防音性の高い部屋を探すには?賃貸物件を効率的に探すヒント

「子供が夜遅くまで部屋でピアノが弾けるように、防音性のある賃貸マンションを借りたい」という方も多いのではないでしょうか。

集合住宅で一番多いトラブルが騒音です。楽器の音に限らず、子供の足音といった騒音にも対処できるような防音性のある部屋は魅力的です。

そもそも防音性の高い賃貸物件とはどのような部屋なのでしょうか。どこにあるのでしょうか。

内見で試したい防音性を確かめる方法もありますので、試してみては?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

グッピーの水槽が白く濁りが出る場合の原因と対処法

グッピーを飼っていて水槽の濁りにお困りの方はいませんか?水槽が濁ってしまうと水質が悪くなってしまった...

喧嘩が強くなる方法とは?女でも相手にナメられない雰囲気を作る

喧嘩に強くなる方法を知りたい!女だって強くなりたい!どのような理由かはわかりませんが...

麦茶を煮出したやかんを冷やす方法と正しい保存方法

夏の暑い時期に飲みたくなる麦茶。買うよりも手作りした方が節約になるため、やかんで麦茶を煮出して作...

思い込みと勘違い。2つの違いとは。思い込みを信念に

思い込みと勘違いについて。2つの違いとは?簡単に言ってしまうと、人間は思い込みと勘違いで...

うさぎが抱っこを嫌がる原因とは?神経質なうさぎの習性を知る

うさぎが抱っこを嫌がる最大の理由は『捕まる』と感じるからです。飼い主さんとうさちゃんの信頼関...

自転車にイヤホンをしたまま乗って事故になるケースは急増!

自転車は通学や通勤や日々の生活に欠かせないという人もいるでしょう。その一方で自転車による事故...

フットサルのテクニックを練習して磨こう!一人でも出来る方法

フットサルはサッカと違い、コートが狭くて良いので室内でも出来ます。コートが狭い分、サッカーに...

ホットプレートを使った美味しい餃子の焼き方と餃子の変わり種

ホームパーティーや仲の良い友達を招いてのパーティーに、餃子パーティーはいかがですか?みんなで...

服をハンガーにかけて干すと伸びる。干すときのポイントとは

服をハンガーにかけて乾かすと伸びるのをどうにかしたい!しかし、逆さまにして洗濯バサミでとめても、服と...

麺をすする方法は?上手に麺をすすれるようになる簡単な練習方法

日本にはラーメンやそば・うどんのように、麺をすすりながら食べる食べ物がたくさんあります。でも、中には...

2DKに4人家族で暮らす収納ルール!スペースの上手な活用術

4人家族で2DKに住む方も多くいますが、やはり手狭に感じてしまいますよね。子供が大きくなってくるとい...

フラのハンドモーションのコツ!美しく見せる上達のポイント

フラダンスのハンドモーションのコツは、意識するべきポイントを掴んで練習すれば初心者でも上達できます。...

電気のつけっぱなしに効果的な対策方法とは?さっそくトライ!

どんなに注意してもトイレやリビングが電気つけっぱなし、そんなことで毎日イライラするのもイヤですよね。...

浴室の折戸の掃除方法!汚れやすい原因と掃除の手順

浴室の掃除というと、バスタブの汚れや床の汚れ、また曇りやすい鏡の掃除も欠かせません。そこでついつ...

ピアノコンクールに子供を出場させるべきか悩んでいる方へ

ピアノを習っていていると先生から、「○○のコンクールに出場してみませんか?」と声を掛けられることがあ...

スポンサーリンク

防音性の高い部屋は人気が高く、賃貸物件も少ないのが現状

賃貸物件を探す場合に何を基準に探していますか?

生活音や、自宅から出る音を気にする人も多いです。自宅で楽器の練習をしたり、大きな音で音楽を聞く人もいます。楽器の練習は毎日の積み重ねが大切です。そのため自宅に練習する環境が整っていると、いつでも好きな時に楽器を弾いたり好きな時間に楽器を弾いたり、音楽を聞いたりと好きなことが出来るようになります。

防音性として広く知られているのは「二重サッシ」です。窓を2枚重ねにして空気振動が逃げないようになっています。外からの音も中からの音も遮断が出来るので、線路や道路が近い物件、築浅物件には2重サッシが使われている物件が多いです。

防音になっていても、完全に音が漏れない物件は少ないです。
特にバス・トイレ別、駅近など条件をたくさん出すと該当する物件も少ないでため、防音の部屋を探す場合はゆっくり時間をかけて探すようにしましょう。

防音物件は、とても少ないのでほどんどが空き待ちの状態になっていることが多いです。

防音性の高い部屋を借りたい!賃貸物件を効率的に探すには

音楽大学に進学する際に、防音性の高い部屋を借りる場合大学付近に探すと効率的に探すことが出来ます。
理由の1つとして、学校の先生を養成する教育過程にはピアノ演奏が必須になっていることが多いからです。そして音楽大学が近くにあるとなお多いです。そのため大学の近くには楽器可能の賃貸物件が多くあります。

大学の近くの不動産会社なら、楽器可の物件に詳しい可能性があります。大学の近くではなくても楽器可の防音性の高い物件を多く取り扱っていることも多いです。しかし、他の入居者も楽器を演奏している物件の方が楽器の練習はしやすいです。

一般の人でも楽器可の賃貸物件を探すこともできます。その場合は一般入居OKになっている物件を探しましょう。楽器可物件に学生の時に借りて住み、社会人になってもそのまま住んでいる人も多くいいます。趣味で楽器演奏をしているためです。

できるだけ防音性がある部屋を借りるには、どんな賃貸物件を探すべきか

新生活を始める場合、賃貸の部屋を借りることが多いですよね。賃貸物件を探す場合どんなことを基準に決めますか?
駅から近い、スーパーが近いなどもありますが、最も重視することは「防音」ですよね。

隣の人の話し声が聞こえたり、上に住んでいる人の足音が聞こえる、洗濯機の回す音や楽器の音が気になるなど賃貸物件には色々あるので、防音性がしっかりしている部屋を借りるようにしましょう。

一般的な集合住宅には木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート、鉄骨鉄筋コンクリートがあります。木造より鉄骨造の方が足音が聞こえにくいと思われがちですが、あまり差はありません。

鉄筋コンクリート、鉄骨鉄筋コンクリートとは、壁、柱、床、梁が鉄筋コンクリートで、出来ている物です。壁の密度が高いので、ドアの開閉や普段の生活音などはほとんど気になることはありません。しかし鉄筋コンクリート造でも隣の人の生活音が聞こえることがあります。鉄骨コンクリートマンションでも防音の低い構造で建てられている物があるからです。鉄骨コンクリートマンションには、柱がなく、壁と床だけで建物と支える物と、柱と梁で建物を支える2種類があります。そのため壁と床だけで建物を支えている方がコンクリートに厚さが出るので、防音性が高くなります。防音を重視する場合は、壁式構造の作りのマンションを探すようにしましょう。

部屋を内覧する時に防音性を確かめる方法

賃貸物件でトラブルになることが多いのが騒音トラブルです。トラブルに巻き込まれないように防音性の高い部屋を選びましょう。

物件を探す場合、まず不動産会社に行きます。気に入った物件があると不動産会社の人がその部屋を内覧させてくれますので、内覧の時に防音性をチェックしましょう。

内覧する場合に防音性を確かめる方法を紹介します。

壁を叩く

壁を叩き壁の中に空洞があるような音がする場合は、壁の薄い部屋の可能性が高いです。思い切りたたくと穴があきそうな壁です。逆に無音に近い音や、コンクリートを叩いたときのような音の場合は、壁が厚い部屋です。壁に空洞がなく中がしっかりしていいます。

部屋の中央で手を叩く

部屋の真ん中で手をたたくと響き方で防音されているかわかります。音が変えってこない場合は、壁の外に音が漏れてしまっています。そのため防音対策がしっかりされていないです。音が返って来る場合は防音がしっかりされている部屋です。

部屋の防音性を高める工夫とアイデア

賃貸物件に住むことになると、生活音が気になることもありますよね。

 

音で隣人とトラブルにならないために、防音性を高める工夫をしましょう。

工夫とアイデアを紹介します。

防音カーテン

外から聞こえてくる車の騒音や人の話し声が気になることがあります。そのような場合は防音カーテンがおすすめです。防音カーテンは厚手の特殊な生地のカーテンなので、音を軽減してくれます。

家具の配置

音は壁を伝わって行きます。テレビやオーディオ製品など音の出る物を、隣の部屋と繋がっている壁から遠い場所に置くと隣の音が聞こえにくくなります。

カーペットやラグを敷く

足音や椅子などと引く音が下の階に響かないようにするためには、敷物をしくようにします。敷物が音を吸収してくれ響くのを緩和してくれます。