ハムスターのケージを衣装ケースで作る方法とポイント

ハムスターを飼育する場合はケージが必要ですが、衣装ケースでも代用できます。

市販されているケージを買うよりも安く済みますし、何より掃除が楽なのでおすすめではありますが、デメリットもあります。

ハムスターが快適に過ごせるようなケージを作るには、どのような衣装ケースがいいのでしょうか。必要な材料や道具とは?

ハムスターのケージを衣装ケースで作る方法とポイントについてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

靴の収納は箱のまま?それとも出したほうがいい?靴の収納方法

靴を収納するときは箱のままのほうがいいのでしょうか?箱に入っているほうが積み重ねることができるので収...

体を柔らかくする方法【短期間】柔軟性を手に入れる極意を伝授!

体を柔らかくする方法。しかも短期間で!痛みに耐えてギュウギュウ可動域を広げても、柔軟性を手に...

ストレートのボブにしたい人のためのおすすめショートボブ

今はパーマをかけていても、季節が変わるとストレートにしたい、ボブにしてみたいと思う女性の多いのではな...

文鳥の換羽は秋に始まる場合もあり!文鳥の換羽期について

文鳥の換羽は季節が関係すると言われますが、最近は一般的な季節以外にも換羽が始まる文鳥は少なくありませ...

ハムスターのメスはオスよりも凶暴?性格の違いについて

ハムスターのメスはオスよりも凶暴なのでしょうか?ハムスターのメスが凶暴と言われるのは、子どもを守るた...

ハムスターの部屋を掃除する時の手順と掃除頻度・注意点を解説

ハムスターをかい始めたばかりの飼い主さんは、ハムスターの部屋の掃除をどのような手順で行えばよいか分か...

【テニスラケットの選び方】初心者には黄金スペックがおすすめ

テレビでテニスの試合を観ていると「自分もやってみたい。」と思う人も多いでしょう。自分もかっこよくショ...

犬の鳴き声で判断!高い声で鳴く時の犬の気持ちを解説

犬の鳴き声には種類があり、高い声で鳴くことがあります。高い声といっても、キュンキュン、キャンキャ...

石にペイントするならどんな絵の具?石の塗り方

石にペイントをするときにはどのような絵の具が向いているのでしょうか?おすすめはアクリル絵の具ですが、...

洗濯物の臭い取りはセスキにお任せ!そのやり方を説明します

100均でも販売されている「セスキ(セスキ炭酸ソーダ)」。いろいろな汚れを落とせると話題になっていま...

アパートトラブルで多い騒音問題。足音の対策について

アパートに住んでいると、足音に対して苦情を言われたり、逆に足音に悩まされることもありますよね。...

100均の文房具でかわいいペンやノートやテープを紹介

100均の文房具コーナーを覗いたことはありますか?種類が豊富でかわいい文房具がたくさん並んでいま...

メダカに適した水質と最適なphについて。メダカの飼育環境

これからメダカを飼いたいという場合には、どのような水質の環境が適しているのか、phはどれくらいに保て...

引き戸のレールの掃除方法!ホコリを取り除いて快適な滑りに

お家の引き戸が重くなってきたと感じることはありませんか?以前はもっと軽い力で動かせたのに、レールの滑...

グッピーは繁殖で増えすぎることも!その対処法を教えます!

見ているだけで癒されるグッピーですが、実際に飼育してみると繁殖で増えすぎて困る、なんてケースもあるよ...

スポンサーリンク

ハムスターのケージを衣装ケースで作る場合に必要な材料と道具

近年では、「ペットブーム」が到来したと言われるほど犬や猫を育てている人がとっても増えています。
そんな中でも散歩も特に必要がなく手軽に飼育できることと、動物臭が少ないことから考えても人気の高いのはハムスターです。
大きさ自体が小さいので子供からも人気の高い動物としても知られています。

では、ハムスターを飼育しよう!と決意したとして、何が1番必要かというとまずは「お家」です。部屋に放し飼いすることもできなくはないですが、隙間や暗闇を好むハムスターですので、すぐにタンスの裏に入り込んでしまい出てこなくなってしまったり、最悪の事態も起こしかねません。
そこで活躍するのが「ケージ」の存在です。ハムスターの家の事を言います。

ペットショップでも必ずと言っていいほどハムスターを販売している店舗にはケージもおいてあります
小さくてコンパクトなものや2階建てのアスレチック満載のものまで、とっても多種多彩なケージが販売されています。
確かに、購入するケージには付属して餌入れやホイールなどがついてることもあるので初期準備としては楽ですよね。

ただし、大きさには限りケージが大きくなるにつれて価格も跳ね上がります。

そこで使用したいのが衣装ケースです!衣装ケースを自分で細工してハムスターハウスを作ってしまうのです。
そもそも衣装ケースなら安いもので600円しないで販売されていることもあり、価格も魅力ですが、なんといっても広さです。
衣装ケースほどの広さが確保できればハムスターの運動不足問題も一気に解消されることでしょう。

では、早速必要な材料を掲載していきます。

(材料)

  • 衣装ケース
  • バーベキュー用網
  • タイラップ
  • プラスチック専用のこぎり
  • キリや千枚通し
  • ニッパー
  • ヤスリ(ビニールテープ等)

作成したい形によっても必要なものは変わってきますので是非ネットでも確認してみて下さいね。

ハムスターのケージの衣装ケースを選ぶポイント

では、衣装ケースで自作ハウスを作る場合に気をつけるポイント等含めてお伝えしていきたいと思います。

ケージの中身が見えるようにしましょう

衣装ケースと言っても様々なカラーのものが販売されています。
イメージとしては透明だったり白っぽかったりしますが、中には原色の赤や青などカラフルなものも販売されております。
さて、この中でどの色の衣装ケースが理想的なのでしょうか?
正解は、「透明」です。
それは、中の状態を確認することができるからです。
「天井さえ網で空気穴を作っておけば、中なんて見えなくてもよいのでは?」という意見もありそうなのでお答えしますが、例えば複数匹飼育していたとします。
それぞれのハムスターの性格にもよりますが、稀に取っ組み合いのじゃれ合いを、気づかぬうちに片方が最悪の状態を迎えてしまったということが実際にありえるので少しでもその状況を作らないために透明なケースで中が十分見渡せるようにしなくてはなりません。他にも病気になっていたことに気づけない場合もあります。
色付きのカラーボックスは側面が見えないため上から覗き込むだけでは中の状態を正確に把握することができない場合がおおくなってしまうのです。

ハムスターの衣装ケースケージの作り方

では、早速衣装ケースでケージを作っていきましょう。

  1. 天井部分の蓋にバーベキュー網を合わせてペンで印をつけたら、プラスチック専用のこぎりで網の大きさに合わせて切り込みを入れていく。
  2. 切り終わったら、切り口をヤスリで丁寧になだらかにしていくか、ビニールテープなどで鋭い切り口を保護する。
  3. バーベキュー用の網をのせ枠の部分をタイラップで縛って固定するため、キリや千枚通しで穴をあけバーベキュー用の網を固定していき完成!

回し車(ホイール)はハムスターにとって必需品です。

これを設置するには側面の一部分にインパクトで穴を開けるなど回し車の接地面にあわせて調節して下さい。(置型タイプもあります。それだとわざわざ切り込みを入れなくても良いですよ。)

ハムスターのケージを衣装ケースで作るメリット

では、そもそも衣装ケースで作るケージのメリット等あるのでしょうか?
いろいろな視点から考えてみました。

メリット
なんと言っても広さではないでしょうか?
もともと狭い空間で販売されているハムスターです。
せっかく出会ったのですから、のびのびストレスなく一緒に生活していきたいですよね?そう考えると衣装ケースはとても広く高さもあります。
こんなに大きなハムスターのケージはなかなか流通していませんよ。
価格も自分次第で抑える事ができます。
小さいケージを購入しても、3000円位はかかると考えておいて下さい。
高価なタイプで何階建てかとなると1万円をも超えてくるものさえあります。

衣装ケースケージのデメリットは、中が見えにくく横からお世話ができないこと

衣装ケースで作るケージのデメリットはどんなことがあるのでしょうか。
デメリットは、ほぼ無いに等しいのですが、しいてお伝えするならば「手間」です。
作成するには天井部分を切り抜いて空気を出す場所を大きく確保しておかなくてはいけません。
そのため、少しコツもいりますし、怪我をしないように気をつけなくてはいけません。
あとは、掃除の時に衣装ケースは大きいから重くて大変ということは考えられます。

ただし、日頃ハムスターが楽しんで生活してくれていることを考えれば、一時の掃除の大変さなんて苦にならないでしょう。

縁があって出会ったハムスターですので、日々快適に過ごしてくれるような環境作りをすることが飼い主に求められる最大の目標だと思います。

そこに居てくれるだけで癒やしてくれるハムスターですので、是非毎日大切により長く楽しい時間を一緒に過ごして下さいね。