猫が縄張り争いで負けるとどうなるか。猫のケンカのルール

近所に野良猫はいますか?野良猫同士のケンカをみたことはありませんか?
猫には縄張りがあって、その縄張りをもっと広げようと他の猫と縄張り争いをします。

猫は負けるとどうなるのでしょうか。

縄張り争いに負けた猫はそこの地区には残らないという習性があります。

ですが、どんな猫とでも縄張り争いをしている訳では無いそうです。

ここでは猫の縄張り争いのルールについて紹介します。

また猫同士はどんなあいさつをしているのか気になりますね。
猫の優先順位やケンカに発展するまでをご覧ください。

猫のケンカは止めるべきなのでしょうか。猫のケンカに遭遇した時の対応についても紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯は洗剤無しでも大丈夫?洗剤無しで洗うときのコツやポイント

洗濯物を洗剤無しで洗っても大丈夫なのでしょうか?赤ちゃんの服を洗濯するときには、洗剤を使ったほうがい...

色の種類の合わせ方とは?服のカラーコーディネートについて

今日も張り切って、服のカラーコーディネートを考えらけれどなんだかまとまりがないような?かといって無難...

本籍変更で思わぬデメリット?本籍変更についてのアレコレ

本籍をどこに置くかは自分で決定することができます。そして変更することも可能です。本籍を住んでいる...

舌が長いと滑舌が悪くなるは間違いだと判明!

「私の滑舌が悪いのは舌が長いからだ」と思っていませんか?滑舌が悪いのは舌が長いからではなく、調べ...

指を綺麗に見せてくれるネイルとは?あなたに合うのはこのネイル

ネイルをして指を綺麗に見せたいのに、なぜか爪だけ浮いてしまっているような?爪が小さい、指が短いなど意...

シベリアンハスキーは子犬の頃が一番かわいい!

犬は種類が豊富で、体が小さいものから大きいもの、毛が短いものからフカフカなものまで数多くいます。...

名前キーホルダーの作り方。自分で作るオリジナルキーホルダー

幼稚園や保育園の入園に伴い、名前キーホルダーを準備したいと考える方も多いと思います。そこで、自分でも...

指輪8号サイズはほとんど店頭にない?指輪の平均サイズとは

指輪を選ぶ際に重要なのが「サイズ」です。指輪のサイズは人それぞれですが、店頭にはほとんど8号サイズが...

ブックカバーはビニールで作り方は簡単!防水できて保管もキレイ

ブックカバーはビニールのものも作り方は簡単です。ビニールを使えば雨など濡れたときでも防水できて安心に...

ピカソの作品の中でも特に有名な絵画の特徴について解説します

世界的に有名なピカソですが、名前は知っていてもどんな作品を描いたのか、また有名な作品にはどんなものが...

世界のあらゆるものの面積を小さい順に知りたい

世界で一番面積が大きい国や湖などは、よくテレビや本などで紹介されていますが、逆に面積が小さい順に紹介...

目の種類にはどんな形がある?それぞれの特徴とメイク方法

目にはどのような形や種類があるのでしょうか?同じようにメイクをしているのに、濃く見えてしまったりメイ...

ジャージを洗濯したらほこりが!洗濯物のほこりの原因と対処法

ジャージを洗濯したとき、洗い終わったジャージにほこりがついていたという経験がある人もいますよね。せっ...

一人暮らしの貯金事情と毎月しっかり貯金をするコツ

「一人暮らしをして毎月しっかり貯金するなんて無理」と諦めていませんか?1人暮らしでも家計をしっか...

縦書きか横書きかの使い分けに迷った時の判断基準と与える印象

文章を書いたりデザインを考える時に、縦書きか横書きにするかで迷ったことありませんか?そもそも縦書...

スポンサーリンク

野良猫の縄張り争いで負けるともう現れないのでしょうか

自分の家の近所や、行きつけのスーパーの近くなどで可愛い野良猫を見かけて、家では飼うことが出来ないものの、時々こっそり可愛がっていたりなんてこと、ありませんか?

気ままな野良猫は、住む家が無い分、縄張りを決めています。
猫にとって家同然の縄張りですから、自分の以外の猫が入ってくるのを非常に嫌がります。
ただし、自分の家族や友だちは縄張りに入っても挨拶をするくらいで、特にケンカをすることはありません。

そういった事から、縄張り争いをする相手の猫は、どこかの土地から来た新参猫か、普段から気に入らないと思っていた猫と鉢合わせしたときです。

そうだとしたら、野良猫が縄張り争いで負けるともう現れないのでしょうか?
確かに、縄張り争いで負けた猫は他の土地に移動することが多いです。
しかし、しっかり線引きしているわけではありませんので、居場所と餌を求めるうちにこっそり戻ってくることも全く無いわけではないのです。

ですので、お気に入りの野良猫がケンカに負けてしまっても、すぐには諦める必要はないのです。

負けるとどうなる?猫の縄張り争いのルール

縄張りを決めるのは野良猫自身ですが、密かにルールがあるようです。
それは「縄張り争いは猫の強さで決める」、「縄張り争いで負けた猫は勝った猫のテリトリーに二度と入ってはいけない」などです。

基本的に負けてしまった猫は、ケンカに勝ったボス猫から離れるために別の土地へ移動します。
しかし、例外もあります。
それは「ボス猫に気に入られた場合」です。
仮にケンカをしても、その相手の猫が妙にボス猫と気が合うなどの理由があれば、ケンカに負けてしまった猫であっても、ボス猫のテリトリーをうろついても、ボス猫から追い出されることは無くなります。

とはいえ、ケンカに負け、ボスに気に入られなかったにもかかわらず、新しい住処を上手く探せなかったり、良い餌場があるなどすると、未練がましくボス猫の許可なくテリトリーをうろつく猫も時々います。
そういった猫は、ボス猫はもちろん、手下猫からも攻撃の対象となってしまい、その猫にとってかなり住みづらい場所になってしまうこともあるのです。

猫のあいさつや縄張り争いの様子

猫のあいさつや縄張り争いの様子についてご紹介します。

よく、道などで出会った猫同士が顔を近づけて、なにやらあちこち臭いをクンクン嗅いでいること見かけませんか?。
あれは、猫同士の挨拶や探り合いだそうです。
ニオイによって「こいつは強い」と感じることもありますので、猫にとってニオイは大事な判断材料だと言えます。

ある程度慣れてきたら、再び道で合っても知らんぷりします。
猫にとっては知らんぷりも挨拶のようなものです。
目をしっかり合わせて来るのはケンカを売る時です。
猫同士が目を合わせながら、少しずつ距離を詰めて背中の毛を逆立てていたらケンカが始まる合図です。

お互いの攻撃範囲まで近づいたら、戦いが始まります。
激しいバトルの末、縄張りのボスがどちらになるか決まるのです。

喧嘩で負ける猫。どうして縄張りに侵入するのでしょう。

猫にとって縄張りは大切なものですから、知らない猫が侵入してきたら喧嘩が始まります。
しかし、必ず喧嘩が起こり、負けてしまう可能性だってあるのに、猫はどうして縄張りに侵入するのでしょう。
それにはいくつか理由が考えられます。

餌を求めて入っただけ

飼い猫と違い、野良猫はさまざまな場所で餌を探さなくてはいけません。
あちこちで餌を探しているうちに、いつの間にか誰かの縄張りに入ってしまうのはよくある事です。

誰もいないと思ったから

野良猫はすべての土地にいるわけではありません。
ですので放浪して来た野良猫がマーキングに気づかず、「ここは誰もいなそうだから住もうかな」と思い、誰かの縄張りに入ってしまう事もあります。

自分こそは新しいボス猫にふさわしいから

血気盛んな若い野良猫は、すでにその場所に猫が住んでいてもお構いなしです。
自分に自信があるので、ボス猫に勝負を挑まれても堂々と受けて立ちます。
これで勝てば格好良いですが、あっさりボス猫に負ける猫もよくいます。

猫のケンカは止めるべきかどうか

猫は縄張り争い以外でも、お互いが気に入らなかったり、メス猫を巡ってケンカをすることもあります。
どんな理由にしろ、ケンカをしている声はうるさいし、何よりもケガをすることもありますので、出来れば止めてもらいたいですよね。
しかし、猫のケンカは止めるべきでしょうか?

ケンカは止めてもらいたいですが、人間が手を出すと、噛みつかれたり引っかかれたりします。
特に、野良猫はバイキンをたくさん持っていますので、思わぬ感染症にかかってしまう恐れがありますので、手を出さないほうが良いでしょう。

また、一見ケンカに見えても、ちょっと激しめのじゃれ合いの場合もありますので、そういった時も放置で大丈夫です。

とはいえ、自分の家の猫が外に出てしまい、野良猫とケンカをしていたら、バイキンやケガが恐いので止めたいですよね。
そういった時は、霧吹きで軽く水をかけてお互いを驚かせて止めさせたり、自分の家の猫にダンボールをかぶせるなどしてみましょう。

最近は野良猫が減っているようですが、それでも時々見かけることもあります。
その可愛さから餌をあげたくなることもありますが、餌をあげることによって近隣の住民に迷惑がかかることもあります。
ですので、家で飼う意志が無いのであれば、出来れば見るだけにしてそっとしておきましょう。