シルバーアクセサリーの黒ずみはサビじゃない。落とす方法とは

時間が経ったシルバーのアクセサリーが黒ずんでいる、サビのように見えるけれどにサビなのでしょうか。

金や銀は錆びることがないとも聞きますが実際のところはどうなのでしょう。

じつはサビではないといいます。ではその正体は一体何でしょう。

この黒ずみを落とすことは出来ます。落とし方はいくつかありますので、試してみてください。

シルバーアクセサリーの輝きが取り戻せることでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

テレビの位置や高さはシチュエーション別でも最適を選ぶコツ

テレビの位置や高さって新しく購入したときなど、どうすればいいのか悩みますよね。では、テレビを...

黒のストッキングがまだらになるのはナゼ?対処方法を紹介

黒のストッキングを履くとまだらになってしまうのはナゼ?なんだかだらしなく見えてしまうストッキングのム...

缶詰のフルーツは冷凍するとこんなに美味しい!果物簡単スイーツ

缶詰の果物は一年中食べられて、価格も安定していますよね。缶詰の果物はお弁当に入れるという方が...

ハムスターのヒーターで火事に注意!使い方と冬の環境づくり

ハムスターのためのヒーターで火事が起きては大変です。ハムスターは寒さに弱い動物なので、冬になると寒さ...

退職を伝えた後、職場に居づらい時の対処法と気持の持方について

退職を伝えた後、職場に居づらい。立つ鳥はあとを濁しません。辞めるのですから、有給休暇を取りき...

6畳の寝室に4人家族で寝る方法!ベッドと布団両方をご紹介

お子さんが小さいうちは、親子で1つの寝室を使用する方が多いのではないでしょうか。寝室が広ければ問題は...

暖房の設定温度の目安を紹介。20℃でも快適に過ごす方法

暖房の設定温度は消費電力にそのままつながります。エアコンの設定温度を1度下げるだけでも節電になるとい...

猫用の消臭スプレーを手作りしてみませんか。安全で簡単な方法

猫がいる家で気になるのが、マーキングやトイレの臭いですね。臭いを消そうと消臭スプレーを使うと思い...

服に付いてしまったペンキの取り方!早めの対処がおすすめ

うっかり服に付いてしまったペンキは、普通に洗濯をしてもシミは落ちませんよね。服にペンキが付いてしまっ...

【三角巾の簡単な作り方】大人用だってかわいく作りましょう

子供用の三角巾の作り方はネットでもいろいろ紹介されていますが、大人用となるとなかなか見つけにくいもの...

ホットプレートを使った美味しい餃子の焼き方と餃子の変わり種

ホームパーティーや仲の良い友達を招いてのパーティーに、餃子パーティーはいかがですか?みんなで...

No Image

洗濯機の柔軟剤を入れるところの仕組みとは?柔軟剤の使い方

洗濯機に柔軟剤を入れるタイミングとは?柔軟剤の仕組みはどのようになっているのでしょうか?なん...

バレエで男性へのお礼の仕方についてゲストへの上手な気遣い

バレエでは男性ゲストにお礼をしなければなりません。はじめて発表会で男性ダンサーと一緒に踊るのであれば...

簡単お菓子の作り方!材料は少ないけれど本格スイーツが作れます

お菓子作りは少ない材料でもできますよ!冷蔵庫にあるものでも簡単に美味しいお菓子が出来ちゃいま...

高校の合格祝いにおすすめのプレゼント!相場や贈るタイミングも

高校の合格祝いに何をプレゼントしたらよいのかわからないという方も多いと思います。高校生くらいにな...

スポンサーリンク

シルバーアクセサリーの汚れはサビじゃない

シルバーのアクセサリーを身に着けていると、徐々に黒くなったことはありませんか?
「あれ?錆びたのかな?」なんて思う方も多いと思いますが、実はシルバーアクセサリーの汚れはサビではないのです。

シルバーの変色の原因は「化学反応によるもの」

シルバーが変色してしまう原因の一つに「硫化(りゅうか)」があります。
硫化とは、空気中や水などに含まれる硫黄と反応して起こるものです。硫黄と言えば、温泉が思い出されますよね。
シルバー以外にも、硫黄に反応する金属はありますから、身につけたまま温泉に入るのは、避けた方が無難です。

シルバーの変色には「塩化(えんか)」も関係している

塩化といっても、塩を付けただけでは変わりませんので、ご安心ください。塩化で変色させてしまうものは、塩素系漂白剤などの、塩素の入っている洗剤などです。
洗濯物を漂白する時に、うっかり触れてしまいますと、シルバーが変色してしまいます。塩化したシルバーは元に戻すことは難しいので、シルバーが塩素に触れないようにご注意ください。

シルバーのアクセサリーのサビのような汚れは重曹を使って

シルバーのアクセサリーのサビのような汚れは、重曹を使って落としましょう。

そのために用意するものは、以下の通りです。

必要なもの

アルミホイル

  • 重曹
  • 熱湯
  • 熱湯を入れても大丈夫な器
  • 割り箸
  • 歯ブラシ
  • 磨き布

やり方

  1. まず、耐熱の器の底にアルミホイルを敷き、真ん中にシルバーのアクセサリーを置きます。
  2. 上から重曹をシルバーアクセサリーが軽く見えなくなるまで振りかけます。
  3. 次にやけどに注意しながら、熱湯を注ぎます。
  4. 割り箸で混ぜながら重曹を完全に溶かして、1分ほど漬け置きします。
  5. シルバーアクセサリーを割り箸で取り出し、水ですすぎ、汚れが残っているところがあれば、歯ブラシでこすります。
  6. 最後に水気を切ったら、磨き布で磨いて完了です。

サビ?シルバーのアクセサリーの黒ずみを取る方法は他にも

「サビかも?」いいえ、サビではありません。
シルバーのアクセサリーの黒ずみを取る方法は他にもあります。
ちなみにこの方法は、いぶし仕上げをしているシルバーには、不向きですので、ご注意ください。

必要なもの

  • アルミホイル
  • 水 1リットル
  • 塩 大さじ2と1/2
  • 酢 100CC
  • 割り箸
  • 歯ブラシ
  • 磨き布

やり方

  1. 最初に水を鍋に入れ、底にアルミホイルを敷き、火にかけて沸騰させます。
  2. お湯が湧いたら、火を弱火にして塩と酢を入れ、割り箸で混ぜ溶かします。
  3. そこに黒ずみを取りたいシルバーアクセサリーを入れ、弱火のまま5分ほど置きます。
  4. 5分経ったら、割り箸でシルバーアクセサリーを取り出し、水ですすぎます。
  5. 汚れが気になるところがあれば、歯ブラシでこすってください。
  6. 最後に磨き布で仕上げをして終了です。
  7. いぶし仕上げをしているシルバーの場合は、研磨剤を使うと、キレイにしたい部分だけを綿棒や布でこすれば良いので、おすすめです。

シルバーアクセサリーのメンテナンスやシルバーのアレルギーについて

シルバーアクセサリーのメンテナンスやシルバーのアレルギーについてご紹介します。

いつでもできるシルバーのメンテナンス方法

専用の磨き布で磨くという単純な方法で十分です。
ただし、塩素に触れて塩化してしまった場合は、専用の布や洗剤を使ってもキレイにすることは困難です。
その場合は、金属クリーニングのプロにお願いしてみましょう。
もしかしたら、キレイになるかも知れません。

そういった変色しないように、日頃から、保管には気をつけましょう。
ジャラジャラとまとめて箱に入れるより、ひとつひとつ小さなチャック付きポリ袋に入れておくと、汚れず管理もしやすいのでおすすめです。

シルバーのアレルギーについて

実はシルバー自体は、アレルギーを起こしづらい金属のひとつなのです。
ですが、中にはシルバーアクセサリーを着けていてアレルギーを起こしたという方もいらっしゃるでしょう。
そういった事が起きるのは、そのシルバーアクセサリーが強度を増すために、別の金属と混ぜて合金として作られるところから来ています。
金属アレルギーを持っている人は、シルバーアクセサリーを買う時に、そのシルバーが合金ではないか、またその混ぜられた金属は自分のアレルギーに反応するものではないかを確認すると良いでしょう。

シルバーアクセサリーとゴールドアクセサリーの違いや保管方法

シルバーアクセサリーとゴールドアクセサリーの違いや保管方法についてご紹介します。
まず、シルバーアクセサリーとゴールドアクセサリーで色以外の違いは、「化学反応しやすいかどうか」です。

シルバーは硫黄と塩素に触れると化学反応を起こし、変色しますが、ゴールドはごく一部の物質以外に化学反応を起こすことはなく、とても安定した金属です。
ただし、見た目がゴールドでも、金メッキ加工されたされたものは該当しませんので、ご注意ください。

とはいえ、シルバーもゴールドも薬剤に触れることはなくても、人の手やなどに触れていいれば、汚れがついてきます。
そんな時は、専用のクリーナーを使ったり、重曹でキレイにするようにしましょう。
また、保管方法も、アクセサリーケースにゴチャと詰め込まずに、ひとつひとつが取り出しやすいようにしましょう。