アイロンのかけ方【スチームのコツ】上手な使い方と注意点

アイロンのかけ方はスチームをうまく活用することでより満足のいく仕上がりになります。スチームを使えば素早くシワを伸ばすことができるので短時間でアイロンをかけることもできます。

そこで、スチームアイロンのかけ方について、スチームの効果やかける前に確認すること、スチームアイロンの上手なかけ方や注意点、シワが取り切れないときの対処法などお伝えしていきましょう。

これで、アイロンかけが苦手な方でもチームアイロンのかけ方のコツや注意点がわかるので、スムーズに取り掛かることができるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

もらって嬉しいと思われるプレゼントの選び方【30代男性編】

仕事でいつもいろいろ指導してくれる優しい上司。誕生日が近いと聞くと、嬉何かプレゼントしたいと考える女...

服のイヤな臭いは熱湯を使って簡単に解消!イヤな臭いの取り方

服やタオルを洗濯したのに、乾いてくると気になるイヤ~な臭い。特にジメジメした季節や部屋干しをした...

猫は自分が可愛いことを自覚している?猫の可愛い行動とその理由

猫の可愛い行動に毎日メロメロにされている飼い主さんもいるのではないでしょうか。まるで自覚しているかの...

洗濯機の柔軟剤入れの掃除について手順や方法を詳しく紹介

洗濯機の柔軟剤入れの掃除をつい忘れがちな人も多いのではないでしょうか。しかし、そのままにしている...

黒の浴衣にはどんなネイルが合う?おすすめデザインを大特集!

花火大会に行くとなると、やっぱり浴衣を着たくなりますよね。もし浴衣を着るなら、ネイルも夏らし...

シャツのシワが取れない時の対処法!アイロンがけに注意しよう

Yシャツなどシャツをアイロンがけしてもシワが取れないことってありますよね。「スチームアイロン」ならシ...

猫用のトイレは大きめがいい?猫の最適なトイレについて

猫用のトイレは大きめがいいと聞きますが、その目安は?どのくらいの大きさがあればいいの?猫を飼い始めた...

室内の湿度は何%が理想なの?過ごしやすい湿度とは

室内はどのくらいの湿度が理想なのでしょうか?季節によって、理想的な湿度は違ってくるようです。快適な湿...

猫が後ろ足を触られると嫌がる理由を理解して上手に付き合おう

猫を飼い始めるとどうしてもいろいろなところを触りたくなってしまいますが、実は後ろ足を触られることを猫...

小学校の先生へ心をこめたメッセージカードを贈りましょう

小学校を卒業する時、お世話になった先生にメッセージカードを贈りたいと思っても、どんなことを書いていい...

靴のサイズの選び方とは?大きさだけではなく幅や高さも要確認

靴のサイズを選ぶ時はどのようにしていますか?自分は○○センチだからと履かないで買ってはいませんか?...

粗品タオルの使い道で節約もリメイクも簡単に楽しむコツとは

粗品でもらうタオルの使い道に悩む人も多いのではないでしょうか。毎年何かと頂き物でもらう粗品の...

能を鑑賞する時の着物選びや服装マナー、能の楽しみ方について

最近は若い人でも、能などを鑑賞する際に着物を着ていく方が増えています。ただ、着物を着て行こうと思...

指輪8号サイズはほとんど店頭にない?指輪の平均サイズとは

指輪を選ぶ際に重要なのが「サイズ」です。指輪のサイズは人それぞれですが、店頭にはほとんど8号サイズが...

スノーボードウェアの上下同色はアリ?スノボウェアの着こなし術

スノーボードウェアはどのように選べばいいのでしょうか?ボードは初心者でもウェアはかっこよく、可愛く着...

スポンサーリンク

アイロンのかけ方はスチーム使いがコツ

衣類についたシワを取りたいとき、または折り目をしっかりとつけたいときにアイロンを使いますが、高温で使ってもキレイにシワを取ることができなかったり、折り目もついてくれないことがあります。素材によっては高温で使うことができず、低温だとシワを取るまで時間がかかってしまい面倒になってしまいますよね。

アイロンのスチームがとても便利になります。

スチームの蒸気にはシワを伸ばす働きがあるので、しっかりとシワを取ることができる

スチームアイロンなら、生地の上に直接アイロンを乗せなくても、蒸気だけを当てる使い方もできます。熱に弱い素材でも蒸気を当てることでシワを取り除くこともできます。

スラックスやプリーツスカートなど折り目をつけたい場合があります。裁縫の時にも折り目が必要なこともありますよね。この場合もドライアイロンを使うよりスチームアイロンの方がしっかりと折り目をつけることができます。

スチームアイロンのかけ方の前に確認すること

スチームアイロンを使う前に、アイロンを使うことができる素材かどうかの確認が必要です。熱に弱い素材にスチームアイロンを使ってしまうと、生地を傷めたり、中には熱で溶けてしまう場合があります。

スチームアイロン、衣類のタグをチェック

タグには素材の他に洗濯についての表示があります。洗濯表示には洗い桶などの絵やアルファベットなどがありますが、アイロンについてはアイロンの形をしたマークなのでひと目でわかります。アイロンの中に点や文字がありますので、それを見てアイロンで使える温度を確認します。

アイロンの中に点が3つ

又は高という文字がある場合は高温で使うことができます

点が2つ

又は中という文字の場合はアイロンは中温で使います。中温もしくは高温で使うことができる素材なら、スチームアイロンを使うことができます。

アイロンの中に点がひとつ

又は低という文字がある場合は低温で使わなければならない、比較的デリケートな素材になります。アイロンにバツがあるときはアイロンを使うことはできません。

アイロンを低温で使わなければならない場合や繊細な素材で心配な場合

あて布を使うようにしてください。あて布は熱に強い素材で、色移りがしないものを選んでください。あて布を使った方が良い素材は、シルクやレーヨン、ウールなどのニットです。他にもTシャツなどのプリント部分は熱に弱いことがあります。熱で溶けてしまう心配がある場合はあて布を使うようにしましょう。

スチーム機能付きアイロンの上手なかけ方

生地の素材と洗濯表示を確認して、スチームアイロンを使うことができるとわかったら、スチームアイロンを使ってシワを取り除いていきましょう。

スチームアイロンのかけ方

スチームアイロンには水を入れる部分があります。アイロンの先端から入れる場合が多いですが、水を入れる部分が取り外せるものもあります。水を入れる満水のラインがありますので、そのラインを超えないように入れてください。

アイロン台の上にアイロンをかけたい生地を置いたら、上からスチームを当てます。熱に弱い素材の場合はあて布を乗せ、あて布の上からスチームを当ててください。

スチームをあてた部分が乾くまで、しばらくそのまま置いておくか、ハンガーにかけておきます。

ハンガーにかけたままスチームだけを当ててシワを取り除くこともできます。その場合はアイロンを生地から少し離した位置で持ち、スチームだけを生地に当てるようにします。熱や水が心配なデリケートな素材には、スチームだけをあてる場合でもあて布を使うと安心です。生地の上にあて布をし、その上からスチームをあてるようにしましょう。

スチームアイロンをかけるときの注意点

スチームアイロンを使うときは必ず素材を確認して、熱に強いのかスチームをあてても問題ないかを確かめてください。洗濯表示を見るとアイロンの設定温度がわかります。シワを早くキレイに取り除きたいからといって熱に弱い素材に高温で使ってしまうと、生地を傷めてしまい、着ることができなくなってしまう場合もあります。

アイロンを高温で使った後に中温で使わなければならない素材をかける時は注意が必要

アイロンの温度が下がるまで時間がかかりますので、すぐにかけずに、温度が下がるまで待ってから使うようにしてください。温度が低い素材からかけ始め、徐々に温度を上げるようにすると良いです。

スチームアイロンに入れた水が残っている場合

必ず全部捨ててから保管するようにしてください。アイロンの中に水を残したままにしておくと、水垢がたまってしまい、蒸気が出る小さな穴が詰まってしまいます。
私が以前使っていたアイロンは、サビが発生して茶色い水が出てきてしまい、お気に入りのブラウスを汚してしまったことがあります。こんなことが無いように、使い終わったあとも気をつけてくださいね。

シワが取り切れないときは霧吹きが効果的

スチームアイロンを使ってもシワが取り切れないこともあります。このような場合は、霧吹きを使ってみてください。霧吹きだとスチームアイロンを使うよりも、生地にたっぷりと水分を含ませることができます。スチームアイロンの蒸気は霧吹きに比べると乾きやすくなってしまいます。その点、霧吹きだとしっかりと濡らすことにより、シワを取りやすくできます。

スチームアイロンを持っていない場合や、アイロンのスチーム機能だけ壊れてしまった場合もまた霧吹きが便利です。霧吹きとドライアイロンで、スチームアイロンの代わりにすることができます。

スチームアイロンはシワを取り除いたり折り目をつけたい時にとても便利です。ハンガーにかけたままスチームだけを当てる使い方もできます。素材に合わせて、上手に使いこなしてくださいね。