缶詰のフルーツは冷凍するとこんなに美味しい!果物簡単スイーツ

缶詰の果物は一年中食べられて、価格も安定していますよね。

缶詰の果物はお弁当に入れるという方が多いかもしれませんが、実は冷凍して食べるととっても美味しいんです。
こんなに簡単なのに、食べたことがないという方がほとんどではないでしょうか。

缶詰の果物を冷凍して作る簡単スイーツをご紹介します。
夏のお供はこれで決まりです!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

オリンピック開催地が東京に決定した理由と経済効果について解説

2020年のオリンピックが東京に決定したことで、日本でオリンピックが観れると誰もが喜んだのではないで...

鉄のフライパンのメリット・デメリット!鉄のフライパンの魅力

鉄フライパンを購入しようか悩んでいる人の中には、鉄のフライパンにはどんなメリットがあるのか知りたい人...

プラスチックに塗装!ポイントはスプレー前の下準備にあり

プラスチックに塗装したいと思ったら、そのままスプレー塗料を吹きかけても良いのでしょうか。答え...

夜になっても気温が下がらない時に試したい睡眠対策

最近の日本の夏の暑さは異常です。夜になっても気温が下がらないことも多く、寝苦しい夜をどう過ごすかが問...

韓国料理が辛い理由からわかる、辛い料理を好む傾向と習慣とは

韓国料理が辛い理由には、古くからの歴史があり、それには日本との関わりが見えてきます。では、ど...

猫用の消臭スプレーを手作りしてみませんか。安全で簡単な方法

猫がいる家で気になるのが、マーキングやトイレの臭いですね。臭いを消そうと消臭スプレーを使うと思い...

小学生のノートのプリントの貼り方とコツについて解説します

小学校の授業でもらうプリント。ノートに挟んたままにしている子供が多いといいます。しかし、プリント...

テニスの練習を1人で行うには?初心者におすすめの練習方法

テニスが下手だからこっそり1人で練習をして、早く上達したい!そんなあなたが抱える悩み。とはいって...

100均グッズで手作りインテリアを作ろう。色々なアイディア

100均の小物たちがおしゃれなインテリアになります。そのまま飾っても素敵な商品はたくさんあり...

お歳暮といえばカニ!北海道のお歳暮を贈る時期など紹介します!

お歳暮といえばカニ!北海道から送られてくるお歳暮で人気なのはカニではないでしょうか?北海道の...

ヒキガエルのオタマジャクシを飼育してみよう!その方法とは

山の中でヒキガエルのオタマジャクシを見つけると、自分で飼ってみたくなりますよね。でも、実際に...

腹筋運動を日常動作で。簡単な姿勢で眠っている筋肉を呼び覚ます

腹筋を鍛えるための知識があれば、キツイ『上体起こし』以外の運動でスッキリしたお腹周りを手に入れること...

編み物初心者向け!かぎ針の基本と作りやすい簡単小物

編み物にはかぎ針編みと棒針編みがありますよね。ちょっとした隙間時間にハンドメイドをしたいという方には...

ペットボトルの再利用は不衛生?再利用の危険性と再利用方法

飲み物を飲み終わって空になったペットボトルを再利用することはできないかと考えている人もいるのではない...

作業着をそのまま洗濯機に入れると壊れる可能性も!予洗いの仕方

油汚れ・ドロ汚れ・サビ汚れ・鉄粉など作業着には色んな汚れがついていますが、汚れのひどい作業着の洗濯は...

スポンサーリンク

缶詰の果物を冷凍すると簡単お手軽夏のスイーツ

暑い季節になるとアイスクリームやシャーベットが食べたくなりますよね。市販の物もいいけど、自宅にある物で手軽にシャーベットやアイスを作ってみましょう。小さな子供がいる家庭ではお手軽ですし何より安全です。

アイデア次第で色々な缶詰の果物スイーツを作ることができる

作り方は簡単です。タッパに好きなフルーツ缶を全部あけてしっかりとフタをして冷凍庫の中に入れます。一晩置くことで程良い甘さのフルーツシャーベットが出来ます。くれぐれも缶ごと冷凍庫にはいれないようにしましょう。破裂してしまいます。

みかんの缶詰やパインの缶詰だけをタッパに入れて凍らせるだけでもひんやりスイーツの出来上がります。まるごと全部凍らせてもいいですし、果物だけ凍らせてもいいです。パイナップルは食べやすいようにカットしておくといいかもしれません。

我が家にはいつも桃缶が常備してあります。夏は凍らせて食べたりします。又家族が体調が悪い時は桃缶の桃だけをジップロックに入れて、1時間程冷凍庫で凍らせるとシャーベット状になるので、食欲がなくてもこれだけは食べてくれます。とても美味しいので是非試してみて下さい。

缶詰の果物を冷凍庫にストックして朝の手作りジュースに

自宅でミックスジュースやスムージーを飲んでいる人も多いですよね。時間がない朝にはピッタリですし、色々な野菜や果物の栄養がお手軽に取ることができます。家族が好きな果物で作ることが出来るのでオススメします。

自宅でミックスジュースを作る時にオススメしたいものは果物の缶詰を冷凍したものです。冷凍庫に何種類か常備しておくことで、その日の気分で色々な組み合わせで作ることが出来ます。

作り方は簡単です。

冷凍したバナナ、冷凍した桃、冷凍したパイナップル、冷凍イチゴとはちみつか砂糖とヨーグルト、牛乳各お好みを入れてミキサーにかけるだけで美味しいミックスジュースが出来上がります。

時間がない朝や食欲がない日でも美味しく飲むことが出来ます。

パーティーにおすすめ!缶詰の果物を冷凍した美味しいフルーツカクテル

自宅でホームパティーをする人多いですよね。毎回どんなお料理にするか悩む人も多いはずですよね。缶詰を冷凍した美味しいフルーツカクテルを作ってみましょう。

缶詰で時短!見た目も鮮やかにできる【フルーツカクテル】

カクテルにはパンチというスタイルがあります。生のフルーツを使うことが多いですが、今回は冷凍フルーツを使うことで冷たく、凍ったフルーツのシャリシャリとした食感も楽しめます。

大人はお酒を入れるとカクテルとして楽しむことが出来ますし、子供用はお酒の代わりに炭酸の入ったジュースを使うとデザートになります。

フルーツの缶詰を凍らせて使うことをオススメします。シロップごとタッパに入れて冷凍して使うことでほどよい甘みも出ます。輪切りになっているパイナップル缶は冷凍する前に食べやすい大きさにカットしておくことをオススメします。好きな缶詰を色々チョイスして冷凍することができます。

冷凍した果物の缶詰はお弁当に入れたりBBQにもおすすめ

果物が高い時期ありますよね。子供が幼稚園や保育園、学校に通っているとお弁当が必要になることもあります。しかし自宅に果物がない場合はありませんか?そんな時冷凍缶詰を利用しましょう。きっとどこの家庭にもストックがあると思います。

冷凍の仕方は簡単です。缶詰の果物をタッパに小分けにして冷凍するだけです。デザートにもなるし、保冷剤の代わりにもなる優れものです。

フルーツの缶詰を缶のまま冷凍するのは危険なので絶対にやめましょう。中身はシロップごとタッパに入れて冷凍することで、乾燥を防ぐことが出来ます。冷凍した缶詰の中身は2週間を目安に食べきるようにします。長い時間冷凍庫に入れておくと、風味も落ちてしまい美味しくなくなります。デザートだけでなくジュースにしたりすることもできますので、アレンジ方法がたくさんあります。

缶詰の果物は必ず別の容器に入れて保存

缶詰の素材は鉄製のブリキ缶かアルミ製です。入っている中身によって内側のコーテングがされています。魚や野菜は樹脂でコーティングされているものが多く、果物の缶詰は内側がコーテングされていないブリキ缶が多いのです。

果物の缶詰の内側がコーティングされていない理由は、缶詰を貯蔵している間に果物に含まれている空気による微量のスズが溶け出ることによって、内容物の色や香りなどの品質が変化するのを防ぐためです。

果物の缶詰は、内側を塗装していないブリキ缶が使われているので、缶を開けて缶のまま置いておくと、空気に触れてスズが溶け出しやすくなります。缶をあけたら、必ず別の容器に入れて近日中に食べるようにしましょう。もし食べきれない場合は冷凍するという方法もあります。冷凍することで2週間は持ちますので、食べきれないと思ったら小分けにして冷凍することをオススメします。