友達同士でトラブル!子供に対しての親の対応方法とは

子供が友達同士でトラブルを起こしてしまうこと、ありますよね。そんな時、親はどのような対応をとれば良いのでしょうか?

すぐに相手の親へ話をしにいこうとするのはNGですよ!まずは子供の話をしっかりと聞いてあげましょう。

また、親の一言が原因でトラブルになってしまうケースもあるようですので、注意しなくてはいけません。

子供同士の友達トラブルについての情報をお届けします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

昭和の時代が良かったという人はSNS疲れが影響しているかも

日本史の中でも激動の時代といわれている昭和の時代。昭和の頃を紐解いて見ると、今では考えられないよ...

100均材料で子供と一緒に作る簡単可愛い手作りアクセサリー

100均にはアクセサリーの材料になるパーツがいろいろとあります。手軽に材料が揃えられて、しかもリーズ...

電波時計が受信しない時の解決策!受信しない原因と対処法を解説

電波時計を使用している人の中には、使っている電波時計が電波を受信しないことに頭を悩ませている人もいる...

中学生の勉強机のレイアウトのポイントと置いてはいけないモノ

小学生時代とは違い中学生になると勉強の内容も濃くなり、今までの勉強の仕方や勉強机のままというワケには...

ハムスターの部屋を掃除する時の手順と掃除頻度・注意点を解説

ハムスターをかい始めたばかりの飼い主さんは、ハムスターの部屋の掃除をどのような手順で行えばよいか分か...

洗面所のタオル掛け裏のカビに注意!予防策とカビ除去方法

洗面所の壁にタオル掛けがあるご家庭も多いと思いますが、タオル掛け裏は黒カビが発生しやすいため注意が必...

グッピーは繁殖で増えすぎることも!その対処法を教えます!

見ているだけで癒されるグッピーですが、実際に飼育してみると繁殖で増えすぎて困る、なんてケースもあるよ...

トイレの芳香剤を手作りしよう!使い終わったら掃除もできます

トイレ用芳香剤ってドラッグストアなどに行くといろいろな種類のものが販売されているものの、なかなか自分...

コミケ初心者が冬コミに参加するときに知っておきたい基礎知識

初めて冬のコミケに参加しようと思っているコミケ初心者の中には、当日の服装や持ち物などをどのようにすれ...

グッピーの稚魚の隔離期間の目安と稚魚を元気に育てるコツ

グッピーの稚魚が元気に育つために、稚魚が大きくなるまで隔離することがありますが、その隔離期間に悩むこ...

UVレジンに使える100均で揃う手軽な材料と可愛いパーツ

UVレジンを使ったアクセサリーをハンドメイドで作る方も多いですが、いろいろと材料を揃えると、ある程度...

No Image

ボールペンのインクが分離してしまう原因と対処法

いざボールペンを使おうと思ったのにインクが出ないことありますよね。インクはたくさん入っているはずなの...

スライムの材料のホウ砂とは?スライムの作り方を紹介

スライムの材料に使われるホウ砂はどのように扱えばいいのでしょうか?子どもに人気なスライムですが、安全...

100均のアイテムでカバンの中をすっきり整理!便利な収納テク

カバンの中から何かを出そうと思っても、物が多過ぎて探したいものがなかなか見つからない…、そんな経験は...

定期預金の引き出しを本人以外が行うには?引き出し方法と注意点

定期預金の引き出しは原則として名義人本人しか行えません。ただ、親が認知症で手続きができない、ある...

スポンサーリンク

子供が友達とトラブルを起こした場合の、ママの対応とは

親として一番するべきこと。それは、「じっくり話を聞いてあげる」ことです。
子供は相手に文句を言ってほしいわけでも、学校に言いつけてほしいのでもありません。ただ大好きなお母さんに話を聞いてほしいだけなのです。
話を聞くときは、繰り返す、言い換える、共感するの3つに注意しましょう。
「○○ちゃんが仲間に入れてくれないのね。」「○○ちゃんが意地悪するんだ。」「悲しかったね。かわいそうに」と話すことで子供も落ち着きを取り戻します。

子供がお友達から意地悪されていると聞くと当然親として心配です。
ただ、子供と一緒に暗くなってしまっては、親子で気が滅入るだけです。

オロオロしてしまう気持ちもわかりますが、ここはドーンと構えてニコニコお母さんになりましょう。
話を聞いた後は「よし!今日は大好きなオムライスにしようか!」などと言って、親が気持ちを切り替えて子供の暗い気分も変えてあげるのです。

普段からの親の姿勢も大切です。
仕事でも趣味でも、自分のやりたことを楽しんでいるキラキラしたお母さんが子供は大好きです。
そんなお母さんを見てるだけで「自分も好きなことや楽しいことに目を向けよう」と前向きになるのです。

友達とのトラブル!自分の子供が加害者になっている場合はどうする?

友達同士のトラブルはよくあることです。
ただ、自分の子供が被害者ではなく、いじめをしている加害者になっている場合もあります。

子供がいじめをしてしまうには様々な背景が潜んでいます。
特に子供が何らかのストレスを抱えている場合が多く、やりたくない習い事を無理やりさせられている、自分自身も誰かにいじめられている、親の躾が厳しいといったことでいじめをしてしまうケースが少なくありません。

もし親の躾が原因の場合は、その矛先がいじめに向かっている可能性が高いため、否定的な叱り方を改めることが必要です。

他にも、子供が友達と関わりたいのに、気持ちを上手く表現できずに叩いてしまうケースもあります。

この場合は親として「仲良くしたいのなら友達を叩いてはダメよ」と根気強く言い聞かせることが必要です。
実際に親が友達役になって、子供が「一緒に遊ぼう」といった言葉が言えるように練習をするのも効果的です。

また、本人が楽しいと感じる遊びをさせるのも効果的です。
気持ちも満たされ攻撃性がなくなります。
親子のスキンシップ、時にはじゃれついた遊びをすることもとても大切です。

子供の友達同士のトラブルは、親の一言が原因になっている可能性も!?

ケンカやトラブルの原因が、追及してみるとママやパパが関わっていることも実はあります。

親がつい言ってしまうワードがあります。それを子供が間違って捉えてしまい、結果的にトラブルに発展してしまうのです。

  • やられたらやり返しなさい

やり返してしまった子に理由を聞いて一番多いのが「パパ(ママ)にやり返せと言われたから」という答えです。親に言われたことを実践したまでで、決して悪気がないのです。子供は親の言うことが正しいと思っているのです。
嫌なことがあったときは「やめてと言うんだよ」「先生に言ってごらん」と言ってあげましょう。

  • あの子とは遊ばないように
    本当は遊びたいのに仲間に入れない理由を聞くと「ママにあの子と遊んじゃダメと言われたから」と話す子がいます。ママの言葉がキッカケで仲間はずれの原因を作ってしまっているのです。
    親が友達選びをしてしまうと、子供は誰と遊んだら良いのか分からなくなってしまいます。子供の友達関係に口出しするのは絶対にやめましょう。

子供同士の友達トラブルがあった場合、すぐに相手の親に話をしに行くのはNG!

子供のトラブルで親が介入してしまうと、親同士までもがこじれてしまうケースが多々あります。

直接相手の親に話しに行くということは、その子供を少なからず非難していることと同じことです。
親同士の信頼関係があれば別ですがそれは稀です。
多くの場合「どうしてそんなことを言われなくてはいけないの?」と反感を買ってしまいます。「子供同士のちょっとしたケンカなのに親が出てきた」といった加害者側の親の声もよく聞きます。

ただ、加害者の親の中には子供の話だけを鵜呑みにし、「うちの子は悪くない」と思ってしまう方もいます。仲良しのママ友たちに「●●さんが急に乗り込んできて文句を言われた」とLINEで拡散し、周囲を巻き込んだトラブルに発展してしまうこともあります。
子供は自分勝手な言い訳をしがちです。
親は子供の話をしっかり聞き、何が正しいのかを判断しなければなりません。

親同士のトラブルまでは学校や幼稚園も干渉しません。
子供同士のトラブルよりも、親同士が一旦こじれてしまうと、解決はかなり難しくなります。

実際に我が子供に起こった友達トラブルをご紹介

  • 娘が4年生のとき、クラスに気が強い子が3人いて、クラスの女子も3グループに分かれていたようです。
    娘も一応グループにいたようですが、「グループで行動するなんて面倒くさい。でも入っていないといじめられるからどうしようもない。早く5年生になってクラス替えをしたい」といつも暗い顔をしていました。
  • 6年生になり、女子の間でいじめがあると分かりました。どうやら1人の女子に対していじめているようで、娘は中立的な立場だったのですが、その状況を見て自分はどうしたらいいのかとずっと悩んでいました。先生に言えば告げ口したといじめられるかもしれない、かばってあげても今度はターゲットが自分になるかもしれないと。親としてどうすることも出来ず、ただ話を聞いてあげることしか出来ませんした。
  • 6年生ともなると女子はかなりませてきます。
    その中でも一番の「おませグループ」があり、休み時間になるとトイレに集まってコソコソ話すようになったそうです。娘の仲の良かった子までもそのグループに入ってしまったため、残された娘はずっと寂しい想いをしていたようです。