車が雪道でスリップしないための運転方法と対処法について解説!

車で雪道を運転することになったら、一番心配なことは「スリップ」ですよね。

スリップしないためにはどんなことに注意して運転すればいいのでしょうか?そしてもしスリップしてしまった場合の対処法とは?

雪道でスリップしないための運転方法と万が一スリップしてしまった場合の対処法について詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バレエで男性へのお礼の仕方についてゲストへの上手な気遣い

バレエでは男性ゲストにお礼をしなければなりません。はじめて発表会で男性ダンサーと一緒に踊るのであれば...

チューリップの球根を植える時期は?キレイな花を咲かせる方法

チューリップは、一度花を咲かせた後も上手に球根を保管する事で、翌年もまた花を咲かせることが出来ます。...

黒のストッキングがまだらになるのはナゼ?対処方法を紹介

黒のストッキングを履くとまだらになってしまうのはナゼ?なんだかだらしなく見えてしまうストッキングのム...

発泡スチロールの箱をタダでもらう方法と臭いの除去方法

発泡スチロールの箱はお店に行けば販売していますが、タダでもらう方法はあるのでしょうか。発泡スチロ...

ハムスターのケージを衣装ケースで作る方法とポイント

ハムスターを飼育する場合はケージが必要ですが、衣装ケースでも代用できます。市販されているケー...

通帳をなくした!悪用される可能性は?通帳を無くした時の対処法

いつもしまってあるはずの場所に通帳がない!通帳をなくした!突然こんな状況になったら焦りますよね。特に...

服についた刺繍がほつれた場合の対処法と洗濯時の注意点

お気に入りの服の刺繍がほつれが出ると、はさみを使ってなんとか止めようと考える人も多いのではないでしょ...

凍結道路時のタイヤはノーマルではなくスタッドレスが鉄則!

凍結した道路はとても滑りやすく危険です。ノーマルタイヤではなくスタッドレスタイヤの方が安心ですが...

100均材料で子供と一緒に作る簡単可愛い手作りアクセサリー

100均にはアクセサリーの材料になるパーツがいろいろとあります。手軽に材料が揃えられて、しかもリーズ...

バレエの先生はみんな厳しい?厳しくするのはあなたの為

バレエの先生は厳しいものなのでしょうか?今日も柔軟で子供が泣いてしまいました…。子供にとっても親...

マニキュアの簡単な塗り方とは?キレイに見せるコツを教えます

自分でマニキュアを塗っても、ムラになってしまったりはみ出して失敗してしまうことってありますよね。...

暖房の設定温度の目安を紹介。20℃でも快適に過ごす方法

暖房の設定温度は消費電力にそのままつながります。エアコンの設定温度を1度下げるだけでも節電になるとい...

筋トレとストレッチの違いとは?筋トレ前後に効果的な方法を紹介

筋トレとストレッチにはどんな違いがあるのでしょうか?ストレッチをするのは筋トレをする前?それとも筋ト...

ウーパールーパーの水槽の掃除の手順と注意点と頻度について

ウーパールーパーは水槽で飼育するペットとして人気があります。育てやすい生き物とされていますが、こ...

バレエの発表会で素敵な花束を渡したいなら

習い事の中には今まで学んだことを発表して披露する機会のあるものがいくつかありますよね。その中でも...

スポンサーリンク

車で雪道を運転する時にスリップしないようにするためには?

雪道でスリップを避けるための注意点

  • 急発進
  • 急ブレーキ
  • 急ハンドル

これらはスリップやスピン、事故の元になります。

慣れていないとノロノロ運転になってしまいますが、これが原因で大渋滞を巻き起こしてしまう可能性があり、他の車に大迷惑です。
ある程度、周りの車のスピードの波に合わせる事も大切です。

信号などで止まる時の早めのブレーキ、スタートする時の出だし、そして雪道で滑った時やカーブのハンドルさばき、これらがとても重要になってきます。
これらを気をつけることで事故やトラブルがグンと減っていきますよ。

雪道を慣れている人でも雪道は怖いものです。
だからこそ、運転が慎重になります。

逆に雪道の悪天候の中、猛スピードで走行している人こそ雪道初心者のドライバーなのかもしれませんね。

もし雪道を走行中に車のタイヤがスリップした場合はどうする?

雪道運転は慣れた人でもとても怖く、少しの気の緩みや油断は禁物です。
雨の日でもスリップはありますが、雪道でスリップすることのほうが多くどのような対処したら良いのか頭に入れておきましょう。

雪道でスリップ!カウンターステアについて

車の後輪が右にスリップしていたら車体は左に傾きます。
そのためハンドルを右に回し、車体の向きを真っ直ぐにコントロールすることをカウンターステアといいます。

「怖い」「どうしよう」という思いがスリップした時に更に混乱を招いてしまいますが、この方法を覚えて置くと、スリップに対応することができますね。

こうゆう時こそ冷静を保ち、対処することで事故を少しでも防ぐことができます。

雪道でタイヤが空転して車がスリップした場合の対処法とは?

雪道はスリップ中、タイヤが空転してしまうことがよくあります。

空転してしまったら、まずクラクションを慣らして周りの車に知らせます。
空転しているのに気づかず追突されてしまう危険がありますのでクラクションを鳴らすことで事故につながる可能性が低くなります。

雪道では道路状況がとても悪いですので、普段車内で音楽を大音量でかけている人は音量を下げて、自分の車や周囲の車の異音や異変にすぐに気がつけるようにしましょう。
緊張しがちの雪道の運転ですが、カウンターステアも思うようにできずブレーキを踏むのに必死かと思います。

雪道もところどころで道路状況が異なりますので、体と目の感覚でいつもよりおかしいと感じたら、すぐに速度を落とし注意を払うことで事故を回避することができます。

また後ろの車にも十分注意する必要があります。
バックミラーで後ろの車の様子や車間距離などを確認し、場合によっては先をゆずることを検討することももらい事故の防止となります。

雪道で交通事故を起こさないためには?

いくら気をつけていても雪道の運転はリスクがあります。
しかし、常に注意を払うことで事故の可能性を減らすことができます。

言うまでもありませんが、スピードの出しすぎはかなり危険が伴います。
雪道はブラックアイスバーン、圧雪、吹雪による視界不良、それに旅行者などの土地勘がない人であれば、尚更危険です。

もし、列の先頭が自分であれば、プレッシャーや緊張感などでとても疲れますので、休憩所によって先頭から免れたり対策を行ってください。
地元ナンバーの車の後をつくことが一番無難ですよ。

また高速道路での雪道でも状況は一緒です。
冬のあまりにも悪天候の中、ビュンビュン飛ばす人は少ないですが、それでもスピードを出している車はいます。

それにつられないよう、自分の運転を心がけてくださいね。
高速バスやトラックなどはかなりの土地勘の持ち主でありますが、オンタイムで走らなければいけないため、雪道初心者にしてはスピードが早いかもしれませんので気をつけてください。

ノーマルタイヤで雪道を運転しなくてはいけない場合の注意点は?

雪がほとんど降らない地域では、冬タイヤの備えをしていない人が多いです。
ですが、異常気象などで何年に1度の大雪などが降りニュースになることがたびたびあります。
そのような場合、すぐに冬タイヤに変えようとも、ガソリンスタンドに足を運ぶ人で大混雑していますね。

それでも雪道を走らなければいけないという時の注意点を紹介します。
あくまでも、「どうしても」という場合ですので、面白半分でのノーマルタイヤの雪道走行や、進んでノーマルタイヤで雪道を走行することは絶対にやめてくださいね。

あなたの車のトラブルで大渋滞や事故を巻き起こす可能性が十分に高まります。

ノーマルタイヤで雪道を走る時

  • わだちを走る
    雪道を車で走行したらタイヤの後が残りますね。雪が少ないうちはそのわだちの沿って走ります。
  • 大きな幹線道路を走る
    大きな道路は交通量も多いことから雪がつもりにくいです。そして小まめに除雪が行われる可能性が高いです。
  • 橋やトンネルを避ける
    冬はトンネルの出入り口や橋の上はかなり凍結します。これらがある道路はノーマルタイヤでは避けた方が無難です。