商品の交換にレシートが必要な理由と交換できる条件について

購入した商品の交換や返品をしたい場合、レシートが必要だと言われることがほとんどでしょう。

しかし、実際に自分が交換したい時に限ってレシートが見当たらないこともあります。

では、レシートがない場合は交換することを諦めるしかないのでしょうか。

今回は、商品の交換にレシートが必要な理由とレシートなしでも交換できる条件について説明します。アプリなどの普及によって、購入履歴が確認できればレシートなしでも交換できるお店が増えてきているようです。

ただし、自分が購入した店舗に確認することが一番です。交換できる期限もお店によって違うので、まずは直接電話を聞いて問い合わせてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お年玉は子供のもの?親のもの?お年玉の行方について

お年玉はその家庭の価値観によって、使いみちや管理方法が変わってきますよね。子供あてにいただく...

飲食店でピアスがNGだったら絆創膏で目立たなく出来る方法とは

せっかく空けたファーストピアス!数日後に飲食店のバイトが決まったけれどピアスがNGらしい・・・。...

力士の体の筋肉と脂肪の関係。2つの体型の特徴と力士の稽古

力士の方は皆さん大きい、体格がいいというイメージが定番ですがその体についているのは脂肪と思いがちでは...

1日置いたカレーの表面の白い膜はカビと判明!食べると危険

夜に作ったカレーが残ってしまい、また翌日に食べようと一晩置くことってありますよね。「1日置いたカレー...

3人家族の場合、気になるマンションの間取りについて!

3人家族でマンションに住むならどんな間取りや部屋数があればいいのでしょう?部屋の大きさや子供...

フットサルのテクニックを練習して磨こう!一人でも出来る方法

フットサルはサッカと違い、コートが狭くて良いので室内でも出来ます。コートが狭い分、サッカーに...

コミケでコスプレをしたいけど、初心者なので色々知りたい

コミケの醍醐味と言えば、お目当ての同人誌などのアイテムを手に入れることですよね。しかし、それ以外...

マニキュアの簡単な塗り方とは?キレイに見せるコツを教えます

自分でマニキュアを塗っても、ムラになってしまったりはみ出して失敗してしまうことってありますよね。...

通帳をなくした!悪用される可能性は?通帳を無くした時の対処法

いつもしまってあるはずの場所に通帳がない!通帳をなくした!突然こんな状況になったら焦りますよね。特に...

お茶の煮出しはやかんで!美味しく作る方法と選び方のポイント

お茶を煮出して作ると香ばしい香りがして、とても美味しいですよね。では、お茶はやかんで煮出した...

服についた刺繍がほつれた場合の対処法と洗濯時の注意点

お気に入りの服の刺繍がほつれが出ると、はさみを使ってなんとか止めようと考える人も多いのではないでしょ...

洗濯は洗剤無しでも大丈夫?洗剤無しで洗うときのコツやポイント

洗濯物を洗剤無しで洗っても大丈夫なのでしょうか?赤ちゃんの服を洗濯するときには、洗剤を使ったほうがい...

ハムスターの暑さ対策!氷や保冷剤を使った温度の下げ方

ハムスターは他のペットほど手が掛からず、一人暮らしでも飼いやすいペットです。しかし、ハムスタ...

小学校では鉛筆の2Bをいつまで使用?指定される理由と使い心地

小学校の入学準備を始めていると、筆記用具の注意点に「鉛筆は2b、または2b以上」と指定されている場合...

アイロンのかけ方【スチームのコツ】上手な使い方と注意点

アイロンのかけ方はスチームをうまく活用することでより満足のいく仕上がりになります。スチームを使えば素...

スポンサーリンク

商品の交換や返品の時にレシートが必要だと言われる理由について

お店で服や靴などを買ったはいものの、実際にはサイズが小さくて、サイズの交換や返品をしたいと思った経験はないでしょうか。
特に、お子さんの服や靴などを買った場合には、よくあるトラブルだと思います。

実際に、殆どのお店でも「交換や返品の際にはレシートをお持ち下さい」と言われるように、多くのお店では交換や返品の際にはレシートを持っていかなければいけません。
そんな商品の交換や返品の際に必要になるレシートですが、そもそもなぜレシートが必要なのか?気になったことはないでしょうか。

商品の交換や返品にレシートが必要になる理由は2つ

ひとつは「商品が自店のものであることを確認するため」、もうひとつは「お店の処理上のため」です。

商品が自店のものであることを確認するため

商品は購入したお店以外に違うお店でも取り扱っているケースが多くあります。
お店側としては、自店で購入されたものではないのに返品や交換をしてしまえば、ただ商品を渡すことになってしまいます。
返品の場合には商品分の金額を、交換の場合には他の商品との差額分を損することになってしまうのです。
こうしたことを防ぐためには、お店の名前が記載されたレシートが欠かせないものとなるのです。

お店の処理上のため

お店は基本的に交換や返品があった場合、それぞれのルールに従って適切な処理をしています。
その中のひとつには、交換や返品があった場合にはお客様に渡したレシートを一緒に保管するというようなものもあり、レシートが無ければ適切な処理を行うことができなくなってしまうのです。

このようなことから基本的に、交換や返品の際には、レシートが必須となっています。

レシートがなくても商品の交換ができる場合もあります

ただ、場合によってはレシートが無くても商品の交換ができる場合もあるようで、どのような場合なのか?ご紹介したいと思います。

レシートが無くても商品の交換ができる場合

購入した履歴がレシート以外のもので確認できるケース

交換する商品を交換するお店で購入したものであることが確認できる場合には、レシートが無くても交換を受け付けているケースがあるのです。

スマホのアプリ

現代では様々なお店がアプリを出しており、アプリの中には購入履歴を確認できるようなものもあります。
そうしたアプリの購入履歴に、購入に関しての一定の情報が記載されていれば、交換に対応してもらえる場合もあるようです。

ただ、交換の条件としては、基本的に「未着用」の場合に限ります。
皆さんもご存知かと思いますが、一般的な常識として、着用済みのものの交換はできませんので注意して下さいね。

購入した商品によっては、レシートがなくても交換できます

購入した商品はどのようなものでしょうか。
「商品」によってはレシートが無い場合でも交換できることがあるようです。

もちろんお店にもよると思いますが、例えば「自社ブランド商品」のような場合には、他のお店に売られていることは考え難いです。

「明らかに自分のお店でしか売っていない商品」の場合には、交換を受け付けている場合がある

また、お店が発行しているポイントカードには、必ず会員番号が記載されています。
お店によっては、この会員番号から購入履歴を調べることができるようなケースもあり、お店側が自店で購入した商品だということを履歴から確認することができたら返品対応して貰えるでしょう。

レシートがあっても商品の交換や返品ができない場合もあります

一方でお店によってはレシートの有無に関わらず返品や交換を受け付けていないケースがあります。

商品の状態が元の状態と違う場合

ジーンズの裾上げをした、商品を一度でも着用して汚した、商品を洗濯したなど、商品の状態が売られていた時の状態と少しでも違う場合には、レシートがあっても交換や返品を断られることがあります。

あくまでも交換や返品が可能となるのは「商品が未使用」の場合に限られます。

また、下着など購入した商品によっては、未使用でも返品や交換ができないケースや返品や交換ができる期間が決まっている場合があるようですので、覚えておきましょう。
詳しい理由は分かりませんが、もしかすると、衛生的な面が関係しているのかもしれませんね。

レシートがなくても商品を交換できるかどうかは、まず購入店舗に確認を

購入した商品の交換や返品をする場合には、様々な条件があることをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

商品の交換や返品ができる条件はお店によって異なる

一昔前まではレシートが交換や返品の際の基本だったのも、今ではスマホのアプリが基本となりつつあるのが現状です。
お店によっては、レシートが無くても、スマホのアプリがあれば交換や返品できるようなケースも多くあります。

そのため基本的にはまず購入したお店に交換や返品は可能なのか、可能であるのなら必要な条件等を確認するようにしましょう。