車のパンクに気づかない理由とパンクした場合の正しい対処法

車のタイヤがパンクしてしまうことはあります。
ただパンクに気づかないこともあり、パンクしたまま走行してタイヤをダメにしてしまうこともあります。

タイヤがパンクすれば気づきそうなものですが、気づかないのはなぜなのでしょうか。パンクのまま車を走らせたらどうなるの?

車のパンクに気づかない理由とパンクした場合の正しい対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ウサギがペレットを食べなくなる原因や対処方法について

ウサギが急にペレットを食べなくなってしまった…!?具合が悪いのでしょうか?見るからに衰弱しているよう...

プラバンの作り方!気になる色塗りの方法やポイント

小さい頃にプラバンを使って遊んだ方も多いのではないでしょうか?プラバンを使うと簡単にキーホルダーやチ...

告別式での弔辞の言葉…孫が読む場合の文章の書き方とは

告別式で親族代表として孫が挨拶を行うケースが増えてきています。でも、そんな大役を任せられてもどんなこ...

ライオンVSトラ、対決させるとどっちが強いのか徹底調査!

動物園で見かけるライオンとトラ。どちらもネコ科に属していますが、戦わせるとどっちが強いか気になります...

ゴミ箱のおしゃれな収納アイデア~手軽なDIYと簡単カバー方法

お部屋をおしゃれなインテリアにしても、気になるのが生活感丸出しのゴミ箱です。お客様の目のつか...

トイプードルのカットの頻度や事前に知っておきたいポイント

トイプードルのカットの頻度はその家庭によっても違いますが、トイプードルはあまり長い間カットに行かない...

ディスポーザーつまりはアメリカにいても自分で直そう

アメリカに住んでいると、キッチンのディスポーザーがつまってしまうことってありますよね。便利な...

食品サンプルの材料は百均で全て揃う。材料からパーツまで

美味しそうな食べ物やスイーツなどの食品サンプルが、百均の材料だけで作ることが出来ます。今回は...

カッターの替刃の替え方は?刃を折るのが怖い人へアドバイス

カッターの替刃、その替え方に困っていませんか?カッターは替刃全体を交換しなくても、切れ味の悪い刃...

窓の防寒対策!自分でできるDIYで窓の冷気をシャットアウト

窓から冷気が入り込んできて、なかなか家の中が温まらない事に頭を抱えている人もいるのではないでしょうか...

車内での電話はなぜダメなのか考えられる理由とマナーについて

車内で電話をすることは、なぜNGになるのか疑問に思われる方もいるかもしれませんね。2人で電車...

バーベキューのご飯を鍋でも美味しく焚くには浸す時間がカギ

バーベキューの時にご飯を焚く場合は、鍋で焚くこともあると思いますが、鍋でご飯を焚くのは難しいと思って...

筋トレとストレッチの違いとは?筋トレ前後に効果的な方法を紹介

筋トレとストレッチにはどんな違いがあるのでしょうか?ストレッチをするのは筋トレをする前?それとも筋ト...

手洗いの時の柔軟剤を入れるタイミングとすすぐ必要性について

大事な衣服を手洗いで洗濯する場合、気になるのは「柔軟剤」を入れるタイミングなどですよね。洗濯...

発泡スチロールの箱をタダでもらう方法と臭いの除去方法

発泡スチロールの箱はお店に行けば販売していますが、タダでもらう方法はあるのでしょうか。発泡スチロ...

スポンサーリンク

車がパンクしたらどうなるの?タイヤの箇所によっては気づかない?

車を運転中に車がパンクしてしまった場合、急にずるずると言うような異音がしたり、ハンドルが重くなる、運転中にいつもと違う感じがする場合はタイヤがパンクしている可能性が考えられます。すぐに安全な場所に車を停めてましょう。最近の車のタイヤは純正のホイールがすでに大きくなっているので、タイヤ自体が扁平担っています。なのでタイヤはが扁平したときもタイヤがグニャグニャになる感覚があまり感じらないのでホイールだけで走れてしまうので気がつきにくいのです。

パンクをしているタイヤで走行するのはとても危険です。すこしでも違和感を感じた場合は、ハザードランプを点滅し周りに知らせながら安全な場所にゆっくり移動するようにしましょう。

パンクに気づかないまま車を走らせるとどうなるの?

車を運転中にタイヤがパンクしたことい気がついてもすぐには車を停車することも出来ない場合もありますよね。しかし車のタイヤがパンクしたまま車の運転を続けるとホイールまで傷ついてしまったり、軽い症状だった状態でもかなり悪い状態になったりすることもあります。修理が必要になるのでスピードはあまり出さずに近くのガソリンスタンドに行きましょう。スピードが出ているとダメージも大きくなります。ブレーキもできるだけタイヤの負担にならないようにエンジンブレードを使うようにしましょう。

タイヤがパンクしてしまった場合、自分でタイヤ交換が出来るなら、安全な場所に車を停めてスペアタイヤに交換するようにしましょう。タイヤ交換をする時に注意することは路面が傾いていないか確認することです。タイヤ交換が自分でできない人は近くのガソリンスタンドやカーショップなどにゆっくり慎重に車を持ち込みましょう。タイヤの修理費用は店舗によって異なります。修理が出来ない場合は新しいタイヤに買い換えることになります。

車のタイヤがパンクしてまう原因は?

車のタイヤがパンクしてしまう原因はどんなことがあるか知っていますか?車のタイヤがパンクする原因にタイヤに釘や尖ったものが刺さったりしてパンクすることがあります。前輪よりも後輪に起こること多いです。しかし最近のタイヤは釘が刺さったとしてしもすぐには空気が抜けない様になっているタイヤが多いので、刺さったとしてもすぐにパンクするわけではありません。時間が経つと空気が抜けるのでパンクしていることに気がつくのです。

また縁石があることに気がつかず縁石に乗り上げてしまったり、タイヤの側面を縁石にこすりつけてしまった場合です。縁石にこすっても見た目には異常がないのでそのままにしておくという人も多いですよね。しかし衝撃によってタイヤはダメージを受けています。知らない間に空気圧が下がり、そしてパンクしたりバーストをする可能性もあります。縁石にこすってしまった場合は必ず専門店で見てもらうようにすることをオススメします。

車のタイヤがパンクし走行不能になった時の正しい対処法は?

車を運転している時にパンクしていることに気がついたらすぐに道路の安全な場所に車を停めましょう。

そのまま運転を続けているとホイールまで駄目になってしまう可能性があります。タイヤの他の物まで壊れてしまうと、修理代が高くなってしまうこともあるので被害を小さく抑えるためにはすぐに車を停めることです。もし自分でタイヤ交換が出来る場合はスペアタイヤに交換しましょう。出来ない場合はロードサービスを呼ぶようにしましょう。ロードサービスで行ってくれるのは、スペアタイヤに交換してくれる作業だけです。パンクの修理はしてくれませんので注意しましょう。

最近の車にはスペアタイヤがついていない車も多くなりましたが、パンク修理キットを積んでいることがあります。そのような場合は修理キットで応急処置を行ってくれます。

スペアタイヤに自分で交換したり、ロードサービスで応急処置をしてもらったら、ガソリンスタンドやカーショップなどでパンクの修理や交換をします。スペアは非常時に使う物なので長く乗ることが出来ません。