部活を引退して太るのを防ぐ!受験ストレスや誘惑に負けないコツ

部活を引退したら太るということはよく聞きます。それは部活を引退したのにも関わらず、部活をしているときと変わらない食生活を送ってしまう人が多いのも原因のひとつです。

そこで、部活を引退した後も太りたくないあなたのために、部活を引退したら太る人が多い理由や受験のストレスで食べてしまうこと、部活引退後に太るのを防ぐための食事の見直しやよく噛んで食べる順番にも気をつけること、甘いもののオススメな食べ方などお伝えしていきましょう。

これで、部活を引退した後の食事で気をつけたいことや太るのを防ぐためのコツがわかるでしょう。高校生はまだ成長期なので無理に痩せようとするのではなく、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

猫の種類によって性格は違う。様々な猫種とその特徴と飼い方

猫が飼いたいと思った時にペットショップに行ってよくみてみたら、色々な種類がいます。大人しい猫や、...

ラッピング方法でかわいい簡単手作りができるコツやオススメとは

ラッピングの方法によってよりかわいい贈り物へと簡単に変身できるコツがあります。かわいいラッピ...

スノーボードウェアの上下同色はアリ?スノボウェアの着こなし術

スノーボードウェアはどのように選べばいいのでしょうか?ボードは初心者でもウェアはかっこよく、可愛く着...

駐車禁止の罰金を払わない事で起こるリスクを詳しく解説

駐車禁止の違反によって罰金を払わないといけないのに、放置して払わないとどうなるのか。支払わな...

サングラスは安い物でも効果があるかどうか。ポイントはカット率

日差しが気になる季節は、サングラスをかける機会も増えますね。サングラスには色々なタイプがあり...

服の枚数の平均や必要平均枚数と簡単に減らす方法や着回しのコツ

服の枚数の平均について、特に女性の場合は必要以上に服を持っている人もいるでしょう。では、持っていても...

病室の個室にカメラが付いてあるのはなぜ?カメラ設置の理由

病室の全部ではありませんが、個室にカメラが設置されている場合があります。着替えたりする時も気...

会社の椅子にはダニがいる可能性が。駆除する方法とやり方

太ももの後ろの辺りがかゆい、よくみると噛まれたような小さな跡がある場合、それはダニの仕業かもしれませ...

1時間の睡眠で起きる方法と短時間睡眠について紹介します!

1時間の睡眠で起きる方法が知りたい!あと1時間しか寝れないけど、もし寝過ごしてしまうと大変な事に...

ネズミ捕りで警察から逃げるとどうなる?後で待っていることとは

オービスがある場所はだいたいわかるからスピードの出しすぎには注意するけど、ネズミ捕りはどこでやってい...

蜘蛛の種類の中で黄色と黒の体を持つ蜘蛛の特徴について解説

蜘蛛にはいろいろな種類がありますが、中でも黄色と黒の体を持っている蜘蛛を見かけたことがある人も多いで...

飲食店でピアスがNGだったら絆創膏で目立たなく出来る方法とは

せっかく空けたファーストピアス!数日後に飲食店のバイトが決まったけれどピアスがNGらしい・・・。...

男兄弟の育児は大変だけどかわいい!男の子育児あるある

男の子の育児をしていると、女の子を見て「女の子はおとなしくていいなぁ…」なんて思ったことはありません...

ハムスターは飼い始め1週間が勝負!ハムちゃんの気持ちをご紹介

ハムスターを飼い始めた瞬間から1週間は、絶対にそっとしておきましょう。せっかくハムちゃんを迎...

筋トレをしたら太った!その後痩せるにはキチンと食事をとる事

筋トレをしているのに太った!?その後痩せるにはどうしたらいいのでしょうか?女性の場合は、筋ト...

スポンサーリンク

部活を引退したら太る人が多い理由

部活をしているときには筋肉もついていて細かったのにも関わらず、部活を引退してから太ってしまったという人が多いことには理由があります。
特に多いのが、食事の食べ過ぎによって太ってしまったことです。
「いつもと食事量を変えていないけど…」と思った人は特に注意です。
その「いつも」というのは「部活をしていた頃」のことではないでしょうか?このように部活をしていた頃と食事量が変わっていない人は注意が必要です。
部活をしていた頃には身体を動かしていたので、たくさん食べたとしても部活で身体を動かすことによってしっかりと摂取したカロリー消費することが出来ていました。

引退後は、部活をしていた頃のように身体を多く動かすという機会が減っている

身体を動かす機会が減ってしまったということは、消費できるカロリーも減ってしまったということです。
部活をしていたときと同じ食事を続けることによって、余ってしまったカロリーが身体の中にどんどん溜まっていくので太ってしまうのです。
食べ過ぎている意識がなくても、現在の食事の量は食べ過ぎかもしれません。

部活を引退した後は受験のストレスでも太る

部活をしているときと食事量が変わっていないという他にも、部活を引退したあとに太ってしまう理由があります。

「受験ストレス」で太る

部活を引退したあとに待っているのは受験です。
部活で身体を動かす機会があったときには、身体を動かすことでストレスを発散したり心身ともにリフレッシュ出来ている部分もあったでしょう。
部活を引退して受験勉強に専念し始めると、毎日の多くの時間が机に座って勉強をする時間になります。
身体を動かさずに、机にじっと座って勉強に専念するというのは、ストレスに感じる人も多いです。
部活で身体を動かしてリフレッシュするということも出来ないので、他のものでリフレッシュしようとします。

ストレス解消で一番手早いのが食べるという行動

受験勉強を頑張るために、食べることによってストレスを発散をしてしまうと、机に座っているだけでは消費カロリーが少ないために、どんどん摂取カロリーが増えていきます。
そして、気づいたときには太ってしまっていたという人も多いのです。

部活引退後に太るのを防ぐためには食事の見直しを

部活を引退したあとに太るのを防ぐためには、食事を見直す必要があります。
部活をしていた頃と同じ食事量を食べていたり、受験のストレス発散を食べ物に向けていてはすぐに太ってしまいます。

引退後は食事をしっかりと見直しましょう

具体的に説明をしますと、まずは普段の食事で摂取する炭水化物の量を減らすようにします。
炭水化物は、身体を動かすために必要なエネルギー源のため、摂るように心がけていたという人も多いでしょう。しかし、部活を引退したあとでは、炭水化物の取りすぎは肥満を招いてしまいます。
部活で身につけた筋肉を落とさないようにするため、普段の食事を見直してみましょう。

よく噛んで食べる順番にも気をつけましょう

食事の量や、食事の内容を見直すことは重要です。

「太る」を防ぐ、よく噛んで食べる事

よく噛んで食べることによって、時間をかけて食事をすることになるので、食事を減らしたとしても満腹感を感じやすくなります。
食事の量を減らして空腹感に耐えるというのは辛く、我慢できないという人も多いので上手に満腹感を感じられる工夫をしましょう。

食事の食べる順番も大切

食べる順番は野菜、おかず、ごはんの順に食べるようにしましょう。
ごはんには炭水化物が多く含まれています。
ごはんを最後に食べることによって、野菜やおかずでお腹がいっぱいになって、ごはんをあまり食べなくても満腹感を感じることが出来ます。

甘いものは食後すぐに食べないのがオススメ

普段の食事に気をつけていても、たまには甘いものを食べたくなることもあるでしょう。
そんなときに我慢をして食べないということをしていると、反対にストレスを溜めてしまう原因になります。
そのため、甘いものを食べたいときには工夫をして食べるようにしましょう。
甘いものを食べるときには、食後1時間以上経ってから食べるのがおすすめです。
食事を済ませてからすぐに甘いものを食べてしまうと、食事をして上がった血糖値をさらに上げてしまうことになります。
食事をしてから1時間以上待つことによって、血糖値を極端に上げてしまうことがないのでおすすめです。
無理に食事制限をしてしまうとストレスを溜め込んでしまう原因になります。
上手にストレスを発散させながら、部活引退後に待っている受験に備えてみてください。