バレエの発表会の衣装代はどのくらい?衣装代の相場について

バレエの発表会の衣装代はどのくらいかかるものなのでしょうか?一着の金額はだいたいこのくらいなので、踊る曲数分必要となるでしょう。

しかし、衣装代は購入、レンタル、手作りなどでかなり金額に差があります。

発表会代に衣装代が含まれているときには、先生へのお礼を渡すことも必要になるので教室のお母さん方に聞いてみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

告別式での弔辞の言葉…孫が読む場合の文章の書き方とは

告別式で親族代表として孫が挨拶を行うケースが増えてきています。でも、そんな大役を任せられてもどんなこ...

カーペットについた両面テープの上手な剥がし方を教えます

カーペットが動かないように両面テープを使って固定したものの、引っ越しなどで剥がした時にカーペットに両...

太ももの裏の筋肉をなくす方法!筋肉太りもスッキリキレイな脚に

太ももの裏についてしまった筋肉をなくす方法が知りたいという人もいますよね。細くてスラット伸びたキレイ...

筆箱のチャックが壊れた時の対処法を症状別で詳しく解説します

学校で使っている子供の筆箱のチャックが壊れた時、お気に入りの筆箱でまだまだ使える状態であれば、なんと...

中学生の子どもが勉強しないことにイライラする本当の理由

中学生になったのに、子供が自主的に勉強しないことにイライラしてしまうママは本当にたくさんいます。...

ステンレスに付いた茶渋の落とし方。用途別の洗剤選びと手順

お子さんの通園や通学、職場へのマイボトル持参などでステンレスの水筒にお茶を入れて持ち運ぶ機会は多いで...

スライムの材料のホウ砂とは?スライムの作り方を紹介

スライムの材料に使われるホウ砂はどのように扱えばいいのでしょうか?子どもに人気なスライムですが、安全...

韓国料理が辛い理由からわかる、辛い料理を好む傾向と習慣とは

韓国料理が辛い理由には、古くからの歴史があり、それには日本との関わりが見えてきます。では、ど...

バナナをおやつや離乳食として与える時の注意点とポイント

バナナはおやつや離乳食で活躍する、安価で栄養満点のママにとっても嬉しい食材のひとつ。離乳食を開始して...

グッピーは繁殖で増えすぎることも!その対処法を教えます!

見ているだけで癒されるグッピーですが、実際に飼育してみると繁殖で増えすぎて困る、なんてケースもあるよ...

部活を引退する先輩に渡す色紙デザインを凝ったものにしたい

先輩と後輩が一緒になって毎日部活を楽しく過ごしていても、いつかは先輩が引退してしまう時が来てしまいま...

ピアノの中古の相場とは?中古ピアノを買うときのポイント

中古ピアノの相場はどのくらいなのでしょうか?新品のピアノとはどのくらいの差があるのか気になりますよね...

お年玉は子供のもの?親のもの?お年玉の行方について

お年玉はその家庭の価値観によって、使いみちや管理方法が変わってきますよね。子供あてにいただく...

プラ板のキーホルダーを子どもと一緒に作るときのコツ

プラ板キーホルダーを子どもと一緒に作るときには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?失...

100均材料で子供と一緒に作る簡単可愛い手作りアクセサリー

100均にはアクセサリーの材料になるパーツがいろいろとあります。手軽に材料が揃えられて、しかもリーズ...

スポンサーリンク

バレエの発表会の衣装代(レンタル)の相場は一着1万円程度

子供にバレエを習わせるとなると、日頃の月謝だけではなく、発表会には衣装代がかかります。可愛い我が子には、可愛い衣装を着せてあげたいですよね。

衣装代は大体、2万円程度は見込んでおきましょう

価格はもう少し安くはなります。物によっては、1万円より下がる衣装もあります。ただ、衣装によって違う可能性もあるので、衣装代は最低1万円、良い衣装にはそれ以上かかる事を覚悟しましょう。

それじゃ一体幾ら位かかるの?最高の値段は?そんな疑問も心に抱くと思います。最高で2万円位が相場だと思います。それ以上の高価な衣装代にはならないと思います。

お子さんがバレエを習っていて、発表会が近づいているのなら、衣装代には、大体2万円を見込んでおきましょう。それで、経済的負担は乗り切れるはずです。

発表会となると他にも色々かかる可能性があります。とりあえずは衣装代には最大2万円かかると肝に銘じましょう。

バレエの発表会の衣装を購入する場合

バレエの発表会の衣装は、衣装をレンタルする方法もあります。買ったとしても、それをどう保存するかも親として悩みになります。衣装のレンタルにするのか、それとも思い切って買ってしまうのか、どちらが良いのか。

安い物から高い物までありますが、あるお店では、安くて8000円程度、他の物では平均して7万円以下になります。勿論、2万円代で買える衣装もありますが、新品を買うのか、それともレンタルで済ませるのか、これも保護者の方にとって、選択を迫られます。

高い物程、他の生徒とは似ていない衣装になることも事実です。お子さんがどれほど衣装にこだわっているのか、また、あなたも衣装にどれだけこだわりたいのか、衣装に対する思い入れも関係して来ます。

経済的余裕があるのなら、オリジナルの衣装を、そうでもなく、平均程度であるのなら、10000円代、それ以下でもお子さんは楽しんでバレエを踊れると思います。

バレエの発表会は衣装代の他にこの準備も必要です

バレエの発表会に親が気にしなくてもよい経済面は、衣装代だけではありません。他にも、バレエとなると、照明が当たっても大丈夫な化粧、靴、タイツなど、バレエならではの衣装にもお金はかかります。

例えば、メイク代も馬鹿にはできません。細々とした物が積み重なると、いつの間にか1万円位かかっていたなんて事もありえます。

バレエ専用の靴やタイツにも数千円かかると見込んで、全体的に見てみると、お子さんがバレエの発表会に出るには、あなたが考えている以上の予算が必要になります。

衣装代だけでこれだけかかるのに、他にもこんなにかかるの?と後で頭を抱えない様、予算には余裕を持ちましょう。

恐らく、あなたが思っている以上にお子さんがバレエをするとなると、お金はかかります。それだけの金額を用意しておきましょう。

バレエの発表会の衣装代で一番かからないのは手作り

子供が好きでバレエを習わせてはいるけれど、特に衣装代が高い。主婦としてもう少し経済的に済ませたいと感じています。だったら、衣装代を手作りして、なるべく衣装代を浮かせましょう。

衣装代は、安くても10000円以下、高いと数万以上になります。それぞれの家庭でそこまでの予算が無いのも無理はありません。

あなたが裁縫が得意であるのなら、お子さんのバレエの衣装、手作りしましょう。

バレエの衣装を浮かせるには、一番経済的な方法

ただ、これには「時間がかかる」というデメリットもあります

あなたが裁縫が好きで時間内にお子さんの為にバレエの衣装を作る事ができるのなら全く問題はありません。そうでもないのなら、早めに取り掛かって、発表会迄に間に合わせるなど時間の調整も必要です。お金を払ってプロに任せてお子さんのバレエの衣装を用意するのか、あるいは、自分でお子さんの衣装を作って安上がりにするのか、後はあなたの選択になります。

ただ、あなたが作るとなると、世界にたった一着の衣装になります。お子さんに喜ばれる可能性は高まります。

バレエの発表会代金に衣装代が含まれているのなら

子供のバレエの発表会が近づいていて、その代金を確認すると、たった、2万円程度。バレエの発表会はより高額な金額になるので、それだけ低金額なら、それは衣装代だけで、バレエの先生への感謝代は含まれていません。

バレエの発表会は、先生に感謝代も支払う必要があります。今回のバレエの発表会を成功できたのも、先生のお陰ですと先生にお礼の意味も含めて感謝代を払います。

どの位払わなくてはいけないのか、金額も気になります。それは教室にも異なるので、大体の相場を周りのお母さんに聞いて確認する事をお勧めします。

もしかしたら、衣装代にもこれだけかかって、他にも色々かかるのに、それに先生への感謝代も払わなくてはいけないの?と感じるかもしれません。習い事にはお金がかかります。周囲に確認して、先生に感謝代も支払いましょう。

バレエの発表会があると、お子さんの衣装代にどの位の金額がかかるのが相場なのか、金額について説明しました。参考にはなりましたか?一番経済的なのは手作りにはなります。あなたが裁縫が得意なのであれば、他にも色々とお金がかかるので、衣装も手作りする事をお勧めします。先生への感謝金も加算されるので、お子さんがバレエを習う時はそれなりの予算を用意しましょう。お母さんが衣装を手作りしてくれたら、お子さんも喜ぶとは思います。1万円以下の衣装を買うのも手ではあります。