商品の交換にレシートが必要な理由と交換できる条件について

購入した商品の交換や返品をしたい場合、レシートが必要だと言われることがほとんどでしょう。

しかし、実際に自分が交換したい時に限ってレシートが見当たらないこともあります。

では、レシートがない場合は交換することを諦めるしかないのでしょうか。

今回は、商品の交換にレシートが必要な理由とレシートなしでも交換できる条件について説明します。アプリなどの普及によって、購入履歴が確認できればレシートなしでも交換できるお店が増えてきているようです。

ただし、自分が購入した店舗に確認することが一番です。交換できる期限もお店によって違うので、まずは直接電話を聞いて問い合わせてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハムスターのトイレや砂遊び場の作り方や注意点について

ハムスターはトイレを覚えるというけれど、砂遊び場でしてしまうときにはどうしたらいいのでしょうか?...

鍋とフライパンの違いは?フライパンは便利に使える鍋の一種

これから一人暮らしを始める人は、新生活に必要な色々なものを揃えなくてはなりません。少しでも購入費用を...

ウーパールーパーの赤ちゃんの育て方のコツや注意点について紹介

ウーパールーパーの赤ちゃんの育て方はコツを掴めば簡単です。はじめてウーパールーパーを飼育する場合はど...

暖房の設定温度の目安を紹介。20℃でも快適に過ごす方法

暖房の設定温度は消費電力にそのままつながります。エアコンの設定温度を1度下げるだけでも節電になるとい...

フェルトで手作りしたお守りで彼を応援!作り方のポイント

受験を控えた彼には、神社で購入するお守りではなく、フェルトで手作りしたお守りをプレゼントしてはいかが...

【フォークの使い方】サラダを食べる時に美しく見せるためには

サラダを食べる時、お箸で食べるのが一番ラクだと思ってはいるものの、フランス料理のコースの中で出てくる...

トイレのコンセントの位置は失敗しないようにしっかり考えよう!

日本のトイレといえば温水洗浄便座が当たり前のようになってきていますが、使用するためにはコンセントが必...

スライムを洗濯糊とコンタクト洗浄液で作る場合の注意点について

スライム作りには洗濯糊とホウ酸かホウ砂が必要となりますが、コンタクト洗浄液がホウ酸やホウ砂の代用とし...

グッピーは繁殖で増えすぎることも!その対処法を教えます!

見ているだけで癒されるグッピーですが、実際に飼育してみると繁殖で増えすぎて困る、なんてケースもあるよ...

大学の卒業式のスーツ選び!男子学生に人気のスーツのタイプ

大学の卒業式で男子学生が着ていくのは、多くの方がスーツです。しかし、スーツを着慣れていないと...

フェルトに刺繍するときにはどうしたらいい?下書き方法を紹介

フェルトに刺繍をする場合はどのように下書きをしたらいいのでしょうか?コットンなどと違って下書きをする...

オカメインコが噛むのをしつけるには?噛み癖を治す方法

オカメインコは噛む力が強いため、噛み癖が付く前にしつけることが大切です。甘噛みだからと油断してい...

衣類の臭いを煮沸で効果的に取るコツと効果や注意したいポイント

気になる衣類の生乾きなどの臭いは煮沸によって効果的に取ることができます。ただし、衣類の臭いを...

トイレの芳香剤を手作りしよう!使い終わったら掃除もできます

トイレ用芳香剤ってドラッグストアなどに行くといろいろな種類のものが販売されているものの、なかなか自分...

鏡と写真で全然違うのはなぜ?顔の印象の摩訶不思議

鏡と写真で印象が全然違うと思ったことありませんか?なぜそこまで鏡と写真で印象が全然違うのはな...

スポンサーリンク

商品の交換や返品の時にレシートが必要だと言われる理由について

お店で服や靴などを買ったはいものの、実際にはサイズが小さくて、サイズの交換や返品をしたいと思った経験はないでしょうか。
特に、お子さんの服や靴などを買った場合には、よくあるトラブルだと思います。

実際に、殆どのお店でも「交換や返品の際にはレシートをお持ち下さい」と言われるように、多くのお店では交換や返品の際にはレシートを持っていかなければいけません。
そんな商品の交換や返品の際に必要になるレシートですが、そもそもなぜレシートが必要なのか?気になったことはないでしょうか。

商品の交換や返品にレシートが必要になる理由は2つ

ひとつは「商品が自店のものであることを確認するため」、もうひとつは「お店の処理上のため」です。

商品が自店のものであることを確認するため

商品は購入したお店以外に違うお店でも取り扱っているケースが多くあります。
お店側としては、自店で購入されたものではないのに返品や交換をしてしまえば、ただ商品を渡すことになってしまいます。
返品の場合には商品分の金額を、交換の場合には他の商品との差額分を損することになってしまうのです。
こうしたことを防ぐためには、お店の名前が記載されたレシートが欠かせないものとなるのです。

お店の処理上のため

お店は基本的に交換や返品があった場合、それぞれのルールに従って適切な処理をしています。
その中のひとつには、交換や返品があった場合にはお客様に渡したレシートを一緒に保管するというようなものもあり、レシートが無ければ適切な処理を行うことができなくなってしまうのです。

このようなことから基本的に、交換や返品の際には、レシートが必須となっています。

レシートがなくても商品の交換ができる場合もあります

ただ、場合によってはレシートが無くても商品の交換ができる場合もあるようで、どのような場合なのか?ご紹介したいと思います。

レシートが無くても商品の交換ができる場合

購入した履歴がレシート以外のもので確認できるケース

交換する商品を交換するお店で購入したものであることが確認できる場合には、レシートが無くても交換を受け付けているケースがあるのです。

スマホのアプリ

現代では様々なお店がアプリを出しており、アプリの中には購入履歴を確認できるようなものもあります。
そうしたアプリの購入履歴に、購入に関しての一定の情報が記載されていれば、交換に対応してもらえる場合もあるようです。

ただ、交換の条件としては、基本的に「未着用」の場合に限ります。
皆さんもご存知かと思いますが、一般的な常識として、着用済みのものの交換はできませんので注意して下さいね。

購入した商品によっては、レシートがなくても交換できます

購入した商品はどのようなものでしょうか。
「商品」によってはレシートが無い場合でも交換できることがあるようです。

もちろんお店にもよると思いますが、例えば「自社ブランド商品」のような場合には、他のお店に売られていることは考え難いです。

「明らかに自分のお店でしか売っていない商品」の場合には、交換を受け付けている場合がある

また、お店が発行しているポイントカードには、必ず会員番号が記載されています。
お店によっては、この会員番号から購入履歴を調べることができるようなケースもあり、お店側が自店で購入した商品だということを履歴から確認することができたら返品対応して貰えるでしょう。

レシートがあっても商品の交換や返品ができない場合もあります

一方でお店によってはレシートの有無に関わらず返品や交換を受け付けていないケースがあります。

商品の状態が元の状態と違う場合

ジーンズの裾上げをした、商品を一度でも着用して汚した、商品を洗濯したなど、商品の状態が売られていた時の状態と少しでも違う場合には、レシートがあっても交換や返品を断られることがあります。

あくまでも交換や返品が可能となるのは「商品が未使用」の場合に限られます。

また、下着など購入した商品によっては、未使用でも返品や交換ができないケースや返品や交換ができる期間が決まっている場合があるようですので、覚えておきましょう。
詳しい理由は分かりませんが、もしかすると、衛生的な面が関係しているのかもしれませんね。

レシートがなくても商品を交換できるかどうかは、まず購入店舗に確認を

購入した商品の交換や返品をする場合には、様々な条件があることをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

商品の交換や返品ができる条件はお店によって異なる

一昔前まではレシートが交換や返品の際の基本だったのも、今ではスマホのアプリが基本となりつつあるのが現状です。
お店によっては、レシートが無くても、スマホのアプリがあれば交換や返品できるようなケースも多くあります。

そのため基本的にはまず購入したお店に交換や返品は可能なのか、可能であるのなら必要な条件等を確認するようにしましょう。