猫の後ろ足は爪とぎ不要!爪とぎの意味と後ろ足の爪とぎについて

猫が前足の爪をといでいる姿を見かけた事がある飼い主さんはたくさんいるでしょうが、後ろ足の爪とぎをしている姿は全く見たことがないものです。

猫はどうして前足しか爪とぎをしないのか、後ろ足は爪とぎをしなくても大丈夫なのかと疑問に感じた事がある人もいるのではないでしょうか。

ここでは、猫が後ろ足の爪とぎをしない理由についてお伝えします。後ろ足の爪とぎをしない理由を知って、飼い主さんの疑問を解決しましょう。

また、猫の爪が伸びた時に飼い主さんが上手に切る方法についてもご紹介しますので、そちらも併せて確認してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カメラの電池を入れっぱなしにするのはNG?バッテリー管理方法

カメラを使用してない時、バッテリー電池を入れっぱなしにして保管している人もいるのではないでしょうか。...

二人暮らしの食費はいくら?共働きの食費は意外と高い

共働きの夫婦二人の家庭のほうが子どもがいる家庭よりも食費が高い!?二人暮らしだからといってついつい外...

旦那が無職になったらもう保育園は通えないのか

認可保育園に通うには、夫婦共働きが条件となっているのが一般的です。そんな時、もし旦那が突然無...

猫は自分が可愛いことを自覚している?猫の可愛い行動とその理由

猫の可愛い行動に毎日メロメロにされている飼い主さんもいるのではないでしょうか。まるで自覚しているかの...

食洗機と手洗いを併用してしまうのは清潔好きな日本人だから

自宅に食洗機があっても、食洗機だけに頼らず、手洗いと併用しているご家庭も多いのではないでしょうか?...

マスクをしていてもメガネが曇らない方法にはどんなものがあるのか

日本の1年を通して見てみると、冬や風邪やインフルエンザ、春は花粉症と、1年の半分をマスクで過ごしてい...

凍結道路時のタイヤはノーマルではなくスタッドレスが鉄則!

凍結した道路はとても滑りやすく危険です。ノーマルタイヤではなくスタッドレスタイヤの方が安心ですが...

部活を引退するときの挨拶のポイント!大切な後輩たちに贈る言葉

部活の引退での挨拶を後輩たちに向けてするときに、どんな挨拶をするべきか悩む人も多いでしょう。共に頑張...

スライムの材料のホウ砂とは?スライムの作り方を紹介

スライムの材料に使われるホウ砂はどのように扱えばいいのでしょうか?子どもに人気なスライムですが、安全...

チャイナ服に合う髪型のやり方!自分でできるヘアアレンジ方法

チャイナ服は可愛らしさもありつつ、女性らしさもあり、一度は着てみたいドレスですよね。体のラインをキレ...

グラスやコップの収納術!使いやすさを目的にした収納方法

グラスやコップの収納に困っていませんか?気が付くと意外と増えているのがグラスやコップ。普段使うも...

可愛いスマホケースの手帳型が簡単に手作りできる方法

スマホケースは手帳型を使っていますか?落としてもスマホが壊れにくく、また持った時に手の馴染みも良いの...

絵【デッサン】の影の付け方の基本と鉛筆で立体感を表現するコツ

鉛筆で描くデッサンは、光と影の付け方で絵に奥行きが生まれます。しかし、慣れないうちはなかなか立体感が...

自転車が歩道でベルを鳴らすのはNG!歩行者への有効的なマナー

自転車が歩道でベルを鳴らすのは歩行者に対してマナー違反になります。では、歩道を自転車が走行するときに...

サッカー選手のサインは何にもらう?サインのもらい方講座

お目当てのサッカー選手のサインをもらいたい!でもいったい何にもらうといいのだろう…大事にしたいサイン...

スポンサーリンク

猫が後ろ足で爪とぎをしないのは前足より爪が伸びないから

猫は野生の頃の習慣で「爪とぎ」を行いますが、この爪とぎは基本的に前足の爪でしか行いませんよね。

なぜ後ろ足の爪とぎは行わないのか?

それは「前足より爪が伸びないため」です。

そもそも猫が前足の爪とぎをするようになったのは野生の頃からと言われています。
野生で生きていくためにはエサを捕まえる必要がありますよね。
その際の武器として鋭い爪を使うため、前足の爪とぎを行っていたのです。

そのため、狩猟を行う際の直接的な攻撃の武器とならない後ろ足の爪は研ぐことがないため前足の爪よりも伸びるのが遅く、前足の爪と同じ頻度で爪とぎをする必要は無いのです。

猫の後ろ足の爪とぎは不要!前足よりも爪が伸びない理由

では、なぜ後ろ足の爪は前足の爪よりも伸びないのでしょうか。

前足よりも爪が伸びない理由は「後ろ足の爪ならではの役割があるから」

後ろ足の爪ならではの役割とは、安定した着地をするためや瞬発力を発揮するための力を踏ん張るため、またその力を発揮するためと言われています。
このように猫の後ろ足の爪には、狩猟を行う際の直接的な攻撃の武器ではない「別の役割」があります。

こうした別の役割を発揮する際には、前足のような鋭い爪は必要ありません。
そのため後ろ足の爪を研ぐこともないため前足よりも爪が伸びないのです。

猫は後ろ足の爪とぎを噛むことでしている

一方で、前足の爪のように爪とぎ専用の道具を使ってしっかりと爪を研ぐことはありませんが、後ろ足の爪のお手入れもしっかりと行っています。
基本的には、古くなった爪や傷ついた爪は自分の口で噛むことで取り除くようにしており、器用に爪のお手入れを行っています。

猫が後ろ足を自分の口元に持っていっている姿を見たことはないでしょうか。
後ろ足を口元に持っていき爪を噛むような仕草をしている場合には、爪のお手入れ中ですので、そっと見守ってあげて下さいね。

猫が前足で爪とぎをする理由

猫にとって爪とぎは習慣化したもので生きていく上で欠かせないものでもありますが、爪とぎをする理由ってご存知ですか?

なぜ猫は前足で爪とぎをする?

爪をキレイに保つため

猫にとって爪とぎは人間の爪切りのようなものでもあります。
定期的に爪とぎをすることで、古い爪を剥がし、新しい爪が生える準備を行っているのです。

自分を主張するため

爪とぎはマーキング行動のひとつとも言われています。
猫の指の間には臭腺という自分のニオイを残すための箇所があり、爪とぎをすることで、この臭腺からニオイを出して自分を主張しているのです。
そのため、爪とぎは爪とぎ専用の道具以外にも、ソファーや壁などですることも多いと思います。
こうした行動は「ここは自分の縄張りだ!」と主張しているんですよ。

ストレスを感じているため

猫によっはストレスが原因で爪とぎをする場合もあります。
「この気持ちを伝えたいけどうまく伝えられない」「ストレスを発散したい」そのような場合には、いつもと違うパターンの爪とぎをしたり爪とぎの頻度が多くなったりすることがありますので、注意が必要です。

構って欲しいため

壁などの爪とぎをしてはいけない場所で爪とぎをすることで飼い主さんに構って貰おう!と気を引くための方法として爪とぎをする場合があります。
また、このようなコミュニケーション不足が原因の爪とぎは繰り返し行うようになる可能性が高いので、まずはしっかりと猫と遊ぶ時間を作ってあげて下さい。

このように猫が爪とぎをする理由は野生の頃の習慣以外にも様々な理由があります。
場合によっては、猫から飼い主さんへ向けての何かしらのサインであることもありますので、日頃から猫のことをしっかり見てあげて下さいね。

飼い主さんが猫の爪を切る時の切り方・注意点

猫は自分で爪のお手入れを行いますが、自分で行うお手入れには限界がありますので、飼い主さんが定期的に爪を切ってあげなければいけません。
しかし爪切りを嫌う猫は本当に多く、殆どの猫が爪を切られることを嫌います。そのため爪切りは動物病院でして貰っているという方も少なくないと思います。

猫の爪を上手に切るには「切る順番」が重要になる

また、上手に切るためにはコツや注意点もありますので確認していきましょう。

切る場所

猫の指を上から軽く押すと爪が出てくると思います。
爪の表面を見るとうっすらとピンク色に色づいている箇所がありここには血管が通っています。
そのため切る際にはこの血管を切らないように「2ミリほど手前」で切るようにします。

切る順番

最もオススメの切る順番は後ろ足の一番外側の爪から切っていき最後に前足の一番内側(親指)の爪です。
殆どの猫は前足の爪切りを嫌がりますので後ろ足の爪から切っていくのがポイントです。

切る際のコツ

爪を切る際には、躊躇なくサッと切るのが上手に切るためのコツです。
猫は体を長時間固定されることをすごく嫌がり、長々と切っていると猫がイライラして暴れてしまいますので注意して下さいね。

注意点

爪は切り過ぎないように気をつけて下さい。
爪の切りすぎで一度嫌な思いをしてしまうと、爪切りを見ただけでも逃げ出すようになってしまいます。
また、激しく抵抗する場合に無理に切ってしまうと怪我に繋がる場合もありますので、日を改めて爪切りをするなど注意が必要です。