服のカビ臭いのはクリーニングにだせば落ちる?臭いを取る方法

服がカビ臭いのはクリーニング店に出さないと落ちない?服やタオルがカビ臭くなってしまうのにはどんな原因があるのでしょうか?

また、クリーニングに出した後にクローゼットにそのまま保管しているとカビ臭くなってしまうことがある!?どのように保管するといいのでしょうか?

カビ臭い原因や臭いがつきにくくなる予防方法などを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

台所の排水口のイヤな臭いの対処法!悪臭を消す掃除方法

台所の洗い物をしていると、なんだかイヤな臭いがする…。そんな経験はありませんか?毎日使うシンクは、油...

春をイメージさせる言葉や単語を特集!さっそく使ってみませんか

春をイメージさせる単語の代表的なものとしては「桜」が有名ですが、他にはどんな言葉や単語があるのか気に...

ボタンの種類とは?コートに合うボタンの選び方やつけ方

コートのボタンを付け替えるとしたらどんな種類のボタンがいいのでしょうか?コートの雰囲気を換えたいとき...

働くママ悩み!遅刻の言い訳に注意する事。子供が原因の時の方法

子供がいると自分の事が後回しになって支度に時間が掛かり遅刻しそうになったり、時間に余裕をもって行動し...

洗濯機の柔軟剤入れの掃除について手順や方法を詳しく紹介

洗濯機の柔軟剤入れの掃除をつい忘れがちな人も多いのではないでしょうか。しかし、そのままにしている...

毎月、貯金してますか?40代は子どもの進学と老後が心配。

毎月、どのくらいの金額を貯金へ回すことができていますか?40代は、子どもの進学と、自分たちの...

高校生の勉強やる気アップ術!これで勉強する意欲が高まるはず

受験前の高校生でも、勉強のやる気がどうしても出ない、意欲がわかないと悩んでしまうこともあるでしょう。...

水彩で背景を描きたい時の描き方!水の量を調節するのがポイント

水彩で背景を上手く描きたい!そんなあなたに、描き方のポイントについて詳しくご説明します。水彩は段...

学習机を解体してリメイクしよう!雰囲気が一変するリメイク術

子供が大きくなると不要になるのが学習机。そのまま捨てるのではなく、一部解体してリメイクしてはいかがで...

中学生の勉強机のレイアウトのポイントと置いてはいけないモノ

小学生時代とは違い中学生になると勉強の内容も濃くなり、今までの勉強の仕方や勉強机のままというワケには...

【三角巾の簡単な作り方】大人用だってかわいく作りましょう

子供用の三角巾の作り方はネットでもいろいろ紹介されていますが、大人用となるとなかなか見つけにくいもの...

スーパーの刺身に潜んでいると言われる寄生虫の正体とは

寄生虫による食中毒に注意するようにと話題になっていますが、その寄生虫はスーパー で販売されている刺身...

家庭菜園の大葉が硬い!硬くなる原因と対策・大葉の上手な育て方

家庭菜園で栽培している大葉の葉が硬いというお悩みを抱えている人もいますよね。大葉の葉が硬くなってしま...

豚骨スープの作り方!圧力鍋を使えば家庭でもお店の味

豚骨スープや豚骨ラーメンはお店で食べるものと思っている方が多いと思います。何時間も煮込み時間が必...

絵【デッサン】の影の付け方の基本と鉛筆で立体感を表現するコツ

鉛筆で描くデッサンは、光と影の付け方で絵に奥行きが生まれます。しかし、慣れないうちはなかなか立体感が...

スポンサーリンク

服がカビ臭いときにはクリーニングに出そう!

カビがついている時は取り除く

いざ服を着ようと思ったらカビ臭い!特に夏場には注意が必要です。

カビ臭いだけではなく、はっきりとカビがついている場合にはカビを落とさなければいけません。

まずはカビを吸い込まないようにマスクをして、外でカビをブラシなどで落としてください。ブラシは使い古しの歯ブラシなどでも構いません。

そしてお湯で溶かした重曹に付けて臭いをとります。しかし柄物や色物は色落ちに注意が必要です。またオシャレ着やスーツなども、注意が必要。

選択表示をみて水洗いできないもの、失敗したくないものはプロのクリーニング店にお願いしましょう。

これが一番!確実にカビ臭さを落とす方法です。どうしても自宅で!と言う場合は、目立たない場所で試してから、自己責任で行ってくださいね。

クリーニングに出したのに服がカビ臭いのはコレが原因かも

クリーニングに出した後の保管方法に問題有り

どのように保管をしていたのか?を考えてみてください。そもそもカビは湿度や温度、栄養源があることで繁殖します。

クリーニングに出した後、風通しの悪い場所においていた。クリーニング店の袋に入ったまま保管をしていたなんて事はありませんか?

クリーニング店の袋は一見、ほこりがかからず、そのまま使用するのがいいように感じます。

しかし風通しが悪くなってしまい、湿気がこもるので必ず外してから保管を行わなければいけないのです。

ほこりが気になるのであれば、通気性の良い専用カバーを使って保管を行いましょう。

またカバーを外して収納していても、他の洗濯物からカビ菌が移ってしまうこともあります。

クリーニングに出したのに、カビ臭いというときには上記のような点が思い当たらないかどうか、確認をしてみてください。

服がカビ臭いのをクリーニングに出さずに消すには?

服がカビ臭い時はカビ菌をなくすこと

天日干しなども殺菌効果があり、風に当たることで臭いを少なくする事は出来ますが、全滅させることは出来ません。

全滅させるためには熱を利用するか、薬剤を使用する方法が一番ポピュラーな方法です。

熱を利用するなら煮沸消毒。薬剤を使用するなら漂白剤です。漂白剤は塩素系と酸素系に分かれますので、色落ちを気にしない白一色なら塩素系を、色柄ものなら酸素系漂白剤を使用します。

どちらの場合も水を使用するので、選択表示に水洗い可能マークが付いている事が大前提です。

もし水洗いが出来ないのではあれば、無理をせずにクリーニング店に出して臭いを取り除いてもらいましょう。

服のカビ臭い原因はクローゼットや衣装ケース?対処方法とは?

服を収納後に臭くなるのは収納方法に問題あり

タンスの中やクローゼットを閉めっぱなしにして、湿気がたまりやすくなっていませんか?タンスやクローゼットも換気が必要ですよ。

とはいっても、一度ニオイが付いてしまうと殺菌するまで臭いが付き続きます。

収納ケースなどの場合はケース自体にも臭いが付いてしまっていることもあるので、一度リセットをする必要があります。

衣類については上記した通りです。では衣装ケースはどうするかというとアルコール除菌を行いましょう。

もし小さなもので衣装ケースごと洗えるならば、洗剤を付けてよく洗い、よく乾かす。そしてしっかりと乾いたらアルコールを拭きつけて殺菌をし、また良く乾かします。

乾いたらOK!衣類を入れるときには、乾燥剤も一緒に入れておくと、湿度を防ぐことが出来ますよ。

ちなみに衣装ケースが原因でない場合は、洗濯槽にカビが発生してる場合も!洗濯槽は定期的に洗浄をして、使用しないときには蓋を開けて乾燥を促すとカビが発生しにくくなります。

しかし蓋の開けっ放しは小さなお子さんがいるお家では危険です。十分に注意をしてください。

服がカビ臭くなってしまうのを防ぎたいけれど外に干すのが難しいときは?

カビ菌を発生させないために

湿った状態を短くすることです。湿っている時間が長ければ長いほど菌が発生しやすくなります。

しかし湿度が高い夏場などは、どうしても洗濯物が乾きにくくなりますよね。

本来はよく晴れた日に外に干して、からっとかわかすのが一番です。梅雨時期の外に洗濯物を干せない時は、乾燥機を利用する方法もあります。

この場合乾燥機を使うと傷んでしまう生地があるので、注意をしてください。

また乾燥機つき洗濯機ではない場合は、除湿機を利用する方法もあります。狭い場所でも除湿機を半日ほどかけっぱなしにして置くと、洗濯物がカラッと乾いて湿り気がなくなりますよ。

除湿機もなく、部屋もジメジメ!こんな時は一時的にコインランドリーの乾燥機を利用することも可能です。

お家の乾燥機と同じように、熱に向かない素材はNGです。そして梅雨時期には皆さん、同じ事を考えているので、乾燥機が込み合っている場合も。

でも生乾き臭がする服をきるよりはましですね。