車のパンクに気づかない理由とパンクした場合の正しい対処法

車のタイヤがパンクしてしまうことはあります。
ただパンクに気づかないこともあり、パンクしたまま走行してタイヤをダメにしてしまうこともあります。

タイヤがパンクすれば気づきそうなものですが、気づかないのはなぜなのでしょうか。パンクのまま車を走らせたらどうなるの?

車のパンクに気づかない理由とパンクした場合の正しい対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

目の種類にはどんな形がある?それぞれの特徴とメイク方法

目にはどのような形や種類があるのでしょうか?同じようにメイクをしているのに、濃く見えてしまったりメイ...

アメリカの会社の休みはどのくらい?日本との違い

アメリカの会社は日本と比べて休みが多い?それとも少ないのでしょうか?イメージとしては日本よりも働く時...

自己顕示欲と承認欲求の違い!人間心理を理解して人生を豊かに

自己顕示欲と承認欲求の違いは一体何なのか知りたい人おいるのではないでしょうか。人からの評価が...

ストッキングの掃除に活用してピカピカ快適な住まいに

ストッキングって伝線したり穴が開いたりすると使えないと思っていませんか?しかし、そんな破れた...

アクセルとブレーキどっちか分からなくなる踏み間違いの危険性

アクセルとブレーキは普段ならどっちを踏むべきかすぐに判断つくものですが、よくニュースで踏み間違い事故...

猫のシャンプータオルの使い方やメリット・デメリットについて

猫用のシャンプータオルをご存知ですか?シャンプータオルと言うとシャンプーをしたときに使用する、吸水性...

【三角巾の簡単な作り方】大人用だってかわいく作りましょう

子供用の三角巾の作り方はネットでもいろいろ紹介されていますが、大人用となるとなかなか見つけにくいもの...

玄関ドアの隙間風対策!寒い玄関にお困りの方へ

玄関ドアからの冷たい隙間風にお困りの方はいませんか?夏にはそれほど気にならなくても、気温が下がってく...

部屋の模様替えは机のDIYで!簡単な机の作り方をご紹介

使いにくい机や、部屋の雰囲気に合わない机をどうにかしたいと思ってはいませんか?特に机は、部屋の雰囲気...

飲食店でピアスがNGだったら絆創膏で目立たなく出来る方法とは

せっかく空けたファーストピアス!数日後に飲食店のバイトが決まったけれどピアスがNGらしい・・・。...

野うさぎの赤ちゃんの育て方は?保護した時は動物病院へ委ねよう

飼いうさぎではなく、野うさぎの赤ちゃんの育て方はどうすればいいの?という悩み。野うさぎは日本の至...

朝ごはんはトースト&卵という人のためにアレンジ方法を教えます

仕事に行く前の時間がない時でも、朝ごはんはちゃんと食べたいですよね。でも、いつもトーストと卵...

ナチュラルメイクでデカ目を作る方法が盛沢山。様々なテクニック

つけまやカラコン無しでもデカ目は作れますよ。デカ目にすると「メイクが濃い」というイメージがあ...

100均のペンケースのアレンジ術を紹介。簡単なデコり方や作り方

みなさんはどんなペンケースを使っていますか?100均のペンケースはプチプラなのに可愛い、使いやす...

服をハンガーにかけて干すと伸びる。干すときのポイントとは

服をハンガーにかけて乾かすと伸びるのをどうにかしたい!しかし、逆さまにして洗濯バサミでとめても、服と...

スポンサーリンク

車がパンクしたらどうなるの?タイヤの箇所によっては気づかない?

車を運転中に車がパンクしてしまった場合、急にずるずると言うような異音がしたり、ハンドルが重くなる、運転中にいつもと違う感じがする場合はタイヤがパンクしている可能性が考えられます。すぐに安全な場所に車を停めてましょう。最近の車のタイヤは純正のホイールがすでに大きくなっているので、タイヤ自体が扁平担っています。なのでタイヤはが扁平したときもタイヤがグニャグニャになる感覚があまり感じらないのでホイールだけで走れてしまうので気がつきにくいのです。

パンクをしているタイヤで走行するのはとても危険です。すこしでも違和感を感じた場合は、ハザードランプを点滅し周りに知らせながら安全な場所にゆっくり移動するようにしましょう。

パンクに気づかないまま車を走らせるとどうなるの?

車を運転中にタイヤがパンクしたことい気がついてもすぐには車を停車することも出来ない場合もありますよね。しかし車のタイヤがパンクしたまま車の運転を続けるとホイールまで傷ついてしまったり、軽い症状だった状態でもかなり悪い状態になったりすることもあります。修理が必要になるのでスピードはあまり出さずに近くのガソリンスタンドに行きましょう。スピードが出ているとダメージも大きくなります。ブレーキもできるだけタイヤの負担にならないようにエンジンブレードを使うようにしましょう。

タイヤがパンクしてしまった場合、自分でタイヤ交換が出来るなら、安全な場所に車を停めてスペアタイヤに交換するようにしましょう。タイヤ交換をする時に注意することは路面が傾いていないか確認することです。タイヤ交換が自分でできない人は近くのガソリンスタンドやカーショップなどにゆっくり慎重に車を持ち込みましょう。タイヤの修理費用は店舗によって異なります。修理が出来ない場合は新しいタイヤに買い換えることになります。

車のタイヤがパンクしてまう原因は?

車のタイヤがパンクしてしまう原因はどんなことがあるか知っていますか?車のタイヤがパンクする原因にタイヤに釘や尖ったものが刺さったりしてパンクすることがあります。前輪よりも後輪に起こること多いです。しかし最近のタイヤは釘が刺さったとしてしもすぐには空気が抜けない様になっているタイヤが多いので、刺さったとしてもすぐにパンクするわけではありません。時間が経つと空気が抜けるのでパンクしていることに気がつくのです。

また縁石があることに気がつかず縁石に乗り上げてしまったり、タイヤの側面を縁石にこすりつけてしまった場合です。縁石にこすっても見た目には異常がないのでそのままにしておくという人も多いですよね。しかし衝撃によってタイヤはダメージを受けています。知らない間に空気圧が下がり、そしてパンクしたりバーストをする可能性もあります。縁石にこすってしまった場合は必ず専門店で見てもらうようにすることをオススメします。

車のタイヤがパンクし走行不能になった時の正しい対処法は?

車を運転している時にパンクしていることに気がついたらすぐに道路の安全な場所に車を停めましょう。

そのまま運転を続けているとホイールまで駄目になってしまう可能性があります。タイヤの他の物まで壊れてしまうと、修理代が高くなってしまうこともあるので被害を小さく抑えるためにはすぐに車を停めることです。もし自分でタイヤ交換が出来る場合はスペアタイヤに交換しましょう。出来ない場合はロードサービスを呼ぶようにしましょう。ロードサービスで行ってくれるのは、スペアタイヤに交換してくれる作業だけです。パンクの修理はしてくれませんので注意しましょう。

最近の車にはスペアタイヤがついていない車も多くなりましたが、パンク修理キットを積んでいることがあります。そのような場合は修理キットで応急処置を行ってくれます。

スペアタイヤに自分で交換したり、ロードサービスで応急処置をしてもらったら、ガソリンスタンドやカーショップなどでパンクの修理や交換をします。スペアは非常時に使う物なので長く乗ることが出来ません。