車の値段は年収のどれくらいがベスト?車の適正価格について

車の値段を決める大きな基準となるのが年収ですが、いったいどのくらいまでが上限となるのでしょうか?

欲しい車を買うのに少し迷っているときには、車を購入する金額以外のことに目を向けてみましょう。かなり現実的なことなので、もしかしたら車を買うことを考え直してしまうかもしれません。

しかし、車を買ってから後悔することのないように通帳と気持ちとよく相談することが車購入で失敗しない方法となります。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

水筒のお茶がまずくなる原因は?水筒のお茶を美味しく飲む方法

エコや節約のために、マイ水筒にお茶を入れて持参している人もいますよね。でも、水筒に入れたお茶は時間が...

受験直前なのにやる気がでない?そんなときの勉強方を伝授!

受験の直前にやる気が出なくなってしまったら・・・。焦ってしまいがちですが、そんな時にぴったりな勉強法...

1万円札の旧札は現在でも使えるのかどうかを知りたい!

掃除をして1万円札の旧札を発見する場合もあるでしょう。1万円は高額な札ですし、今でも使えるのかどうな...

プラスチック製品に貼ったシールの剥がし方!剥がす方法と注意点

小さなお子様がいるご家庭では、貼ってほしくない場所に子供がシールを貼ってしまったという経験がある方も...

一人暮らしの不安や寂しい気持ちで胸が潰れそうな人、読んで!

一人暮らしの不安や寂しいを抱えていると、本当に胸が潰れますよね?今まで、夜帰って電気がついて...

ミルクの温度が熱いときに素早く冷ます方法と上手な与え方

ミルクの温度が熱いときは赤ちゃんが飲みやすい温度に冷まさなければなりません。しかし、育児にまだ慣れて...

包丁の研ぎ方について!ステンレス包丁は砥石にも注意が必要

ステンレス包丁を使用している方は少なくはありませんよね。価格が安いことからステンレス包丁は使い捨てな...

テニスの練習を1人で行うには?初心者におすすめの練習方法

テニスが下手だからこっそり1人で練習をして、早く上達したい!そんなあなたが抱える悩み。とはいって...

食事のバランスを本格的に考えるなら資格を取りましょう

人間は健康が一番とは言いますが、そのためには食事のバランスを考えることも大切です。食事に関するさ...

鳥が電線に大量にとまる理由と対策は?根本的な解決は困難かも

ものすごい大量の鳥が電線にとまっている光景、一度は目にしたことあるのではないでしょうか。一匹で見...

高校の卒業式に親は出席する?親の出席と服装・持ち物と注意点

お子さんの高校の卒業式に親が出席するものなのか、出席しようか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。...

猫が網戸を開ける!大切な猫が逃げる前にしっかり対策をしよう

猫が自分で網戸を開けてしまうことに、頭を悩ませている飼い主さんもいますよね。暑い時は窓を開けてい...

マニキュアの簡単な塗り方とは?キレイに見せるコツを教えます

自分でマニキュアを塗っても、ムラになってしまったりはみ出して失敗してしまうことってありますよね。...

ゴールデンハムスター用ケージは衣装ケースでDIYしよう

ゴールデンハムスターに広いケージを用意してあげたい…そんな人におすすめなのが衣装ケースです。...

文鳥の換羽期にプラスしたい栄養素と飼い主ができるサポート

文鳥が換羽期を迎えると、いつもよりも栄養が必要になります。文鳥の換羽期にはどのような栄養素が必要にな...

スポンサーリンク

車の値段は年収の半分が目安となります

お金をためて、車を購入したいと思う方も多いのではないでしょうか。年収がどの位だと、どの位の値段の車を買うのが理想なのか、ふと疑問に思うと思います。

これから車を購入しようと思っている方、車の値段は、大体年収の半分位が目安となってきます。

●無理をしない程度(年収の半分位)

車は高額ですから、どの位の値段のものを買うのが目安になってくるのかな?と思いますよね。

大体、年収の半分くらいのものを購入すると良いという風に思っていただければ良いと思います。

それ以上の金額だと、これまでと同じ生活をすることはできないといいますか、切り詰める必要が出てきます。あなたの年収が800万円位であれば、大体、400万円位の車を買うことを目安にしていきましょう。

車の値段を年収だけで決めるのは危険

車を買う時、あなたは年収がどれだけだったら良いのでは?と年収だけにこだわって買いますか?勿論その点も大切です。自分の生活に似合ったものを買うべきです。

でも、それだけではいけません。あなたには貯金はありますか?そして、残っているローンはありますか?

差し引いて計算するべきだとも思います。例えば、やっと一つのローンを支払い終わった。そうなると、車のローンを支払う余裕ができてきます。また、これまで貯金をしてきたので、いざ車のような高額の買い物をしたとしても、まだ生活に余裕がある。そんな方は、車を購入する余裕がある方だと思います。

それに該当しない方は、本当に車を買う余裕があるかどうか、再確認してみた方が良いと思います。まだまだ支払わなくてはいけないローンがある。もしくは、貯金があまりない。それでは、年収がある程度あるにしろ、高額な車を購入するには、まだ生活に無理があると思います。

自分が車が買える状況なのかどうか、再確認してみましょう。それからでも車を購入するのは、遅くはありません。

車の値段を年収ではなく支払い方から決める方法

車を購入する時、支払い方法も、一括や分割など、支払い方にもいくつかあること、また、その支払い方によって値段が変わってくること、あなたは知っていましたか?

●負債がないので、一括の方が良い

分割をすると、負債がかかります。その為、貯金に余裕がある方は、一括で支払う方が、経済的にはプラスになります。

もし、経済的に余裕があるのであれば、一括で払い車を購入した方が良いと思います。

●分割の場合

負債はかかりますが、その分あなたの生活にも支障がないレベルで車を購入することができます。他に特にローンなどないのであれば、車のローンに集中してあなたが購入したいものを買っていくのも良いと思います。

車の値段は年収だけでなく買いたい気持ちで判断すると○

車を買う時は、値段だけではなく、あなたが持っているフィーリングも大切にして買うと良いと思います。

特に男性の方も、ある程度の年収になってくると、車を購入したい気持ちが出てくると思います。買い替えの時期に来て、これまでより少しランクが上のものを買いたいという思いもありますよね。

気持ちだけであまりにも高すぎる車を購入するには無理があると思いますが、ある程度の冒険は、男性も若い頃からしていくべきだと思います。

特に、日頃から節約上手な方。そんな方は、車を買う時位は少し贅沢してみても良いと思います。「このランクの車を買う予定だったけど、折角だから、一ランク上げてみよう」と思って、良いものを購入してみても、特に若い時期には良い刺激になると思います。

その時期にしか経験できないこともありますから、「この車が欲しい」と思ったら、思い切って購入してみて下さい。ただ、自分の収入や貯金よりあまりにも離れているものはお勧めできません。自分が対応できるレベルのものを買いましょう。

車は買ってからもお金がかかることをお忘れなく

これから車の購入を考えている方。もしかしたら、会社の周りの先輩などから、適切なアドバイスを頂いたり、車の専門店でも、似たようなアドバイスをもらっているかもしれませんが、車を買った後も、維持費がかかることを、考慮していますか?

車を購入した後も、税金、保険、燃料代などがかかる

車だけではなく、自転車や他の乗り物にも同じことが言えます。車に関していえば、上記のようなものを支払っていかなくてはいけません。

車を購入する時は、その部分の経済も自分にあるのかどうかも考えながら買うべきだと思います。そうでないと、折角購入した車も、維持費にお金がかかりすぎて、泣く泣く手放さくてはいけなくなったなんて事態にも陥ってしまいます。

維持費は、大体年収の一割というのが目安になります。その経済力が自分にあるかどうかというのも、車を買う時の目安になります。

車を買うとなると、やはり自分の年収はどの位のものであるのか、一括で支払う余裕はあるのか、また、維持費でどの位かかるのか、ある程度の事を見込んで買う方が、車とも良いつきあいをすることができると思います。税金など、維持するにも色々とお金がかかります。お金がないと愛着のある車も手放さなければなりません。あなたの年収に似合ったものを購入するべきです。