車のパンクに気づかない理由とパンクした場合の正しい対処法

車のタイヤがパンクしてしまうことはあります。
ただパンクに気づかないこともあり、パンクしたまま走行してタイヤをダメにしてしまうこともあります。

タイヤがパンクすれば気づきそうなものですが、気づかないのはなぜなのでしょうか。パンクのまま車を走らせたらどうなるの?

車のパンクに気づかない理由とパンクした場合の正しい対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

引き戸のレールの掃除方法!ホコリを取り除いて快適な滑りに

お家の引き戸が重くなってきたと感じることはありませんか?以前はもっと軽い力で動かせたのに、レールの滑...

ハムスターの砂場用容器の選び方!100均アイテムでも代用可能

ハムスターの砂遊びで必要な砂場の容器ですが、市販されている物を使って失敗してしまうこともあります。...

一人暮らしでペットに犬を飼うのはNG?一人暮らしの犬の飼い方

一人暮らしをしている人の中には、ペットに犬を飼いたいと思っている人もいますよね。でも、自分が仕事に行...

革靴のシワがかっこいい!綺麗な履きジワの付け方と革靴の選び方

革靴にできる履きジワが綺麗につくとかっこいいと思いませんか?なんだか味のある一足になった!そんな風に...

大事な朝ごはん!子供が好きなパンを朝食に!ポイントを紹介

朝ごはんはキチンを毎日食べていますか?子供には朝ごはんをきちんと食べさてあげたいものです。...

給与明細の保管期間は個人でどのくらい?保管方法とポイント 

会社から給与明細をもらってすぐに捨てていませんか?給与明細を何年も放置して捨てどきに困ってい...

小学校では鉛筆の2Bをいつまで使用?指定される理由と使い心地

小学校の入学準備を始めていると、筆記用具の注意点に「鉛筆は2b、または2b以上」と指定されている場合...

強い地震だと家具は飛ぶ!日頃から地震に備えるしか方法はない

地震で家具が飛ぶって信じられますか?でもこれは本当です。地震によって家具が倒れるのは理解できるか...

本の湿気による歪みを改善するコツと長持ちさせるための注意点

本の湿気による歪みは元に戻すことができるのでしょうか?本は紙でできているので、気がつくと湿気によって...

うさぎの牧草入れを手作りで♪100均商品を使って悩みを解消

うさぎの牧草入れを手作りしてみませんか?うさぎによって性格や体格が違いますので、牧草をばらまいて...

喧嘩が強くなる方法とは?女でも相手にナメられない雰囲気を作る

喧嘩に強くなる方法を知りたい!女だって強くなりたい!どのような理由かはわかりませんが...

窓の防音対策にシートは効果あり?シートの特徴を紹介

窓に防音対策のシートを貼るときにはどんなものを選べばいいのでしょうか?しっかりと防音できるシートとで...

窓のシールの剥がし方色々。家庭にあるもので剥がす方法と手順

お子様がいる家庭なら、家の壁や窓ガラスや冷蔵庫など色々なところにシールがはられているということはあり...

野良猫の親子を捕獲するには?保護した後の対応とは

野良猫の親子が庭に住み着いてしまったときなど、野良猫を捕獲したいときはどうしたらいいのでしょうか?...

靴の収納は箱のまま?それとも出したほうがいい?靴の収納方法

靴を収納するときは箱のままのほうがいいのでしょうか?箱に入っているほうが積み重ねることができるので収...

スポンサーリンク

車がパンクしたらどうなるの?タイヤの箇所によっては気づかない?

車を運転中に車がパンクしてしまった場合、急にずるずると言うような異音がしたり、ハンドルが重くなる、運転中にいつもと違う感じがする場合はタイヤがパンクしている可能性が考えられます。すぐに安全な場所に車を停めてましょう。最近の車のタイヤは純正のホイールがすでに大きくなっているので、タイヤ自体が扁平担っています。なのでタイヤはが扁平したときもタイヤがグニャグニャになる感覚があまり感じらないのでホイールだけで走れてしまうので気がつきにくいのです。

パンクをしているタイヤで走行するのはとても危険です。すこしでも違和感を感じた場合は、ハザードランプを点滅し周りに知らせながら安全な場所にゆっくり移動するようにしましょう。

パンクに気づかないまま車を走らせるとどうなるの?

車を運転中にタイヤがパンクしたことい気がついてもすぐには車を停車することも出来ない場合もありますよね。しかし車のタイヤがパンクしたまま車の運転を続けるとホイールまで傷ついてしまったり、軽い症状だった状態でもかなり悪い状態になったりすることもあります。修理が必要になるのでスピードはあまり出さずに近くのガソリンスタンドに行きましょう。スピードが出ているとダメージも大きくなります。ブレーキもできるだけタイヤの負担にならないようにエンジンブレードを使うようにしましょう。

タイヤがパンクしてしまった場合、自分でタイヤ交換が出来るなら、安全な場所に車を停めてスペアタイヤに交換するようにしましょう。タイヤ交換をする時に注意することは路面が傾いていないか確認することです。タイヤ交換が自分でできない人は近くのガソリンスタンドやカーショップなどにゆっくり慎重に車を持ち込みましょう。タイヤの修理費用は店舗によって異なります。修理が出来ない場合は新しいタイヤに買い換えることになります。

車のタイヤがパンクしてまう原因は?

車のタイヤがパンクしてしまう原因はどんなことがあるか知っていますか?車のタイヤがパンクする原因にタイヤに釘や尖ったものが刺さったりしてパンクすることがあります。前輪よりも後輪に起こること多いです。しかし最近のタイヤは釘が刺さったとしてしもすぐには空気が抜けない様になっているタイヤが多いので、刺さったとしてもすぐにパンクするわけではありません。時間が経つと空気が抜けるのでパンクしていることに気がつくのです。

また縁石があることに気がつかず縁石に乗り上げてしまったり、タイヤの側面を縁石にこすりつけてしまった場合です。縁石にこすっても見た目には異常がないのでそのままにしておくという人も多いですよね。しかし衝撃によってタイヤはダメージを受けています。知らない間に空気圧が下がり、そしてパンクしたりバーストをする可能性もあります。縁石にこすってしまった場合は必ず専門店で見てもらうようにすることをオススメします。

車のタイヤがパンクし走行不能になった時の正しい対処法は?

車を運転している時にパンクしていることに気がついたらすぐに道路の安全な場所に車を停めましょう。

そのまま運転を続けているとホイールまで駄目になってしまう可能性があります。タイヤの他の物まで壊れてしまうと、修理代が高くなってしまうこともあるので被害を小さく抑えるためにはすぐに車を停めることです。もし自分でタイヤ交換が出来る場合はスペアタイヤに交換しましょう。出来ない場合はロードサービスを呼ぶようにしましょう。ロードサービスで行ってくれるのは、スペアタイヤに交換してくれる作業だけです。パンクの修理はしてくれませんので注意しましょう。

最近の車にはスペアタイヤがついていない車も多くなりましたが、パンク修理キットを積んでいることがあります。そのような場合は修理キットで応急処置を行ってくれます。

スペアタイヤに自分で交換したり、ロードサービスで応急処置をしてもらったら、ガソリンスタンドやカーショップなどでパンクの修理や交換をします。スペアは非常時に使う物なので長く乗ることが出来ません。