バレエの発表会の衣装代はどのくらい?衣装代の相場について

バレエの発表会の衣装代はどのくらいかかるものなのでしょうか?一着の金額はだいたいこのくらいなので、踊る曲数分必要となるでしょう。

しかし、衣装代は購入、レンタル、手作りなどでかなり金額に差があります。

発表会代に衣装代が含まれているときには、先生へのお礼を渡すことも必要になるので教室のお母さん方に聞いてみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

服についた刺繍がほつれた場合の対処法と洗濯時の注意点

お気に入りの服の刺繍がほつれが出ると、はさみを使ってなんとか止めようと考える人も多いのではないでしょ...

フェルトで手作りしたお守りで彼を応援!作り方のポイント

受験を控えた彼には、神社で購入するお守りではなく、フェルトで手作りしたお守りをプレゼントしてはいかが...

貯金額が300万円を目指せ!一人暮らし・低収入でも貯めるには

貯金額目標300万円!一人暮らしでも、低収入でもしっかりと貯金をする方法をお教えいたします!...

川エビのミナミヌマエビの飼育方法!必要な飼育環境と特徴

川エビのミナミヌマエビは単体でも育てられますし、他の魚と一緒に混泳させたいという場合にも人気です。...

朝ごはんはトースト&卵という人のためにアレンジ方法を教えます

仕事に行く前の時間がない時でも、朝ごはんはちゃんと食べたいですよね。でも、いつもトーストと卵...

ガス代の節約・元栓を閉めても節約にはならない!節約方法を紹介

毎月のガス代の請求が高く、どうにかしてガス代を節約することはできないか、頭を悩ませている人もいるので...

洗濯は洗剤なしでも効果アリ!汚れやニオイも落とせます

洗濯する時に使用する洗濯用洗剤。しかし、洗剤なしの方がお金もかからないし、洋服にも体にもいいのでは?...

窓の目隠シールは100均でも購入可能!貼り方や剥がし方のコツ

窓の目隠シールを、外からの視線対策として使用している方も少なくはないのでは?少し値が張るイメージの目...

色の種類【紫】が好きな男性の特徴と心理・相性・恋愛傾向を解説

紫色が好きな男性に、片思いをしている女性もいるのではないでしょうか。好きな色の種類によって、...

指輪8号サイズはほとんど店頭にない?指輪の平均サイズとは

指輪を選ぶ際に重要なのが「サイズ」です。指輪のサイズは人それぞれですが、店頭にはほとんど8号サイズが...

男装メイクのやり方とコツ!ナチュラルイケメンに変身しましょう

男装メイクのやり方はコツを掴めばどなたでも簡単にできます。コスプレに興味がある人ならやってみたいと思...

猫は自分が可愛いことを自覚している?猫の可愛い行動とその理由

猫の可愛い行動に毎日メロメロにされている飼い主さんもいるのではないでしょうか。まるで自覚しているかの...

醤油ボトルの収納をスッキリさせるコツや容器を統一するポイント

毎日使う醤油などの調味料のボトルってどうしたらスッキリ収納できるのでしょうか?では、醤油のボ...

あなたの家は大丈夫?和室に布団を敷くときのカビ対策!

家の広さによって眠る時にはベッドか布団を敷いて眠るか、みなさんそれぞれに違いがありますが、和室に布団...

ライオンVSトラ、対決させるとどっちが強いのか徹底調査!

動物園で見かけるライオンとトラ。どちらもネコ科に属していますが、戦わせるとどっちが強いか気になります...

スポンサーリンク

バレエの発表会の衣装代(レンタル)の相場は一着1万円程度

子供にバレエを習わせるとなると、日頃の月謝だけではなく、発表会には衣装代がかかります。可愛い我が子には、可愛い衣装を着せてあげたいですよね。

衣装代は大体、2万円程度は見込んでおきましょう

価格はもう少し安くはなります。物によっては、1万円より下がる衣装もあります。ただ、衣装によって違う可能性もあるので、衣装代は最低1万円、良い衣装にはそれ以上かかる事を覚悟しましょう。

それじゃ一体幾ら位かかるの?最高の値段は?そんな疑問も心に抱くと思います。最高で2万円位が相場だと思います。それ以上の高価な衣装代にはならないと思います。

お子さんがバレエを習っていて、発表会が近づいているのなら、衣装代には、大体2万円を見込んでおきましょう。それで、経済的負担は乗り切れるはずです。

発表会となると他にも色々かかる可能性があります。とりあえずは衣装代には最大2万円かかると肝に銘じましょう。

バレエの発表会の衣装を購入する場合

バレエの発表会の衣装は、衣装をレンタルする方法もあります。買ったとしても、それをどう保存するかも親として悩みになります。衣装のレンタルにするのか、それとも思い切って買ってしまうのか、どちらが良いのか。

安い物から高い物までありますが、あるお店では、安くて8000円程度、他の物では平均して7万円以下になります。勿論、2万円代で買える衣装もありますが、新品を買うのか、それともレンタルで済ませるのか、これも保護者の方にとって、選択を迫られます。

高い物程、他の生徒とは似ていない衣装になることも事実です。お子さんがどれほど衣装にこだわっているのか、また、あなたも衣装にどれだけこだわりたいのか、衣装に対する思い入れも関係して来ます。

経済的余裕があるのなら、オリジナルの衣装を、そうでもなく、平均程度であるのなら、10000円代、それ以下でもお子さんは楽しんでバレエを踊れると思います。

バレエの発表会は衣装代の他にこの準備も必要です

バレエの発表会に親が気にしなくてもよい経済面は、衣装代だけではありません。他にも、バレエとなると、照明が当たっても大丈夫な化粧、靴、タイツなど、バレエならではの衣装にもお金はかかります。

例えば、メイク代も馬鹿にはできません。細々とした物が積み重なると、いつの間にか1万円位かかっていたなんて事もありえます。

バレエ専用の靴やタイツにも数千円かかると見込んで、全体的に見てみると、お子さんがバレエの発表会に出るには、あなたが考えている以上の予算が必要になります。

衣装代だけでこれだけかかるのに、他にもこんなにかかるの?と後で頭を抱えない様、予算には余裕を持ちましょう。

恐らく、あなたが思っている以上にお子さんがバレエをするとなると、お金はかかります。それだけの金額を用意しておきましょう。

バレエの発表会の衣装代で一番かからないのは手作り

子供が好きでバレエを習わせてはいるけれど、特に衣装代が高い。主婦としてもう少し経済的に済ませたいと感じています。だったら、衣装代を手作りして、なるべく衣装代を浮かせましょう。

衣装代は、安くても10000円以下、高いと数万以上になります。それぞれの家庭でそこまでの予算が無いのも無理はありません。

あなたが裁縫が得意であるのなら、お子さんのバレエの衣装、手作りしましょう。

バレエの衣装を浮かせるには、一番経済的な方法

ただ、これには「時間がかかる」というデメリットもあります

あなたが裁縫が好きで時間内にお子さんの為にバレエの衣装を作る事ができるのなら全く問題はありません。そうでもないのなら、早めに取り掛かって、発表会迄に間に合わせるなど時間の調整も必要です。お金を払ってプロに任せてお子さんのバレエの衣装を用意するのか、あるいは、自分でお子さんの衣装を作って安上がりにするのか、後はあなたの選択になります。

ただ、あなたが作るとなると、世界にたった一着の衣装になります。お子さんに喜ばれる可能性は高まります。

バレエの発表会代金に衣装代が含まれているのなら

子供のバレエの発表会が近づいていて、その代金を確認すると、たった、2万円程度。バレエの発表会はより高額な金額になるので、それだけ低金額なら、それは衣装代だけで、バレエの先生への感謝代は含まれていません。

バレエの発表会は、先生に感謝代も支払う必要があります。今回のバレエの発表会を成功できたのも、先生のお陰ですと先生にお礼の意味も含めて感謝代を払います。

どの位払わなくてはいけないのか、金額も気になります。それは教室にも異なるので、大体の相場を周りのお母さんに聞いて確認する事をお勧めします。

もしかしたら、衣装代にもこれだけかかって、他にも色々かかるのに、それに先生への感謝代も払わなくてはいけないの?と感じるかもしれません。習い事にはお金がかかります。周囲に確認して、先生に感謝代も支払いましょう。

バレエの発表会があると、お子さんの衣装代にどの位の金額がかかるのが相場なのか、金額について説明しました。参考にはなりましたか?一番経済的なのは手作りにはなります。あなたが裁縫が得意なのであれば、他にも色々とお金がかかるので、衣装も手作りする事をお勧めします。先生への感謝金も加算されるので、お子さんがバレエを習う時はそれなりの予算を用意しましょう。お母さんが衣装を手作りしてくれたら、お子さんも喜ぶとは思います。1万円以下の衣装を買うのも手ではあります。