シンクのサビの落とし方!しつこいサビを落とす掃除方法

毎日使うシンクですが、使っているうちにサビが出ることもあります。目につくところなので気になり、困っている方も多いと思います。
そこで、キッチンのシンクのサビの落とし方をご紹介します。

早い段階ならば、サビを落とすのもそれほど時間は掛かりません。手強いサビには、それぞれに適した方法で試してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

まな板を削り直ししたい時の方法は?日頃のメンテナンスも重要

木のまな板をずっと使い続けていると、カビが生えたり黒ずんでしまうことがあります。素材が木なので、削り...

2人暮らしにおすすめの部屋の広さは?お部屋選びの注意点

同棲を考えているカップルや、結婚が決まったカップルなど、新たに2人暮らしを考える時に悩むのが、お部屋...

バナナをおやつや離乳食として与える時の注意点とポイント

バナナはおやつや離乳食で活躍する、安価で栄養満点のママにとっても嬉しい食材のひとつ。離乳食を開始して...

夜になっても気温が下がらない時に試したい睡眠対策

最近の日本の夏の暑さは異常です。夜になっても気温が下がらないことも多く、寝苦しい夜をどう過ごすかが問...

封筒を再利用するときのマナー・再利用で地球にやさしいエコ活動

ビジネスシーンでは、宛名の書かれていない封筒を再利用する事もあります。この時、相手に失礼にならないよ...

切った髪の毛が刺さるのはなぜかの疑問にお答え!ナルホドな回答

美容室で髪を切った後に、切ったと思われる髪の毛が手や皮膚などに刺さっていたことってありませんか?...

No Image

インコのおやつを手作り!手作りする時のポイントと作り方を解説

インコのおやつを手作りしようと考えている飼い主さんもいるのではないでしょうか。ですが、今まで作ったこ...

アイプチで二重が不自然にならないための使い方のコツ

アイプチで二重にした場合、やり方を間違うと不自然に見えてしまいます。アイプチでした二重が不自...

服をハンガーにかけて干すと伸びる。干すときのポイントとは

服をハンガーにかけて乾かすと伸びるのをどうにかしたい!しかし、逆さまにして洗濯バサミでとめても、服と...

香典袋には夫婦どちらの名前を書く?入れる金額についても解説

夫婦で葬儀に出席するとなると、香典袋は連名で書くのか、それとも夫の名前だけでいいのか、金額はどうした...

フラのハンドモーションのコツ!美しく見せる上達のポイント

フラダンスのハンドモーションのコツは、意識するべきポイントを掴んで練習すれば初心者でも上達できます。...

マスクをしていてもメガネが曇らない方法にはどんなものがあるのか

日本の1年を通して見てみると、冬や風邪やインフルエンザ、春は花粉症と、1年の半分をマスクで過ごしてい...

猫のシャンプータオルの使い方やメリット・デメリットについて

猫用のシャンプータオルをご存知ですか?シャンプータオルと言うとシャンプーをしたときに使用する、吸水性...

ジムに必要な持ち物【女性版】最初は最低限必要な物でOK

ジム初心者の女性にとってわからないのが、ジムに必要な持ち物です。最低限どんな持ち物が必要なのか、...

水道の蛇口掃除の簡単なコツや酷い汚れの対処法と清潔を保つ工夫

水道の蛇口の掃除はうっかり忘れていると蛇口が白くなってしまったり、黒くなってしまうことがあります。こ...

スポンサーリンク

ステンレスシンクがサビる原因は

シンクに使われるステンレスは、ニッケル、クロムなどの素材が含まれているので、もともとサビにくくなっていますが、使用状況や誤ったお手入れによってサビがつきやすくなってしまうこともあります。

ここでは、シンクがなぜサビてしまうのか、サビの原因について紹介していきますのでご覧ください。

もらいサビ

空き缶、包丁、スチールウールなど、水分を含むとサビてしまうものをシンクに置いたままにしていると、サビが移ります。
よくあるのが、お風呂場や洗面台に置き忘れたヘアピンです。ピンの形そのままのサビが、残ってしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。これがもらいサビです。
対策には、水気を切ったり、シンクに物を置いたままにしないなど、工夫が必要です。

傷から出るサビ

スチールウールや金属タワシ、落とした調理器具の跡などによって、シンクの表面に傷がつき、表面の加工が剥がれてしまうことが原因となり、そこからサビが発生することもあります。
シンクの擦りすぎや、硬い金属類の接触など、シンクに傷をつけないように気をつけましょう。

これらで出来たサビは、日頃の掃除や管理で落とすことが出来ます。
次の頁から説明していきますね。

シンクのサビの落とし方、傷を付けにくい軽めのサビへの対処法

シンクに出来たばかりの、軽いサビ汚れは、簡単に落とすことができます。

食器用洗剤と柔らかいスポンジでサビを落とす

食器を洗ったついでに、シンクを擦れば軽いサビなら綺麗に落とすことができます。

柔らかいスポンジではサビが落ちないことも多いので、落ちない時にはメラミンスポンジを使ってみて下さい。
メラミンスポンジであれば水で濡らしただけでも十分にサビを落とすことができます。

シンクのステンレスには、細かい目がついているので、目に沿ってスポンジをくるくると動かすのがポイント

軽いサビは、まだシンクの表面に付着しているだけで、シンクの奥の方まで張り付いてはいないため、落としやすいです。
日頃からこのお手入れをしておけば、頑固なサビが付着することもなく、綺麗な状態のシンクを保てますよ。

重曹を使ったシンクのサビの落とし方

メラミンスポンジだけでは落とすことができない、少し頑固なサビには、洗剤を使用して対処していきましょう。

「メラミンスポンジ」と「重曹」を使った落とし方

重曹は、天然由来の成分でできた洗剤なので、キッチンにも安心して使える掃除用品。
キッチンの他にも、お風呂やトイレ、壁掃除など、家中の掃除に使うことができる万能洗剤なので、自宅に常備している方も多いのではないかと思います。

掃除方法

  1. まずはスポンジと食器用洗剤を使って、シンク全体の細かい汚れを洗い流しておきましょう。
  2. サビの部分に重曹の粉末を掛け、メラミンスポンジで擦ります。
  3. 重曹が残らないように、水で洗い流します。
  4. 乾拭きで仕上げたら完成です。

重曹には研磨効果があるので、サビをしっかり擦り落としてくれます。
重曹は濡らさずに、そのままの状態で擦ったほうが、研磨効果が高くなるので、乾いた状態のまま使うのがおすすめです。

シンクの黒く錆びついてしまったサビの落とし方

頑固なサビの中には、表面が黒くサビてしまっているものもあります。

黒サビは、重曹では落とすことが難しい

強力な「クレンザー」を使って落とすのが得策

クレンザーは、研磨力が強い洗剤です。粉タイプのものだと研磨力が高すぎるので、柔らかいクリームタイプのものを使用することをおすすめします。

掃除手順

重曹を使った手順とほぼ同じです。
まずは、食器用洗剤とスポンジでシンク全体を綺麗にして、その後クリームクレンザーでサビの部分を磨きましょう。
強く擦ると、シンクを傷つけてしまうことがあるので、優しく、クルクルとスポンジを動かしましょう。

頑固なサビは、一度では取り切れないことが多い

何度か繰り返し試しながら、少しずつサビを落としていって下さい。サビていない場所にクレンザーをしようすると、シンクを傷つける原因になります。
サビのある部分だけに集中して作業するようにしましょう。

もらいサビの落とし方はクエン酸を使って

もらいサビは、赤い色のサビです。
もらいサビの掃除方法は、これまで紹介した重曹やクレンザーでも可能なのですが、赤サビに効果のある洗剤を使うことで、より簡単に作業ができます。

「クエン酸」でもらいサビを落とす

これまでと同じ様に、シンク全体を食器用洗剤とスポンジで磨いて綺麗にします。クエン酸で湿らせたキッチンペーパーをサビの上に置き、ラップで覆って乾燥を防ぎましょう。
30分ほど放置したら、水で流して完了です。

クエン酸があかサビを溶かして落とすので、力を入れることなく、簡単にサビを除去することができる

クエン酸のみでは綺麗にならないこともあります。
その際には、重曹とクエン酸を混ぜて発泡させ(発泡は体には無害です。)メラミンスポンジで擦りましょう。

サビには、サビの種類によって適切な掃除方法があります。
間違った掃除方法でシンクを傷めてしまうことがないように、できるだけシンクにも優しい掃除方法を選んでいきましょう。

サビは、管理次第で防げます

日頃からシンク内の水分は拭き取り、サビを発生させないような環境を整えておきましょう。