コンセントカバーで赤ちゃんを危険から守る対策方法をご紹介!

赤ちゃんってどうしてこんなものに興味を示すのだろう?と思う中のひとつにコンセント類がありますよね。

特にハイハイができるようになったら、赤ちゃんが思わぬ事故に発展しないようにカバーをつけるなどの対策をすることが重要です。

ここでは、コンセントカバー選びのポイントについて調べまとめてみましたので参考にされてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

働くママ悩み!遅刻の言い訳に注意する事。子供が原因の時の方法

子供がいると自分の事が後回しになって支度に時間が掛かり遅刻しそうになったり、時間に余裕をもって行動し...

机のDIY方法!カラーボックスを使って簡単に作る子供の机

机を自分で作るのは、DIY初心者にとっては、かなり難易度の高い作業です。1から全てを作るとなると、か...

洗濯は洗剤無しでも大丈夫?洗剤無しで洗うときのコツやポイント

洗濯物を洗剤無しで洗っても大丈夫なのでしょうか?赤ちゃんの服を洗濯するときには、洗剤を使ったほうがい...

バナナをおやつや離乳食として与える時の注意点とポイント

バナナはおやつや離乳食で活躍する、安価で栄養満点のママにとっても嬉しい食材のひとつ。離乳食を開始して...

革靴のシワがかっこいい!綺麗な履きジワの付け方と革靴の選び方

革靴にできる履きジワが綺麗につくとかっこいいと思いませんか?なんだか味のある一足になった!そんな風に...

電気のつけっぱなしに効果的な対策方法とは?さっそくトライ!

どんなに注意してもトイレやリビングが電気つけっぱなし、そんなことで毎日イライラするのもイヤですよね。...

引き戸のレールの掃除方法!ホコリを取り除いて快適な滑りに

お家の引き戸が重くなってきたと感じることはありませんか?以前はもっと軽い力で動かせたのに、レールの滑...

雑誌の付録がコスメポーチだった!これは買うしかない

一昔前は雑誌の付録といえば、子供向けの紙細工が出来るものが当たり前でしたが、今では付録にカバンやリッ...

文鳥の鳴き声はオスとメスで違う!メスの鳴き声とそれぞれの性格

文鳥はオスとメスで鳴き声が違うということはご存知でしょうか。文鳥の性別を見分けるポイントが鳴き声だと...

ペットボトルの再利用は不衛生?再利用の危険性と再利用方法

飲み物を飲み終わって空になったペットボトルを再利用することはできないかと考えている人もいるのではない...

車の値段は年収のどれくらいがベスト?車の適正価格について

車の値段を決める大きな基準となるのが年収ですが、いったいどのくらいまでが上限となるのでしょうか?...

東京タワーとスカイツリー、観光するならどっちがおすすめ

東京観光、東京デートで行きたい場所と言えば東京タワーとスカイツリー!しかし、どちらかひとつを選ぶなら...

フットサルのテクニックを練習して磨こう!一人でも出来る方法

フットサルはサッカと違い、コートが狭くて良いので室内でも出来ます。コートが狭い分、サッカーに...

クリスマスのプレゼント交換におすすめのアイテム【小学生編】

小学校の高学年くらいになると、子供たちだけでクリスマスパーティーをしようという話が出てきます。...

コンビニ食材をアレンジして絶品ランチを作ってみませんか

コンビニは日々進化していますよね。サラダだけでも何種類もあるので、毎日のようにランチで食べているとい...

スポンサーリンク

赤ちゃんのコンセントカバーはどんなものがあるの?

赤ちゃんがハイハイが出来るようになると、今までよりも行動できる範囲が大きくなって、周りのものに更に興味がわいてきます。
思うがままに触ってみたり、口に入れてしまったりする頃なので、とっても心配です。
特に怖いと思うコンセントですが、もしもなめて濡れている手でコンセントを触ってしまったり、おもちゃなどの物を入れてしまうと大変なので目が離せません。

赤ちゃん用のコンセントカバーはどういった物があるのかお勧めをご紹介します。

コンセントカバーは主に、キャップタイプとフルカバータイプがあります。

キャップタイプのカバー

普段しようしていないコンセント口ごとにキャップをつけてふさいでくれます。
1つずつ使えて、感電はもちろん埃や湿気なども防いでくれる効果があるので火災を防止してくれます。

フルカバータイプ

コンセントを全て覆ってしまうフルカバータイプは、コンセントを挿したままの使用が可能です。
コードを通せて赤ちゃんが開けてしまうことが出来ないようなつくりになっているので安心できます。

赤ちゃんのいたずら防止策のコンセントカバーの選び方について

赤ちゃんが外してしまうことがないもの

爪で持ち上げるようにしないと取れないコンセントカバーや、丸みがあって掴みにくく外しにくい形のカバーなどがあります。
使っているコンセントごと覆ってくれるタイプのカバーにはロックがついていて、それを押さないと取れないものや、ネジで付けて固定するものもあります。

赤ちゃんが口に入れてしまわないもの

外しにくくできているカバーでも、万が一外れてしまうと赤ちゃんがそれで遊んでしまう事になってしまう可能性が出てきてしまいます。
1つずつのコンセント口を塞ぐキャップタイプのカバーは、万が一取れてしまった時に口に入れてしまう可能性が出てきてしまいます。
あかちゃんが好きそうな可愛い見た目だったりするカバーは特に興味をもちやすくなってしまいます。

インテリアのイメージを壊さないカバー

家の中のインテリアを変えたくない場合でしたら、白、透明などの目立たないナチュラルなものなどを選ぶなど、お部屋の雰囲気に合わせましょう。

知り合いの赤ちゃんが遊びに来るなどで、緊急に対応したい時などで、カバー以外で考えたい時には、もし家具や物をずらせる場合でしたら、コンセントの前に置いて壁ごと覆ってしまいましょう。

コンセントカバーを選ぶ際に赤ちゃんが誤飲しないように安全キャップにも注意して!

キャップタイプのカバーのデメリット

安全対策キャップや赤ちゃん用コンセントキャップといわれている、コンセント口部分を一つずつキャップすつコンセントカバーは、埃などが入ってしまう事も予防してくれるメリットがありますが、小さいので外れてしまう可能性がある事がデメリットといえます。もし外れてしまって赤ちゃんが口に入れてしまっては大変ですので、もしも1つずつのものを使うのであれば、掴みにくく外しにく工夫があるものにしましょう。
今は赤ちゃんがまだ握力が少ない時期で外せなくても、この先成長に伴って力がついたり器用になってくるので取り外すことが出来るようになってきます。
もしとりあえず付けていたとしても、1歳を過ぎた頃には取替えが必要になってきます。

おすすめはフルカバータイプ

赤ちゃんが外してしまったり誤飲してしまったりする事などを予防するならば、コンセント全体をカバーしてくれるものが安全です。
2連のものや3連になっているものもあるそうで、いくつかのコンセントをまとめてしまうケーブルボックスタイプもおすすめです。
こういったカバーですとコードを引き抜きにくい効果もあります。

赤ちゃんの力でもコンセントカバーを外すことはできる!

実際に子供が感電してしまうような事故がないとしても、赤ちゃんがいる殆どのお宅ではコンセントに関係する事故を予防対策しています。

なかでも白い色で形もシンプルに出来ているコンセントカバーがよく選ばれています。

しかし、キャップカバーを使っていて外された経験がある人もいるそうです。
まだ0歳だからと思っていても外してしまう可能性もあります。
年齢があがっていくにつれて外せる割合も多くなり、特に動物など可愛い見た目だったり、原色などのカラフルなもの、目に入りやすいデザインは特に興味を持たれやすくなってしまい外されてしまう事も多くなってきてしまいます。

コンセントを使うために大人が外して、そのまま付け忘れてしまう事もあるので、対策をしているつもりでも、必ず安全とは言い切れないのです。

赤ちゃんを危険から守る為にコンセント類はスッキリさせておこう

本当に必要なコードやコンセントなのかを見直す

今使っているコードが本当に必要なものなのか考えてみましょう。
あまり使っていないけど挿したままになっているものがないでしょうか?
今使っていないもの、普段あまり使っていないもの、片付けてしまっても大丈夫なものはそこから撤去しましょう。

家具の配置や動線を考えて、赤ちゃんが届かないところや行かない部屋などに移してみることも考えましょう。
最初から赤ちゃんが見えるところになければ、興味をもってしまいイタズラしてしまう事もなくなりますし見た目もスッキリします。

コード類をまとめる

コード類を最低限必要なものに減らしてから、それらをまとめてスッキリしましょう。
市販のものでクリップタイプや結束バンドなど種類がたくさんありますので利用してみてください。
できるだけ赤ちゃんが触ってしまえるような場所でのコンセントは使用しないようにしたり、延長コードひとつに減らすなどしてスッキリさせることも大切です。
その場合も電源タップの部分は赤ちゃんの手の届かないところにしたり、引っ張ることもできないようにする工夫もしましょう。