車が雪道でスリップしないための運転方法と対処法について解説!

車で雪道を運転することになったら、一番心配なことは「スリップ」ですよね。

スリップしないためにはどんなことに注意して運転すればいいのでしょうか?そしてもしスリップしてしまった場合の対処法とは?

雪道でスリップしないための運転方法と万が一スリップしてしまった場合の対処法について詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車は歩道走行も右側走行も禁止!その理由について解説します

自転車に普段乗っていない人は、ルールが変わったことに気づいていないのではないでしょうか。ルー...

服の毛玉を取る方法!洋服を傷めないで簡単にキレイにする

お気に入りのニットや毎日着ているコート、気付くと毛玉になっていることがありますよね。特に袖の部分...

フットサルのテクニックを練習して磨こう!一人でも出来る方法

フットサルはサッカと違い、コートが狭くて良いので室内でも出来ます。コートが狭い分、サッカーに...

ハムスターがかじり木を食べる理由や与え方の注意点について

ハムスターがかじり木を食べるように見えるのは、噛むことで刃を削っているからです。ただ、もしも本当に食...

コミケでコスプレするときの参加方法とは?気をつけるポイント

コミケにコスプレで初めて参加するときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?当日の流れ...

右利きと左利きはいつ決まるのでしょうか?利き手について

子供の右利きと左利きはいつ決まるのか、親はドキドキしてしまいますよね。左手をよく使ってたら、左利きな...

ボウリングでスペアを取るコツとは?スコアアップを目指そう

会社の行事や友達同士でボウリングをする機会があると、少しでも良いスコアを出したいと思いますよね。...

力士の体の筋肉と脂肪の関係。2つの体型の特徴と力士の稽古

力士の方は皆さん大きい、体格がいいというイメージが定番ですがその体についているのは脂肪と思いがちでは...

ハムスターの砂場用容器の選び方!100均アイテムでも代用可能

ハムスターの砂遊びで必要な砂場の容器ですが、市販されている物を使って失敗してしまうこともあります。...

家で写真をプリントするのは、気軽だけど意外に高い

デジカメのようなデータ方式ではなく、フィルムを使った写真撮影が当たり前だった時は、お店に行って現像し...

ステンレスのシンクについた傷を目立たなくする方法を教えます

ステンレスのシンクにいつの間にかついてしまった傷。毎日使う場所だから仕方ないとはいえ、できれば傷を消...

デイサービスでの体操にボールを使う種目を加えてみよう

デイサービスを利用する高齢者には、怪我なく体操を楽しんでもらいたいですよね。そこでおすすめな...

靴下が脱げるのが片方だけの理由や脱げない靴下選びと対処法とは

靴下が靴の中で脱げる、しかも何故か片方だけ脱げるということにお悩みの人もいるでしょう。靴下が...

もらって嬉しいと思われるプレゼントの選び方【30代男性編】

仕事でいつもいろいろ指導してくれる優しい上司。誕生日が近いと聞くと、嬉何かプレゼントしたいと考える女...

卓球初心者のコツはラリーをつなぐ練習で楽しみながら上達できる

卓球初心者でもコツを覚えると、ラリーも続くようになり卓球が楽しくなります。卓球が楽しくなるポイントと...

スポンサーリンク

車で雪道を運転する時にスリップしないようにするためには?

雪道でスリップを避けるための注意点

  • 急発進
  • 急ブレーキ
  • 急ハンドル

これらはスリップやスピン、事故の元になります。

慣れていないとノロノロ運転になってしまいますが、これが原因で大渋滞を巻き起こしてしまう可能性があり、他の車に大迷惑です。
ある程度、周りの車のスピードの波に合わせる事も大切です。

信号などで止まる時の早めのブレーキ、スタートする時の出だし、そして雪道で滑った時やカーブのハンドルさばき、これらがとても重要になってきます。
これらを気をつけることで事故やトラブルがグンと減っていきますよ。

雪道を慣れている人でも雪道は怖いものです。
だからこそ、運転が慎重になります。

逆に雪道の悪天候の中、猛スピードで走行している人こそ雪道初心者のドライバーなのかもしれませんね。

もし雪道を走行中に車のタイヤがスリップした場合はどうする?

雪道運転は慣れた人でもとても怖く、少しの気の緩みや油断は禁物です。
雨の日でもスリップはありますが、雪道でスリップすることのほうが多くどのような対処したら良いのか頭に入れておきましょう。

雪道でスリップ!カウンターステアについて

車の後輪が右にスリップしていたら車体は左に傾きます。
そのためハンドルを右に回し、車体の向きを真っ直ぐにコントロールすることをカウンターステアといいます。

「怖い」「どうしよう」という思いがスリップした時に更に混乱を招いてしまいますが、この方法を覚えて置くと、スリップに対応することができますね。

こうゆう時こそ冷静を保ち、対処することで事故を少しでも防ぐことができます。

雪道でタイヤが空転して車がスリップした場合の対処法とは?

雪道はスリップ中、タイヤが空転してしまうことがよくあります。

空転してしまったら、まずクラクションを慣らして周りの車に知らせます。
空転しているのに気づかず追突されてしまう危険がありますのでクラクションを鳴らすことで事故につながる可能性が低くなります。

雪道では道路状況がとても悪いですので、普段車内で音楽を大音量でかけている人は音量を下げて、自分の車や周囲の車の異音や異変にすぐに気がつけるようにしましょう。
緊張しがちの雪道の運転ですが、カウンターステアも思うようにできずブレーキを踏むのに必死かと思います。

雪道もところどころで道路状況が異なりますので、体と目の感覚でいつもよりおかしいと感じたら、すぐに速度を落とし注意を払うことで事故を回避することができます。

また後ろの車にも十分注意する必要があります。
バックミラーで後ろの車の様子や車間距離などを確認し、場合によっては先をゆずることを検討することももらい事故の防止となります。

雪道で交通事故を起こさないためには?

いくら気をつけていても雪道の運転はリスクがあります。
しかし、常に注意を払うことで事故の可能性を減らすことができます。

言うまでもありませんが、スピードの出しすぎはかなり危険が伴います。
雪道はブラックアイスバーン、圧雪、吹雪による視界不良、それに旅行者などの土地勘がない人であれば、尚更危険です。

もし、列の先頭が自分であれば、プレッシャーや緊張感などでとても疲れますので、休憩所によって先頭から免れたり対策を行ってください。
地元ナンバーの車の後をつくことが一番無難ですよ。

また高速道路での雪道でも状況は一緒です。
冬のあまりにも悪天候の中、ビュンビュン飛ばす人は少ないですが、それでもスピードを出している車はいます。

それにつられないよう、自分の運転を心がけてくださいね。
高速バスやトラックなどはかなりの土地勘の持ち主でありますが、オンタイムで走らなければいけないため、雪道初心者にしてはスピードが早いかもしれませんので気をつけてください。

ノーマルタイヤで雪道を運転しなくてはいけない場合の注意点は?

雪がほとんど降らない地域では、冬タイヤの備えをしていない人が多いです。
ですが、異常気象などで何年に1度の大雪などが降りニュースになることがたびたびあります。
そのような場合、すぐに冬タイヤに変えようとも、ガソリンスタンドに足を運ぶ人で大混雑していますね。

それでも雪道を走らなければいけないという時の注意点を紹介します。
あくまでも、「どうしても」という場合ですので、面白半分でのノーマルタイヤの雪道走行や、進んでノーマルタイヤで雪道を走行することは絶対にやめてくださいね。

あなたの車のトラブルで大渋滞や事故を巻き起こす可能性が十分に高まります。

ノーマルタイヤで雪道を走る時

  • わだちを走る
    雪道を車で走行したらタイヤの後が残りますね。雪が少ないうちはそのわだちの沿って走ります。
  • 大きな幹線道路を走る
    大きな道路は交通量も多いことから雪がつもりにくいです。そして小まめに除雪が行われる可能性が高いです。
  • 橋やトンネルを避ける
    冬はトンネルの出入り口や橋の上はかなり凍結します。これらがある道路はノーマルタイヤでは避けた方が無難です。