アイロンのかけ方【スチームのコツ】上手な使い方と注意点

アイロンのかけ方はスチームをうまく活用することでより満足のいく仕上がりになります。スチームを使えば素早くシワを伸ばすことができるので短時間でアイロンをかけることもできます。

そこで、スチームアイロンのかけ方について、スチームの効果やかける前に確認すること、スチームアイロンの上手なかけ方や注意点、シワが取り切れないときの対処法などお伝えしていきましょう。

これで、アイロンかけが苦手な方でもチームアイロンのかけ方のコツや注意点がわかるので、スムーズに取り掛かることができるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

猫のシャンプータオルの使い方やメリット・デメリットについて

猫用のシャンプータオルをご存知ですか?シャンプータオルと言うとシャンプーをしたときに使用する、吸水性...

合皮は劣化すると剥がれる!理由や寿命と気をつけたい保管方法

合皮は劣化により剥がれることがあります。お気に入りの合皮のバッグが剥がれてきていたら、それがそのバッ...

玉ねぎの収穫時期・梅雨のときの収穫方法!濡れないように収穫を

玉ねぎの収穫時期を迎えたけど、梅雨時期で天気がいい日が少ないということもありますよね。玉ねぎを収穫す...

色の種類の合わせ方とは?服のカラーコーディネートについて

今日も張り切って、服のカラーコーディネートを考えらけれどなんだかまとまりがないような?かといって無難...

テレビの中継に時間差が生じる理由!ラジオはテレビより早い

テレビの中継を見ていると、放送中の音声に時間差が生じていることもあります。特に、国際中継では、時間差...

化粧を簡単自然に!?やり方次第でナチュラルは作れる!

まるで化粧をしていないようなナチュラルなメイクは、やり方次第で簡単にできちゃいます。では、ま...

ボールペンのインクの落とし方!服についたボールペンの落とし方

うっかりしてボールペンのインクを服につけてしまうこともあります。ペン先をしまわずにそのまま胸ポケット...

力士の体の筋肉と脂肪の関係。2つの体型の特徴と力士の稽古

力士の方は皆さん大きい、体格がいいというイメージが定番ですがその体についているのは脂肪と思いがちでは...

中学生の勉強机のレイアウトのポイントと置いてはいけないモノ

小学生時代とは違い中学生になると勉強の内容も濃くなり、今までの勉強の仕方や勉強机のままというワケには...

ミルクの温度が熱いときに素早く冷ます方法と上手な与え方

ミルクの温度が熱いときは赤ちゃんが飲みやすい温度に冷まさなければなりません。しかし、育児にまだ慣れて...

高校の卒業旅行は韓国がオススメ!事前にやるべきことや注意点

高校の卒業旅行に韓国に行くという学生が増えています。韓国なら日本からとても近く、時差もないので、学生...

セラミックのフライパンは正しく使えば危険ではありません

「セラミックのフライパンは焦げないからいいよ。」と友達から聞いても、本当に焦げ付くことはないのか、危...

洗濯機の柔軟剤入れの掃除について手順や方法を詳しく紹介

洗濯機の柔軟剤入れの掃除をつい忘れがちな人も多いのではないでしょうか。しかし、そのままにしている...

バレエにかかる費用。子供の発表会に必要な費用と体験談

お子様の習い事は何かしていますか?協調性や集団行動が身に付く、子供の能力を伸ばすなど習い事に...

布巾の除菌は電子レンジで速攻完了!布巾とスポンジの除菌方法

布巾の除菌はいつもどのようにしていますか?除菌の必要性はわかっていても、つい面倒で後回しにしてしまう...

スポンサーリンク

アイロンのかけ方はスチーム使いがコツ

衣類についたシワを取りたいとき、または折り目をしっかりとつけたいときにアイロンを使いますが、高温で使ってもキレイにシワを取ることができなかったり、折り目もついてくれないことがあります。素材によっては高温で使うことができず、低温だとシワを取るまで時間がかかってしまい面倒になってしまいますよね。

アイロンのスチームがとても便利になります。

スチームの蒸気にはシワを伸ばす働きがあるので、しっかりとシワを取ることができる

スチームアイロンなら、生地の上に直接アイロンを乗せなくても、蒸気だけを当てる使い方もできます。熱に弱い素材でも蒸気を当てることでシワを取り除くこともできます。

スラックスやプリーツスカートなど折り目をつけたい場合があります。裁縫の時にも折り目が必要なこともありますよね。この場合もドライアイロンを使うよりスチームアイロンの方がしっかりと折り目をつけることができます。

スチームアイロンのかけ方の前に確認すること

スチームアイロンを使う前に、アイロンを使うことができる素材かどうかの確認が必要です。熱に弱い素材にスチームアイロンを使ってしまうと、生地を傷めたり、中には熱で溶けてしまう場合があります。

スチームアイロン、衣類のタグをチェック

タグには素材の他に洗濯についての表示があります。洗濯表示には洗い桶などの絵やアルファベットなどがありますが、アイロンについてはアイロンの形をしたマークなのでひと目でわかります。アイロンの中に点や文字がありますので、それを見てアイロンで使える温度を確認します。

アイロンの中に点が3つ

又は高という文字がある場合は高温で使うことができます

点が2つ

又は中という文字の場合はアイロンは中温で使います。中温もしくは高温で使うことができる素材なら、スチームアイロンを使うことができます。

アイロンの中に点がひとつ

又は低という文字がある場合は低温で使わなければならない、比較的デリケートな素材になります。アイロンにバツがあるときはアイロンを使うことはできません。

アイロンを低温で使わなければならない場合や繊細な素材で心配な場合

あて布を使うようにしてください。あて布は熱に強い素材で、色移りがしないものを選んでください。あて布を使った方が良い素材は、シルクやレーヨン、ウールなどのニットです。他にもTシャツなどのプリント部分は熱に弱いことがあります。熱で溶けてしまう心配がある場合はあて布を使うようにしましょう。

スチーム機能付きアイロンの上手なかけ方

生地の素材と洗濯表示を確認して、スチームアイロンを使うことができるとわかったら、スチームアイロンを使ってシワを取り除いていきましょう。

スチームアイロンのかけ方

スチームアイロンには水を入れる部分があります。アイロンの先端から入れる場合が多いですが、水を入れる部分が取り外せるものもあります。水を入れる満水のラインがありますので、そのラインを超えないように入れてください。

アイロン台の上にアイロンをかけたい生地を置いたら、上からスチームを当てます。熱に弱い素材の場合はあて布を乗せ、あて布の上からスチームを当ててください。

スチームをあてた部分が乾くまで、しばらくそのまま置いておくか、ハンガーにかけておきます。

ハンガーにかけたままスチームだけを当ててシワを取り除くこともできます。その場合はアイロンを生地から少し離した位置で持ち、スチームだけを生地に当てるようにします。熱や水が心配なデリケートな素材には、スチームだけをあてる場合でもあて布を使うと安心です。生地の上にあて布をし、その上からスチームをあてるようにしましょう。

スチームアイロンをかけるときの注意点

スチームアイロンを使うときは必ず素材を確認して、熱に強いのかスチームをあてても問題ないかを確かめてください。洗濯表示を見るとアイロンの設定温度がわかります。シワを早くキレイに取り除きたいからといって熱に弱い素材に高温で使ってしまうと、生地を傷めてしまい、着ることができなくなってしまう場合もあります。

アイロンを高温で使った後に中温で使わなければならない素材をかける時は注意が必要

アイロンの温度が下がるまで時間がかかりますので、すぐにかけずに、温度が下がるまで待ってから使うようにしてください。温度が低い素材からかけ始め、徐々に温度を上げるようにすると良いです。

スチームアイロンに入れた水が残っている場合

必ず全部捨ててから保管するようにしてください。アイロンの中に水を残したままにしておくと、水垢がたまってしまい、蒸気が出る小さな穴が詰まってしまいます。
私が以前使っていたアイロンは、サビが発生して茶色い水が出てきてしまい、お気に入りのブラウスを汚してしまったことがあります。こんなことが無いように、使い終わったあとも気をつけてくださいね。

シワが取り切れないときは霧吹きが効果的

スチームアイロンを使ってもシワが取り切れないこともあります。このような場合は、霧吹きを使ってみてください。霧吹きだとスチームアイロンを使うよりも、生地にたっぷりと水分を含ませることができます。スチームアイロンの蒸気は霧吹きに比べると乾きやすくなってしまいます。その点、霧吹きだとしっかりと濡らすことにより、シワを取りやすくできます。

スチームアイロンを持っていない場合や、アイロンのスチーム機能だけ壊れてしまった場合もまた霧吹きが便利です。霧吹きとドライアイロンで、スチームアイロンの代わりにすることができます。

スチームアイロンはシワを取り除いたり折り目をつけたい時にとても便利です。ハンガーにかけたままスチームだけを当てる使い方もできます。素材に合わせて、上手に使いこなしてくださいね。