車のパンクに気づかない理由とパンクした場合の正しい対処法

車のタイヤがパンクしてしまうことはあります。
ただパンクに気づかないこともあり、パンクしたまま走行してタイヤをダメにしてしまうこともあります。

タイヤがパンクすれば気づきそうなものですが、気づかないのはなぜなのでしょうか。パンクのまま車を走らせたらどうなるの?

車のパンクに気づかない理由とパンクした場合の正しい対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車を売りたいときには防犯登録を取り消すべき?その方法とは

自転車を売りたいけれど、買ったときに防犯登録したものはどうなるのでしょうか?自分で防犯登録を...

ハンバーガーバンズの代用になるものは?バンズのレシピも紹介!

ハンバーガーを作りたい!でもバンズが売っていないこのような場合、なにか代用できるものはないかと考える...

6畳の寝室に4人家族で寝る方法!ベッドと布団両方をご紹介

お子さんが小さいうちは、親子で1つの寝室を使用する方が多いのではないでしょうか。寝室が広ければ問題は...

車の値段は年収のどれくらいがベスト?車の適正価格について

車の値段を決める大きな基準となるのが年収ですが、いったいどのくらいまでが上限となるのでしょうか?...

管理栄養士の勉強方法【社会人編】働きながらできる効率的なコツ

管理栄養士になるためにはどんな勉強方法がいいのでしょうか?社会人で働きながら管理栄養士を目指すならオ...

「人間が怖い」と思われるような小説を書きたい

小説にはさまざまなジャンルがありますが、人間の恐怖にスポットを当てたものでも表現はいくつもあります。...

フェルトで手作りしたお守りで彼を応援!作り方のポイント

受験を控えた彼には、神社で購入するお守りではなく、フェルトで手作りしたお守りをプレゼントしてはいかが...

婿養子のメリット・デメリットと『婿入り』と『婿養子』の違い

婿養子にはメリットとデメリットがあります。『婿入り』と『婿養子』は違います。昔話などで聞...

食洗機用洗剤がない時の代用品になるものは?使用上の注意点も

食洗機を使いたいのに食洗機用洗剤がない!そんなことありませんか?何か代用品があれば…と思いますが...

ハムスターは飼い始め1週間が勝負!ハムちゃんの気持ちをご紹介

ハムスターを飼い始めた瞬間から1週間は、絶対にそっとしておきましょう。せっかくハムちゃんを迎...

中学生の子どもが勉強しないことにイライラする本当の理由

中学生になったのに、子供が自主的に勉強しないことにイライラしてしまうママは本当にたくさんいます。...

病室の個室にカメラが付いてあるのはなぜ?カメラ設置の理由

病室の全部ではありませんが、個室にカメラが設置されている場合があります。着替えたりする時も気...

ハーバリウムボールペンの作り方!初心者でもできる作り方のコツ

最近話題のハーバリウムですが、作ってみたいと思っている方も多いと思います。中でも、ハーバリウム初...

セラミックのフライパンの手入れ方法!長持ちさせる使い方のコツ

セラミックのフライパンの手入れはポイントをおさえればどなたでも簡単です。セラミックのフライパンはフッ...

絵が描けない!スランプの原因とスランプから抜け出す対処法

絵を描くことが好きな人の中には、なかなか自分の思うような絵を描くことができなくなり、スランプになって...

スポンサーリンク

車がパンクしたらどうなるの?タイヤの箇所によっては気づかない?

車を運転中に車がパンクしてしまった場合、急にずるずると言うような異音がしたり、ハンドルが重くなる、運転中にいつもと違う感じがする場合はタイヤがパンクしている可能性が考えられます。すぐに安全な場所に車を停めてましょう。最近の車のタイヤは純正のホイールがすでに大きくなっているので、タイヤ自体が扁平担っています。なのでタイヤはが扁平したときもタイヤがグニャグニャになる感覚があまり感じらないのでホイールだけで走れてしまうので気がつきにくいのです。

パンクをしているタイヤで走行するのはとても危険です。すこしでも違和感を感じた場合は、ハザードランプを点滅し周りに知らせながら安全な場所にゆっくり移動するようにしましょう。

パンクに気づかないまま車を走らせるとどうなるの?

車を運転中にタイヤがパンクしたことい気がついてもすぐには車を停車することも出来ない場合もありますよね。しかし車のタイヤがパンクしたまま車の運転を続けるとホイールまで傷ついてしまったり、軽い症状だった状態でもかなり悪い状態になったりすることもあります。修理が必要になるのでスピードはあまり出さずに近くのガソリンスタンドに行きましょう。スピードが出ているとダメージも大きくなります。ブレーキもできるだけタイヤの負担にならないようにエンジンブレードを使うようにしましょう。

タイヤがパンクしてしまった場合、自分でタイヤ交換が出来るなら、安全な場所に車を停めてスペアタイヤに交換するようにしましょう。タイヤ交換をする時に注意することは路面が傾いていないか確認することです。タイヤ交換が自分でできない人は近くのガソリンスタンドやカーショップなどにゆっくり慎重に車を持ち込みましょう。タイヤの修理費用は店舗によって異なります。修理が出来ない場合は新しいタイヤに買い換えることになります。

車のタイヤがパンクしてまう原因は?

車のタイヤがパンクしてしまう原因はどんなことがあるか知っていますか?車のタイヤがパンクする原因にタイヤに釘や尖ったものが刺さったりしてパンクすることがあります。前輪よりも後輪に起こること多いです。しかし最近のタイヤは釘が刺さったとしてしもすぐには空気が抜けない様になっているタイヤが多いので、刺さったとしてもすぐにパンクするわけではありません。時間が経つと空気が抜けるのでパンクしていることに気がつくのです。

また縁石があることに気がつかず縁石に乗り上げてしまったり、タイヤの側面を縁石にこすりつけてしまった場合です。縁石にこすっても見た目には異常がないのでそのままにしておくという人も多いですよね。しかし衝撃によってタイヤはダメージを受けています。知らない間に空気圧が下がり、そしてパンクしたりバーストをする可能性もあります。縁石にこすってしまった場合は必ず専門店で見てもらうようにすることをオススメします。

車のタイヤがパンクし走行不能になった時の正しい対処法は?

車を運転している時にパンクしていることに気がついたらすぐに道路の安全な場所に車を停めましょう。

そのまま運転を続けているとホイールまで駄目になってしまう可能性があります。タイヤの他の物まで壊れてしまうと、修理代が高くなってしまうこともあるので被害を小さく抑えるためにはすぐに車を停めることです。もし自分でタイヤ交換が出来る場合はスペアタイヤに交換しましょう。出来ない場合はロードサービスを呼ぶようにしましょう。ロードサービスで行ってくれるのは、スペアタイヤに交換してくれる作業だけです。パンクの修理はしてくれませんので注意しましょう。

最近の車にはスペアタイヤがついていない車も多くなりましたが、パンク修理キットを積んでいることがあります。そのような場合は修理キットで応急処置を行ってくれます。

スペアタイヤに自分で交換したり、ロードサービスで応急処置をしてもらったら、ガソリンスタンドやカーショップなどでパンクの修理や交換をします。スペアは非常時に使う物なので長く乗ることが出来ません。