お歳暮といえばカニ!北海道のお歳暮を贈る時期など紹介します!

お歳暮といえばカニ!
北海道から送られてくるお歳暮で人気なのはカニではないでしょうか?
北海道のお歳暮を贈る時期についてなど紹介します。

また、お歳暮を贈りたくても、喪中の場合はどうしたらよいのでしょうか?

北海道のカニの他に、お歳暮にもらって嬉しいものについてや、お中元・お歳暮を贈る時に気をつける事などまとめてみました!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハムスターに適した床材と量を理解して、快適に過ごしてもらおう

ハムスターを飼うとなると、ケージに必要な床材について考えるのではないでしょうか。どんな床材がいい...

犬を飼うと大変と感じる事を紹介。金銭面や老後が心配という事

子供が犬を欲しがる、ペットショップで一目惚れ、一軒家に引っ越すので犬を飼いたいと思うことはあるでしょ...

グラスやコップの収納術!使いやすさを目的にした収納方法

グラスやコップの収納に困っていませんか?気が付くと意外と増えているのがグラスやコップ。普段使うも...

うずらの飼育は屋外でも可能?飼育方法や注意点について

うずらの飼育を考えている方、鶏の様に屋外での飼育は可能かどうか?飼育する際には気になるポイントですよ...

5歳児にオススメな遊びや発達の特徴と成長ポイントについて

子供が5歳児となると、言動や行動も活発になり大人の言っていることもだいぶ理解できるようになり、一通り...

100均のペンケースのアレンジ術を紹介。簡単なデコり方や作り方

みなさんはどんなペンケースを使っていますか?100均のペンケースはプチプラなのに可愛い、使いやす...

本籍変更で思わぬデメリット?本籍変更についてのアレコレ

本籍をどこに置くかは自分で決定することができます。そして変更することも可能です。本籍を住んでいる...

ピアノの和音は指先の力加減、音のバランスが重要なポイント

子供が弾くピアノの和音について「指先の力を加えてしっかり弾きなさい」と言っている方も多いのではないで...

毎月、貯金してますか?40代は子どもの進学と老後が心配。

毎月、どのくらいの金額を貯金へ回すことができていますか?40代は、子どもの進学と、自分たちの...

布を裁断するカッターの特徴や使い方・注意点を紹介します

布を裁断するロータリーカッターの使い勝手とは?布作品をよく作る人にとって必需品となるのは裁ちばさみで...

バレエの発表会で素敵な花束を渡したいなら

習い事の中には今まで学んだことを発表して披露する機会のあるものがいくつかありますよね。その中でも...

1日置いたカレーの表面の白い膜はカビと判明!食べると危険

夜に作ったカレーが残ってしまい、また翌日に食べようと一晩置くことってありますよね。「1日置いたカレー...

デイサービスでの体操にボールを使う種目を加えてみよう

デイサービスを利用する高齢者には、怪我なく体操を楽しんでもらいたいですよね。そこでおすすめな...

文鳥の鳴き声はオスとメスで違う!メスの鳴き声とそれぞれの性格

文鳥はオスとメスで鳴き声が違うということはご存知でしょうか。文鳥の性別を見分けるポイントが鳴き声だと...

通知表の付け方とは?中学校で1がついた場合はどうなるのか

高校受験に影響が出る中学校の通知表。そもそもその付け方はどんな基準となっているのでしょうか?...

スポンサーリンク

お歳暮と言えばカニ!?北海道のお歳暮を贈る時期など紹介!

北海道のお歳暮の定番と言えばカニですよね。カニは生鮮魚介なので、贈る時期を考えてしまいそうですが、北海道の人は、おおらかな性格のためか、お歳暮を贈る時期は気にしない人が多いようです。
年末には忙しくなるために、早めにお歳暮を届けたいと考える人が多いのが実際のところです。受け取る側より、贈る側のほうが気を使うのが一般的な心情ですが、北海道民は気にしていない人も多いようですよ。

では、お歳暮は、一般的にはどのような人に送るのでしょうか。お世話になった人、仲人、親戚などに送ることが多いようです。お歳暮のシーズンになると、挨拶がてら、営業マンがお歳暮を持って取り引き先に行く姿を良く見かけます。

実際は、お世話になった人が一人だったとしても、会社への挨拶では、社内全員向けにお歳暮を持っていくことが多いようです。お菓子などの定番商品は、お歳暮のシーズンになると社内で配られることも良くあります。

お歳暮の相場も、相手によって様々です。どのくらいお世話になったのか、毎年贈ったり受け取ったりしているようであれば、昨年はどのくらいの金額のお歳暮だったのか、どのようなものを頂いたのかも気にしたいところです。

お歳暮に北海道からカニを送りたい…。でも喪中の場合はどうしたらいい?

お歳暮を贈りた相手が喪中の場合もあります。また、自分自身が喪中の場合もあるでしょう。そんなとき、お歳暮を贈っても良いのか迷うところです。
喪中の期間は地域によって様々です。配偶者が亡くなったときは、1年間は喪中と考えます。

お歳暮と年賀状は違います。喪中の時期に年賀状を送らないという人も多いのは、気配りからきています。本来、喪中の人に年賀状を送っても問題はありません。悲しい気持ちになっている相手に、新年のお祝いを述べるのは思いやりが無いように思われることから、年賀状を送っていない人が多くいます。

しかし、お歳暮はお祝いではなく、日ごろの感謝の気持ちを表現するものであり、喪中なので送ってはいけないということにはつながりません。葬儀などが近日中に行われたばかりの場合には、相手に時期をずらすなどの確認を取ったほうが良いでしょう。

お歳暮の習慣も薄れつつありますが、お歳暮を贈るということは意味のあることです。日本人の風習を大切にしたいところです。

お歳暮にもらって嬉しいものは北海道のカニの他にコレ!

北海道のお歳暮といえば海産物と思っている人も少なからず多いはずです。特にカニなどは、非常に喜ばれます。

しかし、カニ以外にも、北海道には美味しいものがたくさんあります。北海道に限定せずとも、人気のお歳暮があります。

お歳暮の一番の人気は、なんと言ってもお肉でしょう。普段食べることができないような、高級なお肉やハムの詰め合わせは、自分で購入することが少ないため、もらった場合に非常に嬉しいものです。
霜降りのブランド牛やすき焼きなどは、特に喜ばれるもののひとつです。

また、日持ちのする高級なハムは、好みの大きさにカットすることもでき、お弁当が必要な家庭では、おかずに入れることもできます。日持ちの面からも、長く楽しむことができるのでお勧めです。

お中元・お歳暮を贈る時はコレに気をつけて!

調味料は、お歳暮のカタログなどでもよく見受けられます。しかし、目上の人に贈るのは辞めましょう。お金がないので調味料でも良さそう、という意味に受け取られてしまいます。特に年配の方に贈るのは避けたほうがよさそうです。

筆記用具などは、仕事をもっと頑張ってくださいという意味があるので、目上の人に贈るのは失礼と言われています。

品数の面からも、4や9の数のものは避けたほうがよさそうです。末広がりの8や7つの商品が入ったものを贈ると喜ばれます。特に年配の人は気にする人が多いので注意したいところです。

玄関のマットや、スリッパは踏みつけるものを連想させるため、お中元やお歳暮にはふさわしくありません。海苔はお茶も、香典返しに用いられるため、不向きです。ただし、古い習慣にあまりとらわれすぎることはありません。本当にお茶が好きな人に贈るのであれば、普段購入することのないような高級なお茶を贈るもの良いかも知れません。

お歳暮でもらって嬉しくないものはこんな物?

折角お歳暮を頂いたとしても、自分の好みに合わないものが贈られてきた場合には、素直に喜べないことがあるかも知れません。

お酒が飲めない家庭にお酒が送られてきたり、またジュースを飲まないような家庭に、ジュースが送られてきたり、コーヒーなども苦手な人がいるかも知れません。

インテリアや趣味に合わないようなものが贈られてきた場合にも、困りますよね。

基本的には、食べたり使用したら消えてなくなるものが、もらっても喜ばれるお歳暮と言えそうです。できることなら、事前にさりげなく好みを調査しておくのもよさそうですね。