中学生の子どもが勉強しないことにイライラする本当の理由

中学生になったのに、子供が自主的に勉強しないことにイライラしてしまうママは本当にたくさんいます。

しかし、イライラする理由は自分にあるかもしれません。また中学生独特の心のバランスの崩れが勉強しない原因かもしれないのです。

今回は、中学生の子どもが勉強しないことにイライラする本当の理由と勉強させるために親ができることについて説明します。
イライラする前に、自分のことや子どもがなぜ勉強しないのかについて考えてみましょう。

また、イライラしても子どもに絶対言ってはいけない言葉があります。
その時の感情に流されず、子どもとしっかり向き合ってみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

黒を使った部屋はお洒落!全部真っ黒よりもポイントを抑えて

黒を貴重とした部屋は、お洒落だと思いますね。床・壁・天井・家具などすべてが黒で統一されている...

No Image

カレーのじゃがいもが固いのを防ぐには?美味しいカレーの作り方

カレーのじゃがいもだけがなんだか固い。そんな失敗をしてしまうときってありますよね。いつもと同...

ミルクの温度が熱いときに素早く冷ます方法と上手な与え方

ミルクの温度が熱いときは赤ちゃんが飲みやすい温度に冷まさなければなりません。しかし、育児にまだ慣れて...

粗品タオルの使い道で節約もリメイクも簡単に楽しむコツとは

粗品でもらうタオルの使い道に悩む人も多いのではないでしょうか。毎年何かと頂き物でもらう粗品の...

缶詰のフルーツは冷凍するとこんなに美味しい!果物簡単スイーツ

缶詰の果物は一年中食べられて、価格も安定していますよね。缶詰の果物はお弁当に入れるという方が...

部屋の片付け方!どこからはじめていいか分からない人の片付け方

部屋の片付けをしなくてはと思っていても、どこから掃除を始めたらいいのか、部屋の片付け方が分からない人...

ボールペンのインクの落とし方!服についたボールペンの落とし方

うっかりしてボールペンのインクを服につけてしまうこともあります。ペン先をしまわずにそのまま胸ポケット...

傘の固定グッズ!100均にある様々なタイプの傘立てをご紹介

傘の固定グッズを探している方!100均にも様々な傘の固定グッズがありますよ。また本来は杖や掃...

社交ダンスの競技会に初心者が出場する場合の条件を徹底解説

社交ダンスを始めるとどんどん楽しくなってきて、競技会に出場してみたいという人もいるでしょう。...

キッズ向け簡単に作れて可愛らしいヘアゴムの作り方

お子様用のヘアゴムはいろいろと可愛いものがあって、幼稚園や保育園に毎日違うものを付けていきたいと言う...

電話でアンケートをしてくるのは怪しい!見極め方法と対処方法

怪しいと思うアンケートの電話がかかってきたときにはどうしたらいいのでしょうか?何もしていない...

下っ腹の筋トレ方法・椅子を使ってできるぽっこりお腹の引締め法

ぽっこりでてしまった下っ腹をなんとかしたいと頭を抱えている人もいますよね。でも、忙しくてなかなか運動...

オリーブの栽培は寒冷地でも可能?栽培できる地域と栽培の方法

オリーブを栽培しようと思っている人や実際に栽培している人の中には、寒冷地でも栽培することが可能なのか...

イケメンの彼氏だと不安?不安の理由や対処法

誰もが振り向くようなイケメンの彼氏を持つと、彼女は色々と不安になるようです。ここでは、イケメ...

世界のあらゆるものの面積を小さい順に知りたい

世界で一番面積が大きい国や湖などは、よくテレビや本などで紹介されていますが、逆に面積が小さい順に紹介...

スポンサーリンク

中学生の子どもが勉強しないことにイライラする本当の理由は自分にあるかもしれません

親が自分の子供が勉強しないことに対してイライラするのには、子供側だけに原因があるわけではないのかもしれません。

子供が中学生になると、親の言ったことに素直に従ってくれなかったり、反発されたりするのはよくあることです。とくに、テスト前なのに勉強しないで遊んでばかりいる姿を見かけると、ついつい「勉強しなさい!」と言いたくなりますが、それを言ったところで素直に勉強を始めるわけでもなく、結果的にただこちらがイライラするだけという状況になりがちですよね。

親が子供に対して勉強しなさいと言うのは、もちろん子供自身が勉強について行けなくなったり、テストの出来が悪くなることを防ぐためです。子供だってそれくらいのことはわかっているハズなのに、どうしてもヤル気が起きないところへ、ただ「勉強しろ!」と言われても、いきなりヤル気スイッチが入るわけもありませんよね。それどころかますます勉強へのヤル気が失われてしまう可能性のほうが高いのです。

親がイライラを感じるのはむしろ、子供が勉強しないことに対してではなく、自分の思い通りに子供が動かない(勉強をしない)ことに対してなのかもしれません。人は誰かに何かを言われたからと言って、急に自分の気持ちを変えられるものではないですし、それは大人に限った話ではありません。

相手を変えようとするからイライラするのだとしたら、自分の考え方を変えるしかないのです。

イライラする前に、子どもがなぜ勉強しないのか理由を探してみましょう

小学生の頃はとくに勉強が嫌いではなかった子供でも、中学生になると突然勉強嫌いになることもあります。子供が勉強をしたくないのには、なにか理由があるのかもしれません。

勉強の仕方がわからない

勉強が好き・嫌いの前に、そもそも勉強の仕方がわからないという可能性があります。しかし子供に直接聞いてみたところで、素直にわからないとは言えず、実際に自分でもどうすれば良いのかわからないうちに、どんどん授業についていけなくなるケースも。

勉強の基本はとにかく授業の復習をすることです。もしもすでに授業についていけなくなっている状況であれば、わからなくなる前まで遡って、基礎から学び直す必要がありますので、果たしてどこまで理解できているのかを、本人が自覚することが不可欠です。
これが早い段階でできるかどうかで、今後の勉強との向き合い方が違ってきますので、親も根気強く勉強の手助けをしてあげることが重要です。

勉強しない中学生を勉強させるために親としてできること

親が子供に勉強をするように促すのは、将来子供が苦労しないためです。中学生になるとこの先の高校・大学への進路に影響するだけでなく、その後の将来にもつながってくるという心配から、親はつい「勉強」という言葉を口にしてしまうのでしょう。

ですが、子供にとっても勉強しないことをけっして良いことだとは思っていません。勉強しなければいけないとわかっていながらも、勉強をしないことで将来どうなるのか?今勉強していることが果たして将来どんな役に立つのかが、まだ漠然としか見えていない状態では、自発的に勉強できないのも仕方がないことなのかもしれません。

親が子供に勉強して欲しい気持ちは、「勉強しなさい」と言葉で伝えても逆効果である場合が多いのですから、親が言って「勉強させる」のではなく、あくまでも子供自身が「勉強をしなければならない」と感じるような声がけをすることが効果的です。

たとえば、宿題をやらずに遊んでいる子供に対して「早く宿題をやりなさい!」と言うのではなく、「今日の宿題は多いの?」と聞いてみます。この質問に対しての答えは「多い」「少ない」「(宿題が)ない」のどれかになるわけですが、宿題の量に応じてどれくらい時間がかかるのかを意識させるだけでも、「そろそろ勉強をした方がいいかもしれない」と自分から気付くきっかけになるのです。言い方を変えるだけでも、ムダにイライラしなくて済むようになるのだとしたら、試してみる価値はあると思います。

中学生に勉強の習慣をつけさせることは難しいことを理解しましょう

中学生になると、クラスメートや先生、部活の仲間といった周囲との人間関係に悩む時期であると同時に、親との関係性も難しくなる年頃でもあります。今までのように遊びの延長で勉強を楽しめていた時期とは違い、さまざまなことに思い悩むあまり、勉強に集中できなくなったり、心のバランスを崩しやすくなったりもします。

勉強をしなければならないとはわかっていても、勉強へのヤル気を引き出す何かが見つからなかったり、そもそも勉強方法がわからないと、ますます勉強と向き合うのを避けるようになってしまうのです。

たとえ勉強を始めたとしても、親から不用意に「ちゃんと勉強しているの?」などと言われると、一瞬でせっかくのヤル気が失われてしまうことも。

勉強に限らず、何かを継続させるためには、自分の中で習慣化させる必要があります。これは誰かから言われたからではなく、自発的に「勉強しよう」と思わなければムリなことです。何かを習慣化するには、それを行う必要があると感じるための動機が必要だということです。

具体的に「将来の夢がある」「志望校に合格したい」「テストで良い点数を取りたい」といったような明確な動機がなければ、自宅で毎日勉強をする習慣がない人が、勉強することを習慣化することは、かなり難しいものです。

「継続は力なり」。まさにこの言葉は、自分で身をもって体験してみないとわからないことでしょう。

勉強しない中学生の子どもにイライラしても言ってはいけない言葉があります

いくら子供が勉強しないからといっても、感情に任せて言葉をぶつけてしまうと、今後の親子関係に大きく影響を及ぼすことがあります。そのひとつが「出て行け!」というセリフです。

この「出て行け」という言葉の奥には「(親の言うことが聞けないのなら)出て行け」という感情があります。自分の思い通りにならないからと、子供に感情的になったところで問題は解決しませんし、子供も素直に従うような年齢でもありませんよね。

それでも小さいうちなら泣いて謝って終わりだったかもしれませんが、中学生くらいなら下手をしたら本当に出ていってしまいます。スマートフォンや携帯電話が普及した現代では、家にいなくても友達と連絡を取ることも可能なので、遅い時間まで帰って来なかったり、今後の親子関係がギクシャクすることにもなりかねないのです。

あまりにも「勉強」という言葉を言われすぎていると、どんなに言われたところで響かなくなるものです。こちらがムダにイライラしているという自覚があるのでしたら、反対に一切「勉強」というワードを出さないという作戦もあります。
今までしつこく言われていたのに、全く勉強しろと言われなくなることで、「これはもう親も諦めるほどのマズイ状況なのかもしれない」と感じてくれるようになれば良いのですがね。