香水は足首両方がオススメな理由と失敗しないつけ方のコツ

香水は足首の両方につけるのがベストな場所だってご存知でしたか?

では、どうして香水は足首の両方につけるのがいいのでしょうか?香水をつけるときのマナーや注意点とはどんなこと?

また、香水をうっかり付けすぎてしまったときはどうしたらいいのでしょう?失敗しない香水のつけ方のコツとは?

そこで、香水を足首両方につけるオススメな理由や付けすぎたときの対処法と失敗しない香水のつけ方のコツなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

鉄のフライパンのメリット・デメリット!鉄のフライパンの魅力

鉄フライパンを購入しようか悩んでいる人の中には、鉄のフライパンにはどんなメリットがあるのか知りたい人...

バレエシューズ子供用の選び方。購入時に抑えておきたいポイント

子供がバレエを習う時に用意するバレエシューズですが、選び方にはポイントがあります。バレエシューズ...

脂肪と筋肉の重さは違う?違うのは重さでなく体積

脂肪と筋肉では重さが違う?そんな話を耳にしたことはありませんか?しかし、重さに違いがあるわけではあり...

シンクのサビの落とし方!しつこいサビを落とす掃除方法

毎日使うシンクですが、使っているうちにサビが出ることもあります。目につくところなので気になり、困って...

服についた刺繍がほつれた場合の対処法と洗濯時の注意点

お気に入りの服の刺繍がほつれが出ると、はさみを使ってなんとか止めようと考える人も多いのではないでしょ...

子供の記憶はいつから残る?赤ちゃんの記憶がない理由

子供の記憶はいつから覚えることができるのでしょうか?また、いつまでは忘れてしまうのでしょう。...

鍋とフライパンの違いは?フライパンは便利に使える鍋の一種

これから一人暮らしを始める人は、新生活に必要な色々なものを揃えなくてはなりません。少しでも購入費用を...

No Image

岩塩を入れて使うソルトミルの使い方と特徴!岩塩で生活に彩りを

日常の生活に岩塩を取り入れたいと思っている人もいるのではないでしょうか。岩塩はそのまま使うこ...

猫のため息は鼻息にも似ている!理由や猫の気持ちについて

猫のため息は鼻息にも似ています。それは猫は鼻呼吸だからです。いつも可愛がっている自分の家の猫がため息...

友達と絶縁すると後悔する?絶縁すべき相手の特徴について

友達と絶縁をしたら後悔をしてしまう?仲が良いからこそ許せなかったり、感情をむき出しにしてしまうことっ...

男装メイクのやり方とコツ!ナチュラルイケメンに変身しましょう

男装メイクのやり方はコツを掴めばどなたでも簡単にできます。コスプレに興味がある人ならやってみたいと思...

家族で楽しむクリスマス!夕食はお子様と一緒に自宅ディナー

毎年のクリスマスはどのように過ごすことが多いですか?主婦の皆さんは、やはり自宅で家族と過ごす...

ペンのインクが出ない!インクが残っているのに出ない原因と対策

まだインクが残っているはずなのに、使おうと思ったらペンのインクが出ない。こんな経験をした事がある人も...

グッピーは繁殖で増えすぎることも!その対処法を教えます!

見ているだけで癒されるグッピーですが、実際に飼育してみると繁殖で増えすぎて困る、なんてケースもあるよ...

フェルトで手作りしたお守りで彼を応援!作り方のポイント

受験を控えた彼には、神社で購入するお守りではなく、フェルトで手作りしたお守りをプレゼントしてはいかが...

スポンサーリンク

香水は足首の両方につけるのがベストな場所!

香水をつける時は、両手首や、耳の後ろにつけるイメージがありますよね。

実は、香水は足首の両方につけるのがベストな場所なんです。

香水は、香料や水以外にアルコールが入っていて、外気に触れると揮発していきます。
揮発するという事は、香りは上へ上へとあがっていきますので。
体の下につけると、ほどよく香ります。
また、香水はたくさん香るより、ほのかに香るほうが好ましいとされています。
ですので、耳の後ろにつけると、鼻の高さで香ってしまい、香りが強く感じられてしまいます。
そういった点でも、足首につけるのがベストと言えます。

とはいっても、軽いタイプの香水の場合ですと、ちょっと物足りない時もありますよね。
そんな時は、足首だけではなく、ヒザの裏、ウエストの後ろなど、つける位置を少しプラスしてあげると、丁度良い香りになります。

香水は足首ならOK!両方の手首につけるのはやめよう

香水をつける場所は足首がおすすめですが、反対にNGな場所もあります。
それは、「上半身」と「洋服」です。

「でも、上半身がダメなら、両方の手首と耳の後ろにつけるのは、香水のつけ方としてスタンダードなんじゃないの?」と疑問に思われた方も多くいらっしゃると思います。
実はこのつけ方は、オーデコロンなどの軽めの香水のつけ方なのです。
購入した香水のボトルに「オードパルファム」、「オードトワレ」と書かれていた場合は、このつけ方はやめましょう。

また、デコルテにつけるのもおすすめ出来ません。
自分だけではなく、周囲の人にも強く香りすぎてしまいます。

脇は、汗をかきやすく、汗をかいた時に、香水の香りと混ざって、悪臭に変わってしまう事がありますので、脇の匂いを抑えたい時は、制汗剤を使用する事をおすすめします。
香水と併用する事を考えますと無香タイプを選ぶと良いでしょう。

それから、洋服もNGです。
香水の液体が服につくと、そこがシミになってしまうことがあります。

両方の足首でも香水を付けすぎてしまったときは・・・

きちんと両方の足首につけた場合でも、「香水を付けすぎたな」と感じたときは、どのように対処したら良いのでしょうか。

一番良いのは、「お風呂に入るなどして、その箇所を洗い流すこと」です。
でも、時間が無かったり、外出先で気になってしまった時は、そういった事は出来ませんよね。

そんな時は、無水アルコールや、エタノールを使用しましょう。
コットンに無水アルコールや、エタノールを適量含ませたら、香水をつけた場所に当て、軽く拭き取ります。
そうすることで、つけ過ぎてしまった香水の香りが薄くなります。
また、手元に無水アルコールや、エタノールが無い場合は、ウェットティッシュでもOKです。
軽く拭き取れば、ほど良い香りに抑えられます。

失敗しないための香水のつけ方のコツは?

失敗しないための香水のつけ方のコツは、どのようなものがあるのでしょうか?

香水のつける量は、少量から

香水は、1滴でも充分な香りがあります。
最初から2、3プッシュもかけてしまっては、香りが強すぎてしまう可能性があります。まずは、1滴や1プッシュから試して、「足りないな」と感じたら、もう1度足すくらいにしておきましょう。

香水は外出の30分前につけておく

香水は、つけてから30分から3時間ほどの間に香る香りを「ミドルノート」と呼び、その時の香りがその香水の本来表現したい香りと言われいます。
ですので、出かける直前にかけるより、30分ほど少し前にかけて、香水をなじませて置いたほうが、より良く香りを楽しむ事が出来ます。

場面によって香水の量を変える

テーマパークなど、外に出かけるときは、通常かそれよりも少し多い量でも問題ありませんが、室内デートや、パーティ、また食事をする時は、周囲や食べ物に影響が出ないように、極力少ない量をつけて、ほのかに香る程度にしておきましょう。

程よく香水を香らせるには香水の種類もポイント

程よく香水を香らせるには香水の種類もポイントです。
自分の使う香水の種類を良く理解して、適切な使い方をしましょう。

香水と一言で言っても、実は種類が分かれており、主に「オードパルファム」、「オードトワレ」、「オーデコロン」の3つに分類されます。

オードパルファムは、一番香りの効果が強く、持続する時間も長いです。
そのため使う際は、1滴や1プッシュでも充分香ります。

オードトワレは、香る強さも時間も中くらいの香水です。
それでも、つけ過ぎは香りが強くなってしまいますので、2滴か2プッシュほどを目安に使いましょう。
朝つけた場合は、夜には香りが薄くなってしまいますので、小さい小瓶かスプレーボトルに入れて、香りが薄くなった頃に付け足すと、香りを持続させることが出来ます。

最後にオーデコロンは、香る強さも時間も、3つの中では1番弱い香水です。
ですので、香りを持続させたいときは、2~3時間ごとにつけ直す必要があります。
だからといって、いっぺんにつけ過ぎると、香りが強くなってしまいますので、2~3滴か、2~3プッシュを目安につける様にしましょう。