コンセントカバーで赤ちゃんを危険から守る対策方法をご紹介!

赤ちゃんってどうしてこんなものに興味を示すのだろう?と思う中のひとつにコンセント類がありますよね。

特にハイハイができるようになったら、赤ちゃんが思わぬ事故に発展しないようにカバーをつけるなどの対策をすることが重要です。

ここでは、コンセントカバー選びのポイントについて調べまとめてみましたので参考にされてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

日本の宅配ピザが高いと言われるのはなぜ?その理由を徹底調査

宅配ピザはいつでも好きな時に頼めるし、何より出来たてが届くので美味しいですよね。でも、気になるの...

コミケでコスプレをしたいけど、初心者なので色々知りたい

コミケの醍醐味と言えば、お目当ての同人誌などのアイテムを手に入れることですよね。しかし、それ以外...

醤油ボトルの収納をスッキリさせるコツや容器を統一するポイント

毎日使う醤油などの調味料のボトルってどうしたらスッキリ収納できるのでしょうか?では、醤油のボ...

イタリア語とフランス語の難易度は?選ぶならどっち

第二外国語を選択する際に、イタリア語とフランス語で悩んでしまうことがあるでしょう。 どちらを...

顔が太るのは女性だけではない!男性も小顔を目指そう!

女性だけではなく、顔が太ると悩んでいる男性も増えているといいますが、その原因は女性と同じなのでしょう...

風呂のドアのパッキン交換を自分でする方法と劣化させないコツ

風呂のドアのパッキン交換は、自分ですることができますよ。風呂のドアの劣化が気になったら、早め...

マスクをしていてもメガネが曇らない方法にはどんなものがあるのか

日本の1年を通して見てみると、冬や風邪やインフルエンザ、春は花粉症と、1年の半分をマスクで過ごしてい...

韓国料理が辛い理由からわかる、辛い料理を好む傾向と習慣とは

韓国料理が辛い理由には、古くからの歴史があり、それには日本との関わりが見えてきます。では、ど...

旦那のゲームにストレス!ゲーム依存から脱出させる方法

家にいればすぐにスマホ片手にゲームばかりする旦那・・・少しは家のことを手伝ってよ!とストレスも溜まり...

干支の置物を処分することはできる?自分で・神社で処分する方法

毎年その年の干支の置物を飾っているご家庭もありますよね。一年の縁起物として飾っていても、次の...

【室内犬】散歩でしかトイレをしない理由は?犬のしつけについて

室内犬として飼育しているワンちゃんが散歩でしかトイレをしなくなってしまうということもあります。それま...

大学を退学後に選べる進路!再入学・就職・専門学校について解説

大学を中退した後に自分のこれからの進路について考えてみた時、大学に再入学するか就職するかという選択肢...

トマトの栽培で必要な仮支柱と本支柱の立て方や支柱選び

家庭菜園のなかでも育てやすく、収穫が楽しみなのがトマトですね。トマトを栽培する時に必要なのが支え...

働くママ悩み!遅刻の言い訳に注意する事。子供が原因の時の方法

子供がいると自分の事が後回しになって支度に時間が掛かり遅刻しそうになったり、時間に余裕をもって行動し...

海の遠泳の泳ぎ方、クロールや平泳ぎのコツと注意点

海で遠泳をする場合、おそらくクロールか平泳ぎの泳ぎ方にすると思いますが、プールとは違う海での遠泳のた...

スポンサーリンク

赤ちゃんのコンセントカバーはどんなものがあるの?

赤ちゃんがハイハイが出来るようになると、今までよりも行動できる範囲が大きくなって、周りのものに更に興味がわいてきます。
思うがままに触ってみたり、口に入れてしまったりする頃なので、とっても心配です。
特に怖いと思うコンセントですが、もしもなめて濡れている手でコンセントを触ってしまったり、おもちゃなどの物を入れてしまうと大変なので目が離せません。

赤ちゃん用のコンセントカバーはどういった物があるのかお勧めをご紹介します。

コンセントカバーは主に、キャップタイプとフルカバータイプがあります。

キャップタイプのカバー

普段しようしていないコンセント口ごとにキャップをつけてふさいでくれます。
1つずつ使えて、感電はもちろん埃や湿気なども防いでくれる効果があるので火災を防止してくれます。

フルカバータイプ

コンセントを全て覆ってしまうフルカバータイプは、コンセントを挿したままの使用が可能です。
コードを通せて赤ちゃんが開けてしまうことが出来ないようなつくりになっているので安心できます。

赤ちゃんのいたずら防止策のコンセントカバーの選び方について

赤ちゃんが外してしまうことがないもの

爪で持ち上げるようにしないと取れないコンセントカバーや、丸みがあって掴みにくく外しにくい形のカバーなどがあります。
使っているコンセントごと覆ってくれるタイプのカバーにはロックがついていて、それを押さないと取れないものや、ネジで付けて固定するものもあります。

赤ちゃんが口に入れてしまわないもの

外しにくくできているカバーでも、万が一外れてしまうと赤ちゃんがそれで遊んでしまう事になってしまう可能性が出てきてしまいます。
1つずつのコンセント口を塞ぐキャップタイプのカバーは、万が一取れてしまった時に口に入れてしまう可能性が出てきてしまいます。
あかちゃんが好きそうな可愛い見た目だったりするカバーは特に興味をもちやすくなってしまいます。

インテリアのイメージを壊さないカバー

家の中のインテリアを変えたくない場合でしたら、白、透明などの目立たないナチュラルなものなどを選ぶなど、お部屋の雰囲気に合わせましょう。

知り合いの赤ちゃんが遊びに来るなどで、緊急に対応したい時などで、カバー以外で考えたい時には、もし家具や物をずらせる場合でしたら、コンセントの前に置いて壁ごと覆ってしまいましょう。

コンセントカバーを選ぶ際に赤ちゃんが誤飲しないように安全キャップにも注意して!

キャップタイプのカバーのデメリット

安全対策キャップや赤ちゃん用コンセントキャップといわれている、コンセント口部分を一つずつキャップすつコンセントカバーは、埃などが入ってしまう事も予防してくれるメリットがありますが、小さいので外れてしまう可能性がある事がデメリットといえます。もし外れてしまって赤ちゃんが口に入れてしまっては大変ですので、もしも1つずつのものを使うのであれば、掴みにくく外しにく工夫があるものにしましょう。
今は赤ちゃんがまだ握力が少ない時期で外せなくても、この先成長に伴って力がついたり器用になってくるので取り外すことが出来るようになってきます。
もしとりあえず付けていたとしても、1歳を過ぎた頃には取替えが必要になってきます。

おすすめはフルカバータイプ

赤ちゃんが外してしまったり誤飲してしまったりする事などを予防するならば、コンセント全体をカバーしてくれるものが安全です。
2連のものや3連になっているものもあるそうで、いくつかのコンセントをまとめてしまうケーブルボックスタイプもおすすめです。
こういったカバーですとコードを引き抜きにくい効果もあります。

赤ちゃんの力でもコンセントカバーを外すことはできる!

実際に子供が感電してしまうような事故がないとしても、赤ちゃんがいる殆どのお宅ではコンセントに関係する事故を予防対策しています。

なかでも白い色で形もシンプルに出来ているコンセントカバーがよく選ばれています。

しかし、キャップカバーを使っていて外された経験がある人もいるそうです。
まだ0歳だからと思っていても外してしまう可能性もあります。
年齢があがっていくにつれて外せる割合も多くなり、特に動物など可愛い見た目だったり、原色などのカラフルなもの、目に入りやすいデザインは特に興味を持たれやすくなってしまい外されてしまう事も多くなってきてしまいます。

コンセントを使うために大人が外して、そのまま付け忘れてしまう事もあるので、対策をしているつもりでも、必ず安全とは言い切れないのです。

赤ちゃんを危険から守る為にコンセント類はスッキリさせておこう

本当に必要なコードやコンセントなのかを見直す

今使っているコードが本当に必要なものなのか考えてみましょう。
あまり使っていないけど挿したままになっているものがないでしょうか?
今使っていないもの、普段あまり使っていないもの、片付けてしまっても大丈夫なものはそこから撤去しましょう。

家具の配置や動線を考えて、赤ちゃんが届かないところや行かない部屋などに移してみることも考えましょう。
最初から赤ちゃんが見えるところになければ、興味をもってしまいイタズラしてしまう事もなくなりますし見た目もスッキリします。

コード類をまとめる

コード類を最低限必要なものに減らしてから、それらをまとめてスッキリしましょう。
市販のものでクリップタイプや結束バンドなど種類がたくさんありますので利用してみてください。
できるだけ赤ちゃんが触ってしまえるような場所でのコンセントは使用しないようにしたり、延長コードひとつに減らすなどしてスッキリさせることも大切です。
その場合も電源タップの部分は赤ちゃんの手の届かないところにしたり、引っ張ることもできないようにする工夫もしましょう。