猫が縄張り争いで負けるとどうなるか。猫のケンカのルール

近所に野良猫はいますか?野良猫同士のケンカをみたことはありませんか?
猫には縄張りがあって、その縄張りをもっと広げようと他の猫と縄張り争いをします。

猫は負けるとどうなるのでしょうか。

縄張り争いに負けた猫はそこの地区には残らないという習性があります。

ですが、どんな猫とでも縄張り争いをしている訳では無いそうです。

ここでは猫の縄張り争いのルールについて紹介します。

また猫同士はどんなあいさつをしているのか気になりますね。
猫の優先順位やケンカに発展するまでをご覧ください。

猫のケンカは止めるべきなのでしょうか。猫のケンカに遭遇した時の対応についても紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カーペットについた両面テープの上手な剥がし方を教えます

カーペットが動かないように両面テープを使って固定したものの、引っ越しなどで剥がした時にカーペットに両...

飼い猫が危険だらけの外の世界へ脱走!その理由や防止策について

室内で飼育している飼い猫が注意していても窓や玄関を開けた瞬間に脱走してしまい探し回ったという経験はあ...

コミケでコスプレするときの参加方法とは?気をつけるポイント

コミケにコスプレで初めて参加するときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?当日の流れ...

勉強のスケジュールを手帳で管理!学習手帳の作り方

思うように勉強がはかどらない、なかなか計画通りに勉強することができないというお悩みを抱えている人もい...

ウォシュレットから水漏れ?床が濡れている原因とその対処法

ウォシュレットから水漏れしたのか、床が濡れている場合があります。ウォシュレットの寿命は早くて10...

化粧を簡単自然に!?やり方次第でナチュラルは作れる!

まるで化粧をしていないようなナチュラルなメイクは、やり方次第で簡単にできちゃいます。では、ま...

塾の先生がイケメンで好きになってしまった時の対処法

塾の先生がイケメンで周りの同級生よりも大人に見える、好きになる気持ちもわかります。ただ、塾の先生...

フェルトで手作りしたお守りで彼を応援!作り方のポイント

受験を控えた彼には、神社で購入するお守りではなく、フェルトで手作りしたお守りをプレゼントしてはいかが...

フットサルのテクニックを練習して磨こう!一人でも出来る方法

フットサルはサッカと違い、コートが狭くて良いので室内でも出来ます。コートが狭い分、サッカーに...

麦茶を煮出したやかんを冷やす方法と正しい保存方法

夏の暑い時期に飲みたくなる麦茶。買うよりも手作りした方が節約になるため、やかんで麦茶を煮出して作...

IQの平均とは?日本人や世界の国々について徹底調査!

自分のIQがどのくらいなのかたとえ期待はしていなくても、平均よりも上なのか下なのか気になりますよね。...

名前の読み方だけを変更したい場合の手続き方法を教えます

名前が間違われやすいなどの理由で、読み方だけを変更したいという人が増えていると言います。改名...

ギターとピアノ、始めるならどっちがいいのか論争を考える

趣味で楽器を始めたいと考えた場合、ギターとピアノのどっちがいいのか…という論争があります。教...

犬が靴下を履いたら歩き方がぎこちない様子と靴下のメリット

犬に洋服を着用させてお散歩をしている姿は良く見かけますが、犬に靴下を履かせている姿をみたことはあるで...

服の名前を消す方法と取れないときの対処法や注意点とは

子供におさがりでもらった服に名前が書いているとき、それを消す方法はあるのでしょうか?では、服...

スポンサーリンク

野良猫の縄張り争いで負けるともう現れないのでしょうか

自分の家の近所や、行きつけのスーパーの近くなどで可愛い野良猫を見かけて、家では飼うことが出来ないものの、時々こっそり可愛がっていたりなんてこと、ありませんか?

気ままな野良猫は、住む家が無い分、縄張りを決めています。
猫にとって家同然の縄張りですから、自分の以外の猫が入ってくるのを非常に嫌がります。
ただし、自分の家族や友だちは縄張りに入っても挨拶をするくらいで、特にケンカをすることはありません。

そういった事から、縄張り争いをする相手の猫は、どこかの土地から来た新参猫か、普段から気に入らないと思っていた猫と鉢合わせしたときです。

そうだとしたら、野良猫が縄張り争いで負けるともう現れないのでしょうか?
確かに、縄張り争いで負けた猫は他の土地に移動することが多いです。
しかし、しっかり線引きしているわけではありませんので、居場所と餌を求めるうちにこっそり戻ってくることも全く無いわけではないのです。

ですので、お気に入りの野良猫がケンカに負けてしまっても、すぐには諦める必要はないのです。

負けるとどうなる?猫の縄張り争いのルール

縄張りを決めるのは野良猫自身ですが、密かにルールがあるようです。
それは「縄張り争いは猫の強さで決める」、「縄張り争いで負けた猫は勝った猫のテリトリーに二度と入ってはいけない」などです。

基本的に負けてしまった猫は、ケンカに勝ったボス猫から離れるために別の土地へ移動します。
しかし、例外もあります。
それは「ボス猫に気に入られた場合」です。
仮にケンカをしても、その相手の猫が妙にボス猫と気が合うなどの理由があれば、ケンカに負けてしまった猫であっても、ボス猫のテリトリーをうろついても、ボス猫から追い出されることは無くなります。

とはいえ、ケンカに負け、ボスに気に入られなかったにもかかわらず、新しい住処を上手く探せなかったり、良い餌場があるなどすると、未練がましくボス猫の許可なくテリトリーをうろつく猫も時々います。
そういった猫は、ボス猫はもちろん、手下猫からも攻撃の対象となってしまい、その猫にとってかなり住みづらい場所になってしまうこともあるのです。

猫のあいさつや縄張り争いの様子

猫のあいさつや縄張り争いの様子についてご紹介します。

よく、道などで出会った猫同士が顔を近づけて、なにやらあちこち臭いをクンクン嗅いでいること見かけませんか?。
あれは、猫同士の挨拶や探り合いだそうです。
ニオイによって「こいつは強い」と感じることもありますので、猫にとってニオイは大事な判断材料だと言えます。

ある程度慣れてきたら、再び道で合っても知らんぷりします。
猫にとっては知らんぷりも挨拶のようなものです。
目をしっかり合わせて来るのはケンカを売る時です。
猫同士が目を合わせながら、少しずつ距離を詰めて背中の毛を逆立てていたらケンカが始まる合図です。

お互いの攻撃範囲まで近づいたら、戦いが始まります。
激しいバトルの末、縄張りのボスがどちらになるか決まるのです。

喧嘩で負ける猫。どうして縄張りに侵入するのでしょう。

猫にとって縄張りは大切なものですから、知らない猫が侵入してきたら喧嘩が始まります。
しかし、必ず喧嘩が起こり、負けてしまう可能性だってあるのに、猫はどうして縄張りに侵入するのでしょう。
それにはいくつか理由が考えられます。

餌を求めて入っただけ

飼い猫と違い、野良猫はさまざまな場所で餌を探さなくてはいけません。
あちこちで餌を探しているうちに、いつの間にか誰かの縄張りに入ってしまうのはよくある事です。

誰もいないと思ったから

野良猫はすべての土地にいるわけではありません。
ですので放浪して来た野良猫がマーキングに気づかず、「ここは誰もいなそうだから住もうかな」と思い、誰かの縄張りに入ってしまう事もあります。

自分こそは新しいボス猫にふさわしいから

血気盛んな若い野良猫は、すでにその場所に猫が住んでいてもお構いなしです。
自分に自信があるので、ボス猫に勝負を挑まれても堂々と受けて立ちます。
これで勝てば格好良いですが、あっさりボス猫に負ける猫もよくいます。

猫のケンカは止めるべきかどうか

猫は縄張り争い以外でも、お互いが気に入らなかったり、メス猫を巡ってケンカをすることもあります。
どんな理由にしろ、ケンカをしている声はうるさいし、何よりもケガをすることもありますので、出来れば止めてもらいたいですよね。
しかし、猫のケンカは止めるべきでしょうか?

ケンカは止めてもらいたいですが、人間が手を出すと、噛みつかれたり引っかかれたりします。
特に、野良猫はバイキンをたくさん持っていますので、思わぬ感染症にかかってしまう恐れがありますので、手を出さないほうが良いでしょう。

また、一見ケンカに見えても、ちょっと激しめのじゃれ合いの場合もありますので、そういった時も放置で大丈夫です。

とはいえ、自分の家の猫が外に出てしまい、野良猫とケンカをしていたら、バイキンやケガが恐いので止めたいですよね。
そういった時は、霧吹きで軽く水をかけてお互いを驚かせて止めさせたり、自分の家の猫にダンボールをかぶせるなどしてみましょう。

最近は野良猫が減っているようですが、それでも時々見かけることもあります。
その可愛さから餌をあげたくなることもありますが、餌をあげることによって近隣の住民に迷惑がかかることもあります。
ですので、家で飼う意志が無いのであれば、出来れば見るだけにしてそっとしておきましょう。