはベッドと学習机があれば十分であると思われるので、小さいほうの部屋を使います。

親自身、昔自分の部屋があることに憧れを抱いていた場合は、子どもに部屋を与えてあげたくなるでしょう。

欧米では自立心を育てるためにも、小さい頃から独立した子ども部屋を与えることが多いようです。

夫婦のそれぞれの判断にはよりますが、子ども部屋を与えるかどうかはのちのち考えて住宅を決めなくてはならないでしょう。

3人家族でマンションに住む場合、間取りなどを考えて

これから住む家を決める際には、譲れない点と妥協できる点をしっかり明確にしておきましょう。
住まい選びに関して、何もかも自分達の理想どおりという物件を見るけることは難しいです。

家賃の上限や、駅や職場からの距離など通勤や通学に便利なエリア、築年数、子ども部屋のこと、日当たりなど様々な要素を考えて住宅を選ばなくてはならないのです。

そのため、何を優先して、何を妥協してもいいのかしっかり家族間で話し合わなくてはなりません。

たとえ狭くても通勤や通学に便利な場所を選ぶ人もいますし、経済的なことも考えて家賃を第一条件にする人もいます。

夫婦間での考え方の違いがぶつかり合うかもしれませんが、お互いの意見を聞きあい最良の物件を見付けていく事が大切です。
快適な暮らしを送るためには、家族三人にとってなにが大切なのか考えるよい機会にもなりますね。

住みたいマンションの間取り

家族が住みたいと思うマンションの間取りは、どういったものがあるのでしょうか。

その例としては、横長のリビングの横に居室がついていて、なおかつどちらの部屋もバルコニーに面している部屋は人気のようです。

横長のリビングでバルコニー側であるというのがポイントです。
横長だと、リビングとその隣の部屋に光も入りやすく、家族全員が明るく心地よい生活を送れることができるのです。

そして横長なので、キッチンでのダイニングスペースと、リビングスペースをを分ける事がで来ます。
来客が来たときも部屋をスッキリした感じに見せる事ができるので、非常にお勧めです。

リビングの隣にある部屋は将来子ども部屋してみましょう。
光もばっちり入りますし、親の目も行き届きやすくて安心して子ども部屋を与えることが出来ます。

そして廊下が少なくて無駄がないこと、居間と収納が広いことも住みたいと思う部屋の条件になっているようです。

収納スペースが各部屋についていれば、収納家具を買う必要もないですし、部屋もスッキリさせる事ができます。

子どもがいる場合の引越しは?

子どもがいる場合は引越しの時期を考えて、引越しする事が大事です。
時期ごとに気をつけたほうがよい点をお伝えします。

子どもが生まれたばかりのとき
子どもが生まれて部屋が狭くなるからと、焦って引越しをする必要はありません。

出産前の引越しは妻の体の負担は大きくなってしまいますし、生まれてばかりの子どもがいる状態で引越しするのもかなり大変です。
もし広い部屋に引越ししたいと考えているときも、子どもがある程度大きくなってからでもいいのかもしれません。

子どもが保育園や幼稚園に通っているとき
子どもが保育園や幼稚園に通い始めてから引越しすると、新たなママ友などまた新たなエリアでの人間関係を作らなくてはなりません。
そのため、子どもが小学校や中学校に入学する時期を狙って引越ししましょう。

子どもが独立したあと
子どもが独立して一人暮らしを始めるようになるとします。
そうなると今まで子ども部屋にしていた部屋は余ってしまいますよね。
あまり広い部屋も必要なくなりますから、子どもが独立したらそのタイミングで引越しを考えてみても良いでしょう。