シンクのサビの落とし方!しつこいサビを落とす掃除方法

毎日使うシンクですが、使っているうちにサビが出ることもあります。目につくところなので気になり、困っている方も多いと思います。
そこで、キッチンのシンクのサビの落とし方をご紹介します。

早い段階ならば、サビを落とすのもそれほど時間は掛かりません。手強いサビには、それぞれに適した方法で試してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

暖房の設定温度の目安を紹介。20℃でも快適に過ごす方法

暖房の設定温度は消費電力にそのままつながります。エアコンの設定温度を1度下げるだけでも節電になるとい...

家の蜘蛛は縁起が良い?朝と夜の蜘蛛・蜘蛛にまつわる縁起の話

蜘蛛にまつわる縁起の話について聞いた事がある人もいるのではないでしょうか。家に蜘蛛を発見した...

洗面所のタオル掛け裏のカビに注意!予防策とカビ除去方法

洗面所の壁にタオル掛けがあるご家庭も多いと思いますが、タオル掛け裏は黒カビが発生しやすいため注意が必...

香典の郵送は手紙なしより添えるマナーや注意したいポイント

香典の郵送は手紙なしでも問題ありません。ただ、香典の郵送時に手紙も一緒に添えた方が相手にとっての印象...

オイル交換の目安の期間を過ぎた時に車に起こるトラブルとは

車のエンジンオイル交換は目安となる距離や時期が設定されていますが、うっかりその期間が過ぎてしまうと車...

猫の鼻水は赤ちゃん用吸引器で吸い取り可能!ただし無理は禁物

猫が鼻水を垂らしている時、どうにか吸引して楽にさせてあげたいと思うものです。そんな時便利でおすす...

靴下を洗濯しても毛玉をできにくくする選び方や洗濯のコツとは

お気に入りの靴下でも洗濯しているうちに毛玉ができてしまうと、なんだかガッカリしてしまいますよね。...

自転車にイヤホンをしたまま乗って事故になるケースは急増!

自転車は通学や通勤や日々の生活に欠かせないという人もいるでしょう。その一方で自転車による事故...

黒のストッキングがまだらになるのはナゼ?対処方法を紹介

黒のストッキングを履くとまだらになってしまうのはナゼ?なんだかだらしなく見えてしまうストッキングのム...

包丁の研ぎ方について!ステンレス包丁は砥石にも注意が必要

ステンレス包丁を使用している方は少なくはありませんよね。価格が安いことからステンレス包丁は使い捨てな...

【フォークの使い方】サラダを食べる時に美しく見せるためには

サラダを食べる時、お箸で食べるのが一番ラクだと思ってはいるものの、フランス料理のコースの中で出てくる...

真鍮の指輪についたサビを取る方法と予防策について解説します

真鍮の指輪はとても人気がありますが、どうしてもサビてしまうのでお手入れが大変だと言われていますよね。...

ブリーチ後の黒染めをセルフでしない方が良い理由を解説します

ブリーチしたものの、就活などの理由で黒髪に戻したいと思った時に一番に思いつくのは「セルフでの黒染め」...

「人間が怖い」と思われるような小説を書きたい

小説にはさまざまなジャンルがありますが、人間の恐怖にスポットを当てたものでも表現はいくつもあります。...

アイシャドウの基本はブラウン?塗り方と上手な色の選び方

アイシャドウと言えば、基本の定番カラーはブラウンではないでしょうか?では、ブラウンアイシャド...

スポンサーリンク

ステンレスシンクがサビる原因は

シンクに使われるステンレスは、ニッケル、クロムなどの素材が含まれているので、もともとサビにくくなっていますが、使用状況や誤ったお手入れによってサビがつきやすくなってしまうこともあります。

ここでは、シンクがなぜサビてしまうのか、サビの原因について紹介していきますのでご覧ください。

もらいサビ

空き缶、包丁、スチールウールなど、水分を含むとサビてしまうものをシンクに置いたままにしていると、サビが移ります。
よくあるのが、お風呂場や洗面台に置き忘れたヘアピンです。ピンの形そのままのサビが、残ってしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。これがもらいサビです。
対策には、水気を切ったり、シンクに物を置いたままにしないなど、工夫が必要です。

傷から出るサビ

スチールウールや金属タワシ、落とした調理器具の跡などによって、シンクの表面に傷がつき、表面の加工が剥がれてしまうことが原因となり、そこからサビが発生することもあります。
シンクの擦りすぎや、硬い金属類の接触など、シンクに傷をつけないように気をつけましょう。

これらで出来たサビは、日頃の掃除や管理で落とすことが出来ます。
次の頁から説明していきますね。

シンクのサビの落とし方、傷を付けにくい軽めのサビへの対処法

シンクに出来たばかりの、軽いサビ汚れは、簡単に落とすことができます。

食器用洗剤と柔らかいスポンジでサビを落とす

食器を洗ったついでに、シンクを擦れば軽いサビなら綺麗に落とすことができます。

柔らかいスポンジではサビが落ちないことも多いので、落ちない時にはメラミンスポンジを使ってみて下さい。
メラミンスポンジであれば水で濡らしただけでも十分にサビを落とすことができます。

シンクのステンレスには、細かい目がついているので、目に沿ってスポンジをくるくると動かすのがポイント

軽いサビは、まだシンクの表面に付着しているだけで、シンクの奥の方まで張り付いてはいないため、落としやすいです。
日頃からこのお手入れをしておけば、頑固なサビが付着することもなく、綺麗な状態のシンクを保てますよ。

重曹を使ったシンクのサビの落とし方

メラミンスポンジだけでは落とすことができない、少し頑固なサビには、洗剤を使用して対処していきましょう。

「メラミンスポンジ」と「重曹」を使った落とし方

重曹は、天然由来の成分でできた洗剤なので、キッチンにも安心して使える掃除用品。
キッチンの他にも、お風呂やトイレ、壁掃除など、家中の掃除に使うことができる万能洗剤なので、自宅に常備している方も多いのではないかと思います。

掃除方法

  1. まずはスポンジと食器用洗剤を使って、シンク全体の細かい汚れを洗い流しておきましょう。
  2. サビの部分に重曹の粉末を掛け、メラミンスポンジで擦ります。
  3. 重曹が残らないように、水で洗い流します。
  4. 乾拭きで仕上げたら完成です。

重曹には研磨効果があるので、サビをしっかり擦り落としてくれます。
重曹は濡らさずに、そのままの状態で擦ったほうが、研磨効果が高くなるので、乾いた状態のまま使うのがおすすめです。

シンクの黒く錆びついてしまったサビの落とし方

頑固なサビの中には、表面が黒くサビてしまっているものもあります。

黒サビは、重曹では落とすことが難しい

強力な「クレンザー」を使って落とすのが得策

クレンザーは、研磨力が強い洗剤です。粉タイプのものだと研磨力が高すぎるので、柔らかいクリームタイプのものを使用することをおすすめします。

掃除手順

重曹を使った手順とほぼ同じです。
まずは、食器用洗剤とスポンジでシンク全体を綺麗にして、その後クリームクレンザーでサビの部分を磨きましょう。
強く擦ると、シンクを傷つけてしまうことがあるので、優しく、クルクルとスポンジを動かしましょう。

頑固なサビは、一度では取り切れないことが多い

何度か繰り返し試しながら、少しずつサビを落としていって下さい。サビていない場所にクレンザーをしようすると、シンクを傷つける原因になります。
サビのある部分だけに集中して作業するようにしましょう。

もらいサビの落とし方はクエン酸を使って

もらいサビは、赤い色のサビです。
もらいサビの掃除方法は、これまで紹介した重曹やクレンザーでも可能なのですが、赤サビに効果のある洗剤を使うことで、より簡単に作業ができます。

「クエン酸」でもらいサビを落とす

これまでと同じ様に、シンク全体を食器用洗剤とスポンジで磨いて綺麗にします。クエン酸で湿らせたキッチンペーパーをサビの上に置き、ラップで覆って乾燥を防ぎましょう。
30分ほど放置したら、水で流して完了です。

クエン酸があかサビを溶かして落とすので、力を入れることなく、簡単にサビを除去することができる

クエン酸のみでは綺麗にならないこともあります。
その際には、重曹とクエン酸を混ぜて発泡させ(発泡は体には無害です。)メラミンスポンジで擦りましょう。

サビには、サビの種類によって適切な掃除方法があります。
間違った掃除方法でシンクを傷めてしまうことがないように、できるだけシンクにも優しい掃除方法を選んでいきましょう。

サビは、管理次第で防げます

日頃からシンク内の水分は拭き取り、サビを発生させないような環境を整えておきましょう。