インコのケージを手作りするコツや方法とカバーも作る効果

インコのケージを手作りできたら、より自分好みでインコにも合わせたケージを作ることができます。インコのケージは購入するとなると金額もするので、自分で手作りするなら費用も抑えることができるのでオススメです。

そこで、インコのケージを手作りするコツや方法について、必要なアイテムや木材を使ったケージの作り方、ケージカバーの手作りやビニールケージカバーの保温効果、ケージを手作りするときに大切なことをお伝えしていきましょう。

これを読めば、インコをこれから飼おうと思っている人でも、自分好みのケージを手作りすることができます。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

圧縮袋は掃除機の使い方に注意!正しい使い方とメリット

圧縮袋は掃除機での吸引が必要な使い方のものと、掃除機不要でも使えるものがあります。圧縮袋を使...

5歳差の兄弟のメリット・デメリットをご紹介

5歳差の兄弟は、年が離れていて兄弟であまり同じ遊びが出来ないんじゃないかぁなんて思いますが、メリット...

水泳選手コースの基準について選ばれるポイントやタイミング

水泳の選手コースになるには基準という目安があります。本人が選手コースに行きたくても、コーチから選手コ...

友達と絶縁!仲直りしたい時の対処法は?関係修復方法を解説

友達と喧嘩をして絶縁してしまったとき、喧嘩をしたばかりの頃はもう一生友達には戻りたくないと考えること...

洗剤と漂白剤と柔軟剤の効果と使い方について知りたい

洗濯を普段している人でも、あまり洗剤の内容や効果などについて深く考えたことがないという人もいるのでは...

ウサギのオス同士で仲良くなる方法とは?うさぎの飼い方

ウサギのオス同士が仲良くなる方法はあるのでしょうか?なわばり意識の強いウサギを多頭飼いするときにはど...

洗剤と漂白剤は混ぜると危険な理由と正しい取り扱いのコツ

洗剤や漂白剤には混ぜるな危険という記載表示がされているものがあります。それは、どのように危険なのか、...

ブレーキを踏むとなるキーキー音の原因と対策について

ブレーキを踏むとキーキー音が気になる時ありますよね。ブレーキから音がしていると思うと安全性は大丈夫?...

テレビをコーナーにレイアウトする場合のメリットや選び方

家族が集まるリビングにテレビは欠かせないでしょう。テレビはお部屋のどの位置に設置していますか?...

醤油ボトルの収納をスッキリさせるコツや容器を統一するポイント

毎日使う醤油などの調味料のボトルってどうしたらスッキリ収納できるのでしょうか?では、醤油のボ...

猫は自分が可愛いことを自覚している?猫の可愛い行動とその理由

猫の可愛い行動に毎日メロメロにされている飼い主さんもいるのではないでしょうか。まるで自覚しているかの...

ホットプレートを使った美味しい餃子の焼き方と餃子の変わり種

ホームパーティーや仲の良い友達を招いてのパーティーに、餃子パーティーはいかがですか?みんなで...

ハムスターがかじり木を食べる理由や与え方の注意点について

ハムスターがかじり木を食べるように見えるのは、噛むことで刃を削っているからです。ただ、もしも本当に食...

カーペットについた両面テープの上手な剥がし方を教えます

カーペットが動かないように両面テープを使って固定したものの、引っ越しなどで剥がした時にカーペットに両...

かさばる編み物の道具はどうやって収納?見せる収納と隠す収納

編み物の道具は長さがあったり、数を必要としたりなど、意外と収納に困ってしまいます。袋にひとま...

スポンサーリンク

インコのケージは必要なアイテムがあれば手作りできる

どんな鳥かごに住むか、というのは飼育されているインコたちにとっては大きな問題です。
インコは基本的に飼い主さんが大好きな生き物ですから、ケージまで飼い主さんの手作りだと今よりももっとなついてくれるのではないでしょうか。

そこで鳥かご作りに挑戦してみましょう。

ハンドメイドの鳥かごは温かみを感じさせますし、おそらく想像しているよりも簡単に作れます。
まずは鳥かごを作るために必要となる基本のアイテムを覚えましょう。

それはワイヤーネットです。
インコが逃げてしまわない、かつ通気性のあるワイヤーネットは実は鳥かご作りに最適なパーツです。

鳥かごはこのワイヤーネットを数枚組み合わせて、ワイヤーで固定するだけでもできるので、はじめて鳥かごを作るという場合はワイヤーネットを中心にどんなものにするかを考えていくと作りやすいかもしれません。

インコのケージはぬくもりある木材でも手作り可能

インコの鳥かごは木材でも手作り可能です。
ホームセンターの木材売り場でどんなものを作りたいか構想を練りながら材料を探していきます。

基本的には細めの角材と軸材で作ることができると思います。

床のパーツとなる板材を決めたら、それに合わせて支柱となる木材や、網目状にしていくための軸材を選んでいきます。

四角いものならすぐに作れそうですね。

電動ドリルやサンドペーパー、木工用ボンドなどの道具をそろえていざ作りましょう。

自宅に工具がない!という方の場合は工具を貸し出してくれるサービスを行っているホームセンターで購入するのもいいですし、工具を貸してくれる施設などもありますので作りたいものに合わせてリサーチしてみるのもおすすめですよ。

インコのためにケージカバーも手作りしてみましょう

ケージを作るのはちょっとハードルが高そうだけど、インコのためになにか手作りしてみたいという方はケージカバーの手作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

市販のケージカバーを使ったことのある方ならわかると思いますが、ケージカバーは遮光性が大事です。
作成するときは遮光カーテンを使うなど、遮光できる布で作りましょう。

作りたいケージカバーのデザインや材料が決まったら、早速寸法を測ります。

測るのはケージの幅と高さ、奥行きです。
3辺測ったら布を側面と前扉、後ろと天井が一体になっているパーツごとに分けて裁断し、直線で縫っていきます。

ケージの様子を見れるように扉部分はのれんのように両脇を開けておいてもいいですし、すっぽりとかぶせるだけのカバーにしてもいいですね。

作り方次第で使い方もいろいろ変化させられると思うので、使いやすいケージカバーを目指して、ご自宅で今お使いのケージと見比べながら考えてみてください。

ビニールケージカバーなら保温効果もアップ

布で作るケージカバーを紹介しましたが、ビニールでケージカバーを作るというアイデアもあります。

このビニールケージカバーは寒い時期に合わせて使うもので、ビニールで保温をすることでインコたちに快適に過ごしてもらうためのアイテムです。

用意するものはワイヤーネットと結束バンド、透明なテーブルクロスと梱包材、そしてイージーシーラーです。

すべて100円均一で手に入るので探してみてください。

ビニールであったかいインコのためのケージカバーの作り方

  1. ワイヤーネットを結束バンドで四角く固定していきます。
    ケージが入る大きさの立方体を作るイメージです。
  2. ビニールを大きさに合わせて切っていきます。
    切ったら四角くかぶせられるように接着していきます。
  3. ビニールとワイヤーネットを固定したら完成です。

 

作る時には中に入れられたインコが快適に暮らせるよう、通気性も考えて作成しましょう。
土台となるワイヤーネットの四角よりも大きめにビニールを作っておくと保温性も上がり、ぴったりと使えるものになりますよ。

チャックを取り付けたりするとより使いやすくなるので、インコも快適に、飼い主も使いやすいものとなるよう改良を加えてもいいですね。

手作りのケージでインコのための快適な環境づくりを

ケージを手作りするときは、中で暮らすインコが快適に暮らせるかどうかということが一番大事です。

インコが快適に暮らせる環境を作ってあげることを中心に考えつつ、あまりコストがかからない形にできるよう考えていくと材料も集めやすく、どんな形にするかを考えやすいと思います。

今は百円ショップやホームセンターなどで安価で材料が手に入るので、便利な工具や接着剤などを使いつつ、DIYをするような感覚でインコのお家も作ってあげるのがいいのではないでしょうか。

案ずるより産むがやすしという言葉もありますし、作っているうちにどんな鳥かごが飼育しているインコにとって住みやすいのかということが分かってくるはずです。

インコはそれぞれ性格の違いや好みもありますから、せっかくならインコに気に入ってもらえる鳥かごを、できるだけ低コストで提供してあげられるといいですね。