卓球初心者のコツはラリーをつなぐ練習で楽しみながら上達できる

卓球初心者でもコツを覚えると、ラリーも続くようになり卓球が楽しくなります。卓球が楽しくなるポイントといえば、やはり相手とのラリーが続いたときではないでしょうか?そのためにも、基本となる練習を繰り返すことは大切です。ポイントを抑えて練習をすれば、きっと初心者でも上達することでしょう。

そこで、卓球初心者のためのコツについて、まずはラケットの持ち方や基本的な打ち方のコツ、初心者でも卓球が楽しくなるラリーをつなぐコツや気をつけたいポイント、初心者でも卓球が上達するためにできることなどお伝えしていきましょう。

卓球を始めようと思っている人でも、これを読んでコツを覚えていれば卓球を楽しむことができて、きっと上達することができるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

生クリームを使った後冷蔵庫に入れ忘れたら捨てるしかないのか

生クリームを使ったあと、うっかりして冷蔵庫に入れ忘れた経験ありませんか?すっかり常温に戻って...

アルカリ電池とマンガン電池の違いと使い分け・使用上の注意点

電池を購入しようと思った時、アルカリ電池とマンガン電池のどちらを購入すればいいのか悩んだ経験がある人...

夜になっても気温が下がらない時に試したい睡眠対策

最近の日本の夏の暑さは異常です。夜になっても気温が下がらないことも多く、寝苦しい夜をどう過ごすかが問...

うさぎの牧草入れを手作りで♪100均商品を使って悩みを解消

うさぎの牧草入れを手作りしてみませんか?うさぎによって性格や体格が違いますので、牧草をばらまいて...

腹筋のやり方に悩む産後の女性でもできる腹筋運動をご紹介します

産後半年たっても、お腹周りがすっきりしないという女性も多いでしょう。そこで腹筋運動を始めよう...

台所の排水口のイヤな臭いの対処法!悪臭を消す掃除方法

台所の洗い物をしていると、なんだかイヤな臭いがする…。そんな経験はありませんか?毎日使うシンクは、油...

クロアリ羽アリの駆除方法!自宅でできる駆除方法とは

クロアリや羽アリが家に大量発生すると、見てて気持ち悪いしすぐにでも駆除したいものです。クロア...

野うさぎの赤ちゃんの育て方は?保護した時は動物病院へ委ねよう

飼いうさぎではなく、野うさぎの赤ちゃんの育て方はどうすればいいの?という悩み。野うさぎは日本の至...

水彩画を描くときは水張りを!水張りに必要なものと方法を解説

水彩画を描いたことがある人の中には、絵が完成した後の用紙がよれてしまった経験がある人もいるのではない...

干支の置物を処分することはできる?自分で・神社で処分する方法

毎年その年の干支の置物を飾っているご家庭もありますよね。一年の縁起物として飾っていても、次の...

かさばる編み物の道具はどうやって収納?見せる収納と隠す収納

編み物の道具は長さがあったり、数を必要としたりなど、意外と収納に困ってしまいます。袋にひとま...

舌が長いと滑舌が悪くなるは間違いだと判明!

「私の滑舌が悪いのは舌が長いからだ」と思っていませんか?滑舌が悪いのは舌が長いからではなく、調べ...

うさぎが抱っこを嫌がる原因とは?神経質なうさぎの習性を知る

うさぎが抱っこを嫌がる最大の理由は『捕まる』と感じるからです。飼い主さんとうさちゃんの信頼関...

きゅうりを使った副菜でもう1品!簡単中華風レシピ

食卓にあと一品欲しい時など、きゅうりを使った副菜はいかがですか?おかずにもなりますし、お酒の...

編み物初心者向け!かぎ針の基本と作りやすい簡単小物

編み物にはかぎ針編みと棒針編みがありますよね。ちょっとした隙間時間にハンドメイドをしたいという方には...

スポンサーリンク

卓球初心者はまずラケットの持ち方のコツを覚えましょう

卓球初心者さんは、正しいラケットの持ち方も曖昧という方も多いでしょう。
慣れてくるとラケットの持ち方を急に変えることは難しいので、最初のうちに持ち方をマスターしましょう。

とは言っても卓球のラケットに、これと言った明確な正しい持ち方があるわけではありません。
持ち方が反則や減点になることもありません。

ただラリーなどスキルアップを目指すのであれば、自己流の持ち方ではない方が良いでしょう。

初心者のうちに身に着けたい持ち方のコツ

卓球ラケットの持ち方には大きく二種類があります。

シェークハンド

一つ目はシェークハンドです。

その名の通り、握手するような持ち方をします。
プロの選手でも、多くの方がこの持ち方を採用しているようです。

ラバー部分を人差し指で固定するように添え、残りの指を使ってグリップを握るように持ちます。

ペンホルダー

次はペンを握るようにするペンホルダーです。

グリップを親指と人差し指で握り、中指と薬指は裏側を支えるようにします。
小指は薬指にそっと添えるような感じになります。

以前はこのペンホルダー持ちをしている選手も多かったですが、最近では少なくなってきているようです。
ただこだわりのある方は、ペンホルダー持ちをしている傾向にあります。

卓球初心者のための基本的な打ち方のコツとは

では実際にボールを打っていきましょう。

ボールを打つ前に、しっかり重心が安定するように基本的な立ち方を学びましょう。

  1. 足は肩幅よりも少し広く開きます。
  2. 右足をやや後ろに下げます。(左足のかかとに右足のつま先が重なるような位置)
  3. 膝の力を抜き、軽く曲げるようにしてボールの動きに対応出来るようにします。

ボールの動きを追いかけられるように、膝のバネを上手に使いましょう。

立ち方がわかったら、あとはボールを打つだけです。
手の力だけでボールを打つのではなく、体全体でボールを打つようなイメージです。

手の力だけで打とうとすると、どうしても手を振ってしまうので、思った方向に打つことが難しくなります。
手を動かすというより、体重をかけてボールを押し出すようにすると、方向を定めて打つことが出来るので意識してみましょう。

初心者でも卓球が楽しくなるラリーをつなぐコツ

いよいよラリーをしていきましょう。
ラリーを続けるコツは、非常に単純でシンプルなことです。

初心者は相手が打ちやすいボールを打つこと

頭ではわかっていても、その状態のボールを常に打つことが簡単ではないのですよね。

最初は上手にラリーが出来なくても、だんだん練習をしていくうちに力加減や体の向きなど、どのように打つとどんなボールが打てるのか感覚を掴めるようになります。
最初から完璧にラリーが出来る人はいないので、あとは練習あるのみです。

お互いに相手が打ち返しやすいボールを打てれば、自然と何度でもラリーを続けることが出来るので頑張ってみましょう。

ラリーが続かないときに気をつけたいポイント

相手が打ちやすいボールを打とうとしても、実際は思うように体が動いてくれないこともあります。
なかなかラリーが続けられないのは、いくつかの原因が考えられます。
その原因に気付き、自分に当てはまることはないのか分析することも、上達への道のりです。

ラリーを続けるコツ

ラケットの角度に注意

ラケットの角度が正しくないと、もちろんボールを思い通りの場所に打つことは出来ません。
卓球ではラケットの角度が一番重要だと言われるほど、角度の改善なくして上達は出来ません。

ボールが浅くなってしまう場合は、今よりもラケットの角度を少し上に向けてみましょう。
反対にボールがオーバーしてしまう場合は、ラケットの角度を少し下に向けるようにしましょう。

ボールを打つときに瞬時に角度を調整出来るようになると、浅いボール深いボールを自由に操れます。

ボールを追いかける

ボールを追いかけずに打ち返すことは出来ないと思いますよね。
ボールの位置まで追いかけるのは当然なのですが、追いかけて迎えに行ってしまうのが失敗の原因です。

手元までボールを引きつける前に打とうとしてしまう、これが実は初心者さんの失敗で一番見られることです。

手元ギリギリまでボールを待つ、ということが必要です。

初心者でも卓球が上達するためにはとにかく練習をすること

初心者さんが上達するには、まずはたくさん練習をすることです。
あれこれポイントを紹介しましたが、最初はとにかく練習量を多くすることです。
最初から細かいことを気にしても、なかなか実践出来ないと思うので、たくさん練習をしてラケットとボールに慣れて下さい。

たくさんの時間卓球に触れ合ううちに、技術面は自然とあとから追いかけてきます。

最初のうちは練習量や時間を多く、そして卓球を楽しいと思う気持ちを維持することです。
上手にやろうと意識し過ぎると、だんだん出来ないことに嫌気がさして卓球を楽しいと思う気持ちも減退してしまいます。

楽しい気持ちがなくなると、上達どころか練習さえもやる気がなくなってしまいますよね。

初心者さんの練習は気持ちの維持も大切です。