オイル交換の目安の期間を過ぎた時に車に起こるトラブルとは

車のエンジンオイル交換は目安となる距離や時期が設定されていますが、うっかりその期間が過ぎてしまうと車はどうなるのか気になりますよね。

多少過ぎても車は問題なく走行できる?エンジンはどうなっているの?どのくらい過ぎたら危険?

オイル交換の目安の期間を過ぎた時に車に起こるトラブルについて説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

衣類の臭いを煮沸で効果的に取るコツと効果や注意したいポイント

気になる衣類の生乾きなどの臭いは煮沸によって効果的に取ることができます。ただし、衣類の臭いを...

大学の卒業式に出ないという選択について。

大学の卒業式に出ないってアリでしょうか?大学の卒業式に出たくない?大学の卒業式に出られな...

洗剤と漂白剤と柔軟剤の効果と使い方について知りたい

洗濯を普段している人でも、あまり洗剤の内容や効果などについて深く考えたことがないという人もいるのでは...

まな板を削り直ししたい時の方法は?日頃のメンテナンスも重要

木のまな板をずっと使い続けていると、カビが生えたり黒ずんでしまうことがあります。素材が木なので、削り...

思い込みと勘違い。2つの違いとは。思い込みを信念に

思い込みと勘違いについて。2つの違いとは?簡単に言ってしまうと、人間は思い込みと勘違いで...

大学生の一人暮らしの仕送り方法!節約やお金の管理のポイント

大学生の一人暮らしの仕送り方法については悩む親御さんも多いのでしょうか。あまり過保護にするのも良くな...

洗濯は洗剤無しでも大丈夫?洗剤無しで洗うときのコツやポイント

洗濯物を洗剤無しで洗っても大丈夫なのでしょうか?赤ちゃんの服を洗濯するときには、洗剤を使ったほうがい...

フットサルのテクニックを練習して磨こう!一人でも出来る方法

フットサルはサッカと違い、コートが狭くて良いので室内でも出来ます。コートが狭い分、サッカーに...

部屋の模様替えは机のDIYで!簡単な机の作り方をご紹介

使いにくい机や、部屋の雰囲気に合わない机をどうにかしたいと思ってはいませんか?特に机は、部屋の雰囲気...

醤油ボトルの収納をスッキリさせるコツや容器を統一するポイント

毎日使う醤油などの調味料のボトルってどうしたらスッキリ収納できるのでしょうか?では、醤油のボ...

デニム生地は水通しが必要?水通しの必要性とやり方

洋服やバッグを作るときなどは、水通しをしたほうが良いと聞いたことはありませんか?デニムも水通しをした...

カレーに入れたトマト缶の酸味が気になる!酸味を和らげる調味料

ご家庭でカレーを作る時に、トマト缶を使う方も多いと思います。酸味がきいてさわやかなカレーにな...

犬用のフローリングでも滑らない靴下の作り方アイデア

犬用の靴下は市販のものでもいろいろなものがありますが、自分で作ることもできます。そこで、自分でも簡単...

通知表の付け方とは?中学校で1がついた場合はどうなるのか

高校受験に影響が出る中学校の通知表。そもそもその付け方はどんな基準となっているのでしょうか?...

ガス代の節約・元栓を閉めても節約にはならない!節約方法を紹介

毎月のガス代の請求が高く、どうにかしてガス代を節約することはできないか、頭を悩ませている人もいるので...

スポンサーリンク

オイル交換の目安の期間が過ぎた…どのくらい過ぎたら危険?

オイル交換の目安は半年、あるいは5,000kmでと言われることがあります。
その通りに行うのが理想かもしれませんが、うっかりして過ぎてしまうこともあります。
オイル交換をせずに走行すると車が壊れるのでは?危険なのでは?と不安になりますが。

 

オイル交換時期を過ぎたからといってすぐに車が壊れるものではありません。

車の状態によっても違いますし、ディーラーによっては4000キロで交換を奨めているところもあるようです。
そんな早くに交換を奨めるのは儲けのためでは?と勘ぐってしまいますが、案外そうではありません。
機種によっては固有の故障情報もあり、オイル交換を頻繁に行った方がいいエンジンも存在するのです。営業マンはそういったノウハウによってオイル交換を奨めているというわけです。

自分でもしオイル交換時期を見分けたいのであれば、エンジン音の違いや乗り始めの違和感、暖気が済むまで滑らかさがないなど、取説の範囲内で自分なりの基準を設けるしかありません。

オイル交換の目安の時期を過ぎたら、車はどうなる?

極端な話、車はエンジンオイルさえ入っていれば動きます。例えオイル交換がされていない古いオイルだったとしてもです。
実際に普段全くオイル交換をせず、車検の時のみオイル交換をするという方もいますが、それでもほとんどの車は故障することなく走りますし、もし何か問題が起こったとしても、それはエンジンオイルではなく他の箇所が故障するだけです。

にもかかわらず、なぜオイル交換が必要だと言われているのか。
それは、オイル交換をしないとオイルが汚れて古くなり、車の性能が落ちてしまうからです。
車のパワーもなくなりますし、燃費も悪くなります。その結果、車も寿命が短くなってしまうわけです。
最悪の場合、マフラーから煙が出たりエンジンが焼き付いてしまうこともあります。
そうなると修理費も高額になり、下手をすれば車を新たに購入しなければならくなるわけです。

最初のうちはオイル交換の頻度が少なくても問題ですが、走行距離や使用年数が長い人ほどオイル交換は定期的に行うべきなのです。
使い捨てで車を乗るならまだしも、長く大切に乗り続けたいのであれば、オイル交換は行うべきでしょう。

大手メーカーのオイル交換の目安の時期を過ぎたエンジンはどんな状態?

大手メーカーのほとんどは、オイル交換の目安を5,000km~1万5,000kmの間としています。

時間で言うと、半年~1年に一回のペース。
ターボ車ではない普通のガソリン車の場合は交換時期を15000kmとしています。

しかし、悪路の走行が多い場合、頻繁にアップダウンのある道など、普段どのような状況下で運転をしているかによってオイル交換の目安は変わります。
推奨しているのは、あくまでも標準的な使用方法の場合だということです。

オイル交換の目安はあくまでも目安だということを覚えておきましょう。

通常は15000㎞も走行したらオイルはかなり黒く汚れます。
こびりついた汚れは、その後こまめにオイル交換をしてもお完全に除去することは困難です。
エンジンが壊れることはありませんが、汚れが強いと固着し、汚れがどんどん蓄積されていってしまいます。

オイルフィルターもあるし、オイルが滞留しても故障に繋がらないのでは?今までもオイル交換をまめにしなくても故障した経験がないから問題ない、という方もいるでしょう。1年以上オイル交換をしない、15000km毎の交換で構わないと思うかもしれません。
車検ごとに車を買い換える人ならいいかもしれませんが、後にその車を中古車として乗る人のことを考えたら…ちょっと考えたくなるのではないでしょうか。

オイル交換を忘れていると、油圧警告灯が点灯することも

エンジンオイルは汚れていても役目を果たしますが、交換しないでいるとどんどんオイルが汚れ、不純物が混ざったオイルになってしまいます。
エンジンオイルはドロドロした黒いオイルになり、不純物が浮遊してオイル供給ラインが目詰まりします。するとエンジン内部が上手く回らずトラブルを起こしてしまう危険性もあります。

エンジントラブルを引き起こす前に現れる症状としては、エンジンオイルランプが点灯するというものがあります。
エンジンオイルを交換しないと、走行中にスピードメーターのところに警告ランプが付くのです。このランプはエンジン内部の油圧が低下したことを示すものですが、ほとんどの場合、エンジンオイルの量が足りなくて点灯します。

エンジンオイルの量が足りないのでれば、自分で新しいオイルを足せばいいのでは?となりますが、古いオイルと新しいオイルを混ぜてしまうことになりますので、緊急時は仕方がないかもしれませんが、できればディーラーなどに行って、古いオイルを抜いて新しいオイルに交換する方が望ましいでしょう。

また、自分でオイルを継ぎ足してしまうとオイルを入れすぎてしまうことにもなります。入れすぎたことで故障してしまう原因にもなりますので注意が必要です。

オイル交換は自分ですることもできます!

オイルは、きちんとレベルゲージを確認すれば自分でも交換、継ぎ足しはできます。

エンジンを切ってジャッキアップするのですが、エンジンを切る前に数分間エンジンを掛けましょう。エンジンオイルを温めることでオイルも柔らかくなり、オイルが抜きやすくなります。

次にオイルキャプを外し、車の下に潜ります。
ドレンボトルの下に古いオイルを溜める箱をセットし、ドレンボトルを傷めないように注意しながらゆるめていきます。

エンジンオイルが抜けきった事を確認したら、ドレンボトルに新しいワッシャーを緩みがないようにしっかり締め、締めをしっかり確認できたら、車をジャッキから降ろしていきます。

新しいオイルを注ぐ時は、オイルキャップの部分にオイル漏れがないように「じょうご」を使って適正なエンジンオイルの量を注いでいきます。
入れ終わったらそれが適量であるかを確認して完了です。

最後は汚れても良い布を手に持って、オイルレベルゲージを使ってオイル量を確認しておきましょう。