Tシャツのアイロンのかけ方とは?手順やコツをご紹介

朝着ようとタンスから出したTシャツがシワシワだったってことありませんか?
シワシワになってしまったTシャツはアイロンをかけてピシッとさせちゃいましょう!

ただ、Tシャツにアイロンをかけるにはちょっとしたコツが必要です。

Tシャツのアイロンのかけ方や手順、コツについてまとめました。
特にプリントTシャツは注意が必要です。

Tシャツのアイロンかけが必要ない干し方、アイロンをかけずにピシッとさせる方法も合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スノーボードウェアの上下同色はアリ?スノボウェアの着こなし術

スノーボードウェアはどのように選べばいいのでしょうか?ボードは初心者でもウェアはかっこよく、可愛く着...

コンセントカバーで赤ちゃんを危険から守る対策方法をご紹介!

赤ちゃんってどうしてこんなものに興味を示すのだろう?と思う中のひとつにコンセント類がありますよね。...

保育園と幼稚園はどっちがいいか違いと選択のタイミング

保育園と幼稚園のどっちがいいか子供を入れる前に悩む親は多いです。仕事をしているから保育園に入れようと...

タンスに防虫剤は必要?その効果と正しい使い方を説明します

「タンスには防虫剤!」とよく言われていますが、本当に必要なのか、効果はどうなのか疑問に思うことってあ...

鏡と写真で全然違うのはなぜ?顔の印象の摩訶不思議

鏡と写真で印象が全然違うと思ったことありませんか?なぜそこまで鏡と写真で印象が全然違うのはな...

学校を辞めたい時の親の説得方法!今後の人生設計を明確にしよう

人間関係が上手くいかない、勉強についていけない、他に目標が見つかったなどの理由で学校をやめたいと思う...

洗濯機が壊れたらコインランドリーを賢く活用のススメとは

洗濯機が壊れたらコインランドリーを活用するのがオススメですよ。新しい洗濯機を購入しても、それ...

ラッピング方法でかわいい簡単手作りができるコツやオススメとは

ラッピングの方法によってよりかわいい贈り物へと簡単に変身できるコツがあります。かわいいラッピ...

うずらを飼育するなら大きい鳴き声がすることを覚悟しよう

丸い体がかわいいうずら。子供だけではなく、大人でも飼育してみたいと思う人も多いと言います。し...

水彩で背景を描きたい時の描き方!水の量を調節するのがポイント

水彩で背景を上手く描きたい!そんなあなたに、描き方のポイントについて詳しくご説明します。水彩は段...

インコのケージカバーの特徴や作り方を紹介します

インコのケージにはカバーをつけたほうがいいのでしょうか?必ずしも必要というわけではありませんが、イン...

グルーガン【100均】の基本の使い方と上手に使うコツ

グルーガンは100均でも取り扱いがあり、ハンドメイドなどで使ってみたいと思っている方も多いと思います...

鍋とフライパンの違いは?フライパンは便利に使える鍋の一種

これから一人暮らしを始める人は、新生活に必要な色々なものを揃えなくてはなりません。少しでも購入費用を...

服の素材で暖かいのは?寒さ対策にはコレがおすすめ

服の素材で暖かいものといったらなんでしょうか?冬の着こなしは、どのようなものを組み合わせたらいいのか...

コミケでコスプレをしたいけど、初心者なので色々知りたい

コミケの醍醐味と言えば、お目当ての同人誌などのアイテムを手に入れることですよね。しかし、それ以外...

スポンサーリンク

Tシャツのアイロンのかけ方は?

基本はYシャツなどのアイロンのかけ方と同じです。まずは袖からアイロンをかけていきましょう。

押し付けると生地が伸びてしまいますので、軽く当てるのがポイントです。

左右の袖にアイロンをかけ終わったら、今度は身頃にアイロンをかけていきます。アイロン台に前身ごろ全てがのり切るとアイロンがかけやすいのですが、通常のアイロン台では片面の身頃全てがのりきりません。

左右に分けてアイロンをかけると良いですよ。またTシャツにアイロンをかけていて、伸びてしまったときはスチームを使って、気持ちアイロンを浮かせながらかけると伸びが元通りに縮まります。

アイロンをかけた後すぐに着用しない場合、ハンガーにかけると跡がつきやすくなります。熱が冷めてからハンガーを利用してくださいね!

Tシャツをアイロンかけスル際のかけ方のコツは?

Tシャツの性質

生地には様々な種類のものがありますが、一般的には織り方によって伸びる方向と伸びない方向が存在します。

Tシャツは伸縮する素材ですから、どちらにも伸びるのではないか?そう思いがちですが実際に引っ張ってみると、縦と横どちらか一方の方が伸びやすいことに気がつくはずです。

実際には上下には伸びにくく、左右に伸びやすいようになっているんです。コチラの方が着ているときにも動きやすいですよね。

アイロンがけも、ここを踏まえて行うと伸びが出てシワが出来てしまうことを防げます。
アイロンは身頃の横方向に向かって動かすのではなく、縦方向に動かしてください。

首元から裾に向かって、というような感じです。横にかけていたときよりも、生地が伸びないのでアイロンもかけやすく、きれいな仕上がりになりますよ。

ちなみにポケットなどの厚みがある部分、縫い代の部分にアイロンを当てると生地がてかてかと光ってしまうことがあります。

このような部分のアイロンがけは、アイロンをなるべく押し付けないようにスチームを使って作業を行ってください。

プリントTシャツのアイロンのかけ方は?

プリント部分のアイロンがけに注意

プリントがされているTシャツって沢山ありますよね。このプリント部分のアイロンがけには注意が必要です。

基本的にはプリントの注意書きにも書かれているように、その部分にアイロンをかけることはNGです。

その理由は熱に弱いので溶けてしまうからです。アイロンを直接プリント部分に当ててしまった場合は、アイロンにべったりとプリントが溶けて付いてしまいますよ。

プリントTシャツのシワを伸ばしたいときには、プリント部分を避けてアイロンをかけましょう。

どうしてもプリント部分のシワが気になる!アイロンをかけたい!という場合は、プリント部分の裏から、さらに当て布を使用してアイロンをかけてください。

この様な注意をしても、高熱のアイロンではプリント部分が溶けてしまうことがあります。やはり、オススメは出来ません。

またプリントのほかにも、ビーズやスパンコールがTシャツについているものもあります。こちらもアイロンがけはNGです。

Tシャツのアイロンかけが必要ない干し方は?

プリントTシャツやビーズなどの装飾が施されているTシャツは、基本その部分のアイロンがけができません。

ではどうやってシワを伸ばしたらよいのでしょうか?

それは洗濯時にポイントがあります!まず洗濯をする際には裏返しにして、プリントなどが傷まないように、さらに洗濯ネットを使用してください。

これで余計な摩擦を防ぎ、Tシャツの痛みを防ぐことができます。また同時にシワもネットを使用しないときと比べると付きづらくなりますよ。

また一番シワが着きやすいのは脱水時です。脱水時間は自動にせずに短めに自分で設定をしてみてください。

最後に干すときも重要なポイントです。脱水が終わったらすぐに洗濯機から取り出して、シワを伸ばしてください。

パンパンと掌で叩くと、シワが伸びやすくなります。

シワになったTシャツをアイロンをかけずにピシッとさせるには?

シワを伸ばすといえばアイロン!と思いがちですが、時間があればアイロンをかけずにシワを伸ばすことも可能です。

Tシャツに霧吹きで水を吹きかけて、洗濯を干すときのように掌でシワ部分をパンパンと挟むように叩きます。

後は乾くまで待つだけでOK!もし早く乾かしたいのであれば、ドライヤーの冷風を利用して風を当てて乾かしてください。

またシワ取りスプレーを利用するという方法もあります。こちらも使い方はいたって簡単Tシャツのシワ部分にしっとりする位までスプレーをします。

次にシワ部分を手で延ばして後は乾かすだけで終了です。これだけで気になるシワが伸びて気にならなくなりますよ。

シワ取りスプレーは各メーカーから販売されていますので、使いやすいものや匂いが好きなものなど自分好みのスプレーを探してみてください。

ドラッグストアーやホームセンター、スーパーなどでも購入する事が出来ます。