車のパンクに気づかない理由とパンクした場合の正しい対処法

車のタイヤがパンクしてしまうことはあります。
ただパンクに気づかないこともあり、パンクしたまま走行してタイヤをダメにしてしまうこともあります。

タイヤがパンクすれば気づきそうなものですが、気づかないのはなぜなのでしょうか。パンクのまま車を走らせたらどうなるの?

車のパンクに気づかない理由とパンクした場合の正しい対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

高校の合格発表を聞いた時の親の正しい対応とNGな対応

高校の合格発表は、本人の子供と同じくらいに親も不安になるものです。受験当日に向けて親子で頑張ってきて...

洗濯は洗剤なしでも効果アリ!汚れやニオイも落とせます

洗濯する時に使用する洗濯用洗剤。しかし、洗剤なしの方がお金もかからないし、洋服にも体にもいいのでは?...

ニットをリメイクで切るときは後処理が大切!簡単再利用のコツ

ニットはリメイクのために切るとほつれてしまいます。そのため、ニットを切った後はほつれ防止のための後処...

アパートの騒音トラブル!引っ越し費用は請求できるのか

アパート内のトラブルで一番多い問題が「騒音トラブル」です。 対策を取っても改善しない場合、泣...

麺をすする方法は?上手に麺をすすれるようになる簡単な練習方法

日本にはラーメンやそば・うどんのように、麺をすすりながら食べる食べ物がたくさんあります。でも、中には...

電車でスマホを見られるのを防止するには?オススメ防止方法

あなたのスマホ、覗き見されているかもしれませんよ・・。電車内では見るつもりがなくともスマホの画面が目...

卵の臭いの消し方を教えて!気になる卵の臭いをスッキリ消す方法

卵の臭いが気になるという人もいますよね。食器についてしまった卵の臭いの消し方が知りたいという人もいる...

キャベツを変色で黄色くさせないコツや保存方法と切り方の秘訣とは

キャベツを長く保存しているとだんだん黄色く変色していきますよね。では、キャベツが黄色に変色す...

封筒を再利用するときのマナー・再利用で地球にやさしいエコ活動

ビジネスシーンでは、宛名の書かれていない封筒を再利用する事もあります。この時、相手に失礼にならないよ...

ガス代の節約・元栓を閉めても節約にはならない!節約方法を紹介

毎月のガス代の請求が高く、どうにかしてガス代を節約することはできないか、頭を悩ませている人もいるので...

コットンシャツのしわ予防に効果的な洗濯方法と干し方

綿100%のシャツは着心地も良く、どんな方のクローゼットにも入っているアイテムだと思います。...

色の種類の合わせ方とは?服のカラーコーディネートについて

今日も張り切って、服のカラーコーディネートを考えらけれどなんだかまとまりがないような?かといって無難...

男装メイクのやり方とコツ!ナチュラルイケメンに変身しましょう

男装メイクのやり方はコツを掴めばどなたでも簡単にできます。コスプレに興味がある人ならやってみたいと思...

醤油ボトルの収納をスッキリさせるコツや容器を統一するポイント

毎日使う醤油などの調味料のボトルってどうしたらスッキリ収納できるのでしょうか?では、醤油のボ...

大学の新入生ガイダンスの服装は?服装とメイクのポイントを解説

大学の新入生ガイダンスに参加するとき、一体どんな服装で出席すればいいのか分からない人もいるのではない...

スポンサーリンク

車がパンクしたらどうなるの?タイヤの箇所によっては気づかない?

車を運転中に車がパンクしてしまった場合、急にずるずると言うような異音がしたり、ハンドルが重くなる、運転中にいつもと違う感じがする場合はタイヤがパンクしている可能性が考えられます。すぐに安全な場所に車を停めてましょう。最近の車のタイヤは純正のホイールがすでに大きくなっているので、タイヤ自体が扁平担っています。なのでタイヤはが扁平したときもタイヤがグニャグニャになる感覚があまり感じらないのでホイールだけで走れてしまうので気がつきにくいのです。

パンクをしているタイヤで走行するのはとても危険です。すこしでも違和感を感じた場合は、ハザードランプを点滅し周りに知らせながら安全な場所にゆっくり移動するようにしましょう。

パンクに気づかないまま車を走らせるとどうなるの?

車を運転中にタイヤがパンクしたことい気がついてもすぐには車を停車することも出来ない場合もありますよね。しかし車のタイヤがパンクしたまま車の運転を続けるとホイールまで傷ついてしまったり、軽い症状だった状態でもかなり悪い状態になったりすることもあります。修理が必要になるのでスピードはあまり出さずに近くのガソリンスタンドに行きましょう。スピードが出ているとダメージも大きくなります。ブレーキもできるだけタイヤの負担にならないようにエンジンブレードを使うようにしましょう。

タイヤがパンクしてしまった場合、自分でタイヤ交換が出来るなら、安全な場所に車を停めてスペアタイヤに交換するようにしましょう。タイヤ交換をする時に注意することは路面が傾いていないか確認することです。タイヤ交換が自分でできない人は近くのガソリンスタンドやカーショップなどにゆっくり慎重に車を持ち込みましょう。タイヤの修理費用は店舗によって異なります。修理が出来ない場合は新しいタイヤに買い換えることになります。

車のタイヤがパンクしてまう原因は?

車のタイヤがパンクしてしまう原因はどんなことがあるか知っていますか?車のタイヤがパンクする原因にタイヤに釘や尖ったものが刺さったりしてパンクすることがあります。前輪よりも後輪に起こること多いです。しかし最近のタイヤは釘が刺さったとしてしもすぐには空気が抜けない様になっているタイヤが多いので、刺さったとしてもすぐにパンクするわけではありません。時間が経つと空気が抜けるのでパンクしていることに気がつくのです。

また縁石があることに気がつかず縁石に乗り上げてしまったり、タイヤの側面を縁石にこすりつけてしまった場合です。縁石にこすっても見た目には異常がないのでそのままにしておくという人も多いですよね。しかし衝撃によってタイヤはダメージを受けています。知らない間に空気圧が下がり、そしてパンクしたりバーストをする可能性もあります。縁石にこすってしまった場合は必ず専門店で見てもらうようにすることをオススメします。

車のタイヤがパンクし走行不能になった時の正しい対処法は?

車を運転している時にパンクしていることに気がついたらすぐに道路の安全な場所に車を停めましょう。

そのまま運転を続けているとホイールまで駄目になってしまう可能性があります。タイヤの他の物まで壊れてしまうと、修理代が高くなってしまうこともあるので被害を小さく抑えるためにはすぐに車を停めることです。もし自分でタイヤ交換が出来る場合はスペアタイヤに交換しましょう。出来ない場合はロードサービスを呼ぶようにしましょう。ロードサービスで行ってくれるのは、スペアタイヤに交換してくれる作業だけです。パンクの修理はしてくれませんので注意しましょう。

最近の車にはスペアタイヤがついていない車も多くなりましたが、パンク修理キットを積んでいることがあります。そのような場合は修理キットで応急処置を行ってくれます。

スペアタイヤに自分で交換したり、ロードサービスで応急処置をしてもらったら、ガソリンスタンドやカーショップなどでパンクの修理や交換をします。スペアは非常時に使う物なので長く乗ることが出来ません。