シンクのサビの落とし方!しつこいサビを落とす掃除方法

毎日使うシンクですが、使っているうちにサビが出ることもあります。目につくところなので気になり、困っている方も多いと思います。
そこで、キッチンのシンクのサビの落とし方をご紹介します。

早い段階ならば、サビを落とすのもそれほど時間は掛かりません。手強いサビには、それぞれに適した方法で試してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自分の名前は好き?嫌い?名前が嫌いでも好きになることは大切

「自分の名前は好きですか?嫌いですか?」こんな風に聞かれた時、あなたは一体何と答えるでしょうか。...

ステンレスに付いた茶渋の落とし方。用途別の洗剤選びと手順

お子さんの通園や通学、職場へのマイボトル持参などでステンレスの水筒にお茶を入れて持ち運ぶ機会は多いで...

大好きな先生が転勤!贈るメッセージは何が良いかを知りたい

学校生活を送る上で必ず起きるのが先生の転勤です。特に親しい先生ではなかった場合は、何も感情がわか...

引き戸のレールの掃除方法!ホコリを取り除いて快適な滑りに

お家の引き戸が重くなってきたと感じることはありませんか?以前はもっと軽い力で動かせたのに、レールの滑...

グルーガンの使い方とは?造花をキレイに付けるポイント

グルーガンで造花を取り付けるときにはどのような使い方をすればキレイに仕上げることができるのでしょうか...

水筒のお茶がまずくなる原因は?水筒のお茶を美味しく飲む方法

エコや節約のために、マイ水筒にお茶を入れて持参している人もいますよね。でも、水筒に入れたお茶は時間が...

ストッキングの掃除に活用してピカピカ快適な住まいに

ストッキングって伝線したり穴が開いたりすると使えないと思っていませんか?しかし、そんな破れた...

豚肉を柔らかくする方法で玉ねぎを使うコツや下処理のポイント

豚肉を柔らかくする方法ですりおろした玉ねぎに漬け込むという方法をご存知でしょうか。玉ねぎで豚...

豚骨スープの作り方!圧力鍋を使えば家庭でもお店の味

豚骨スープや豚骨ラーメンはお店で食べるものと思っている方が多いと思います。何時間も煮込み時間が必...

部屋の模様替えは机のDIYで!簡単な机の作り方をご紹介

使いにくい机や、部屋の雰囲気に合わない机をどうにかしたいと思ってはいませんか?特に机は、部屋の雰囲気...

オリーブの栽培は寒冷地でも可能?栽培できる地域と栽培の方法

オリーブを栽培しようと思っている人や実際に栽培している人の中には、寒冷地でも栽培することが可能なのか...

フェルトに刺繍するときにはどうしたらいい?下書き方法を紹介

フェルトに刺繍をする場合はどのように下書きをしたらいいのでしょうか?コットンなどと違って下書きをする...

高速の合流はもうこわくない!失敗しないためのコツを教えます

免許を取得したばかりの人や高速道路を走り慣れていない人は、合流することに苦手意識を持ってしまいますよ...

ストレートのボブにしたい人のためのおすすめショートボブ

今はパーマをかけていても、季節が変わるとストレートにしたい、ボブにしてみたいと思う女性の多いのではな...

友人の出産祝いは商品券がいい?相場や出産祝いの選び方

友人に渡す出産祝いは商品券のほうが喜ばれる?何を贈ろうか迷ってしまう出産祝は、いっそのこと商品券のほ...

スポンサーリンク

ステンレスシンクがサビる原因は

シンクに使われるステンレスは、ニッケル、クロムなどの素材が含まれているので、もともとサビにくくなっていますが、使用状況や誤ったお手入れによってサビがつきやすくなってしまうこともあります。

ここでは、シンクがなぜサビてしまうのか、サビの原因について紹介していきますのでご覧ください。

もらいサビ

空き缶、包丁、スチールウールなど、水分を含むとサビてしまうものをシンクに置いたままにしていると、サビが移ります。
よくあるのが、お風呂場や洗面台に置き忘れたヘアピンです。ピンの形そのままのサビが、残ってしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。これがもらいサビです。
対策には、水気を切ったり、シンクに物を置いたままにしないなど、工夫が必要です。

傷から出るサビ

スチールウールや金属タワシ、落とした調理器具の跡などによって、シンクの表面に傷がつき、表面の加工が剥がれてしまうことが原因となり、そこからサビが発生することもあります。
シンクの擦りすぎや、硬い金属類の接触など、シンクに傷をつけないように気をつけましょう。

これらで出来たサビは、日頃の掃除や管理で落とすことが出来ます。
次の頁から説明していきますね。

シンクのサビの落とし方、傷を付けにくい軽めのサビへの対処法

シンクに出来たばかりの、軽いサビ汚れは、簡単に落とすことができます。

食器用洗剤と柔らかいスポンジでサビを落とす

食器を洗ったついでに、シンクを擦れば軽いサビなら綺麗に落とすことができます。

柔らかいスポンジではサビが落ちないことも多いので、落ちない時にはメラミンスポンジを使ってみて下さい。
メラミンスポンジであれば水で濡らしただけでも十分にサビを落とすことができます。

シンクのステンレスには、細かい目がついているので、目に沿ってスポンジをくるくると動かすのがポイント

軽いサビは、まだシンクの表面に付着しているだけで、シンクの奥の方まで張り付いてはいないため、落としやすいです。
日頃からこのお手入れをしておけば、頑固なサビが付着することもなく、綺麗な状態のシンクを保てますよ。

重曹を使ったシンクのサビの落とし方

メラミンスポンジだけでは落とすことができない、少し頑固なサビには、洗剤を使用して対処していきましょう。

「メラミンスポンジ」と「重曹」を使った落とし方

重曹は、天然由来の成分でできた洗剤なので、キッチンにも安心して使える掃除用品。
キッチンの他にも、お風呂やトイレ、壁掃除など、家中の掃除に使うことができる万能洗剤なので、自宅に常備している方も多いのではないかと思います。

掃除方法

  1. まずはスポンジと食器用洗剤を使って、シンク全体の細かい汚れを洗い流しておきましょう。
  2. サビの部分に重曹の粉末を掛け、メラミンスポンジで擦ります。
  3. 重曹が残らないように、水で洗い流します。
  4. 乾拭きで仕上げたら完成です。

重曹には研磨効果があるので、サビをしっかり擦り落としてくれます。
重曹は濡らさずに、そのままの状態で擦ったほうが、研磨効果が高くなるので、乾いた状態のまま使うのがおすすめです。

シンクの黒く錆びついてしまったサビの落とし方

頑固なサビの中には、表面が黒くサビてしまっているものもあります。

黒サビは、重曹では落とすことが難しい

強力な「クレンザー」を使って落とすのが得策

クレンザーは、研磨力が強い洗剤です。粉タイプのものだと研磨力が高すぎるので、柔らかいクリームタイプのものを使用することをおすすめします。

掃除手順

重曹を使った手順とほぼ同じです。
まずは、食器用洗剤とスポンジでシンク全体を綺麗にして、その後クリームクレンザーでサビの部分を磨きましょう。
強く擦ると、シンクを傷つけてしまうことがあるので、優しく、クルクルとスポンジを動かしましょう。

頑固なサビは、一度では取り切れないことが多い

何度か繰り返し試しながら、少しずつサビを落としていって下さい。サビていない場所にクレンザーをしようすると、シンクを傷つける原因になります。
サビのある部分だけに集中して作業するようにしましょう。

もらいサビの落とし方はクエン酸を使って

もらいサビは、赤い色のサビです。
もらいサビの掃除方法は、これまで紹介した重曹やクレンザーでも可能なのですが、赤サビに効果のある洗剤を使うことで、より簡単に作業ができます。

「クエン酸」でもらいサビを落とす

これまでと同じ様に、シンク全体を食器用洗剤とスポンジで磨いて綺麗にします。クエン酸で湿らせたキッチンペーパーをサビの上に置き、ラップで覆って乾燥を防ぎましょう。
30分ほど放置したら、水で流して完了です。

クエン酸があかサビを溶かして落とすので、力を入れることなく、簡単にサビを除去することができる

クエン酸のみでは綺麗にならないこともあります。
その際には、重曹とクエン酸を混ぜて発泡させ(発泡は体には無害です。)メラミンスポンジで擦りましょう。

サビには、サビの種類によって適切な掃除方法があります。
間違った掃除方法でシンクを傷めてしまうことがないように、できるだけシンクにも優しい掃除方法を選んでいきましょう。

サビは、管理次第で防げます

日頃からシンク内の水分は拭き取り、サビを発生させないような環境を整えておきましょう。