猫が縄張り争いで負けるとどうなるか。猫のケンカのルール

近所に野良猫はいますか?野良猫同士のケンカをみたことはありませんか?
猫には縄張りがあって、その縄張りをもっと広げようと他の猫と縄張り争いをします。

猫は負けるとどうなるのでしょうか。

縄張り争いに負けた猫はそこの地区には残らないという習性があります。

ですが、どんな猫とでも縄張り争いをしている訳では無いそうです。

ここでは猫の縄張り争いのルールについて紹介します。

また猫同士はどんなあいさつをしているのか気になりますね。
猫の優先順位やケンカに発展するまでをご覧ください。

猫のケンカは止めるべきなのでしょうか。猫のケンカに遭遇した時の対応についても紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

オカメインコが噛むのをしつけるには?噛み癖を治す方法

オカメインコは噛む力が強いため、噛み癖が付く前にしつけることが大切です。甘噛みだからと油断してい...

炭酸が飲めないのは痛いから!喉や口の中が痛くなるワケと飲み方

炭酸飲料と言えば、あのシュワシュワとした爽快感と喉越しがいいですよね!スッキリしたい時や、暑...

一人暮らしが寂しい!社会人の一人暮らしが寂しい時の対処法

社会人になって初めての一人暮らしをしている人の中には、一人暮らしを寂しいと感じている人もいるのではな...

洗濯ものを部屋干しする時のコツをアレコレ色々とご紹介!

洗濯ものの干し方には、人それぞれのセオリーを感じませんか?太陽の下で、カラッカラに干したい人...

高速の合流はもうこわくない!失敗しないためのコツを教えます

免許を取得したばかりの人や高速道路を走り慣れていない人は、合流することに苦手意識を持ってしまいますよ...

告白のセリフは「好きです」小学女子におすすめの告白方法

今好きな男の子がいる小学女子の皆さんの中には、卒業などで好きな男の子と離れ離れになってしまう人もいる...

1万円札の旧札は現在でも使えるのかどうかを知りたい!

掃除をして1万円札の旧札を発見する場合もあるでしょう。1万円は高額な札ですし、今でも使えるのかどうな...

ハムスターの暑さ対策!氷や保冷剤を使った温度の下げ方

ハムスターは他のペットほど手が掛からず、一人暮らしでも飼いやすいペットです。しかし、ハムスタ...

引き戸のレールの掃除方法!ホコリを取り除いて快適な滑りに

お家の引き戸が重くなってきたと感じることはありませんか?以前はもっと軽い力で動かせたのに、レールの滑...

猫は自分が可愛いことを自覚している?猫の可愛い行動とその理由

猫の可愛い行動に毎日メロメロにされている飼い主さんもいるのではないでしょうか。まるで自覚しているかの...

右利きと左利きはいつ決まるのでしょうか?利き手について

子供の右利きと左利きはいつ決まるのか、親はドキドキしてしまいますよね。左手をよく使ってたら、左利きな...

滑り止めマットを活用した可愛い手作りマットの作り方

玄関や室内に使うマットですが、100均などで販売されている滑り止めマットを使って手作りしてみませんか...

太ももの裏の筋肉をなくす方法!筋肉太りもスッキリキレイな脚に

太ももの裏についてしまった筋肉をなくす方法が知りたいという人もいますよね。細くてスラット伸びたキレイ...

洗濯物の臭い取りはセスキにお任せ!そのやり方を説明します

100均でも販売されている「セスキ(セスキ炭酸ソーダ)」。いろいろな汚れを落とせると話題になっていま...

ハムスターがかじり木を食べる理由や与え方の注意点について

ハムスターがかじり木を食べるように見えるのは、噛むことで刃を削っているからです。ただ、もしも本当に食...

スポンサーリンク

野良猫の縄張り争いで負けるともう現れないのでしょうか

自分の家の近所や、行きつけのスーパーの近くなどで可愛い野良猫を見かけて、家では飼うことが出来ないものの、時々こっそり可愛がっていたりなんてこと、ありませんか?

気ままな野良猫は、住む家が無い分、縄張りを決めています。
猫にとって家同然の縄張りですから、自分の以外の猫が入ってくるのを非常に嫌がります。
ただし、自分の家族や友だちは縄張りに入っても挨拶をするくらいで、特にケンカをすることはありません。

そういった事から、縄張り争いをする相手の猫は、どこかの土地から来た新参猫か、普段から気に入らないと思っていた猫と鉢合わせしたときです。

そうだとしたら、野良猫が縄張り争いで負けるともう現れないのでしょうか?
確かに、縄張り争いで負けた猫は他の土地に移動することが多いです。
しかし、しっかり線引きしているわけではありませんので、居場所と餌を求めるうちにこっそり戻ってくることも全く無いわけではないのです。

ですので、お気に入りの野良猫がケンカに負けてしまっても、すぐには諦める必要はないのです。

負けるとどうなる?猫の縄張り争いのルール

縄張りを決めるのは野良猫自身ですが、密かにルールがあるようです。
それは「縄張り争いは猫の強さで決める」、「縄張り争いで負けた猫は勝った猫のテリトリーに二度と入ってはいけない」などです。

基本的に負けてしまった猫は、ケンカに勝ったボス猫から離れるために別の土地へ移動します。
しかし、例外もあります。
それは「ボス猫に気に入られた場合」です。
仮にケンカをしても、その相手の猫が妙にボス猫と気が合うなどの理由があれば、ケンカに負けてしまった猫であっても、ボス猫のテリトリーをうろついても、ボス猫から追い出されることは無くなります。

とはいえ、ケンカに負け、ボスに気に入られなかったにもかかわらず、新しい住処を上手く探せなかったり、良い餌場があるなどすると、未練がましくボス猫の許可なくテリトリーをうろつく猫も時々います。
そういった猫は、ボス猫はもちろん、手下猫からも攻撃の対象となってしまい、その猫にとってかなり住みづらい場所になってしまうこともあるのです。

猫のあいさつや縄張り争いの様子

猫のあいさつや縄張り争いの様子についてご紹介します。

よく、道などで出会った猫同士が顔を近づけて、なにやらあちこち臭いをクンクン嗅いでいること見かけませんか?。
あれは、猫同士の挨拶や探り合いだそうです。
ニオイによって「こいつは強い」と感じることもありますので、猫にとってニオイは大事な判断材料だと言えます。

ある程度慣れてきたら、再び道で合っても知らんぷりします。
猫にとっては知らんぷりも挨拶のようなものです。
目をしっかり合わせて来るのはケンカを売る時です。
猫同士が目を合わせながら、少しずつ距離を詰めて背中の毛を逆立てていたらケンカが始まる合図です。

お互いの攻撃範囲まで近づいたら、戦いが始まります。
激しいバトルの末、縄張りのボスがどちらになるか決まるのです。

喧嘩で負ける猫。どうして縄張りに侵入するのでしょう。

猫にとって縄張りは大切なものですから、知らない猫が侵入してきたら喧嘩が始まります。
しかし、必ず喧嘩が起こり、負けてしまう可能性だってあるのに、猫はどうして縄張りに侵入するのでしょう。
それにはいくつか理由が考えられます。

餌を求めて入っただけ

飼い猫と違い、野良猫はさまざまな場所で餌を探さなくてはいけません。
あちこちで餌を探しているうちに、いつの間にか誰かの縄張りに入ってしまうのはよくある事です。

誰もいないと思ったから

野良猫はすべての土地にいるわけではありません。
ですので放浪して来た野良猫がマーキングに気づかず、「ここは誰もいなそうだから住もうかな」と思い、誰かの縄張りに入ってしまう事もあります。

自分こそは新しいボス猫にふさわしいから

血気盛んな若い野良猫は、すでにその場所に猫が住んでいてもお構いなしです。
自分に自信があるので、ボス猫に勝負を挑まれても堂々と受けて立ちます。
これで勝てば格好良いですが、あっさりボス猫に負ける猫もよくいます。

猫のケンカは止めるべきかどうか

猫は縄張り争い以外でも、お互いが気に入らなかったり、メス猫を巡ってケンカをすることもあります。
どんな理由にしろ、ケンカをしている声はうるさいし、何よりもケガをすることもありますので、出来れば止めてもらいたいですよね。
しかし、猫のケンカは止めるべきでしょうか?

ケンカは止めてもらいたいですが、人間が手を出すと、噛みつかれたり引っかかれたりします。
特に、野良猫はバイキンをたくさん持っていますので、思わぬ感染症にかかってしまう恐れがありますので、手を出さないほうが良いでしょう。

また、一見ケンカに見えても、ちょっと激しめのじゃれ合いの場合もありますので、そういった時も放置で大丈夫です。

とはいえ、自分の家の猫が外に出てしまい、野良猫とケンカをしていたら、バイキンやケガが恐いので止めたいですよね。
そういった時は、霧吹きで軽く水をかけてお互いを驚かせて止めさせたり、自分の家の猫にダンボールをかぶせるなどしてみましょう。

最近は野良猫が減っているようですが、それでも時々見かけることもあります。
その可愛さから餌をあげたくなることもありますが、餌をあげることによって近隣の住民に迷惑がかかることもあります。
ですので、家で飼う意志が無いのであれば、出来れば見るだけにしてそっとしておきましょう。